中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:ツマジロクサヨトウ

2019年6月27日虫 農業農村省・栽培業管理局の潘文博局長は26日、トウモロコシを食べるツマジロクサヨトウの幼虫による食害が19省・自治区・直轄市の1000県に拡大しているとして、被害防止の対策資金として5億元(約78億円)を投入する方針を明らかにした。ニュースサイトの澎湃新聞が26日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 ツマジロクサヨトウは今年、海外から初めて中国に侵入。南方地区を中心に、主にトウモロコシに被害が出ている。同省はこれまでに「ツマジロクサヨトウ予防対策案」を通知し、対策用の農薬25種類のリストを公表した。

 専門家によると、7~8月は南西季節風が強まり、ツマジロクサヨトウが北方地区に移動するとみられる。黄河下流から淮河北部流域の黄淮地区はトウモロコシの成長期となるため、警戒が必要だ。

 潘局長はまた、干ばつ・水害も、秋の収穫にとりツマジロクサヨトウを上回る脅威になるとの見方を示した。気象部門によると、今年はエルニーニョ減少の影響で極端な天気となり、北方は干ばつ、南方は水害の恐れがある。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年5月13日食 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)の12日の報道によると、米農務省はこのほど発表したリポートで、中国南方地区で、農作物を食い荒らす害虫「ツマジロクサヨトウ」の被害が発生しており、食糧の生産量が大幅に減少するとの見方を示した。(写真はRFAのキャプチャー)

 害虫はアフリカを発生源に、ミャンマーを通じて今年初め中国雲南省に入った。現在、広西チワン族、広東、貴州、湖南、海南の6省・自治区の8500ヘクタール(ha)の農地で、コメ、大豆、トウモロコシなどに深刻な被害が出ている。 

 中国は食糧の輸入依存度が極めて大きく、世界最大の食糧輸入国。18年だけで各種食糧1億トン以上を輸入した。ただ、米中貿易摩擦の激化が食糧輸入に影響を与え始めており、中国の食糧供給は楽観を許さない情勢となっている。

  ラジオ・フランス・アンテルナショナル(RFI)によるとると、中国国家発展改革委員会は7日、食糧の備蓄量と品質に関するテレビ会議を開き、各地当局に対し責任を持って状況を精査するよう求めた。中国国務院(中央政府)は昨年7月、中央と地方政府に対し、食糧の備蓄量と品質に関する調査を今年10月末までに終えるよう指示した。

 湖北省在住の作家は「中国の食糧供給は重大な危機に直面している。米中貿易戦争や米中の関係悪化と無関係でない」と話している。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーー
豚肉の価格急騰の恐れ 当局が冷凍備蓄品の供給準備
寧夏でアフリカ豚コレラ 全国31省市区で25番目
広東・恵州でアフリカ豚コレラ 深センの精肉店で行列 値上がりも
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ