中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:カーフェリー

 2018 年2月23日Ferry広東省南西部にある湛江市徐聞県の新安新港沖で22日午前零時46分ごろ、乗客972人と車140台を載せたカーフェリー「海口9号」が、鋼板運搬船「新盈F069号」と衝突した。新盈F069号は間もなく沈没し、乗組員5人のうち2人が行方不明になった。海口9号の乗客にけがはなかった。澎湃新聞が22日伝えた。(写真は騰訊視頻のキャプチャー)

 海口9号は、広東省対岸の海南省海口市の海口秀英港から、新安新港に向かっていた。衝突時、新盈F069号の乗組員5人が転落し、3人は間もなく救助された。

 現地の海警局、南海救助局、湛江漁政局などが船舶を出動させ、行方不明になった乗組員の捜索を行っている。

 海南省海口市は人気リゾート地で、春節(旧正月)連休中、中国本土の観光客多数がマイカーで訪れた。しかし、海口市では18日から濃霧が断続的に発生してフェリーが相次ぎ欠航。マイカー1万台近くが22日現在も海口秀英港などの周辺で足止めになっている

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2018 年2月21日hainan 人気リゾート地の海南省海口市で、濃霧のため中国本土に向かうカーフェリーの欠航が相次ぎ、港湾近くに滞留する行楽客のマイカーが20日午後3時現在、約1万2000台に上った。金羊網が21日伝えた。(写真は易網のキャプチャー)

 海口市政府によると、海南省と広西チワン族自治区間の瓊州海峡で18日から連日濃霧が発生。当局がカーフェリーの運航停止を命じた。18日夜、海口市の港湾3カ所の周辺で足止めになったマイカーは約1万5000台、行楽客は約4万人に上った。

 20日午前からカーフェリーの運航が再開したが、午後になっても港湾周辺にマイカー約1万2000台、行楽客約3万人が出発待ちを続けた。海口市当局の予測では、春節(旧正月)連休7日間に本土に向かう車は9万台、行楽客は40万8000人に上る見通しだった。

 気象台によると、同海峡付近の濃霧は22日まで続くとみられ、カーフェリーも断続的に欠航する恐れがある。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
四川省14市で濃霧、双流空港と高速多数が閉鎖

↑このページのトップヘ