中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 米中関係

2019年6月20日加 香港メディアの東網によると、大阪で開かれる20カ国・地域首脳会議(G20サミット)を控え、台湾海峡と南シナ海で各国軍艦の活動が活発化している。カナダ海軍のフリゲート艦「レジャイナ」と補給艦「アステリックス」が18日、台湾海峡を航行後、東シナ海に入った。また、先に沖縄本島と宮古島間の宮古海峡を通過した中国の空母「遼寧」を中心とする艦隊が19日、西太平洋を経て南シナ海に入った。中国が建設した人工島を訪ねるとみられる。(写真は今日新聞のキャプチャー)

 台湾紙・自由時報によると、カナダの2艦は自動船舶識別装置(AIS)を作動させ、自艦の位置を明確にしながら航行した。台湾国防省は19日、カナダ軍艦艇の航行を認めるとともに、航行の自由を主張するための行動と見方を示した。 東網によると、カナダの2艦は10~13日、ベトナム・カムラン湾を訪問。レジャイナは南シナ海で、海上自衛隊の護衛艦「いずも」、「むらさめ」と合同訓練を行った。

 台湾紙・聯合報によると、遼寧が宮古海峡を通過したのは2016年12月、18年4月に続き3回目。今回初めて5万トン級の大型補給艦「呼倫湖」を随伴した。

 台湾情報筋によると、遼寧は南沙(スプラトリー)諸島付近を航行中。中国が人工島を造成した永暑礁(ファイアリー・クロス礁)、渚碧礁(スビ礁)、美済礁(ミスチーフ礁)を訪れるとみられる。人工島は空母が接岸できないため、艦載機を飛ばして島の飛行場に着陸させたり、兵員を上陸させる可能性がある。


★参考情報★
ーーーーーーーーー
ドイツが台湾海峡に艦艇派遣か 米で報道、独国防省は否定
米海軍艦艇2隻が台湾海峡航行 米の台湾支持を強調
中国空母「遼寧」、2年半ぶり宮古海峡を通過

 2019年6月19日首トランプ米大統領は18日、大阪で開かれる20カ国・地域首脳会議(G20サミット)で中国の習近平国家主席と貿易問題について話し合うと述べた。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。(写真はRFAのキャプチャー)

 中国紙・人民日報も、習主席とトランプ大統領が18日電話で会談したと報じた。トランプ大統領はその際、習主席との交渉を通じ、対立を解消する方法を急ぎ見つけたいと述べた。習主席は、米中の対等な対話が必要とした上「協力すれば双方に利益があるが、争えばともに傷つく」と応じたという。

 中国はこれまで、G20サミットでの米中首脳会談の可能性について沈黙を続けてきた。トランプ大統領は、習主席が会談に応じないなら、3000億ドル分の中国商品に制裁関税を発動する考えを示し中国をけん制してきた。

 トランプ政権高官は、米メディアに対し「両首脳が会っても、実質的な話し合いを意味する訳ではない。しかし、話し合うことはいいことだ」と述べた。

★参考情報★
ーーーーーーーー
3000億ドル中国商品に制裁関税 米政府、G20後に判断
米制裁関税は「経済テロ」 中国外務次官が過激批判

 米紙ニューヨーク・タイムズは8日、中国当局者が米国のマイクロソフトとデル、韓国サムスン電子など国際的なIT大手企業の代表を呼び、米政府の政策に同調して、技術や製品の供与を止めないよう警告を行った。当局者は、警告に従わない場合「重い対価を支払うことになる」と述べたという。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が9日伝えた。

 同紙によると、当局者は言及していないが、通信設備・端末メーカーの華為技術(ファーウェイ)に対する技術と製品の供与を指すとみられる。米政府の規制を受けて、世界各国のIT大手が次々とファーウェイの排除を始めたことが背景にある。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーー
米政府、中国監視カメラ最大手へ米技術提供禁止へ
米国土安全保障省、中国製ドローン使用に注意呼び掛け
米大統領、外国ライバル企業から通信設備の調達禁止

2019年6月7日税 米公共放送ボイス・オブ・アメリカによると、トランプ米大統領は6日、訪問先のフランスで記者の質問に答え、20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)で習近平・中国国家主席と会談した後、3000億ドル分の中国商品に制裁関税を発動するかどうかを判断すると述べた。6日伝えた。

 トランプ大統領は「私は習主席と会い、どうなるかみたい。どうであれG20後に結果が出るだろう」と述べた。

 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、中国商務省の高峰・報道官は、米国が一方的に貿易摩擦を激化させるなら、中国は最後までお付き合いする」と述べ、徹底的に対抗する考えを強調した。

 米中の経済関係は、5月初めの交渉決裂後、急速に悪化。5月10日以降は、対面交渉が途絶えている。

 米財務省の報道官は4日、福岡県で8日行われるG20財務相・中央銀行総裁会議でムニューシン財務長官が中国人民銀行の易鋼長官と会談すると発表した。実現すれば、交渉決裂後、両国交渉チームの主要人物が会談するのは初めてとなる。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー
米制裁関税は「経済テロ」 中国外務次官が過激批判

 2019年6月6日亜中国のアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)で1日、大規模な障害が発生、ウェブサイトが表示できなくなり、ネットショップが影響を受けた。同社は、「CN-NORTH-1」地区で道路の施工業者が誤って光ケーブルを切断しサーバーがネットに接続できなくなったため説明している。経済メディアの新浪財経などが伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 障害は1日午前2時から午後1時まで11時間続いた。同社の公式ミニブログによると、アマゾンの公式アプリの使用やウェブサイトの閲覧がしにくくなった。

 ケーブル切断の影響で、サムスン電子のサーバーも一時全面的に停止。同社の人工知能(AI)アシスタント「Bixby」が使えなくなった。サムスン電子は「施工業者が光ケーブルを切断した。1時間後に普及した」とした上、ユーザーに謝罪した。

↑このページのトップヘ