中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 中印関係

 2020年7月3日印香港メディア東網によると、国際物流大手の独DHLは1日、中国からインド向けの貨物の取り扱いを停止すると発表した。同業の米フェデックスも、インドの倉庫に荷物があふれて正常な運用ができないとして、貨物の受付を中止した。

 インド北部ラダック地区で起きた、中国とインド両軍の衝突をきっかけに、両国関係の緊張が続いており、インドは中国からの貨物について通関を遅らせているもようだ。インド・チェンナイの税関係官は、スマートフォンや化学肥料、石油製品など中国から輸入品に対し、特別な検査を行っていると述べた。

 DHLのインド法人は英メディアに、中国本土と香港、マカオからの貨物の取り扱いを停止したと述べたが、詳しい理由や貨物の内容についての説明は避けた。

 インドは中国からの輸入商品の通関を止めており、この中にはアップルやシスコシステムズ、デルなど米企業が中国で製造した製品も含まれている。

 中国商務省の高峰報道官は2日の記者会見で「インドのやり方は、世界貿易機関(WTO)の規則に違反している。中国と中国企業に対する敵視を直ちにやめるべきだ」と述べ、インドを批判した。


★参考情報★
ーーーーーーー
インド兵76人負傷、捕虜10人 中国が現地で道路工事
中印が衝突、双方に死傷者 インド側20人死亡か
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年6月24日国
 米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、インド北部ラダック地区のガルワン渓谷で起きた中国とインド両軍の衝突にからみ、中国政府筋は23日、中印両軍の責任者が22日に会談し、衝突回避のため両軍を引き離すことで合意したと述べた。15日の衝突で、両軍に多数の死傷者が出た。

 中国外務省の趙立堅副報道局長は23日、中国とインドの両軍の責任者が、現地の実効支配線付近で衝突問題をめぐり会談したと述べた。15日の衝突後、両軍の責任者が会談するのは初めて。両軍の責任者は、緊張状態の緩和で一致したという。

★参考情報★
ーーーーーー
中印が衝突、双方に死傷者 インド側20人死亡か
中国とインド、国境紛争の平和的解決で合意
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年6月17日印 米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、インド北部ラダック地区のガルワン渓谷の国境地帯でインド軍と中国軍部隊が衝突し、インド軍は16日、双方に死傷者が出たと発表し、インド側は大佐1人を含む将兵20人が死亡したことを明らかにした。(写真はRFAのキャプチャー)

 中国とインドはともに核保有国。両国の衝突で死傷者が出たのは過去数十年ね初めて。

 インドと中国間で争いがある、ラダック地区の境界線付近で、中国側が最近数週間、兵力の増強を続けたことから、軍事的な緊張が高まった。16日夜になり、争いがさらにエスカレートした。AFP通信によると、発砲は起きていないが、殴る蹴るの応酬になった。

 中国軍西部戦区報道官の張水利大佐は「15日夜、中印国境のガルワン渓谷で、インド軍が約束に背いて、実効支配線を越える違法行為を行った。双方の間で衝突が起き、死傷者が出た」と述べた。一部報道は、中国側は5人が死亡、11人がけがしたと報じた。

 インドと中国は2017年にも、中国がブータン付近の境界線付近で道路建設を始めたため、インド軍兵士数百人が出動して阻止した。この時は2カ月の交渉後、双方が軍を引き上げた。

★参考情報★
ーーーーーー
中印国境で中国軍兵士殴られる映像、ツイッターで流布
中印国境の緊張高まる 複数地点で小競り合い 現地軍同士の交渉行き詰まり
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年6月9日印 米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、インド外務省東アジア局のナビーン・スリバスタバ(Naveen Srivastava)氏は5日、中国外務省の呉江浩アジア局長とテレビ会談を行い、両国の国境紛争の平和的な解決で合意した。(写真はVOAのキャプチャー)

 インドのメディアによると、インド外務省は「両国は、現在の情勢を含む両国関係を振り返り、両国首脳の指示に基づいて、意見の隔たりを平和的交渉を通じて処理することで合意した」との声明を発表した。
 中国外務省も、インド外務省東アジア局の幹部と5日、テレビ会談を行ったとした上「意見の食い違いを紛争に発展させないとの考えに基づき行動することで一致した」との声明を発した。

 インドのメディアによると、中印両国軍の兵士が、カシミール地方・ラダック高原のパンゴン湖近くや、シッキム州北部で小競り合いを起こした。中国軍がヘリを派遣したほか、インド空軍も戦闘機を飛行させた。


中印国境紛争で米国務省高官、現状変更と中国批判
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年6月2日印米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、カシミール地方の実効支配線周辺で中国、インド両軍がにらみ合いを続けている問題で、中国軍兵士1人が複数のインド軍兵士に殴られる映像が5月31日ツイッター上に流れた。(写真は東網のキャプチャー)

 映像には、複数のインド軍兵士がパンゴン湖周辺の路上で、中国軍の車両を叩いたり、罵声を浴びせるもようのほか、迷彩服姿の中国軍兵士が地面に倒れ、殴る蹴るの暴行を受ける様子が映っている。映像によると、中国軍兵士はけがし、インド軍兵士に連れ去られた。

 米紙ニューヨーク・タイムズの5月31日の報道によると、中印両軍兵士は発砲はしていないが、石や棒、素手で殴り合い、インド軍兵士数人がけがしてヘリコプターで運ばれた。中国側にもけが人が出ているという。

★参考情報★
ーーーーーーー
中印国境紛争で米国務省高官、現状変更と中国批判
中印国境で両軍兵士150人乱闘 11人けが
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ