中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

タグ:アジア太平洋経済協力会議(APEC)

 2018年11月19日亜米国のペンス副大統領は18日、パプアニューギニアで開いたアジア太平洋経済協力会議(APEC)で、習近平国家主席と2回会談した。副大統領は「われわれは率直に語り合った。米国は中国との関係改善を望んでいる。ただし、中国が貿易政策を変える必要があると伝えた」と述べた。米公共放送ボイス・オブ・アメリカ中国語版が19日伝えた。(写真はVOAのキャプチャー)

 APECは米中が世界貿易機関(WTO)の改革問題で鋭く対立したため、史上初めて首脳宣言の採択を見送った。

 習主席は17日の同会議で「米国第一政策」が保護主義だと強く批判。ペンス副大統領は、中国が巨額借款により他国を債務の落とし穴に突き落としていると非難し、制裁関税を継続すると警告した。

 トランプ米大統領と中国の習国家主席は、11月末からアルゼンチンで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて会談。米中貿易戦争を終わらせる好機とみられている。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーー

 米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは17日、米中政府筋の話として、11月の米中首脳会談までに両国の貿易戦争の終息を目標に、交渉のロードマップ(行程表)づくりを進めていると報じた。米公共放送ボイス・オブ・アメリカ中国語版が18日伝えた。 

 11月には、パプアニューギニアでのアジア太平洋経済協力会議(APEC)の非公式会合とアルゼンチンで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議の2回、トランプ米大統領と習近平・中国国家主席が会談する機会がある。

 同紙によると、習主席は、米中貿易戦争のため中国内での政治的圧力が強まっているため、トランプ大統領との会談を望んでいる。

 米中のハイレベル交渉は、今年6月のロス米商務長官の訪中後、途絶えている。しかし、中国商務部の王受文次官らの交渉団が近く米国を訪問し、マルパス米財務次官(国際問題担当)と事務レベルで協議する予定だ。

 同紙によると、この事務レベル協議は11月の米中首脳会談の実現に向け障害を取り除くのが目的で、今後数カ月間、米中の交渉が数回行われる見通しだ。

 米軍による地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル」(THAAD)の韓国配備を巡る中韓関係の悪化について、中国外交部の華春瑩報道官は30日、両国関係を正常な状態に戻すため、追加配備をしないなど4条件を実行するよう韓国側に求めた。両国関係は改善の兆しが見え始めた。1日付星島日報が伝えた。

 中国側が実行を望む4条件はほかに▽韓国が米国のミサイル防衛システムに加わらないこと▽日米韓の3カ国の安全協力を軍事同盟に発展させないこと▽中国の安全保障上の利益を侵害しないことーーの3つ。

 中国はTHAADにより自国の軍事情報を探査されることを懸念して韓国に配備中止を要求。韓国企業へのいやがらせや韓国行き観光ツアーの制限など、経済的な圧力を強めてきた。しかし、中韓の外交当局は10月31日、このほど朝鮮半島情勢を巡り意見交換し、「外交関係を正常な発展の道に戻すことで両国が同意した」と同時に発表した。

 韓国の文在寅大統領は、今月ベトナムで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)で中国の習近平国家主席と会談する予定。華報道官は「現在、両国が協力し首脳会談の準備を進めている」と述べた。

↑このページのトップヘ