中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 外交

22021年2月12日日 香港のニュースメディア、東網によると、「国家安全危害罪」で懲役3年の有罪判決を受け、服役していた伊藤忠商事の40代の男性社員が、刑期満了で出所し、日本に帰国する準備を進めていることが22日分かった。(写真は東網のサイト画面)

 男性社員は以前、日本で働いていたが、2018年2月、広東省広州市を訪れた際、広州市国家安全局が勾留。19年10月、広州市中級法院(裁判所)が有罪判決を言い渡した。犯行の詳細は公表されていない。

 加藤勝信官房長官は22日の記者会見で、出所の情報を確認した上「無事の帰国に向け、できる限り支援する」と語った。また、中国で拘束されている日本人の早期釈放の実現や、司法プロセスの透明性の確保などを働きかけていることを強調した。中国では現在、日本人7人の刑が確定、1人が公判中で帰国していない。

★参考情報★
ーーーーーーー
北海道教育大の中国籍教授、スパイ罪で起訴へ
50代日本人男性、湖南省で拘束 容疑など不明
このエントリーをはてなブックマークに追加

22021年2月19日四 日米豪印の4カ国による連携枠組み「クアッド」の外相が18日、電話で会談した。茂木敏充外相によれば、4カ国外相は、南シナ海や東シナ海での中国の動きについて、武力による一方的な現状変更に反対する考えでも一致した。台湾・中央通信社が19日伝えた。(写真はVOAのサイト画面)

 また、4カ国外相は、ミャンマー情勢について、民主主義の迅速な回復が必要との認識で一致した。
 「クアッド」4カ国の外相会談は昨年10月、東京で会合を開いた。バイデン米政権発足後は初めて。

★参考情報★
ーーーーーー
このエントリーをはてなブックマークに追加

 英フィナンシャルタイムズは16日、複数の情報筋の話として、中国がレアアースの輸出規制を行った場合、欧米の軍需産業に与える影響について研究を進めていると伝えた。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。

 中国政府の顧問によると、中国がレアアースの輸出を規制した場合、米国でのF35戦闘機の生産を止められるかについて研究を進めている。別の関係者によると、中国政府は、米国が中国以外からレアアースを調達したり、自国生産を拡大するまでの時間を把握しようとしている。

 中国のレアアース供給量は、世界の8割。米国は、多くの重要鉱物を輸入に依存しており、米国の制裁に反発して、中国レアアースの輸出を制限する可能性が指摘されている。

 同紙によると、中国工業情報省が1月、「レアアース管理条例案」を発表し、意見公募を始めた。条例には、レアアースの採掘量の基準や、輸出関連の規則が盛り込まれている。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーー
習主席がレアアース企業視察 劉鶴氏同行、米けん制か
米中摩擦で雇用情勢悪化 李首相が失業者引き止め指示
このエントリーをはてなブックマークに追加

22021年2月16日人 米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、カナダ、米英日豪など58カ国の外相が15日、「国対国の関係における恣意(しい)的な拘束に反対する宣言」に署名した。宣言は、特定国を名指ししていないが、カナダ政府関係者は、中国やイラン、ロシア、北朝鮮による外国人の拘束を憂慮したものと指摘した。(写真はVOAのサイト画面)

 宣言はカナダ政府が主導した。カナダのガルノー外相は「(恣意的な拘束という)違法で不道徳はやり方は、法の支配を破壊するもの」と述べた。中国紙・環球時報(英語版)は、「中国を挑発する行為だ。中国は恐れることも、妥協することもない。カナダは、最もひどいやり方で、仕返しを受けるだろう」との専門家の見方を伝えた。

 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、中国当局は2018年12月、カナダの元外交官、マイケル・コブリグとカナダ人の朝鮮問題専門家、マイケル・スパバの両氏をスパイ容疑で拘束した。カナダ当局が18年末、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟副会長を拘束したことに対する報復とみられている。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
豪外相、中国へ渡航自粛呼びかけ 任意に拘束の恐れ
豪州記者2人に出国禁止令 大使館などが保護し無事帰国
このエントリーをはてなブックマークに追加

 22021年1月22日台米国の首都首都ワシントンで20日行われた、バイデン大統領の就任式に、台湾の駐米代表の蕭美琴氏が招きを受けて出席した。台湾代表が大統領就任式に出席したのは1979年の米台断交後は初めて。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が21日伝えた。

 台湾の蔡英文総統は21日、フェイスブックで、蕭美琴氏が正式な招待を受けて就任式に出席したことを報告。過去4年間に米台関係が深化したことの成果だと指摘した。さらに、米政界の党派を超えた支援に感謝を表明した。




米国務長官、台湾との接触規制撤廃 中国が反発
米海軍少将が台湾非公式訪問  軍人で近年最高位
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ