中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 米中関係

2019年4月18日貿  米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は17日、消息筋の話として、米中貿易協議が5月末か6月初めに妥結する見通しだと報じた。米公共放送ボイス・オブ・アメリカ中国語版が18日伝えた。

 消息筋によると、米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表とムニューシン米財務長官が4月29日に北京、中国特使の劉鶴副首相が5月6日に首都ワシントンをそれぞれ訪れる。両国高官が妥結すれば、数週間かけて合意文書をまとめ、5月27日の米戦没者記念日に調印式を行う見通しだ。

 このタイムスケジュールはトランプ米大統領の先の見通しと一致している。大統領は4月5日、劉副首相とホワイトハウスで会談した際「われわれは今後4週間以内に答案の内容が分かる。その後、2週間の準備時間が必要だ」と述べた。

 また、米CNBCも消息筋の話として、貿易協議妥結のための米中首脳会談は、トランプ大統領の5月末の訪日前後となると報じた。

 米国は昨年、2500億ドル相当の中国商品に制裁関税を発動。中国も、1100億ドル相当の米国製品に対し報復の制裁関税を課した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーー
米中閣僚級協議が再開 交渉妥結に期待高まる
米中首脳会談6月にずれ込みか 貿易戦争収束に遅れ
米中貿易交渉が最終段階 なお破局の可能性、米側が見方

 米中両軍が最近、南、東シナ海で艦艇や軍用機を頻繁に往来させる中、米軍のB52戦略爆撃機が3日、グアムのアンダーセン空軍基地を飛び立ち、東シナ海を飛行したことが4日分かった。B52の飛行は、最近10日間で2回目となる。香港メディアの東網が4日伝えた。

 米軍は3月26日にも、2機のB52が南シナ海を飛行。KC135R空中給油機から給油を受けた。3日も同給油機2機を随伴した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー
B52爆撃機が南シナ海飛行 10日間で2回目
B52爆撃機が再び南シナ海飛行 米軍は「定例訓練」と説明

2019年4月2日台 中国軍の戦闘機2機が3月31日、台湾海峡の中間線を越えて台湾の南西空域に入ったことに対し、米政府が一方的な現状変更として反発している。ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は「中国の軍事的挑発が、台湾の民心を得ることはない」と批判。「『台湾関係法』とわれわれの義務は明確だ」と述べ、有事の際の支援を明言した。米公共放送ボイス・オブ・アメリカ中国語版が2日伝えた。

 米国の対台湾交流窓口である米国在台協会(AIT)の報道官は1日「現状を一方的に変更しようという中国政府の試みは、地域の安定に無益だ。脅迫的な手段をやめ、民主的に選ばれた台湾政府と対話するよう求めたい」とのコメントを発表した。

 米国防総省のイーストバーン報道官も1日「中国政府による一方的な現状変更は有害で、地域の安定に寄与せず、数十年にわたる平和を損なう」と述べた。米国務省も同日、同様の声明を発表した。
 ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、米国の反発に対し、中国紙・環球時報は、中国はこれまで「台湾海峡中間線」を認めたことはないと報じた。

 米シンクタンク国際評価戦略研究センターのリチャード・フィッシャー主任研究員は2日、「台湾海峡中間線は非公式な境界線だが、中台双方が長らく認めてきた。信頼確立と平和維持の方策だ」と指摘。さらに「中台双方が尊重してこそ台湾海峡の現状は守られる。だが、中国は現状を変えようとしている」と述べ、中国を批判した。


★参考情報★
ーーーーーーー


2019年3月29日商 米中閣僚級貿易協議が28日、2日間の日程で北京で始まった。翌週には劉鶴副首相がワシントンを訪れ協議を続行する予定で近い将来の交渉妥結に期待が高まっている。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。(写真はRFAのキャプチャー)

 ムニューシン米財務長官は28日、北京の宿泊先ホテルで記者団に、米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表ともども成果に期待していると述べた。中国商務省の高峰報道官は「米中両国が全力で交渉を進めており、両国首脳の合意に向け努力している」と語った。

 ロイター通信は27日、米政府筋の話として、中国側が技術移転の強制などの問題に関して、かつてない提案を行ったと報じた。また、交渉は細かい内容で進展はあったが、知的財産権の保護と、合意内容の実行状況に対する検証の面で意見が分かれているとも伝えた。

 ブルームバーク通信は19日、米中貿易協議の進展の遅れは、米側が制裁関税の撤廃を約束しないとして、中国側がいったん承諾した内容を取り消したことが原因と報じた。

 米イサカ・カレッジの王維教授は「米中貿易協議は、実際には政治的意志の強さの力比べだ。トランプ政権は中国に構造改革を進め、市場メカニズムを採用するよう求めているが、中国共産党指導者の根本的な利益とぶつかる」と話し、交渉妥結は困難との見方を示した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー
米中首脳会談6月にずれ込みか 貿易戦争収束に遅れ
米中貿易交渉が最終段階 なお破局の可能性、米側が見方
米中貿易協議でUSTR代表、「やるべき事多い」 楽観論けん制 

2019年3月28日谷 トランプ米大統領は27日、米グーグルのスンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)とホワイトハウスで会談した。大統領はツイッターで、ピチャイ氏が「米軍を断固支援する。中国軍ではないと述べた」と明らかにした。米公共放送ボイス・オブ・アメリカ中国語版が28日伝えた。(写真はVOAのキャプチャー)

 VOAによると米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長は21日、グーグルが中国で進めている人工知能(AI)事業について、中国に対する米国の優位性を脅かしていると批判。また、グーグルが米国の先進技術を使い、中国政府による人民抑圧を助けているとも指摘した。

 トランプ政権は昨年末、国防戦略を改定。中国を米国の強大なライバルだとした上、中国、ロシアに対する軍事的優位の維持を主要任務に定めた。

 グーグル幹部はVOAに対し「当社は米軍を非常に尊重しており、サイバーセキュリティ、物流と交通などの分野で協力を進めている」と語った。


★参考情報★
ーーーーーーーーーー
米シンクタンクがTikTok危険視 中国当局が情報収集か
グーグルが中国向け検索エンジン開発か 政治敏感語のフィルター機能付き 
ZTE制裁解除で米中同意 罰金10億ドル、監視団の10年進駐も受け入れ

↑このページのトップヘ