中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:テスラ

22020年9月11日特 ニュースメディアの毎日経済新聞などによると、中国で今年6月以降、米電気自動車(EV)大手、テスラが絡む事故が数件連続して発生した。いずれの事故で運転手は、突然に急加速したと話しているが、事故原因は分かっていない。四川省南充市では5日午後、テスラ車が多数の車や歩行者にぶつかる事故を起こし、2人が死亡、6人がけがした。警察は運転者を拘束したが、飲酒運転などの形跡はなかった。

 8月12日には浙江省温州市でモデル3が駐車場で急発進し、柵を破った後、他の車数台に衝突。8月9日は、同じくモデル3が上海市楊思路のガソリンスタンドに突入し、施設や他の車に衝突。従業員と運転手がけがした。今年6月16日には、江西省南昌市でテスラのモデル3が時速127キロで走行後、盛り土に乗り上げて横転、炎上した。

 上海の事故で運転者は「走行中に急に加速し、前方の工事車両を避けようとハンドルを切った。緑地にぶつけて減速しようとしたがコントロールがきかず、ガソリンスタンドに入ってしまった」と話している。江西省の事故で運転者は50~60キロで走行中に急加速し、ブレーキも効かないまま8キロ走ったと述べた。

 テスラの関係者は、急加速とブレーキが効かない減少が同時に起きる確率は非常に小さいと話している。香港メディアの東網によると、テスラの対外事務副総裁の陶琳氏は7日「確認されていない情報や憶測はコメントしない。事故原因が明らかになれば、関係者の同意を得て公表したい」と述べた。


★参考情報★
ーーーーーーー
テスラ修理工場で出火 モーター付近が火元か 浙江
蔚来汽車のEVが3回目の自然発火事故 品質へ懸念の声
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年8月20日電 ニュースサイトの浙江在線によると、浙江省杭州市消防局は19日午前1時45分ごろ、同市の西興路・浜康路地区にある電気自動車(EV)メーカー、テスラの修理工場で煙が上がっているとの通報を受けた。消防車12台が急行して消火にあたり約1時間半後に消し止めた。けが人はなかった。警察と消防は、テスラ車のモーター周辺が火元とみて出火原因を調べている。

 香港メディアの東網によると、消防が駆けつけると工場内は黒煙が充満。隊員がシャッターを破って中に入ったところ、テスラ車のボンネットが開き、煙が上がっていた。モーター付近の電気メーターボックスからは火花が出ていた。

 工場はテスラから修理を受託しており、事故当時9台が置かれていた。杭州でテスラの受託工場は少なく、オーナーのほとんどがこの工場に修理を依頼しているという。

 中国では4月にも、上海市徐匯区のマンションの地下駐車場で、テスラのEVか炎上する事故が起きた。6月には中国のEVベンチャーの蔚来汽車(NIO)のクロスオーバー車が湖北省武漢市の駐車場で炎上する事故を起こしたが、いずれも電池が原因とみられている。

★参考情報★
ーーーーーーー
蔚来汽車のEVが3回目の自然発火事故 品質へ懸念の声
住宅駐車場でテスラModel・Sが炎上 住民が一時避難
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年6月18日蔚 電気自動車(EV)ベンチャーの蔚来汽車(NIO、上海市)のクロスオーバー型「ES8」が14日午後3時ごろ、湖北省武漢市の建材卸売市場の駐車場で炎上する事故を起こした。ニュースサイトの中国経済網が17日伝えた。(写真は百度のキャプチャー)

 ES8の発火事故は、2カ月間で3回目。1回目は4月、陝西省西安市で、修理中の1台が炎上。2回目は5月、上海市嘉定区の住宅街の地下駐車場で炎上した。

 同社は、火災事故の相次ぐ発生を受け、オーナーに対して充電率を90%以下に抑えるよう呼び掛けている。ネット上ではES8の品質に対し、消費者から懸念の声が相次いで書き込まれている。

 中国では4月にも、上海市中心部の徐匯区のマンションのの地下駐車場で、米テスラの電気自動車(EV)「Model・S・P85」か炎上する事故が起きた。

 EVの発火事故を受け、工業情報化省(MIIT)は17日、新エネルギー車(NEV)を製造する自動車メーカー各社に対し、10月末までに危険箇所の洗い出しのため、安全検査の徹底的に行うよう通達した。

★参考情報★
ーーーーーーーー
住宅駐車場でテスラModel・Sが炎上 住民が一時避難
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年4月23日車 上海市中心部の徐匯区裕徳路地区のマンション「泰徳華苑」の地下2階の駐車場で21日午後8時ごろ、米テスラのセダンタイプの電気自動車(EV)「Model・S・P85」から突然出火、消防車15台が駆けつけ約1時間後に鎮火した。マンション内の住民が一時避難した。けが人はなかった。蓋世汽車網など22日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 周囲に停車中の自動車2台も類焼した。地下駐車場は刺激臭が充満、消防隊が中に入れず消火活動が難航した。上海市の消防当局などが出火原因を調べている。テスラは22日、スタッフを事故現場に派遣し、当局の調査に協力すると表明した。

 所有者によると、燃えた車は約3年前、販売店の体験運転用の車両を割引で購入した。6万キロ走行したが、まだ保証期間内だった。センサーの故障でドアが開かないトラブルが起きたことがあるという。充電は、炎上の数時間前に終えていた。

 2013年以降、世界ではテスラ車の炎上事件が計14件起きた。しかし、ほとんどは衝突事故の後、発火している。

 テスラは現在、上海で工場を建設中で、中国で販売している車両はすべて輸入車。上海工場は今年夏に完成し、Model・3を生産。20年から本格生産を始める計画だ。


★参考情報★
ーーーーーーーーー


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ