中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 河南

2019年6月5日交 河南省洛陽市西工区の凱旋東路の市街地にある交差点で2日午後10時20分ごろ、乗用車が暴走して電動バイクや通行人をはねた後、別の車に衝突した。電動バイクの運転手1人が死亡、通行人ら6人が重軽傷を負った。地元紙の今報洛陽(電子版)が伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 警察は、乗用車を運転していた女(28)を拘束した。飲酒や違法薬物を使ったようすはなく、警察が事故原因を調べている。

 中国では、市街地で車が暴走して多数の死傷者が出る事故が続発している。5月には深セン市中心部の南山区の南山大道で、23歳の男が運転する乗用車が暴走して通行人を次々にはね、3人を死なせた。2月には湖南省婁底市新化県の市街地で、乗用車が突然暴走して通行人を次々になぎ倒し、妊婦が死亡、2人がけがした。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーー
深セン中心部で乗用車暴走 歩行者はね3人死亡
乗用車が通行人なぎ倒す=妊婦死亡、2人けが-湖南
上海中心部で乗用車が歩道暴走 台湾ツアー客10人死傷

 2019年5月29日爆河南省開封市応急管理局によると、27日午前11時40分ごろ、化学品製造会社、開封泰徳化工有限公司の汚水処理場で爆発があり、作業中の5人のうち1人が死亡、1人がけがした。ニュースサイトの新浪河南が伝えた。(写真は新浪河南のキャプチャー)

 爆発後、工場では火災が発生。消防隊が駆けつけ約1時間後に鎮火した。当局によれば、周辺への環境汚染物質の漏出はなかった。事故当時、新しい汚水処理設備の試運転を行っていた。当局が詳しい事故原因を調べている。

 中国では化学工場での爆発や火災がしばしば発生。22日、は江蘇省泰州市の化学原料メーカー、泰州東聯化工の工場で火災が起きたばかり。4月末には内モンゴル自治区ウランチャブ市のPVC(ポリ塩化ビニール)工場で爆発があり、3人が死亡、5人が重軽傷を負った。3月末には、江蘇省塩城市響水県の化学工場が爆発し約700人の死傷者が出た。


★参考情報★
ーーーーーーー
化学工場の設備から出火 けが人と環境汚染なし 江蘇
PVC工場で未明に爆発 従業員3人死亡5人けが 内モンゴル
大連の化学工場で爆発 3000平方メートル焼く 遼寧

 2019年4月12 日脱アルミニウム国内最大手、中国アルミ(チャルコ、北京市)が河南省鞏義市に設置した専用鉄道で10日夜、アルミ鉱石の運搬列車が脱線転覆し、線路脇の民家一戸を押しつぶした。救助隊が駆けつけて捜索したところ4人が遺体で見つかった。

 列車は機関車のほか貨車13両を連結。事故現場では、転覆した貨車が大量の鉱石とともに折り重なっており、救出活動が難航。クレーンも出動して車両の撤去を行った。

 救助隊は11日午後零時半ごろ、先頭の機関車付近で4人の遺体を発見。その後も2人の捜索を続けた。

2018年12月18日煙 河南省商丘市の乳業メーカー、華航現代牧業有限公司の工場で17日午前11時10分ごろ火災があり、消防が駆けつけて消火に当たり、約3時間後に鎮火した。地元警察は同日夜までに、作業員11人の死亡を確認した。ニュースサイトの華爾街財経が伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 市公安局(警察)は、同社の責任者を拘束し、事情を聴いている。また、工場がある同市の工業団地「商丘都市・農村一体化モデル区」の当局が専門チームを立ち上げ、事故原因の調査を始めた。




★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
包装工場で火災、6人死亡-江蘇・蘇州

2018年12月8日化 河南省洛陽市孟津県の安全生産監督管理局は9日、同県内の大手化学品製造会社、洛陽永龍能化公司の工場内で8日午後8時半ごろ、亜硝酸ナトリウムの中毒事故が発生し、従業員4人が病院に運ばれたが3人が死亡したと発表した。ニュースサイトの環球網が9日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 同社は、国有大手化学メーカー、河南能源化工集団(河南省鄭州市)の傘下。親会社と市・県政府の担当者が現場に赴き、事故原因の調査を始めた。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーー

↑このページのトップヘ