中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 広東

2020年1月14日火 ニュースサイトの新京報網によると、広東省珠海市の珠海高欄港経済区にある石油化学会社、長煉石化設備有限公司の工場で14日午後1時40分ごろ、爆発炎上事故が起きた。消防車40台と隊員200人が現場に急行したほか、広東省消防救援総隊が、広州、仏山、江門など周辺各市から応援の5隊を現場に派遣した。けが人の情報はない。(写真は東網のキャプチャー)

 新京網によると、同社は、投資会社、深セン埃森新能源集団(広東省深セン市)の子会社。アレーンなど石油化学製品を製造している。2015年にも大規模な火災を起こした。この際もけが人はなかった。また、当局が昨年7月に行った安全操業のための立ち入り検査で、15件の問題点があるとの指摘を受けた。

 中国経済網によると、中国では19年3月に、江蘇省塩城市響水県の化学メーカー江蘇天嘉宜化工有限公司で78人が死亡、566人が重軽傷を負う惨事が起きた後、広東省応急管理庁は省内の工場に対し安全総点検を実施。3社に閉鎖を命じたほか、長煉石化設備有限公司を含む8社に対し、違法操業の疑いで取り調べを行った。

 中国では江蘇省塩城市響水県の大事故の後も、化学工場の爆発や火災事故が頻発している。昨年12月16日には、広東省広州市の広州市衛斯理化工科技有限公司で火災があり作業員4人が病院に運ばれた。同月4日には、浙江省嘉興市内の染色会社の工場で汚水タンクが爆発し、20人が死傷。10月には浙江省寧海県の化学品メーカーの工場で爆発があり19人が死亡した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー

2020年1月6日震 中国新聞網によると、広東省珠海市香洲区沖約30キロの海域で5日午前6時55分ごろ、マグニチュード(M)3.5の地震が起きた。その後も最大でM2.1の余震が2回あった。震源付近を通る香港とマカオ、広東省珠海市を結ぶ港珠澳大橋に影響はなかった。けが人の情報もない。(写真は東網のキャプチャー)

 港珠澳大橋管理局によると、同橋は、建設予定地に地震の発生史がないことを確認した上で設計された上、中国の地震階級で震度8以上の地震に耐えられる構造になっている。M3.5だと震度2、3程度なので、影響は考えられないという。

 「港珠澳大橋」は2018年10月23日、習近平国家主席が出席して開通式が行われた。橋は片道3車線の自動車専用として造られた。

 広東省応急管理庁と同省地震局によると、震源の深さは12キロ。中国新聞網によると、香港の南西41キロで、香港でも揺れを感じた。

 珠海市地震局によると、同市周辺は地震が少ない地域だが、人体が感じないほどの微小地震は毎年起きている。科学的に正確な記録が残る時代になってから、被害が出る地震が発生したことはない。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
河北省・唐山でM4.5地震 北京、天津でも揺れ
広西・靖西でM4.3地震 民家損壊、けが人なし

2019年12月18日火 ニュースサイトの新京網によると、広東省広州市増城区の中新鎮にある化学品メーカー、広州市衛斯理化工科技有限公司の工場で16日午後5時52分ごろ、火災があり、消防車15台や警察などが急行した。作業員4人が煙を吸って不調を訴え、病院に運ばれた。(写真は博訊新聞網のキャプチャー)

 香港メディア東網によると、出火現場では炎が高く上がり、たびたび爆発音がした。工場の建屋は、支柱だけを残して全焼した。

 地元メディアによると、同社は、自動車メンテナンス用品や家庭用塗料などを製造する会社で2010年に発足した。17年2月にも労災防止関連の規則に違反し、増城区安全生産監督局から罰金支払いと改善命令を受けた。

 中国では化学品関連の工場で、けが人が出る火災や爆発が頻発している。今月4日には、浙江省嘉興市内の染色会社の工場で汚水タンクが爆発し、20人が死傷。10月には浙江省寧海県の化学品メーカーの工場で爆発があり19人が死亡した。

衛生陶器工場で火災 4人死亡、3人けが 福建
プラスチック工場で火災、6人死亡ー江蘇

 2019年12月12日蚊広東省衛生健康委員会は10日、33歳男性のジカ熱を発症したと発表した。男性は6月からカンボジアで働いていたが、8日に帰国した。香港紙・星島日報(電子版)が11日伝えた。

 同省深セン市の空港から入国時、税関が男性が発熱していることを発見。深セン税関と深セン疾病対策予防センターの検査でジカウイルスへの感染が確認された。同センターは、男性がいた地点で蚊の駆除を行った。

 ジカ熱はヤブ蚊が媒介する伝染病。世界保健機関(WHO)の2018年7月のまとめだと、南アメリカを中心に世界86カ国・地域で発症者が確認された。

 WHOによると中国は、媒介するヤブ蚊はいるが、これまで流行の報告はない。16年以降、10日に見つかった男性を含め30人の感染を確認した。いずれも海外からの帰国者で症状は軽い。

 昨年10月には、広東省広州税関が、モルディブから帰国した男性のジカウイルスの感染を確認した。16年には広東と北京でベネズエラから帰国した女児を含む男女3人が感染しているのがみつかった。

★参考情報★
ーーーーーーー
今年初のジカ熱患者を確認=モルディブから帰国-広州
北京でジカ熱患者1人を確認、ベネズエラから帰国

2019年12月2日陥 広東省広州市中心部の広州地下鉄11号線「沙河駅」の工事現場で、12月1日午前9時28分ごろ道路が陥没し、道路清掃車両1台と電動バイク1台が転落し、乗っていた3人が行方不明となった。当局が3人の行方を捜索するとともに、原因の調査を始めた。地元ニュースサイトの南方新聞網が2日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 現場は、同市の幹線道路、広州大道と禺東西路の交差点近く。現場ではコンクリートの注入作業が行われている。地下鉄会社「広州地鉄集団」建設本部は記者会見で、現場付近ではさらに陥没が発生、範囲も拡大しており、救出作業が難航しているためと説明している。同本部の責任者は「周辺を固めて一層の陥没を防ぎ、土台ができてから救出作業を全面展開したい」と話している。

 陥没地点の周辺では、道路が閉鎖。車両と住民が避難した。道路、建築物の状況に関して検査が進められている。ガス、水道などの供給が止まっている。地下鉄工事の作業員は全員避難し、けが人ない。

 ニュースサイト新快報によると、陥没した穴は深さ38メートル。転落した3人のうち2人は50歳代の父と20代の息子で、息子は年内に結婚の予定だという。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
高層住宅が傾斜し住民避難 軟弱地盤が沈下 深セン
杭州の地下鉄工事現場で路面陥没 建物傾斜、ガス漏れも
地下鉄工事現場近くで民家が15度傾斜 立ち退き済みでけが人なし 周辺住民が一時避難

↑このページのトップヘ