中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 広東

2019年6月20日窓 ニュースサイトの金羊網によると、広東省深セン市福田区の住宅団地「御景華城」で13日午前9時19分ごろ、母親と歩いていた男児(6)を、20階から落ちてきた窓ガラスが直撃した。男児は病院に運ばれたが、16日朝に死亡した。(写真は東網のキャプチャー)

 また、地元メディアによると、山東省カ(草かんむりに河)沢市でも17日、高層住宅の19階から窓ガラスが落下。通行中の男性を直撃した。男性のけがの有無は報じられていない。

 深センの事故で落ちた窓ガラスはアルミ製の枠つきで、「御景華城」3号棟20階の一室のもの。住民が窓を開けようと手で押したところ突然落ちたという。

 当局は、住宅の管理会社に窓と壁の安全確認を行うよう指示した。この団地では5月にも4号棟8階の一室で、エアコンの取り付け作業中に窓ガラスが落ちる事故があったが、ケガはなかった。

 カ沢市で落ちた窓ガラスもアルミ製の枠つき。家主が窓を交換する作業中、誤って落とした。防犯カメラの映像によると、両手に荷物を下げ通行中の男性に当たった。男性は直撃後は身動きしておらず、重傷を負ったとみられる。


★参考情報★
ーーーーーーーーーー
設置中にエアコン落下 作業員死亡、警察が捜査 浙江
マンション外壁の断熱材落下 3人けが、1人は意識不明-北京

 2019年6月17日橋中国青年網によると、14日午前2時12分ごろ、広東省河源市源城区の道路橋「河源東江大橋」が突然崩落、走行中の車2台が川に転落し2人が行方不明になった。地元政府の16日の発表によると、2人は15日、遺体で発見された。(写真は東網のキャプチャー)

 河源市の当局によると、崩落したのは橋の途中部分。配車サービスの車と、SUV(スポーツ用多目的車)が転落。2台に乗っていた3人のうち、配車サービスの運転手(44)は救出されたが、乗客とSUVの運転手(45)が行方不明になっていた。

 河源東江大橋は、河源市郊外にあり、同市を流れる東江に掛かっている。東江は、広東省を流れる珠江の支流の1つ。今月9日からの大雨で増水していた。

 香港メディアの東網によると、同橋は1972年に完成した後、長期間、修理が行われていなかった。重い貨物を積んだ車両が頻繁に通行していた上、連日の大雨で橋が各所で傷んでいたとの指摘がある。省当局が2015年と17年に大規模な修理を行い、今年1月にも点検が行われたという。

★参考情報★
ーーーーーーーーー


 2019年6月13日珠北京市の名門大、北京師範大が広東省珠海市に設置した「珠海分校」で10日、事実上の学校閉鎖に反対し、学生と保護者約1000人がデモを行った。香港メディアの東網が伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 北京師範大は昨年、現在は独立運営の大学である「珠海分校」を、直接管理する「珠海キャンパス」に「昇格」すると発表した。学生らは「昇格」は事実上の閉鎖だとして、計画の撤回を求めている。デモは11日も続いた。

 学生らが入手した内部文書によると、「珠海分校」は2021年に学生募集を停止。現在の在校生をキャンパスと寮から退去させた後、「珠海キャンパス」の学生に使わせるとした。学生らは「分校」と「キャンパス」は関係がなく、「昇格」の美名に隠れて学校閉鎖を企んでいると主張している。


★参考情報★
ーーーーーー
P2P金融の個人投資家がデモ 警官隊が出動、2時間で終息 広州
公立学校教員300人がデモ=公平な待遇要求-四川
元教員300人が抗議活動 年金と医療保険加入要求 江蘇

 2019年6月4日貸広東省広州市中心部の広州駅で1日午前10時ごろ、ネットを介した融資取引「ピア・ツー・ピア(P2P)金融」の著名会社で経営破綻した「団貸網」に出資していた個人投資家約100人がデモを行った。まもなく警官隊が出動して一行を一角に隔離し、約2時間で終息した。香港メディアの東網が1日伝えた。

 デモ参加者は「血と汗の金を返せ」などと叫びながら、横断幕や国旗を持ち、駅前広場近くの歩道を行進した。 

 出動した機動隊がデモ参加者を空き地に誘導。警察官が人垣をつくって通行人と遮断した。一部のデモ参加者が阻止線を突破しようとして警察官ともみ合いとなり数人が連行された。

 団貸網は広東省東莞市に本社を置き、同社によると、投資家22万人から約145億元(2271億円)を集めたとされる。今年3月、違法に資金を集めたとして警察の捜査を受けた後、創業者2人が警察に出頭した。警察は、同社の資産を凍結した。

 中国では昨年からP2P金融会社200社以上が破綻。存続している会社も、出資者が資金を引き上げるケースが相次いでいる。出資金を失った個人投資家による抗議活動が、北京や上海など全国の各主要都市で起きている。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーー
●P2P金融破綻で1000人デモ 警察が厳戒態勢 東莞
P2P金融被害者、国慶節連休中の全国デモ呼びかけ 当局ぴりぴり
P2P投資家300人、上海ビル内で騒ぎ=出資金返済求める

2019年5月29日酔 中国紙・新京報(電子版)によると、広東省恵州市公安局(警察)に28日午後7時13分ごろ、同市恵州区の商業地区「下角市場」で男が刃物で通行人らを切り付けていると通報があった。警察が間もなく現場に駆けつけ、男を取り押さえた。通行人ら少なくとも8人がけがして病院に運ばれた。(写真は網易のキャプチャー)

 目撃者した商店主によると、見慣れない男が包丁を振り回し、走りながら商店主や買い物客に切り付けた。間もなく駆けつけた警官が刃物を取り上げた。警察によると、男は30代で、酒に酔っていた。警察が、身分や動機など詳しいことを調べている。

 中国では刃物を使った通り魔事件が頻発。福建省福州市と広東省東莞市で今年1月、男が刃物で路上で通行人を次々に襲う事件が相次ぎ発生し、計2人が死亡、27人が重軽傷を負った。18年8月には、広西チワン族自治区柳州市で、男が車で通行人らをはねた後、刃物で襲い18人が死傷した。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーー
福建と広東の路上で無差別殺傷 2人死亡、27人けが
女が刃物持ち幼稚園乱入 園児14人が重軽傷 重慶

↑このページのトップヘ