中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:ガス爆発

22021年2月24日爆 ニュースサイトの環球網によると、北京市中心部、西城区の「西絨線胡同」地区にあるレストラン「北京徳峰餐庁」で23日午前8時15分ごろ、LPG(液化石油ガス)が爆発した。隣家の住民ら7人がけがし病院に運ばれ、2人が重体。当局が事故原因を調べている。(写真は東網のサイト画面)

 西城公安分局(警察)によると、レストランは春節(旧正月)のため休業していた。LPGはボンベ入りで、北京市通州区の業者が同日8時ごろ運び込み、据え付け作業をしていたところ、ガスが漏れていることが分かったという。

 爆発で、レストランが入る平屋建物が崩落。隣接する平屋の民家も崩れ落ち、中にいた住民がけがした。レストラン前を通り掛かった自動車の3人と、電動自転車の1人も負傷した。

 事故後、西城区政府の幹部が現場に急行。救助作業などを指揮するとともに、周辺の住民を近くのホテルに避難させた。また、事故調査チームを立ち上げ、LGPとボンベの仕入先などを調べている。さらに、西城区全域で、LPGの業者に対し、一斉に立ち入り調査を始めた。

 中国では住宅や店舗でのガス爆発事故が頻発している。1月末には、遼寧省大連市の金普新区の集合住宅で爆発があり家族3人が死亡、近隣住民6人が負傷。昨年11月には、湖南省汨羅市のレストランで爆発が起き、食事客ら34人がけがした。

★参考情報★
ーーーーーー
レストランでガス爆発 34人けが、1人重体 湖南
団地の1室でガス爆発、2人死亡4人けが-河北
このエントリーをはてなブックマークに追加

22021年1月26日燃 26日付大連日報(電子版)によると、25日午前6時ごろ、遼寧省大連市の金普新区の住宅地「金渤海憬小区」でガス爆発が起きた。当局によると、住民の3人が死亡、6人がけがした。死者は夫婦と息子。けが人は、事故の様子を見に来た近所の住民。大連市政府が調査チームをつくり、事故原因の調査を始めた。

 ニュースサイトの北晩新視覚網によると、当局は、ガスが管から漏れ、爆発したとみている。爆発が2度起きた後に火の手が上がり、集合住宅の1~2階や、駐車中の自動車約10台が損傷したり焼けるなどした。

 当局によると、消防と警察などが急行し消火と救助活動を実施中、近くの自動車修理店でも別の爆発も起きたという。けが人は8人いるとの情報もある。ガス管は、地元ガス会社の金州天成燃気が敷設した。

 中国では住宅や店舗でのガス爆発事故が頻発している。昨年11月には、湖南省汨羅市のレストランで爆発が起き、食事客ら34人がけがした。6月には、河北省唐山市の団地でガス爆発があり、住民2人が死亡、4人がけがした。
団地の1室でガス爆発、2人死亡4人けが-河北
マンション30階でガス爆発 1人死亡、3人けがー斉斉哈爾
このエントリーをはてなブックマークに追加

22020年11月19日煤 中国のニュースサイト、新京報などによると、湖南省汨羅市新市鎮のレストラン「紫園土菜館」で18日午後0時40分ごろ爆発が起き、食事客ら34人がけがした。同市当局によるとうち1人が重体。警察などが壊れたボンベを発見しており、LP(液化石油)ガスが爆発したとみて、原因を調べている。(写真は東網のキャプチャー)

 防犯カメラの映像では、店内は、先に白い煙が充満した後で爆発が起き、炎に包まれた。店内の設備が壊れ、衣服に火が着いた人物が逃げる様子が映されていた。レストランは、武漢-広州高速鉄道の汨羅東駅近く。事故後、商店主や住民が一時避難した。

 中国で住宅や店舗のガス爆発による死傷事故が頻発している。6月には、河北省唐山市の団地でガス爆発があり、住民2人が死亡、4人がけがした。4月末には黒竜江省斉斉哈爾市の高層マンションの30階でガス爆発があり、住民1人が死亡、3人が軽傷を負った。

 昨年6月には、江蘇省無錫市錫山区のレストランでボンベ入りのガスが爆発。食事客らが6人が死亡、10人が重軽傷を負った。

★参考情報★
ーーーーーー
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年6月17日煤 ニュースメディアの北京日報によると、河北省唐山市路北区の団地「時代花園」の110号棟で16日午前5時25分ごろ、ガス爆発があった。消防によると、住民2人が死亡、4人がけがした。当局が事故原因の調査を行っている。

 香港メディアの東網によると、爆発が起きたのは4階の1室で、まもなく炎が上がった。地上には割れたガラスが散乱した。

 中国ではアパートやマンションのガス爆発が頻発。4月末には黒竜江省斉斉哈爾市の高層マンションの30階でガス爆発があり、住民1人が死亡、3人が軽傷を負った。昨年5月にも、山東省青島市市南区の仙居路の団地でガス爆発があり、住民1人が死亡、7人が重軽傷を負った。

★参考情報★
ーーーーーーー
深センの高層マンションで火災 住民男性1人が転落死
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年4月30日国
 ニュースサイトの封面新聞によると、黒竜江省斉斉哈爾市建華区で29日正午ごろ、高層マンション「金融街北楼」の30階でガス爆発があり、住民1人が死亡、3人が軽傷を負った。当局が爆発の詳しい原因を調べている。(写真は東網のキャプチャー)

 香港メディアの東網によると、爆発が起きたのは30階の3005号室と3006号室。爆発とともに火災が起きたが、30分後に鎮火した。マンション内の住民は全員避難した。

 中国では高層マンションでの爆発や火災が頻発。昨年12月2日には、遼寧省瀋陽市の25階建てマンションで火災があり298世帯が避難した。昨年7月には広東省深セン市羅湖区の高層マンション43階で、ガス爆発と火災があり、男性1人が転落して死亡。5月には黒竜江省ハルビン市の高層マンションの16階で住民2人が死亡した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーー
深センの高層マンションで火災 住民男性1人が転落死
高層マンションでガス爆発 住民2人死亡 黒竜江
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ