中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 米中関係

 22021年4月9日裁米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、米商務省は8日、中国でスーパーコンピューターの開発を手掛ける企業や研究機関など7社・団体を、安全保障上の問題がある企業を並べた「エンティティー・リスト」に追加すると発表した。同省は「米国の国家の安全や、対外政策上の利益を害する行為を行ったため」と説明している。(写真はVOAのサイト画面)

 「エンティティー・リスト」に載った企業は、米企業から調達を行う場合、米商務省に許可を申請し、厳しい審査を受ける必要がある。企業の申請は原則却下されるため、事実上の禁輸措置となる。バイデン政権も、トランプ前政権の厳しい対中政策を継承したことになる。

 同省によると、7社・団体は、中国人民解放軍が使うスーパーコンピューターの製造に関与。中国軍の近代化や大量殺傷兵器開発のプロジェクトにも参加した。

 レモンド商務長官は声明の中で「スーパーコンピューターは、核兵器や超音速兵器の開発に極めて重要だ。商務省は、中国が米国の技術を使い、軍の近代化を行うことを阻止する」と述べた。

 7社・団体は、天津飛騰信息技術(Tianjin Phytium Information Technology)、上海集成電路技術與産業促進中心(Shanghai High-Performance Integrated Circuit Design Center)、深セン市信維微電子(Sunway Microelectronics)、深セン市国家超級計算中心(The National Supercomputing Center Shenzhen)、済南国家超級計算中心(The National Supercomputing Center Jinan)、無錫国家超級計算中心(The National Supercomputing Center Wuxi)、鄭州国家超級計算中心(The National Supercomputing Center Zhengzhou)。

★参考情報★
ーーーーーー
このエントリーをはてなブックマークに追加

 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、中国では新疆ウイグル自治区産綿花の使用拒否を発表した外国企業に対するボイコットの動きが続いてる。動画サイトでは、米ナイキのシャツをはさみで切る映像が拡散。スウェーデンのカジュアル衣料チェーン、ヘネス・アンド・マウリッツ(H&M)の店舗前で抗議活動を行った住民が警備員に連れ去られた。山東省青島市では、販売中の新築マンションには「ナイキとH&Mの服を着た者の内覧を拒否します」の標語が掲げられた。

 中国外務省の華春瑩報道官は、ボイコットを助長する発言を続けており、26日には、米国とその友邦が「新疆産の綿花に泥を塗り、強制労働の存在や民族絶滅の汚名を新疆に着せている。中国は8カ国連合軍に踏みにじられた末期の清朝ではない」などと語った。

 中国政府系メディアも「外国企業は中国の飯を食べながら、中国の飯碗を壊すな」などと、新疆産綿花の使用拒否などに同調しないよう警告を続けている。さらに「新疆産綿花は、中国産の9割を占めるが、なお毎年200万トンの輸入を続けている」として、欧米の使用拒否の影響はないことを強調した。

 ただ、中国産綿花を原料とする糸や布は、半数が輸出されている。外国企業が欧米の基準に従い新疆産綿花とそれを材料とした製品を拒否するなら、約2000億ドルの外貨収入が途絶え、輸入依存の中国紡績業が大打撃を受ける可能性がある。

 中国税関のデータだと、中国の2020年の輸出総額17億9300万元で、うち7.4%が紡績業からだった。

★参考情報★
ーーーーーー
中国が欧州議会の10人に報復制裁 投資協定の審議中止
EUが32年ぶり対中制裁 ウイグル族人権侵害
このエントリーをはてなブックマークに追加

 22021年3月24日台台湾・中央通信社によると、米インド太平洋軍司令官に指名されたジョン・アキリーノ太平洋艦隊司令官(海軍大将)は23日、米議会軍事委員会の指名公聴会で証言し、中国による台湾侵攻は「予想より早い」との見方を示した。 国家安全保障担当の元大統領補佐官、マクマスター氏も先に上院軍事委員会で「台湾は中国の次の最大目標で、最も重大な発火点だ」と警告。アキリーノ氏も、この見方に賛同した上、「台湾に対する軍事的脅威は、最も憂慮すべきこと」と述べた。(写真は東網のサイト画面)

 香港メディアの東網によると、米インド太平洋軍のデービッドソン司令官も先に、上院軍事委員会の公聴会で、中国が6年以内に台湾に侵攻する可能性あると証言している。アキリーノ氏は侵攻の時期についてコメントしなかったが「この問題は、多くの方の想像よりも切迫している」と語り、グアムなどにミサイル防衛システムを配備する基金「太平洋抑止イニシアチブ」の早期の承認が必要と指摘した。

★参考情報★
ーーーーーー
米イージス駆逐艦が台湾海峡航行 バイデン政権で初
このエントリーをはてなブックマークに追加

22021年3月23日明 台湾・中央通信社によると、中国北京市の第二中級人民法院(裁判所)で22日午前、スパイ罪に問われた中国カナダの元外交官、マイケル・コブリグ被告の初公判が非公開で行われ、米国やカナダなど26カ国の外交官28人が裁判所前に集まり声援を送った。(写真はRFAのサイト画面)

 コブリグ被告は「国外のため国家機密・情報を探った疑い」などで起訴された。別のカナダ人の朝鮮問題専門家、マイケル・スパバ氏の非公開の公判も19日、遼寧省丹東市中級法院で始まった。
 裁判所を訪れた中国駐在のカナダ大使館のジム・ニッケル臨時代理大使は、コブリグ、スパパ両被告の裁判傍聴を拒否されたことを指摘。法廷での審理の過程を知ることができないとして、裁判の不透明性を批判した。

 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、19日のスパパ氏の初公判はわずか3時間で終わった。裁判所前には、中国駐在のカナダ、米国、オーストラリアの大使が傍聴を希望したが断られた。裁判所は近く判決公判の期日決定を予告しており、カナダのトルドー首相が強く批判している。

 米国は2018年、香港の銀行、HSBCを通じイランと取引したとして、対イラン制裁違反の疑いで中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)の副会長兼最高財務責任者(CFO)の孟晩舟被告を起訴。同年12月に米国の要請に基づきカナダ当局に拘束された。その後、中国とカナダの外交的な摩擦が続いている。

★参考情報★
ーーーーーーー
拘束1年のカナダ人2人、検察に送致 中国外務省が公表
このエントリーをはてなブックマークに追加

22021年3月19日米 米中外交トップの会談が18日、アラスカ州アンカレジで行われた。米国のブリンケン国務長官は、中国側の楊潔チ(竹カンムリに褫のつくり)共産党政治局員と王毅外相に対し、新疆、香港、台湾に対する中国の行いに強い懸念を表明した。楊氏は、新疆、香港、台湾は中国の不可分の領土だとした上「内政干渉には断固反対する」と反発した。台湾・中央通信社が18日伝えた。(写真はRFAのサイト画面)

 ブリンケン氏はまた、中国による米国へのサイバー攻撃や、同盟国への経済的な圧迫について話し合いを要求。「これらの行為はどれも、世界の安定や秩序に脅威だ」と述べた。楊氏は「米国は軍事力と金融で多くの国に脅威を与えている。また、安全保障を理由に世界貿易の前途を危うくしている」と反論した。

 米側からブリンケン氏のほか、サリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)も出席した。

★参考情報★
ーーーーーー
米中会談直前に日米が「2プラス2」 中国を批判
米中外交トップが会談へ 米国務長官、事前に日韓訪問
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ