中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:トランプ大統領

2020年8月4日特 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、ロイター通信は、トランプ米大統領は2日、中国IT企業・字節跳動(バイトダンス)が運営する短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」について、米マイクロソフト(MS)による買収を容認したと報じた。ただし45日以内の完了するよう求めたという。

 トランプ大統領はこれまで、国家安全保障の必要から、米国ではTikTokの使用を禁止する方針を表明。7月31日にはMSによる買収も同意しない考えを示した。しかし、MSのナデラ最高経営責任者(CEO)と会談後、買収の容認に転じた。ただ、対米外国投資委員会が定める9月15日までに終えることが求められる。


★参考情報★
ーーーーーーー
南シナ海で中国が実弾演習 米軍機と艦艇も出没
成都の米総領事館の閉鎖決定 米の総領事館閉鎖に報復
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年7月16日米米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、トランプ米大統領は14日、「香港自治法」と、輸出許可証の免除など香港に認めていた優遇措置を廃止する大統領令に署名した。識者からは、米国の支持を失うことで、香港の国際金融センターとしての地位が危くなったとの指摘が出ている。(写真はRFAのキャプチャー)

 トランプ大統領は14日、優遇措置廃止の大統領令について「香港の待遇は中国本土と同一となる。特権も優遇も敏感な技術の輸出もなくなる」と述べた。また、香港自治法が成立したことで、香港の自由を奪った人物と団体に対し、責任追求と資産凍結、入国制限などの制裁が行われることになると指摘した。

 中国外務省の華春瑩報道官は15日「米国が制裁に踏み切れば、中国は必ず報復する」と述べた。さらに「米国に対し、香港を含む中国の内政に対するいかなる干渉もやめるよう促していた。米国が独断専行するなら、中国も断固として受けて立つ」と語った。

★参考情報★
ーーーーー
中国政府、ドイツとの人権対話取り消し スイスとも
米下院、圧倒的多数でウイグル人権法案可決
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年5月29日新 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、米議会下院は27日、「ウイグル人権政策法」を賛成413票、反対1票の圧倒的多数で可決した。先に上院で可決した法案と同じ内容。トランプ大統領の署名で発行する。 同法は米国政府に、新疆ウイグル自治区でのイスラム教徒や少数民族への迫害について、中国共産党の担当責任者に制裁を課すことを認めている。同法は、同自治区トップの陳全国党書記が「深刻な人権侵害を行った」と名指しした。

 米下院のペロシ議長は、同法が可決した際にコメントを出し「米国の民主、共和の両党が、圧倒的多数の票決による立法措置により、中国政府によるウイグル人への深刻な人権侵害に対抗した」と指摘した。

 米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)は、米国と中国は、新型コロナウイルスと香港の問題で対立する中、今度は米議会が中国の人権問題でパンチを見舞ったと報じた。

★参考情報★
ーーーーーー
米商務省、ハイクビジョンなど28団体、ブラックリストへ
米国など30カ国が新疆人権侵害批判 中国、強く反発

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年5月20日健 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、世界保健機関(WHO)年次総会は19日、新型コロナウイルスの各国の対応について、公正かつ独立、全面的な評価を行うよう呼びかける、欧州連合(EU)提出の決議を前回一致で採択して閉幕した。(写真はRFAのキャプチャー)

 米国は、WHOを「中国の傀儡(かいらい)」と呼び、脱退をちらつかせて1カ月内に改善するよう要求していた。19日の決議は中国に言及しなかったが、米国は反対しなかった。中国をめぐるWHOの分裂は回避された。EUは、新型コロナ禍に国際社会が共同で対処するため、現在のところはWHOを支援するべきだと判断した。

 米国は、新型コロナウイルスの感染拡大が、中国湖北省武漢市の研究所の事故で起きたが、中国政府が隠ぺいしているとの疑念を抱いている。

 トランプ大統領が18日、ツイッターで、WHOのテドロス事務局長を批判する書簡を公表した。書簡は、事務局長が新型コロナでの対応を誤ったほか、中国に依存し過ぎていると批判して、30日以内に改革をしなければWHOへの資金支援を打ち切ると警告した。

★参考情報★
ーーーーーーー
米中、貿易協議「第1段階」の合意文書に署名
米中武力衝突に備えよ 新型コロナで両国関係悪化 中国情報機関がリポート
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年4月8日特米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、新型コロナウイルスの感染拡大に絡みトランプ米大統領は7日、ツイッターで世界保健機関(WHO)が中国寄りで、米国に誤った情報を発信したとして批判した。さらに「WHOが米国から多額の資金を受け取りながら、中国を中心に考えている。われわれは良く調べるつもりだ」と指摘し、資金の拠出を再考する可能性を示した。(写真はVOAのキャプチャー)

 米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、WHOは1月31日、新型コロナの感染拡大にも関わらず、国境閉鎖をしないよう各国に呼びかけたが、米国政府は同日、中国からの入国制限に踏み切った。トランプ大統領はツイッターで「幸いなことに、われわれは彼らの提案を拒否した。彼らはなぜ間違った提案を行ったのか」と指摘した。

 米国では保守派を中心に、WHOの中国寄りの姿勢に批判が高まっている。共和党のリック・スコット上院議員は、米国の資金拠出を再検討するよう求めた。同党のマルコ・ルビオ上院議員も、テドロス事務局長の退任を呼びかけている。

 米紙ウォール・ストリート・ジャーナルも3日、WHOがテドロス事務局長の下で中国に屈服し、事実と異なる情報を世界に流布したとして、組織改革など求める社説を掲載した。

★参考情報★
ーーーーーー
新型コロナで米が中国の情報隠ぺい批判 中国は猛反発
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ