中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 貴州

2019年12月9日霧 中国新聞網によると、蓉遵高速道路(四川省・成都-貴州省・遵義)の貴州省遵義市習水県内の区間で6日午前8時20分ごろ、車37台が絡む玉突き衝突事故があった。重体1人を含む23人が重傷を負い、病院で手当を受けている。 (写真は中国経済網のキャプチャー)

 事故当時、路面は凍結していた上、周辺は濃霧だった。警察などが詳しい事故原因を調べている。  中国では毎年の秋から冬、濃霧が原因の多重衝突事故がしばしば起きている。昨年11月に河南省駐馬店市の大広高速(黒竜江・大慶-広東省・広州)、濃霧が原因で車28台が相次ぎ追突。3人が死亡、12人が重傷を負った。  

 中国公安省交通管理局の2018年のまとめによると、中国全土の高速道路で、濃霧のため同年に3回以上の事故が起きた区間は3188カ所あった。10回以上が916カ所、30回以上が228カ所、50回以上も79カ所あった。  

 同局によると、秋と冬は濃霧が起きやすいが、突然発生し、予測が難しいという。同局は、運転中、霧に遭遇した場合、減速、フォグランプの点灯を行うほか、サービスエリアに退避したり、高速道路を離れたりするよう呼びかけている。

★参考情報★
ーーーーーーー

 2019年10月30日駐ニュースサイトの中青在線によると、28日午後4時21分ごろ、貴州省貴陽市観山湖区の建設中の地下駐車場で崩落事故があり、作業員14人が生き埋めになった。うち3人が自力で脱出、1人が無事だったが10人が行方不明になった。(写真は百度のキャプチャー)

  南方都市報(電子版)によると、貴陽市消防支隊が消防車13台を派遣して、消防隊員67人が災害救助犬8頭を使って捜索したところ29日未明に10人全員が見つかった。しかし、うち8人が死亡、2人がけがした。

 現場は、不動産開発会社の貴陽国龍置業有限公司が建設中の32万平方メートルの複合商業ビル「美的置業広場」の一部。中央政府の応急管理部が指揮し、事故原因を調べている。 

 中国では、工事中の建物が崩落し、多数の作業員が死傷する労災事故が頻発している。14日は、吉林省白城市の経済開発区で改装工事中の銀行のオフィスビルが突然崩落し、作業員5人が死亡、4人が負傷した。5月には上海市中心部で、自動車修理工場が改築工事中に崩落、作業員25人ががれきに生き埋めとなり10人が死亡した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー
銀行ビル工事中に崩落 作業員5人死亡、4人けが 吉林
石灰工場で建屋とタンク崩落 3人生き埋め、2人死亡 山西
改築中の自動車修理工場が崩落 作業員10人死亡 上海

 ニュースサイトの人民網によると、14日午後1時24分ごろ、貴州省貴陽市の貴陽経済技術開発区の黄河路地区で、乗用車が、街路を暴走した後、中国郵政貯蓄銀行の営業所に突っ込み、通行人1人が死亡、3人がけがした。

 警察が、乗用車を運転していた女性(27)を拘束し取り調べている。警察によると、女性が運転を誤って、道路左側を歩いていた通行人をはねた後、走行中の電動バイクに接触。続いて道路右側の歩道に乗り上げて、営業所に突っ込み止まった。女性に飲酒運転などの疑いはない。

 中国では、街路での車の暴走事故が相次いでいる。9月末には、湖南省湘潭市でダンプカーが露店で買い物中の群衆に突っ込み、警察によると少なくとも10人が死亡、16人がけがした。7月には江蘇省常州市中心部で、乗用車1台が自転車専用レーンを暴走し、電動バイクの運転手ら13人が死傷した。


★参考情報★
ーーーーーーーー
トラックが買い物客に突っ込む 10人死亡16人けが 湖南
杭州の街路で車暴走 電動バイクの女性ら多数けが 浙江
乗用車が歩道暴走 1人死亡、4人けが 四川

2019年9月10日水 貴州省畢節市消防救援支隊は9日、連日の大雨により市内で水害が発生、8日は「畢節市怡心苑養老院」が冠水し、高齢者27人が閉じ込められたことを明らかにした。同支隊は、27人全員を救出したという。新京報が9日伝えた。  

 同市では7日~8日に大雨があり、市内の各所が浸水した。怡心苑養老院も、1階が腰の高さまで冠水したほか水周辺道路が水没した。同支隊が、ゴムボートなどを出動させ、約5時間かけて27人を救出した。体調を崩した6人が病院に運ばれた。  

 新京報によると、貴州省に隣り合う、四川省瀘州市でも7日~8日に大雨による洪水が発生。約1万2000人が被災した。特に古藺県内の9つの郷鎮(町村)では特に激しい雨が降り、各所で道路が寸断。1人が死亡した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーー
洪水でダム決壊の恐れ 観光客ら1万4000人避難 四川
四川省アバ州で土砂災害 7人死亡24人不明、観光客が避難
成昆鉄道脇で山崩れ 復旧工事中の13人行方不明 四川

2019年7月25日山 新華網によると、23日午後9時20分ごろ、貴州省六盤水市水城県の鶏場鎮で山崩れが起き、民家21棟が土砂に埋まった。24日午後5時15分現在、13人が死亡、32人が行方不明になっている。このほか11人が救出され手当を受けている。(写真は新華網のキャプチャー)

 六盤水市応急管理局によると、崩れた土砂は200万立方メートル。現在、救援活動と被害状況の調査が進められている。習近平国家主席も事態を重く見て、遭難者の救出に全力を挙げるよう指示した。ただ、現場では大雨が降り、二次災害の危険性があるため、救出作業が中断している。

 中央テレビ局によると、崩れた斜面の高低差は500メートルで約1キロ先まで土砂が流れた。現場には戸籍上は77人が住んでいるが、うち10数人は出稼ぎのため外地にいる。

 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、中国では最近山崩れが頻発。23日午後4時には、貴州畢節市赫章県の野馬山鎮の高速道路の建設現場で山崩れが起きた。24日午前5次、雲南省紅河ハニ族イ族自治州の金平ミャオ族ヤオ族タイ族自治県の道路近くの山が崩れ3人が死亡、1人がけがした。

 中央政府の自然資源省と中央交通部中央気象局は24日、四川省南部、雲南省北部・西部、貴州省北西部で土砂災害の危険性が高まっているとの予想を発表した。


★参考情報★
ーーーーー
南方の大雨の被害拡大 8省で88人死亡、17人不明
谷沿いの崖が建物ごと崩落 住民20人死傷、13人不明 山西

↑このページのトップヘ