中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 貴州

 2018年6月12日気貴州省黔西南州・晴隆県内の中国石油天然気集団公司(ペトロチャイナ)の天然ガスパイプラインで10日午後11時ごろ爆発があり、作業員24人が重軽傷を負った。同県の同じ天然ガスパイプラインが昨年7月にも爆発事故を起こしている。香港メディアの東網が11日伝えた。

 目撃者によると、爆発とともに炎が数十メートルの高さに上がった。地元当局によると、現場は住民の居住地区からは離れいる。負傷したのはいずれも宿舎で就寝中の作業員だった。

 香港紙・星島日報(電子版)によると、当局は、ガス漏れが爆発の原因とみて詳しく調べている。昨年7月にも同県内の同じ天然ガスパイプラインが爆発し、8人が死亡、25人が重軽傷を負った。

 貴州省では、ミャンマ~中国天然ガス・パイプラインの一部、約303キロが敷設されている。一部が同県内を通過しているが、事故を起こしたパイプラインかどうか、当局は明らかにしていない。

2018年4月25日毒 貴州省貴陽市の貴州財経大で24日午前、学生多数が吐き気や腹痛など食中毒の症状を訴え病院で治療を受けた。大学によると、受診した学生や約40人に上った。中国之声が同日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 学生宿舎の給水器に置かれたボトル入り飲用水の品質に問題があったとみられ、地元の食品安全工商局が、検査を始めた。

 香港メディアの東網によると、学校が設置した飲用水は、先に現地の衛生当局が、品質に問題があるとしてブラックリストに掲載していた。大学当局は、別の会社のラベルを貼り隠ぺいしていた。さらに、学生が中毒症状を訴えた後も「体質が劣り、飲食の習慣が悪かったためだ」として責任を認めなかった。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーー

 貴州省六盤水市政府によると、1月31日午後7時半ごろ、市内の鉄鋼メーカー、首鋼水城鋼鉄(集団)有限公司で、発電容量6万キロワット(kW)の発電設備のボイラーで修理作業中にガス漏れが発生した。従業員ら11人が中毒し、9人が死亡、2人がけがした。新華社が1日伝えた。

 六盤水市の当局者が現場とけが人の収容先病院に急行。同社の担当者とともに、救出作業を指揮したりけが人を見舞うなどした。当局が事故原因を調べている。

 首鋼水城鋼鉄は1966年創業の同市最大の鉄鋼メーカー。従業員9000人を抱え、製鋼製鉄のほか鉄鉱石の採掘、発電、建設業などに従事している。

 上海と昆明(雲南)を結ぶ高速鉄道(滬昆高鉄)の貴州省内のトンネルで手抜き工事が行われとの情報が13日午前、ネット上に掲載された。トンネルは、時速300キロで走る中国高速鉄道で最長の橋「北盤江特大橋」の両端にある2本で、現在は水漏れが激しいため列車は時速70キロで走行しているという。中国のメディアを引用して台湾中央社が14日伝えた。

 滬昆高鉄をめぐっては、湖南省の区間で品質基準に達しない設備と材料が使われ、当局から改善を命じられたと別のメディアが報じた。

 貴州省内の手抜き工事の情報は「貴州熱門頭条」と称するメディアがミニブログで伝えた。鉄道会社の中国鉄路総公司内で手抜き工事を伝える内部文書も掲載された。中国本土のニュースメディア澎湃新聞の取材に対し、中国鉄路総公司関係者も事実と認めた。

 ミニブログと澎湃新聞の関連記事は14日午後までに削除されたが、ネット上では情報が相次ぎ転載されている。

 滬昆高鉄は全長2252キロ。中国高速鉄道の中で東西方向では最長。2016年12月に開業した。

貴州省天然ガスS 貴州省黔西南州晴隆県で2日午前10時44分ごろ、天然ガスのパイプラインが爆発炎上した。同県党委員会宣伝部は同日午後7時13分、8人が死亡、35人が重軽傷を負ったと発表した。2日付新京報が伝えた。

 同宣伝部によると、爆発したのは石油・天然ガス大手、中国石油天然気集団のパイプライン。豪雨で発生した土砂崩れでパイプラインが切断され、漏れたガスが燃え上がったとみられる。

 地元住民が撮影した映像には、猛煙を伴って火柱が何本も上がる中、住民が逃げ惑う姿が写されている。

 香港のニュースサイト、東網によると、ミャンマ~中国天然ガス・パイプラインのうち同省内の区間は303キロ。一部が同県内を通過している。同県当局は、炎上したパイプラインがミャンマからのパイプラインの一部かどうかは明らかにしていない。

↑このページのトップヘ