中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 広東

 2019年12月12日蚊広東省衛生健康委員会は10日、33歳男性のジカ熱を発症したと発表した。男性は6月からカンボジアで働いていたが、8日に帰国した。香港紙・星島日報(電子版)が11日伝えた。

 同省深セン市の空港から入国時、税関が男性が発熱していることを発見。深セン税関と深セン疾病対策予防センターの検査でジカウイルスへの感染が確認された。同センターは、男性がいた地点で蚊の駆除を行った。

 ジカ熱はヤブ蚊が媒介する伝染病。世界保健機関(WHO)の2018年7月のまとめだと、南アメリカを中心に世界86カ国・地域で発症者が確認された。

 WHOによると中国は、媒介するヤブ蚊はいるが、これまで流行の報告はない。16年以降、10日に見つかった男性を含め30人の感染を確認した。いずれも海外からの帰国者で症状は軽い。

 昨年10月には、広東省広州税関が、モルディブから帰国した男性のジカウイルスの感染を確認した。16年には広東と北京でベネズエラから帰国した女児を含む男女3人が感染しているのがみつかった。

★参考情報★
ーーーーーーー
今年初のジカ熱患者を確認=モルディブから帰国-広州
北京でジカ熱患者1人を確認、ベネズエラから帰国

2019年12月2日陥 広東省広州市中心部の広州地下鉄11号線「沙河駅」の工事現場で、12月1日午前9時28分ごろ道路が陥没し、道路清掃車両1台と電動バイク1台が転落し、乗っていた3人が行方不明となった。当局が3人の行方を捜索するとともに、原因の調査を始めた。地元ニュースサイトの南方新聞網が2日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 現場は、同市の幹線道路、広州大道と禺東西路の交差点近く。現場ではコンクリートの注入作業が行われている。地下鉄会社「広州地鉄集団」建設本部は記者会見で、現場付近ではさらに陥没が発生、範囲も拡大しており、救出作業が難航しているためと説明している。同本部の責任者は「周辺を固めて一層の陥没を防ぎ、土台ができてから救出作業を全面展開したい」と話している。

 陥没地点の周辺では、道路が閉鎖。車両と住民が避難した。道路、建築物の状況に関して検査が進められている。ガス、水道などの供給が止まっている。地下鉄工事の作業員は全員避難し、けが人ない。

 ニュースサイト新快報によると、陥没した穴は深さ38メートル。転落した3人のうち2人は50歳代の父と20代の息子で、息子は年内に結婚の予定だという。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
高層住宅が傾斜し住民避難 軟弱地盤が沈下 深セン
杭州の地下鉄工事現場で路面陥没 建物傾斜、ガス漏れも
地下鉄工事現場近くで民家が15度傾斜 立ち退き済みでけが人なし 周辺住民が一時避難

2019年12月2日化 ラジオ・フランス・アンテルナショナル(RFI)によると、広東省茂名市内の化州市文楼鎮で、「ヒューマン・エコパーク」の名目で計画されていた火葬場建設に反対し、住民が大規模なデモを行った。文楼鎮政府のトップが1日、計画の撤回を宣言し、11月28日から4日間続いたデモは収束する見通しだ。(写真は博訊新聞網のキャプチャー)

 香港蘋果日報によると、化州市政府は葬儀場と火葬場建設の計画を隠し用地収用を進めていた。計画を知った住民が28日、同市政府前で平和的なデモを行ったが、警察に行進を阻止されて衝突に発展した。住民側は木や竹で路上にバリケードを築いたほか、警察車両を横転させるなどエスカレートした。機動隊が出動し、催涙ガスと放水で鎮圧を図り、29日までに住民約200人を拘束した。

 参加者その後も警察の権力乱用に対する調査、拘束者の釈放、収用した火葬場建設用地の緑化など5つの要求を掲げた。当局は30日に態度を軟化。拘束した住民を釈放し、1日に計画を永久に中止すると発表した。香港蘋果日報によると、住民は「香港のようだ」と話しており、香港の反政府デモの影響もみられた。

 ニュースサイトの博訊新聞網によると、化州市では5年前にも麗崗鎮で火葬場の建設計画に住民約1万人が連日抗議し、市政府に計画を撤回させた。


★参考情報★
ーーーーーーーーー
ごみ焼却施設建設反対でまたデモ 警官と衝突、けが人も 武漢
ごみ焼却場建設に反対 住民1万人がデモ 武漢
政府がごみ施設建設断念 住民2万人が反対デモ 広東

2019年11月28日傾 ニュースサイトの新京報網によると、広東省深セン市光明区の高層住宅「永南1号棟」が26日午後8時ごろ突然傾いた。住宅の賃借人を含む周辺住民約110人が避難した。電気、水道、ガスの供給も止まっている。けが人はいない。(写真は東網のキャプチャー)

 区当局によると、専門機関が調べたところ、高層住宅が建つ軟弱地盤が不均一に沈下したことが原因とみられる。これまでのところ、住宅本体にひび割れなどの被害は出ていない。ただ、建物上部が隣接する建物に触れそうになっている。当局は建物の周辺を立ち入り禁止にした。

 光明区住宅建設局によると、高層住宅は魚の養殖池を埋め立てた土地に立てられた。最大傾斜率は1000分の6.3。危険建物とされる傾斜率の1000分の7に達していない。

 住民は「傾斜が起きたときは、何も感じなかった。隣家の人々が話しているのが聞こえて事故を知った」と話している。建物は地元住民が10数年前、自力で建設したものだという。

 深セン市では今年8月末にも、羅湖区で高層住宅「新居公寓」が傾斜し、隣接の建物に倒れかかる事故が起きた。地下に埋まった鋼管が壊れたことが原因とされた。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
深セン・羅湖でビル傾斜 前日には近くのアパートも
杭州の地下鉄工事現場で路面陥没 建物傾斜、ガス漏れも
地下鉄工事現場近くで民家が15度傾斜 立ち退き済みでけが人なし 周辺住民が一時避難

2019年11月27日隧 広東省広州市中心部の天河区金穂路地区の越秀金融大廈近くの歩行者向け道路横断用のトンネル内で26日、男性の遺体が見つかった。同日午後4時半ごろには、警察が出動して捜査を始めた。地元メディアの南方都市報(電子版)が26日伝えた。

 街路清掃員によると、遺体が見つかったのは同日午前8時ごろ。トンネル内部は、人の背丈ほど水がたまっていた。周辺には、立ち入り禁止などの表示はなかった。警察は内部の水を抜いた上、詳しい状況を調べている。

 天河区では今年7月にも、黄村のアンダーパス内が冠水し通行できなくなった。付近のオフィスの勤務者によると、雨のたびに水がたまり、通行に支障が出ている。


★参考情報★
ーーーーーーー
●重慶のトンネルが豪雨で冠水、150人救出
道路冠水で車100台立ち往生 消防隊が200人救出 河南
雲南で洪水や土砂災害 死亡不明17人、3.5万人が被災

↑このページのトップヘ