中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 新疆

22020年10月13日回 米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、中国共産党統一戦線部は12日、「イスラム教巡事務管理規則」を公布した。中国イスラム教協会が組織する場合を除き、大巡礼(ハッジ)を認めない。12月1日から施行する。(写真はVOAのキャプチャー)

 同規則は42条で「中国のイスラム教徒は、法に従いハッジを行うこと。サウジアラビアのメッカへのハッジを組織できる機関は、中国イスラム協会のみとする」と定めている。

 規則はその上で「イスラム教を信仰する中国公民が、ハッジを行う場合、当局の審査を受けること。許可を受けた後は、組織的、計画的に秩序正しく、中国イスラム協会の活動に参加すること」とした。

 規則はこのほか、ハッジに参加する中国公民について、戸籍所在地の宗教事務当局に事前に届け出することを義務付けた。また、「愛国順法、品行方正」を申請の条件として盛り込んだ。

 中国では毎年、ハッジに向かう国内イスラム教徒のため、チャーター便が運航されているが、今年は、新型コロナウイルスの感染拡大を理由に中止された。

 米国の国際NGO「フリーダム・ハウス」によると、中国のイスラム教徒は約2100万人で、過去10年間で急増している。中国で習近平政権が誕生後、特に新疆ウイグル自治区のイスラム教徒に対して、圧迫が強まっている。

新疆収容施設の暴露文書、相次ぎリーク 海外に衝撃
米商務省、ハイクビジョンなど28団体、ブラックリストへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 新疆ウイグル自治区衛生健康委員会は5日、同自治区で前日の4日、新型コロナウイルスの新規患者22人を確認したと発表した。全員がウルムチ市で確認された。

 5日午前0時現在、同自治区の患者は累計で618人(うち重体9人、重症18人)。うちウルムチが614人で、カシュガルなど他地区の3人も、ウルムチで感染したかウルムチの患者と接触があった。

 中国新聞網によると、同自治区疾病対策予防センターの崔燕主任は4日の会見で、7月15日以降、自治区で起きている新型コロナの集団感染は、1人の感染者から拡大したと述べた。また、患者の99.3%がウルムチに集中。さらに重症者が少ないなどの特徴がある指摘した。
新疆で新型コロナ新規患者1日に17人 中央が検査チーム派遣
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年7月20日疆 ニュースサイトの新華網によると、新疆ウイグル自治区衛生健康委員会は20日、19日の1日に新型コロナウイルスの新規患者を17人確認したと発表した。うちウルムチが16人、カシュガルが1人。無症状感染者は9人だった。

 同自治区で現在治療中の新型コロナ患者は20日午前0時現在、計47人で、重症者は2人。うちウルムチが46人、カシュガルが1人。計3016人が経過観察を受けている。

 香港メディアの東網によると、国家衛生健康委員会はPCR検査の能力向上のため、国内の10省・直轄市から計約200人の医療チームを現地に派遣した。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年7月10日新 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、米国務省と財務省は9日、新疆ウイグル自治区で人権を侵害し宗教を抑圧したとして、中国共産党の幹部4人に対し制裁を発動すると発表した。(写真は東網のキャプチャー)

 ポンペオ国務長官の声明によると、同自治区トップの陳全国党書記、同自治区政法委員会の朱海侖元書記、同公安庁現役トップの王明山党書記の3人は、本人と家族が米への入国が禁じられる。

 ポンペオ長官は「グローバル・マグニツキ―法」に基づき、3人と同自治区公安庁前トップの霍留軍氏を加えた4人に米財務省も制裁を発動すると述べた。また、4人以外でも、ウイグル族やカザフ族など少数民族を不当に拘束したり、虐待した中国共産党員も米入国を規制するとした。

★参考情報★
ーーーーーーー
米下院、圧倒的多数でウイグル人権法案可決
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年1月18日震ニュースサイトの法制網によると、新疆ウイグル自治区カシュガル地区のファイザバード県で19日午後9時27分ごろ、マグニチュード(M)6.4の地震が発生した。19日午後11時半現在のけが人は重傷が1人、軽傷が2人。当局が、被害状況の確認を進めている。同日10時23分ごろ、近隣の同自治区クズルス・キルギス自治州アルトゥシュ市でもM5.2の地震が起きた。

 香港メディアの東網によると、中国地震局のまとめでは、アルトゥシュ市の地震を含め、同自治区では19日までの4日間にM5以上の地震が4回発生。ファイザバード県では19日午前零時5分にM5.4、近隣のアクス地区クチャ県で16日にM5.6の地震が起きた。

 中国地震台網によると、19日のファイザバード県のM6.4の地震後、現地では少なくとも余震が8回起きた。高層住宅の住民は慌てて階下に避難したという。

★参考情報★
ーーーーーー
河北省・唐山でM4.5地震 北京、天津でも揺れ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ