中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 雲南

 国家気候センターの観測によると、中国の東北、江淮(江蘇、安徽両省の淮河以内、長江以北の地2019年5月24日干域)、長江中下流の南側の江南、四川省、重慶市など西南など各地区で厳しい干ばつが起きており、雲南省では降雨量が58年間で最少となった。環球網などが伝えた。(写真は百度のキャプチャー)

 雲南省では約88万1400人の飲み水が不足。また、74万ヘクタール(ha)の農地が干ばつの被害を受けたほか、家畜の水不足が深刻化している。消防救援隊が給水車を出動させて住民と家畜に飲み水を供給しているほか、農地の被害緩和に努めている。

 雲南省で干ばつが深刻化しているのは、昆明、曲靖、玉渓、紅河など8州・市。うち玉渓市元江県では今月中旬、最高気温が43.4~44.8度に達した。玉渓市のほかシーサンパンナ州、普ジ(さんずいに耳)市では高温で最高の「赤色警報」が出された。

 雲南省の4月1日~5月17日の平均降雨量は35.3ミリで、平年より63.1%少なく1961年以降で最少。平均気温も58年間で最高となった。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー

2019年2月5日雲 雲南省玉溪市紅塔区の鉄鋼会社、雲南玉溪匯溪鋼鉄有限公司の工場で1日午後9時20分ごろ、ボイラーの保守作業中に爆発が起き、作業員3人が死亡、4人がけがした。新京報(電子版)が2日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 事故当時、作業員10人が、工場の操業を止めてボイラーの保守作業をしていた。同区の安全生産委員会などが事故原因の調査を進めている。



 中国では工場の爆発事故がしばしば発生。昨年12月には新疆ウイグル自治区トルファン市で化学工場のロータリーキルン試運転中に爆発が起き、作業員21人が死傷した。11月には、四川省広安市の化学品製造会社で廃水処理用の反応釜で爆発があり作業員4人が負傷。同じく11月、河北省石家荘市内の新楽市にある化学肥料製造会社工場のテールガス燃焼炉で爆発があり、作業員6人が死亡、7人が重軽傷を負った。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーー

2018年12月3日火 雲南省昆明市西山区政府の発表によると、2日午前1時58分ごろ、同区の住宅地「船房社区」で5階建てのアパートが全焼し、8人が死亡、3人がけがした。死者のうち3人は転落死だった。新京報が2日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 アパート周辺は車が多数駐車していて消防車が近づけず、消火作業が遅れた。このため逃げ遅れた住民が建物から飛び降り、死亡したとみられる。消防などが出火原因を調べている。

 住民によると、アパートは地元民が建設し、出稼ぎ労働者らに貸し出していた。周辺はスラム化した地域で、今年9月にも、駐車中の電動二輪車から出火してアパートが焼け、出稼ぎ者ら6人が死亡1人がけがした。

 中国では、出稼ぎ労働者らが犠牲となる火災が頻発。北京市南東部の大興区西紅門鎮で昨年7月、アパートが焼けて住民19人が死亡、8人が重軽傷を負う惨事があった。その後、当局が違法建築撤去と、住民の追い出しを強硬して内外の批判を浴びた。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーー

 2018年11月26日雲雲南省安寧市の専門学校、雲南交通技師学院内で23日午前11時26分ごろ、校舎内で学生が刃物で学生や教員を襲い、1人が死亡、10人が軽傷を負った。中国日報(電子版)が同日伝えた。(写真は、同校ウェブサイトのキャプチャー)

 警察は間もなく男子学生(20)を拘束し、取り調べを始めた。動機などは分かっていない。また、政府の教育部門などが加わって原因の調査などを進めている。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーー


 2018年11月16日金雲南省減災委員会は15日、四川省カンゼ・チベット族自治州の金沙江にできた「せき止め湖」からあふれた水が同日午後3時、雲南省に到達したと発表した。昆明、麗江、大理、迪慶の4市・州などに住む約4万1000人が避難した。香港メディアの東網が同日伝えた。

 省内では、迪慶州の羊拉金沙江大橋など橋7カ所が損壊。277ヘクタール(ha)の農地が被災、民家1470戸が壊れるなどの被害が出た。各市・州政府は、テント、簡易ベッド、食料などを用意して、避難者の収容に備えた。

 中国本土のニュースサイト、新華網の14日の報道によると、せき止め水からあふれた水で、四川省カンゼ・チベット族自治州では13日、「竹巴籠金沙江大橋」で、路面が載る床板7つが押し流された。同省交通運輸庁によると、現地の国道318号線が不通となっている。

 せき止め湖は、四川省カンゼ・チベット族自治州白玉県とチベット自治区チャドム市ジョムダ県の境界付近で、10月10日夜に起きた山崩れでできた。


↑このページのトップヘ