中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 中印関係

 2018年12月18日印インド通信機器サービス輸出促進評議会(TEPC)はこのほど、、国の安全保障上に懸念から中国・通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)など中国企業からの製品輸入を禁止するようアジット・ドバル国家安全保障顧問に提言した。米公共放送ボイス・オブ・アメリカ中国語版が18日伝えた。(写真はVOAのキャプチャー)

 世界の移動通信ネットワーク設備の売上高は2017年は320億ドルで、うち28%をファーウェイが占めた。しかし、これまでに米国、オーストラリア、ニュジーランド、日本などが相次ぎ、中国当局の操作を受ける懸念からファーウェイ製品の使用を禁止した。

 TEPCの責任者は「ファーウェイの設備は、インドの外から操作が可能だ。しかも、中国との国境紛争を抱えて敏感なインド北東部で、一部設備が使われている」と指摘した。

 インドは今年9月、ファーウェイと中国の別の通信機器大手、中興通訊(ZTE)に対し、次世代通信規格「5G」の試験運用や提携事業への参入を禁じた。

 ファーウェイはこれまでに、製品に「バックドア」(裏口)を仕込んだり、中国当局からコントロールを受けたりしているとの疑念を何回も否定している。

 インド、中国、ブータンの国境付近のドクラム地区で起きた対峙(たいじ)問題後も、中印両軍の緊張が続いている。インドの報道によると、インドが中国国境近くへの部隊増強やSu30戦闘機などの配備を計画している。部隊向けに病院3カ所を新設する予定だ。香港メディアの東網が3日伝えた。

 中国チベット自治区に近いインド東端の陸軍部隊は、パトロールを大幅に強化。小部隊を複数編成し、1回15日~30日のパトロール活動を繰り返している。現地は海抜5182メートル以上。雪山や河川が連続し極めて厳しい地形となっている。

 インド東部の西ベンガル州パナガーでは、山岳作戦用の部隊を新設したほか、Su30戦闘機や武装ヘリコプターも配備した。国境近くの飛行場の使用を再開したほか、超音速巡航ミサイルの配備をも計画している。

2018 年2月19日モルジブ 政情不安に陥っているインド洋の島国、モルディブ付近の海域で、中国海軍の艦艇11隻が集まっていることが17日までに分かった。米国の専門家は、中国がインド洋での影響力拡大を狙った動きで、インドを苦しめていると指摘している。香港のニュースサイト、東網が伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 モルディブ付近海域で14日、中国海軍のイージス駆逐艦「長沙」、揚陸艦「井崗山」、補給艦「駱馬湖」からなる「南部戦区海軍遠洋訓練艦隊」が入り、補給訓練などを実施した。16日は、インド洋北西部のアデン湾で海賊対処の護衛任務に就いている中国の2艦隊もモルディブ付近に入った。3艦隊11隻の規模は、隻数でインド海軍の3分の1、トン数で半分に達する。モルディブの国内情勢が不安定化する中の航行のため各国の注目を集めた。

 米フォーブス誌の寄稿者として知られ、アジア情勢に詳しい米国のPanos・Mourdoukoutas氏は「中国はインド洋を中国洋にしようとしている。インドは、スリランカとモルディブが中国の海外基地になることを懸念している」と指摘している。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 インド紙・タイムズ・オブ・インディアはこのほど、インド・シッキム州、ブータン、中国・チベットに近いドクラム(中国名、洞朗)で、中国軍が兵舎などからなる永久的な駐屯地を建設していると報じた。1600~1800人が駐留しているとみられる。中央社が11日伝えた。

 中国軍はヘリポート2つ、プレハブの兵舎、えん体、商店を建設したほか道路も改良。高地での厳しい寒さに対応できるようにした。

 中国がドクラムで道路建設を始めたことから、インドと中国の両軍は今年6月から70日以上にらみ合いを続けた。

 インドの安全保障担当者は、中国によるドクラムでの道路建設を阻止し「戦略的目標の達成」に成功したものの、中国軍が恒久的に駐留してしまったと述べた。インドがブータン領とみなす土地への中国軍の冬季残留は今回が初めてという。

 中国国防部の呉謙報道官は11月末の会見で、ドクラムの中国軍部隊が撤退しないことを質問された際、「ドクラムは中国の領土で、部隊の配置は自主的に決める」と述べた。

 中国軍西部戦区は7日、インド軍の無人機が中国領内で墜落したと発表した。中国外交部の耿爽副報道局長は「中国の領土主権侵害だ」としてインドに抗議した。香港のニュースサイト、東網が伝えた。

 インド国防省は、無人機は自国領内で訓練飛行中、技術的な問題で操作不能となり、シッキム州から中国内に入ったと説明した。同省が原因究明を続けている。

 中国のメディアによると、無人機は、中国領内で対無人機システムが発したレーザーで撃墜された。また、インドには無人機製造の技術はなく、墜落した無人機はイスラエル製だという。

 インドと中国の両軍は今年6月から、ブータン西部のドクラム(中国名、洞朗)で70日以上にらみ合いを続けいったん終息した。再び中国との緊張が高まる恐れもある。

↑このページのトップヘ