中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 外交

2020年3月27日拘 ニュースサイト環球網によると、中国外務省の耿爽副報道局長は26日の定例記者会見で、北海道教育大の袁克勤教授がスパイ容疑で、国家安全省の取り調べを受けたことを明らかにした。袁教授は、容疑を認めているという。(写真は博訊新聞網のキャプチャー)

 耿副報道局長によると、袁教授は検察に送られ起訴に向け調べを受けている。同日の会見でNHKの記者が、袁教授が昨年中国に入国後、行方不明になっており、拘束された懸念があるとして状況を質問した。

 博訊新聞網によると、袁教授は65歳で吉林省出身。昨年5月、親類の葬儀のため中国の帰国後、連絡が途絶えた。7月に本人から「身体の不調で静養中」との連絡があったが、その後、音信不通となっていた。


★参考情報★
ーーーーーー
50代日本人男性、湖南省で拘束 容疑など不明
伊藤忠勤務の男性に懲役3年 昨年2月に広州で拘束
拘束の北大教授、釈放され帰国 国家機密収集の疑いで取り調べ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年3月27日外ラジオ・フランス・アンテルナショナル(RFI)によると、中国外務省は26日、発給済みの査証(ビザ)や居留許可証を持つ外国人の入国を28日午前0時から停止すると発表した。新型コロナウイルスの感染が世界的に拡大しているためという。 (写真はRFIのキャプチャー)

 同省の発表では、ビジネスや研究活動で人道上の理由で外国人が中国に入る必要がある場合、各国の中国大使館や総領事館にビザの発行を申請できる。また、今回の発表後に発行されたビザは、入国停止の対象にならない。

 同省は、今回の措置は諸外国の例を参考に、やむを得ず実施する臨時の措置だとしている。また、新型コロナウイルスの感染の状況に基づいて、今後措置を見直すことがあるとした。

 また、中国民用航空局は26日、航空国際便の運航について通知し、中国の航空各社は1社ごとに1国家あたり週1便、外国の航空各社は中国線を1社あたり週1便に制限することを命じた。


★参考情報★
ーーーーーーーーー

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年3月19日※ 米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、中国政府は17日、米国のニューヨーク・タイムズ、ウォール・ストリート・ジャーナル、ワシントン・ポストの3紙の米国籍の記者に対し、10日以内に記者証を返納するよう命じた。3紙の記者は今後、中国本土と香港、マカオでの取材を認められず、事実上の追放となる。(写真はVOAのキャプチャー)

 米国務省が2日、新華社通信、中国環球電視網、中国国際広播電台など、米国駐在の中国メディア5機関について、「外国使節」と認定。中国での活動を規制した。17日の米3紙の記者の追放は、中国側の報復とみられる。

 ポンペオ国務長官は、中国側の3紙記者追放を遺憾とした上、「米国が規制したのは自由なメディアでなく宣伝機関だ。米国の自由なメディアと性質が異なる」と述べた。


★参考情報★
ーーーーーーーーー
米国務長官、中国5メディアの在米人数に制限
米紙記者追放事件なお余波 中国外務省が米大使館に抗議
中国外務省、米紙の記者3人に国外退去命令 米政府は
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年3月12日伊ニュースサイトの中国新聞網によると、四川省成都市の衛生健康委員会は11日、イランに滞在していた中国人164人を乗せたチャーター便が同日未明、成都市に到着したと公表した。全員が集中隔離され経過観察を受けている。(写真は東網のキャプチャー)

 同委員会によると、中国人の帰国のためチャーターされた中国南方航空のCZ3004便は11日午前1時17分、成都の空港に到着。税関職員が全員の体温を測定した。

 164人に発熱はなかったが、21人が喉の異常を訴え、スクリーニング検査のため病院に運ばれた。残りの143人は、14日間の隔離のため専用車両で指定病院に運ばれた。164人は全員がPCR検査を受けた。

 その後、感染対策機関と空港職員が、同便の機体と164人を運んだ車両、体温を測定した検疫場所の消毒を行った。乗組員は検査後に広東省広州市に帰還した。


★参考情報★
ーーーーーーーーー
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年3月6日習米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、菅義偉官房長官は5日、習近平国家主席の日本訪問の延期を決めたと発表した。日中両国とも、新型コロナウイルスの感染拡大防止対策を優先することを理由に、話し合いの後、延期で合意した。(写真はRFAのキャプチャー)

 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、習主席の日本訪問は4月に予定されていた。延期後の新たな日程は決まっていない。1998年にも、江沢民国家主席が中国の洪水対策を理由に、日本訪問を9月から11月に延期した例がある。

 中国国家主席の国賓としての訪日は、胡錦濤国家主席の2008年の訪問以来となるはずだった。

 安倍晋三首相は5日、中国と韓国から日本に到着した旅客全員を3月9日から、指定場所で14日間隔離すると発表した。両国の国民に出していたビザも取り消した。この措置は3月末まで続ける。また、中国と韓国からの航空便の受け入れを、成田空港と関西国際空港に限定した。


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ