中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 外交

2019年6月24日朝 中国の習近平国家主席は21日、2日間の北朝鮮訪問を終え、平壌から北京に戻った。中国政府系メディアは「中朝友好の新たなページを開いた」と報じたが、焦点の北朝鮮の非核化には触れなかった。外国メディアは、訪朝の中身は乏しいものの、中国、北朝鮮ともそれぞれ外交面の利益を得たと報じた。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。(写真はRFAのキャプチャー)

 英BBC放送は「今回の訪朝は、実質的な中身より象徴的な意味が大きい。両国とも、それぞれに必要なものを得るための選択だった」と報じた。

 米紙ニューヨークタイムズは、習主席は今回の訪朝を通じ、北朝鮮の核に対する中国の影響力の大きさを米大統領に誇示することを狙った。北朝鮮側も、中国の助力により制裁の緩和を目指した。専門家は「中国が国連安保理の制裁撤回で努力することはない。しかし、中国の経済界に北朝鮮とのビジネスを促すだろう」と述べた。


 ロイター通信は「習主席は今回の訪朝で、米中関係が悪化する中、重要なカードを持っていることを示した」と伝えた。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
●習近平主席が平壌到着 北朝鮮は最高レベルの歓迎
金委員長の列車で交通混乱 ネットに恨みの声、中国当局削除
習主席の北朝鮮訪問取りやめ 中国がナンバー3の栗戦書氏の派遣発表

 2019年6月21日朝習近平・中国国家主席と彭麗媛夫人が20日、平壌に到着し、2日間の北朝鮮公式訪問を始めた。中国最高指導者の北朝鮮訪問は14年ぶり。北朝鮮側は、金正恩・朝鮮労働党委員長と夫人が空港に出迎えるなど、最高レベルの歓迎を行った。米公共放送ボイス・オブ・アメリカが同日伝えた。 (写真はVOAのキャプチャー)

 中国メディアは、習主席訪朝の模様を一斉に報道。中国中央テレビ局は、北朝鮮当局が動員した民衆が、空港や沿道で手にした造花を振りながら、歓迎の言葉を叫ぶ様子を放送した。同局によると、歓迎の民衆は数十万人に上った。先に金委員長が中国を訪れた際は、中朝両国とも報道を控え、詳細は訪問終了後に報じている。

 習主席は北朝鮮滞在中、金委員長と5回目の首脳会談を行う。金委員長は2018年3月から19年1月まで4回訪中し、両国関係は急速に改善した。この間、中国は米国との間で貿易紛争が激化した。

 習主席は18日、トランプ大統領と電話で話し、今月末に大阪で開かれる20カ国・地域首脳会議(G20サミット)で会談することで一致した。米中首脳は、米中貿易紛争とともに、北朝鮮の核問題などで意見交換する見通しだ。

 金委員長は18年以降、習主席のほかトランプ大統領、プーチン・ロシア大統領、文在寅・韓国大統領と相次ぎ会談した。中国は、朝鮮半島の核問題で自国の役割が不可欠との認識で、相対的に地位が低下する可能性は懸念していない。今回の訪朝で中朝の同盟関係を実質的に強化し、対米交渉でのカードにできるかが注目されている。

 
★参考情報★
ーーーーーーーーー
金委員長の列車で交通混乱 ネットに恨みの声、中国当局削除
習主席の北朝鮮訪問取りやめ 中国がナンバー3の栗戦書氏の派遣発表 <

 2019年6月21日塔米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、アフガニスタンの反政府武装勢力タリバンの代表団がこのほど中国を訪れたことが分かった。中国外務省の陸慷報道局長は20日「テロ撲滅など共通の関心事について意見交換した」と述べた。(写真はVOAのキャプチャー)

 米公共放送ボイス・オブ・アメリカによると、陸局長は、タリバン代表団が訪中した日時は明らかにしなかった。

 ロイター通信の20日の報道によると、新疆ウイグル自治区とアフガニスタンが接しているため、中国政府は長年、海外と新疆のイスラム過激派の連携を懸念している。

 タリバンは過去数カ月間、米国の外交官と交渉を行い、米軍を含む外国軍のアフガニスタンからの撤退を求めた。引き換えに、アフガニスタンをタリバンの対外軍事攻撃の拠点としないことを約束している。

 中国は、パキスタンの盟友としても、アフガニスタンとの政治、経済面での強力強化を図ってきた。アフガニスタンに影響力を行使して、パキスタンと接近させることが狙いとみられる。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーーー
海外でウイグル人迫害批判が激化 中国当局が対抗宣伝 テロ対策と善政強調
新疆に現代版「万里の長城」建設へ、過激派入国阻止狙う
新疆の治安安定もテロや独立活動なお活発、党副書記が見方

 2019年6月19日首トランプ米大統領は18日、大阪で開かれる20カ国・地域首脳会議(G20サミット)で中国の習近平国家主席と貿易問題について話し合うと述べた。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。(写真はRFAのキャプチャー)

 中国紙・人民日報も、習主席とトランプ大統領が18日電話で会談したと報じた。トランプ大統領はその際、習主席との交渉を通じ、対立を解消する方法を急ぎ見つけたいと述べた。習主席は、米中の対等な対話が必要とした上「協力すれば双方に利益があるが、争えばともに傷つく」と応じたという。

 中国はこれまで、G20サミットでの米中首脳会談の可能性について沈黙を続けてきた。トランプ大統領は、習主席が会談に応じないなら、3000億ドル分の中国商品に制裁関税を発動する考えを示し中国をけん制してきた。

 トランプ政権高官は、米メディアに対し「両首脳が会っても、実質的な話し合いを意味する訳ではない。しかし、話し合うことはいいことだ」と述べた。

★参考情報★
ーーーーーーーー
3000億ドル中国商品に制裁関税 米政府、G20後に判断
米制裁関税は「経済テロ」 中国外務次官が過激批判

2019年5月31日恐 米中貿易摩擦が激化する中、中国外務省の張漢暉次官は30日、米国の中国に対する制裁関税について「赤裸々な経済テロリズムだ」などと過激な言葉で批判した。中国当局は対米批判のトーンをますます高めており、米中貿易交渉が早期に再開し摩擦が収束する可能性が小さいことを示している。米公共放送ボイス・オブ・アメリカが同日伝えた。(写真はVOAのキャプチャー)

 張次官は、習近平国家主席のロシア訪問に関するブリーフィングで「現在の国際社会は、100年ぶりの大変動に直面しつつある。一国主義やパワハラ式の行動が台頭している」と述べた。

 張次官は米中貿易摩擦について「グローバル経済の発展と回復に、深刻なマイナスの影響を与えている。中国は、主権や国家の尊厳をまもりつつ、経済的利益を拡大することに自信をもっている」と強調した。

 米中の貿易交渉は約10カ月続いたが、5月初めに中国がそれまでの承諾内容を覆したため、中断している。その後、米国は2000億ドル相当の中国商品に対する制裁関税を10%から25%に引き上げると宣言し、中国も報復を予告した。

 中国は貿易紛争の激化とともに反米宣伝を強化。特に米国が、中国・通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)を米国企業との取引を禁ずるブラックリストに載せた後、中国は、米中の敵対関係が解消した1972年以降で、最も厳しい批判を展開している。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーー

↑このページのトップヘ