中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 日中関係

2020年6月26日尖 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、菅義偉官房長官は25日、中国が東シナ海の海底地形に「釣魚島」(沖縄県・尖閣諸島の中国名)を示す名称を付けたことについて「外交ルートを通じて中国側に強く抗議した」と述べた。(写真は東網のキャプチャー)

 菅官房長官は、「尖閣諸島をめぐる中国独自の主張に基づくものが含まれている」と指摘。「周辺の海底地形に名称を付与しても、尖閣諸島がわが国固有の領土であることは変わらない」と述べた。

 尖閣諸島をめぐっては、、沖縄県石垣市議会が22日、尖閣諸島の住所地の字名を「登野城」から「登野城尖閣」に変更すると議決。中国と台湾の政府が直ちに反対を表明した。

★参考情報★
ーーーーーーーー
中国海警船が日本漁船追尾 中国正当化、日本は不快感
中国が月平均3回の領海侵入 河野防衛相が警戒感
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年6月23日尖 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、沖縄県石垣市議会が22日、尖閣諸島の住所地の字名を「登野城」から「登野城尖閣」に変更すると議決した。中国と台湾の政府が直ちに反対を表明した。(写真は東網のキャプチャー)

 中国外務省の趙立堅副報道局長は「中国の主権に対する深刻な挑発で、違法であり無効だ。釣魚島(石垣市尖閣諸島の中国名)が中国に属する事実は変えられない」と述べた。台湾中央社によると、台湾外務省はコメントを発表し「魚釣台(尖閣諸島の台湾名)の主権は台湾に属する。この事実を変える試みは無効だ」とした。

 石垣市によると、字名の変更は地名の重複を避けるため。石垣市中心部に同じ登野城の字名があり、混乱を避けるため変更を決めたという。

★参考情報★
ーーーーーー
中国が月平均3回の領海侵入 河野防衛相が警戒感
中国艦艇4隻が宮古海峡通過 11月末には大隅海峡も
このエントリーをはてなブックマークに追加

 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、中国による香港への国家安全法導入方針を受けて、安倍晋三首相は10日、衆院予算委員会で、日本が先進7カ国(G7)に「一国二制度の維持」を訴える共同声明を出すよう働き掛けていることを明らかにした。

 中国外務省の華春瑩報道局長は10日、記者会見で、香港関連の立法は内政問題で、いかなる国も干渉の権利はないとして、「深刻な懸念」を日本側に伝えたことを明らかにした。

 日本政府は、中国の全国人民代表大会(全人代=国会)が5月28日、香港版国家安全法の立法を決めた際、日本駐在の孔鉉佑・中国大使を呼んで「深い憂慮」を伝えた。
全人代が香港国安法可決 「一国二制度に死刑」と民主派
香港国家安全法と国歌法に反対デモ 300人余り拘束
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年5月12日尖 中国のニュースサイト、央視網によると、沖縄県・尖閣諸島の領海内で中国海警局の船2隻が、日本漁船を追尾した問題で、中国外務省の趙立堅副報道局長は11日、記者会見で、海上保安庁の巡視船が違法に干渉したため、主権を侵害しないよう外交ルートを通じて日本に抗議したと述べた。(写真は百度のキャプチャー)

 菅義偉官房長官は12日の記者会見で、中国外務省が日本漁船の追尾を正当化したことについて「全く受け入れることはできない」と述べ、不快感を示した。

 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、第11管区海上保安本部は、海警局の船2隻が9日、尖閣諸島付近の領海に入った。この際、近くで日本漁船1隻が操業していたため、海保の巡視船が中国側に領海外に退去するよう警告するとともに、漁船の周辺に進んで安全を守った。

 同本部によると、中国海警船の領海侵入は9日で連続3日目。今年に入り侵入日数は計10日となった。


★参考情報★
ーーーーーーーーーー
中国艦艇4隻が宮古海峡通過 11月末には大隅海峡も
中国軍機が対馬付近を飛行 中国海軍艦艇2隻も

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年4月15日読 ラジオ・フランス・アンテルナショナル(RFI)によると、読売新聞の竹内誠一郎・中国総局長が12日、同紙の『[ワールド・ビュー]』欄で、『「謝れない党」の自縄自縛』新型コロナウイルスの感染拡大について」とする記事を寄せ、中国共産党の無謬(むびゅう)神話を風刺したことに対し、在日中国大使館の報道官は14日、中国共産党と中国の政治体制を公然と中傷するものだとして、強く抗議した。(写真はRFIのキャプチャー)

 報道官は、記事が中国の新型コロナ対策の不適切さと不透明性を指摘したことに反論。中国が終始一貫、透明で責任ある態度で対策に臨んだと述べ、世界保健機関(WHO)への迅速な通報や、世界各国に新型コロナウイルスの遺伝子情報を提供したことを例に挙げた。

 新型コロナの感染拡大に絡み中国と各国の間で外交的な摩擦が生じる中、RFIは「中国はロシアとアフリカには温和な態度で接しているのに、日本などアジアの近隣国には遠慮しないのか」と疑問を示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ