中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:ガス爆発

2020年6月17日煤 ニュースメディアの北京日報によると、河北省唐山市路北区の団地「時代花園」の110号棟で16日午前5時25分ごろ、ガス爆発があった。消防によると、住民2人が死亡、4人がけがした。当局が事故原因の調査を行っている。

 香港メディアの東網によると、爆発が起きたのは4階の1室で、まもなく炎が上がった。地上には割れたガラスが散乱した。

 中国ではアパートやマンションのガス爆発が頻発。4月末には黒竜江省斉斉哈爾市の高層マンションの30階でガス爆発があり、住民1人が死亡、3人が軽傷を負った。昨年5月にも、山東省青島市市南区の仙居路の団地でガス爆発があり、住民1人が死亡、7人が重軽傷を負った。

★参考情報★
ーーーーーーー
深センの高層マンションで火災 住民男性1人が転落死
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年4月30日国
 ニュースサイトの封面新聞によると、黒竜江省斉斉哈爾市建華区で29日正午ごろ、高層マンション「金融街北楼」の30階でガス爆発があり、住民1人が死亡、3人が軽傷を負った。当局が爆発の詳しい原因を調べている。(写真は東網のキャプチャー)

 香港メディアの東網によると、爆発が起きたのは30階の3005号室と3006号室。爆発とともに火災が起きたが、30分後に鎮火した。マンション内の住民は全員避難した。

 中国では高層マンションでの爆発や火災が頻発。昨年12月2日には、遼寧省瀋陽市の25階建てマンションで火災があり298世帯が避難した。昨年7月には広東省深セン市羅湖区の高層マンション43階で、ガス爆発と火災があり、男性1人が転落して死亡。5月には黒竜江省ハルビン市の高層マンションの16階で住民2人が死亡した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーー
深センの高層マンションで火災 住民男性1人が転落死
高層マンションでガス爆発 住民2人死亡 黒竜江
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年10月15日錫 ニュースサイトの鳳凰網によると、江蘇省無錫市錫山区の鵞湖鎮にあるレストラン「秦園小籠」で13日午前11時ごろ、爆発があった。食事客らが病院に運ばれ6人が死亡、10人が重軽傷を負った。(写真は東網のキャプチャー)

 香港メディアの東網によると、消防車と救急車21台が急行。消防隊員ら100人以上が、ショベルカー4台も使って、他に被害者がいないか捜索活動を行った。原因は調査中だが、ガス爆発の可能性がある。

 レストランは3階建てのビルの1階。商店街の一角で、上階は住宅となっている。レストラン内はむちゃくちゃに壊れてキャビネットなどが倒れた。2、3階の住宅もガラスが割れたり、エアコンが落ちるなどの被害が出た。

 レストランは、小籠包(ショウロンポウ)や麺類を出す小規模な店。事故当時、店内は食事客らでほぼ満員だった。調理にはボンベ入りのガスを使っていた。

 中国で飲食店のガス爆発がしばしば発生。8月には遼寧省北票市にある飲食店で、爆発があり、4人が死亡、16人が重軽傷を負った。昨年8月には、遼寧省瀋陽市皇姑区のレストランで爆発があり、隣の事務所で勤務中の30歳代の女性1人が死亡、10人がけがした。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーー
飲食店でLPガス爆発 4人死亡16人重軽傷 遼寧
高層マンションでガス爆発 住民2人死亡 黒竜江
串焼きレストランで爆発 隣の事務所で女性1人死亡、10人けが LPガス漏れか瀋陽
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年8月19日瓦遼寧省北票市にある飲食店の調理場で16日午後7時40分ごろ、爆発があり、4人が死亡、16人が重軽傷を負った。同市応急管理室によると、ボンベ入りのプロパンガスが漏れて爆発したとみられる。ニュースサイトの環球網などが17日伝えた。

 飲食店は、アパートの1階に入り、爆発とともに2階まで壊れた。近所にある別の飲食店主は「爆発で自分の店のシャッターがめくれ上がり、エアコンの室外機が壊れた」と話している。

 中国各地では、住宅や商店のガス爆発が頻発。7月には広東省深セン市羅湖区の高層マンションでガス爆発と火災があり、住民の男性1人が転落して死亡した。5月には黒竜江省ハルビン市の高層マンションの16階で住民2人が死亡。昨年8月には、遼寧省瀋陽市皇姑区のレストランで爆発があり、隣の事務所で勤務中の30歳代の女性1人が死亡、10人がけがした。


★参考情報★
ーーーーーーーーー
深センの高層マンションで火災 住民男性1人が転落死
高層マンションでガス爆発 住民2人死亡 黒竜江
串焼きレストランで爆発 隣の事務所で女性1人死亡、10人けが LPガス漏れか瀋陽
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年7月19日火 広東省深セン市羅湖区の高層マンション「港逸豪庭」B棟43階で18日午後4時半ごろ火災があり、住民とみられる男性1人が転落して死亡した。火災はガス爆発が原因とみられる。警察は出火と男性が転落した原因を調べている。香港メディアの東網が伝えた。(写真は百度のキャプチャー)

 消防の誘導で、棟内の住民が一時避難した。出火した部屋はマンションの最上階。ガスコンロ火元とみられるという。 

 中国では高層マンションで、ガス爆発が原因の火災がしばしば起きている。5月には黒竜江省ハルビン市の高層マンションの16階で住民2人が死亡。昨年1月には遼寧省錦州市で5人が死傷した。1昨年9月には上海市浦東新区で5人がけがした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ