中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 新疆

2018年11月19日暴 新疆ウイグル自治区の人権問題が国際的な関心を集める中、同区クルム(哈密)市政府はこのほど、「テロリスト」らに自首を勧める警告を発表した。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が19日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 警告は「民族分裂派」、「テロリスト」、「宗教過激派」の「3つの勢力」が対象。テロを実行したり、「3つの勢力」の関与者に対し、30日内に自首して犯罪事実を自白すれば、軽い処罰や減刑にするとして司法機関への出頭を呼びかけた。

 また、自首が必要な18種類のケースを列挙。国家分裂活動への関与、内外テロ組織との連携、宗教経典の学習会の組織や場所提供、宗教を理由とした人民元の使用拒否、政府発行の証明書類の破棄などを含めた。
 海外メディア多数が最近、同自治区の警察が合法的な手続きなく、100万人に上るイスラム系住民を再教育センターに収監していると報じた。クルム市の警告も、民衆に対する抑圧強化の1つとして海外の注目を集めそうだ。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーー

2018年10月3日疆 ロイター通信によると、新疆ウイグル自治区のウイグル人への迫害に対し国際社会の批判がますます高まる中、中国当局はこのほど、海外メディアなどを通じて同自治区での善政を強調するカウンター・プロパガンダ(対抗宣伝)を始めた。米公共放送ボイス・オブ・アメリカ中国語版が2日伝えた。(写真はVOAのキャプチャー)

 中国は最近、同自治区のウイグル人を迫害しているとして、海外の人権活動家、学者、政治家らから厳しい批判を受けている。同自治区では、ウイグル人数十万人が「再教育収容所」に送られたほか、住民への厳しい監視が行われているとされる。米政府は、ウイグル人迫害に関与した政府高官や企業への制裁を検討している。

 中国当局は、新疆でイスラム過激派や分裂主義者の脅威が高まっていると反論。ウイグル人全員への迫害を否定した上、「再教育収容所」については、過激派を抑えるための職業訓練だと主張している。

 中国当局はまた、在外公館を通じてカウンター・プロパガンダも展開。インドネシア駐在の中国大使が地元紙に、同自治区では信教の権利が保障されているなど善政を強調する論評を掲載。駐英の中国大使も同自治区での政策を弁護する書簡を、有力紙や雑誌に送った。ただ、同通信によると、各国の読者からは「プロパガンダ」であることが見透かされているという。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 新疆ウイグル自治区ウルムチ市の市人民代表大会(市議会)常務委員会は8日、「ウルムチ市軌道交通管理条例」を可決し、同市地下鉄乗車の際に身分証明書の提示を義務付けた。乗車券を持たないか他人の身分証を使用した場合は処罰される。同自治区のニュースメディア、新疆網が伝えた。

 同市の地下鉄1号線は2013年に着工し、18年末に開通予定。このほか2~4号線の建設も進められている。ただこれまで、地下鉄の建設、運営方法などを定めた法律がなかった。

 条例は、無賃乗車や無効な乗車券を持つ客に、最高運賃を支払わせることや、他人の身分証明証を使って乗車券を買った場合、50~200元の罰金を課すことを定めた。

2018 年2月26日Wulumuqi 新疆ウイグル自治区ウルムチ市のウルムチ地窩堡国際空港で25日、濃霧のため大規模な欠航・遅延が起き、午前11時現在、乗客約6000人が足止めとなった。新華網が25日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 同空港によると、25日午前7時15分に視界が200メートル以下に低下し、離陸ができなくなった。25日午前11時現在、出発便79便が遅延、4便が欠航になった。離陸は7便、着陸は4便にとどまり、到着便1便が引き返した。




★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 新疆ウイグル自治区のヌル・ベクリ主席はこのほど、外国人武装グループの侵入などを防止するため、同自治区の国境に「万里の長城」を建設する計画だと述べた。新疆独立派やイスラム過激派の入国を防ぐ狙いがある。ロイター通信などを引用し、米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。

 同自治区の国境は5400キロに及び、現代版の長城が完成すれば、約5000キロの万里の長城を上回る可能性がある。同自治区はモンゴル、ロシア、カザフスタン、アフガニスタン、インドなどと国境を接している。

 中国政府系のシンクタンクの複数の専門家が先に、過激派組織「イスラム国」(IS)が壊滅状態となった後、旧本拠地のシリアから同自治区に帰還する過激派が増加し、中国でテロの脅威が高まっていると述べた。ただ、英国の専門家は、このような見方を疑問視している。

↑このページのトップヘ