中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 広西

2019年8月22日暴 ニュースサイトの中国新聞網によると、21日午後9時ごろ、広西チワン族自治区南寧市中心部の東葛葛村路地区で、小型セダンが歩道を暴走、歩行者や電動二輪車を次々とはね、2人が死亡、3人がけがした。急行した警察が、セダンを運転していた地元の男(36)を拘束した。現場で検査したところ、飲酒運転の疑いがある。  

 現場にいたタクシー運転手によると、最初、セダンがこのタクシーに衝突。運転手と男が弁償について話し合いを始めた。話がまとまらず、運転手が警察に通報したとろ、男が車に乗って急発進し、歩行者や電動二輪車をはねたという。  

中国では車の暴走事故が頻発している。7月には、江蘇省常州市中心部の交差点近くで乗用車が自転車専用レーンを暴走し、電動バイクの運転手ら13人が死傷した。6月には四川省自貢市で乗用車が歩道に乗り上げ、通行中の5人が死傷。5月には広東省広州市中心部の交差点で、赤信号を無視した乗用車が歩行者と車にぶつかり、13人が重軽傷を負った。
★参考情報★
ーーーーーーーーー
乗用車が自転車レーン暴走 電動バイクの3人死亡、10人けが 江蘇
乗用車が歩道暴走 1人死亡、4人けが 四川
赤信号無視の車が交差点突入 歩行者ら15人重軽傷 広州

2019年8月02日巴 深セン新聞網によると、汕頭(スワトウ)-昆明高速道路の広西チワン族自治区大桂山区間で7月31日午後5時ごろ、同省深セン市発同自治区桂林行きの長距離路線バスが横転し、乗客5人が死亡、14人がけがした。乗客乗員20人のうち無事は1人だけだった。(写真は百度のキャプチャー)

 中国紙・環球時報によると、警察の調べでは、事故当時、現場付近では雨が降っており、路面が滑りやすくなっていた。警察が運転手を連行して、横転の原因を取り調べている。走行中の他の自動車に被害はなかった。

 同高速道路の大桂山区間では、広東から広西に向かう車線が閉鎖され、激しい渋滞が起きた。

 中国では、多数の死傷者が出るバスの事故がしばしば発生。30日には海南省海口市で、路線バスが川に転落して11人が死傷。6月末には内モンゴル自治区アルシャン市で、観光バスが大型トラックに衝突され、6人が死亡38人が重軽傷を負った。同じ月に、江西省上饒市の高速道路で観光バス道路脇のガードレールに激突し、乗客と運転手53人が死傷した。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
路線バスが橋から川に転落 2人死亡9人重軽傷 海南
トラックと観光バス衝突 6人死亡38人重軽傷 内モンゴル
大型バスの事故相次ぐ 四川と江西で70人死傷

2019年5月30日水 広西チワン族自治区応急管理庁によると、同自治区各地で25日から大雨が降り、29日午後3時までに、9人が死亡、3人が行方不明となり、被災者数は約35万人に上った。ニュースサイトの新京報が29日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 香港メディア東網によると、同自治区桂林市、崇左市では洪水など深刻な水害が発生。崇左市の天等県では村落が冠水して住民150人が孤立した。東興市でも市街地が浸水の被害を受けた。家屋の被害は225世帯で全壊、5399世帯で損壊。被災農地は1万5700ヘクタール(ha)。直接的な経済的被害は1億3000万元(約21億円)に上った。

 国家減災委員会と応急管理省は「国家災害救助応急処置」を発令して、対策チームを崇左市に派遣。自治区当局も崇左市に対策チームを派遣したほか、百色、河地、桂林などで住民の避難や救援物資の配布などを行った。

★参考情報★
ーーーーーーーー
広東省珠海で豪雨赤色警報 珠海空港で31便に影響
南方7省・市で大雨 4人死亡、2.7万人が避難

2019年5月20日酒 ニュースサイトの央広網によると、広西チワン族自治区百色市右江区の商業ビル内にある酒場で20日午前1時、屋根が崩落し客らが生き埋めになった。警察や消防などが急行して救助活動を行ったが、2人が死亡、83人が重軽傷を負った。(写真は東網のキャプチャー)

 香港メディアの東網によると、商業ビルは3階建てで、多数の飲食店が入居している。事故現場の酒場「0776酒バ(口へんに巴)」は屋上にあり、面積700平方メートルで、鉄構造物の屋根が覆っていた。事故発生とともに消防車22台、消防隊員ら約160人が急行しクレーンなどを使って救出活動を行った。

 百色市トップの党書記とナンバー2の市長も現場に急行。救助活動を指揮するとともに、事故原因の徹底調査を行って、類似事故の発生を防ぐよう指示した。

 中国では昨年6月にも、広東省深セン市竜崗区のレストラン「東海漁港酒楼」で、暴風雨のため入り口前の雨よけが崩落し、4人が死亡、4人が重軽傷を負った。17年3月にも福建省アモイ市の商業レストランで、ガラス製の屋根が突然崩落。客5人が死傷した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー

2019年5月7日火 中国紙・北京日報電子版)によると、広西チワン族自治区桂林市雁山区で6日午前6時ごろ、6階建てアパートで火災があり、住民5人が死亡、38人がけがした。アパートは広西師範大漓江学院の向かいで、住民のほとんどは学生だった。(写真は香港01のキャプチャー)

 当局によると、火元は1階の階段室に停めてあった電動バイク。濃煙が階段伝いに上階まで伝わって建物内に充満し、住民が逃げ遅れた。消防など詳しい火災原因を調べているが、電動バイクが充電中に発火した可能性がある。

 けがした38人のうち6人は重傷で、集中治療室で手当を受けている。残り32人は軽傷だという。

 ニュースサイトの北青報によると、アパートは住民が自宅用に自力で建設した建物で、大学が近いため賃貸用に改装していた。窓には防犯フェンスが取り付けられており、消防が住民を救出する際の障害になった。

 中国では電動バイクが約2億台も普及しているが、発火事故も頻発。消防当局のまとめでは2011~13年に799件発生し、95人が死亡、58人がげがした。発火の75%は充電中に発生している


★参考情報★
ーーーーーーーーーー
アパートの電動バイク発火 階上に延焼し住人3人死亡 4人けが
マンション1階の電動バイク店が全焼 店主ら5人死亡 上海
陝西・西安のアパート火災で17人死傷、電動バイクが火元

↑このページのトップヘ