中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 米中関係

22020年10月21日港 香港メディア東網によると、米国務省は19日、対イラン制裁に違反し、イラン国営海運会社(IRISL)と取り引きを行ったとして、中国人男性2人と中国企業6社、香港の海運会社5社を制裁リストに加えた。(写真は東網のキャプチャー)

 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、香港の5社のうち4社は、香港の同じシェアオフィスに登記するペーパーカンパニー。4社とも中国・上海居住の沈勇氏が役員を務めていた。

 沈勇氏は、香港で37社の役員を務めている。うちキング・パワー・ホールディングス社は、傘下の貨物船19隻が米国の制裁対象になり、香港海事局から登録を取り消されていた。

 ポンペオ米国務長官は19日、いかなる内容でもIRISLと取り引きすれば制裁対象に加えると改めて警告した。

★参考情報★
ーーーーーーーー
米、中国企業と個人制裁 イラン原油を輸入
米、イラン原油輸入で中国の石油商社に制裁

このエントリーをはてなブックマークに追加

22020年10月15日港 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、米国務省は「香港自治法」に基づく報告書を議会に提出し、香港の林鄭月娥行政長官ら10人を、香港の自治を破壊したとして制裁対象に指定した。トランプ米大統領が今年7月に香港自治法に署名後、米国務省が議会に報告書を提出するのは初めて。(写真はRFAのキャプチャー)

 報告書によると10人のうち6人が香港政府、4人が中国政府の幹部。米国の各政府機関は、10人に対する制裁が可能になるほか、10人と取引した金融機関も制裁対象となる。 

 米国務省の報告書は10人を制裁対象とする理由として「香港の集会、言論、報道の自由と法治を破壊した」と説明した。米財務省は今年8月、これら10人と香港の前警務処長を加えた制裁リストをしている。

 中国の趙立堅副報道局長は「香港問題は、純粋に中国の内政問題だ。米国が自分勝手なことをすれば、中国は必ず報復する」と述べた。


★参考情報★
ーーーーーーーーー
米大統領、香港自治法と香港の優遇措置廃止令に署名
このエントリーをはてなブックマークに追加

22020年10月6日華 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、米移民局(USCIS)は2日、共産党や権威主義的政権、関連機関の構成員に対し、移民ビザの申請を禁止すると発表した。中国共産党員を狙った規制とみられる。 (写真はRFAのキャプチャー)

 中国外務省の華春瑩報道官は「悲しむべきことだ。米国の大国としてのイメージや名誉の維持に、何ら助けにならない」と語り、米国の決定に不満を表明した。

 中国紙・環球時報の胡錫進編集長は、ツイッターに英文で「中国の優秀な人材の多くは共産党員だ。米国の決定は、彼らの幻想を打ち破り、多くを国内に留めることになる。悪いことではない」と投稿した。胡編集長によると、共産党以外の中国国民の間で、米国移民への興味が大幅に薄れているという。

 しかし、中国の民間研究者の1人は、USCISの決定について「ほとんどすべての中国共産党員にショックを与えている」と指摘。共産党員のほとんどは共産主義思想に興味がなく、入党を就職や昇進の手段と考えているため、米国への移民禁止は非常に深刻な事態だと述べた。

★参考情報★
ーーーーーー
米国の駐中国大使が退任へ=「関与政策」の終わり示す
中国軍関係の留学生、研究者へのビザ発給停止=米政府
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロイター通信によると、中国が米グーグルに対し、独占禁止法違反の疑いで調査を準備している。基本ソフト(OS)「アンドロイド」の支配的な地位を利用し、競争を妨げたかどうかを調べる。中央社が伝えた。

 業界関係者によると、中国・通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)が中国の独禁法取り締まり機関に調査を申し立てていた。早ければ10月中に調査を決定するかどうかが決まる。米中関係に影響を与えるのは必至だ。

 グーグルは昨年、ファーウェイに、Gmail、Google・Play、Google・mapなど世界で多くのユーザーに使われているアプリケーションソフトの供給を停止。ファーウェイには中国以外のシェアに大きな影響を受けた。

★参考情報★
ーーーーーーー
中国軍が3大海域で同時演習 米軍が偵察機派遣
このエントリーをはてなブックマークに追加

22020年9月23日海 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)、中国軍のJ16など戦闘機多数が18日~21日、台湾海峡の中間線を越えて台湾側に侵入した。台湾側の抗議に対し、中国外務省は「台湾海峡の中間線など存在しない」と述べた。台湾の呉釗燮外相は「中間線は、軍事衝突を避けるためのもの」と語り、中国外務省の発言を強く批判した。(写真はRFAのキャプチャー)

 蔡英文総統は22日、台湾海峡の離島、澎湖島を視察。空軍部隊が24時間の輪番体制で、完全武装で待機しており、5分以内にスクランブル(緊急発進)できると強調した。

 台湾空軍は22日、中国軍機の侵攻に対し、緊急発進で応戦する演習を行った。

★参考情報★
ーーーーーー
米厚生長官が台湾訪問 大統領に代わり総統と会見
台湾付近で米軍機、中国軍機入り乱れる
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ