中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 新疆

 2019年5月14日断世界ウイグル会議(ドイツ・ミュンヘン)は13日、今月6日ごろからのイスラム教の断食月(ラマダン)の開始後、新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区でウイグル人約100人が拘束されたことを明らかにした。イリ・カザフ州ではカザフ族の女性労働者約500人が、警察が手配した列車で移転させられ、連絡が取れなくなっているという。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が13日伝えた。(写真はRFAのキャプチャー)

 同会議によると、ホータン地区で拘束されたウイグル人は男女135人。うち30人が違法な宗教活動の容疑で警察が拘束、残りは再教育キャンプに入れられた。

 中国当局は、断食を禁じており、同自治区南部ではウイグル人数千人が昼食を強要されている。また、自治区外で学ぶイスラム教徒の学生が、学生食堂で食事するよう命じられている。

 イリ・カザフ州のカザフ族女性労働者の連行も、断食月の活動封じと関連があるとみられる。現在、工場では男性労働者300人が残り作業を続けている。同会議の広報担当者によると、再教育キャンプから工場に連行され、低賃金労働を強いられているケースもあるという。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーー

2019年5月9日教 英紙ガーディアンなどはこのほど、新疆ウイグル自治区でモスク(イスラム教礼拝所)が大量に破壊されていることが、人工衛星画像の分析で実証できたと報じた。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が8日伝えた。(写真はRFAのキャプチャー)

 同紙とネットメディアのべリングキャットが画像を分析したところ、中国当局は2016年から同自治区でモスク約30カ所を破壊。半数はほぼ完全に消えていた。

 破壊されたモスクには、13世紀に建てられ歴史を持つカシュガルの「エイティガールモスク」も含まれる。約800年間に増改築を繰り返し、床面積1万平方メートルの大きさだったが、昨年3月に壊された。ホータンにある500年の歴史を持つジュマモスクも18年末に破壊されれた。

 中国政府は同自治区で、ウイグル人ら少数住民約100万人を「再教育センター」に収監したり、独自文化の否定や同化政策を推進し、欧米などから批判を受けている。


★参考情報★
ーーーーーーーーーー
モスク300カ所に監視カメラ NZ事件引き合いに弁明-新疆
新疆問題報道の米記者、ビザ更新されず国外退去
新疆の治安安定もテロや独立活動なお活発、党副書記が見方

 米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは10日、中国当局がこのほど、新疆ウイグル自治区ウルムチ市のイスラム礼拝所(モスク)300カ所以上に監視カメラを設置したと報じた。同自治区の新聞弁公室は同紙に対し、先にニュージーランドで起きた銃撃事件を引き合いに「宗教施設の安全確保に必要」と答えた。香港メディアの東網が11日伝えた。 

 同紙によると、当局はウルムチ市で、ウイグル人居住地区の再開発も進めている。ウイグル人に対する新たな圧迫ではないかとの同紙の質問に対し、同弁公室は「民衆の生活改善と安全のため」と答えた。

 ウルムチ市民によると、現地の警察はモスクでの礼拝など宗教活動を行うウイグル人を「安心できる」「できない」に分類し、データを作成している。また、住民が警察の捜査を受けた際、面倒を避けるためコーランを提出したり隠したりしているという。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー
新疆問題報道の米記者、ビザ更新されず国外退去
新疆の治安安定もテロや独立活動なお活発、党副書記が見方
新疆に現代版「万里の長城」建設へ、過激派入国阻止狙う

2019年1月10日哈 カザフスタン外務省はこのほど、米AP通信に、中国外務省がカザフ族2000人の中国籍放棄と出国を容認したと述べた。中国政府が、新疆ウイグル自治区のイスラム教徒を圧迫し国際的な非難が高まっていることに配慮した可能性がある。米政府系放送局ララジオ・フリー・アジア(RFA)が9日伝えた。

 AP通信によると、一部メディアが昨年12月、カザフ族の出国を中国が認めたと報じた。同外務省は報道内容を認めたが、容認の理由は明らかにしていない。また、出国したカザフ族に国籍取得か永住権を認めた述べた。

 米公共放送ボイス・オブ・アメリカ中国語版によると、中国は新疆ウイグル自治区で、ウイグル族、カザフ族のイスラム教徒の住民数十万人を再教育キャンプに拘束。信仰や文化の放棄を迫っているほか政治教育を行っている。

 昨年12月の一部報道によると、同外務省報道官が昨年11月、カザフスタンと中国政府との合意に基づき、2018年1~9月、カザフ族2500人が簡単な手続きで中国国籍を放棄したと述べた。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーー
南シナ海、台湾、新疆で対立 ワシントンで米中外交・安保対話

 2018年12月27日化新疆ウイグル自治区トルファン市トクスン県の化学品製造会社、新疆新冶能源化工で25日午後4時50分ごろ、石灰焼成ロータリーキルンが試験運転中に爆発し、作業員3人が死亡、18人が重軽傷を負った。当局が事故原因を調べている。中国新聞網が26日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 同自治区の党・政府が事故を重視。トップの陳全国・党書記ら最高幹部が関連部門に対応を指示するとともに、負傷者の治療と事故防止に全力を入れるよう求めた。同県は区都のウルムチの北160キロ。トルファン盆地の西部にある。

 中国では工場の爆発、炎上で作業員が多数死傷する事故が後を絶たない。今月18日には、河南省商丘市の乳業メーカーで火災が起き作業員11人が死亡。11月末には四川省広安市の化学品製造会社で反応容器が爆発し作業員4人が負傷。同月末、河北省張家口市の合成樹脂メーカー近くで爆発があり、トラック運転手ら44人が死傷した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーー


↑このページのトップヘ