中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:カザフスタン

2019年1月10日哈 カザフスタン外務省はこのほど、米AP通信に、中国外務省がカザフ族2000人の中国籍放棄と出国を容認したと述べた。中国政府が、新疆ウイグル自治区のイスラム教徒を圧迫し国際的な非難が高まっていることに配慮した可能性がある。米政府系放送局ララジオ・フリー・アジア(RFA)が9日伝えた。

 AP通信によると、一部メディアが昨年12月、カザフ族の出国を中国が認めたと報じた。同外務省は報道内容を認めたが、容認の理由は明らかにしていない。また、出国したカザフ族に国籍取得か永住権を認めた述べた。

 米公共放送ボイス・オブ・アメリカ中国語版によると、中国は新疆ウイグル自治区で、ウイグル族、カザフ族のイスラム教徒の住民数十万人を再教育キャンプに拘束。信仰や文化の放棄を迫っているほか政治教育を行っている。

 昨年12月の一部報道によると、同外務省報道官が昨年11月、カザフスタンと中国政府との合意に基づき、2018年1~9月、カザフ族2500人が簡単な手続きで中国国籍を放棄したと述べた。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーー
南シナ海、台湾、新疆で対立 ワシントンで米中外交・安保対話

 新疆ウイグル自治区のカザフ族住民は1日、ウルムチ市の警察が少数民族活動家数千人の拘束を命じたと述べた。同市当局は、中国共産党第19回全国代表大会(第19回党大会)終了後、少数民族活動家への圧力を強めている。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が1日伝えた。

 ウルムチ市天山区公安局はこのほど、政府を批判する言論を発表したり、海外の映像コンテンツを見ている少数民族を拘束するよう上級機関から命じられた。主な対象はウイグル族とカザフ族だという。

 カザフ族住民によると、ウルムチ市警察は拘束者数のノルマを定め、1週間で3000人を拘束するよう警察の各出先機関に通達した。自治区では収容者の増加で刑務所が手狭となっており増築を始めた。政治犯と刑事犯を分ける必要もある。

 また、ウルムチ市の警察は今年5月、親族訪問を理由に隣国のカザフスタンを訪れ国会議員と接触したとして、ウイグル族20数人を拘束したことがこのほど分かった。当局が少数民族による政治的な活動を警戒したためとみられる。

 拘束されたウイグル族は、国会議員と写真を撮影しノートパソコンに保存していた。パソコンが故障したため修理店に持ち込んだところ、店員が写真を見つけて警察に通報した。
 

↑このページのトップヘ