中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:バイデン

22021年4月16日台 米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、台湾の蔡英文総統は15日、米民主党のクリス・ドッド元上院議員らバイデン大統領派遣の代表団との一行と会談した。蔡総統は、台湾が米国と共同でアジア太平洋地区の平和と安定を守り、中国の暴走と挑発を阻止することを望んでいると述べた。(写真はRFAのサイト画面)

 代表団のメンバーは、ドッド元上院議員、ブッシュ(子)政権のアーミテージ、オバマ政権のスタインバーグ両元国務副長官の3人。派遣は、米ホワイトハウス高官は、台湾と民主主義の守護に力を入れるとの、バイデン大統領の「個人的なシグナル」だと述べた。

 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、蔡総統は会談で、中国が最近、台湾周辺の海空行域で軍艦や軍用機による活動を活発化させていることに言及。中国がアジア太平洋の現状を変え、地域の平和と安定に脅威を与えていると指摘した。

 ドッド元上院議員は「バイデン政権が、台湾の国際社会での活動拡大に協力し、台湾が自己防衛に力を入れることを支持することを信じる」と述べた。アーミテージ氏は「米国では、民主党も共和党も、台湾の民主主義の発展を支持している」と語った。



★参考情報★
ーーーーーーーー
トランプ反中政策の撤回、中国がバイデン政権に要望
このエントリーをはてなブックマークに追加

22021年3月11日独 台湾・中央通信社によると、ドイツのマース外相は10日、米シンクタンク「ブルッキングス研究所」主催のイベントで演説し、バイデン大統領の就任で米独関係が改善したとして、人権侵害などに対する中国とロシアへの制裁で、米国と協調する方針を示した。(写真はVOAのサイト画面)

 マース外相は、米独が共通の利益と価値観を守るため、共同歩調を取るべきだが、トランプ前政権時代には協調が欠けていたことに遺憾を表明した。

 マース外相によれば、トランプ前政権時代、ドイツは北大西洋条約機構(NATO)の分担金の未納や、ロシア産天然ガスの輸入問題で米国の圧力をにさらされ続けた。

 マース外相は、今後は制裁などで共同歩調が取れると協調。既にロシア政府によるウクライナ過激派への武器提供や、プーチン大統領の反体制派弾圧で、欧州連合(EU)と共同でロシアへの制裁に乗り出したことを強調した。

 米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によれば、マース外相は一方で「ドイツは、西側と東側が対抗する考えに賛成できない。経済の完全なデカップリングにも不賛成だ。全世界がともに直面する重大問題を解決するため、互いの接触が必要だからだ」と述べた。


★参考情報★
ーーーーーー
バイデン氏、当選後初めて中国主席と電話会談
米中外交トップ電話会談=米「同盟国と脅威に対処」
このエントリーをはてなブックマークに追加

22021年2月12日網 米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、バイデン米大統領と習近平国家主席が10日、大統領が昨年11月に当選後初めて、電話による会談を行った。(写真は東網のサイト画面)

 ホワイトハウスは会談についてコメントを発表。「大統領は習氏と会談で、中国の脅迫的で不公正な経済行動への懸念、人権問題、自由で開かれたアジア太平洋に触れた。新型コロナウイルスや気候変動などの問題での協力についても議論した」などと説明した。

 バイデン大統領も会談後、ツイッターで、習主席と会談したとして「私は、中国の経済上の行為や人権侵害、台湾への脅しを懸念している。米国民の利益になれば、中国と協力する」と書いた。

 中国国営新華社通信は、米中電話会談について「北京時間の(旧暦の)大みそかに米中首脳が祝意を伝えあった。世界に対し積極的なシグナルを送った」などと伝えた。

 米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは「バイデン大統領は習主席との会談に先立ち、欧州やアジアの盟友と電話会談した。バイデン氏が、単に米大統領としてではなく、世界の民主国家のリーダーとして中国と交流する考えを暗示した」と伝えた。

★参考情報★
ーーーーーーー
米イージス駆逐艦が台湾海峡航行 バイデン政権で初
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブリンケン米国務長官は26日、米議会上院での承認後、茂木敏充外相と電話会談を行った。バイデン新政権誕生後、日米の閣僚級会談は2回目。国務長官は、沖縄県・尖閣諸島に日米安保条約の第5条が適用されることに、改めて言及した。両国はまた、日米同盟の強化と自由で開かれたインド太平洋の構築でも合意した。香港メディアの東網が27日伝えた。

 茂木外相は、尖閣諸島への第5条適用をバイデン政権が確認したことを歓迎した。また、ブリンケン長官は、北朝鮮による日本人拉致問題でも、日本による解決を支持する考えも示した。両国は、日米豪印の緊密な連携で、新型コロナウイルスの感染拡大問題や地球温暖化など、世界的な問題の解決で協力することでも一致した。


★参考情報★
ーーーーーー
日中防衛相がテレビ会談 「海空連絡メカニズム」で一致
首相、尖閣で王外相に懸念 中国は公船限定を提案
このエントリーをはてなブックマークに追加

22021年1月26日台 米バイデン政権の発足後、中国が台湾に対する武力の誇示を強めており、23日には中国軍の「轟6K」爆撃機8機と「殲16戦闘機」4機が、台湾の防空識別圏(ADIZ)に侵入した。台湾国防省によると、中国軍機による台湾空域への侵入としては、今年最大規模となった。米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)などが伝えた。(写真はVOAのサイト画面)

 米ウォール・ストリート・ジャーナルによると、中国軍機による台湾周辺の頻繁な飛行は、米国が台湾問題に関与した場合の恐るべき結果を、バイデン新政権に警告する意味がある。中国軍機の侵入は、米政府が23日、台湾への威嚇をやめるよう中国に呼びかけた直後に起きた。

 中国軍機が飛来時、米海軍は南シナ海で演習中。米空母の艦載機が23日、南シナ海を飛行した。中国外務省の趙立堅副報道局長は25日「米国が南シナ海で、航空機と軍艦などの実力を誇示することは、地域の平和と安定に不利だ」と述べ批判した。


※出典

https://www.rfa.org/mandarin/Xinwen/2-01252021103835.html
https://www.voachinese.com/a/taiwan-reports-large-incursion-by-chinese-air-force/5748977.html

★参考情報★
ーーーーーーー
米CRF、台湾めぐる米中衝突危険度、最高に引き上げ
米国務長官、台湾との接触規制撤廃 中国が反発
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ