中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 重慶

2019年11月21日車 ニュースサイトの新京報網によると、20日午後2時ごろ重慶市テン(執の下に土)江県の街路で、乗用車が暴走して歩行者をはね4人が死亡1人がけがした。警察は乗用車を運転していた地元の男(54)を拘束し、取り調べている。

 目撃者によると、白い乗用車は歩行者を次々にはねた後、縁石にぶつかって止まった。ネット上では、乗用車の周囲に横たわる被害者の画像がアップされている。けが人は2人で重傷との情報もある。

 中国では車が暴走して、歩行者らをはねる事故が多発している。10月には、上海市中心部の普陀区で、信号を無視した乗用車が横断歩道の歩行者に突っ込み、5人が死亡、9人がけがした。6月には四川省自貢市で、乗用車が電動三輪車に追突後に歩道に乗り上げ5人が死傷した。


★参考情報★
ーーーーーーーー
ライドシェア車が暴走 電動バイクに衝突、4人死傷 湖南
横断中の歩行者に車突入 5人死亡9人けが 上海
杭州の街路で車暴走 電動バイクの女性ら多数けが 浙江

2019年11月4日任 3日付香港紙・星島日報(電子版)によると、中国重慶市の政府系メディアは3日夜、同市ナンバー3の任学鋒・党副書記が、病気のため54歳で死去したと報じた。任氏は、中国共産党の中央候補委員。このほど開かれた重慶市の党常務委員会拡大会議に欠席し、去就が注目されていた。(写真はRFAのキャプチャー)

 死去の報道前、香港の消息筋は星島日報に「任学鋒氏は、ビルから転落し、病院で治療を受けている」と述べた。自殺かどうかは不明。任氏は、10月末に開かれた四中全会(中国共産党の第19期中央委員会第4回全体会議)も欠席した。

 任氏は、河北省出身。天津市の南開大で管理学の博士号を取得した。長らく天津市で活躍し、天津新技術産業園区管理委員会副主任、天津市政府の香港の窓口会社「香港津聯集団有限公司」の副董事長と董事長、天津市副市長などの要職を歴任した。

 任氏は2014年8月、失脚した広東省広州市トップの万慶良党書記の後任になり、その後、広東省党委員会副書記兼広州市党書記に昇進した。広東省長の候補と目されていたが、18年10月に重慶市に転任。重慶市は、直轄市ながら経済力で広東省に劣るため、任氏の人事は左遷とみられていた。


★参考情報★
ーーーーーー
自動車工業協会の副会長自殺か、第一汽車集団の元副総経理、汚職事件と関連か
解放軍少将が自殺、軍高官3人目、汚職摘発が原因か

2019年10月10日落 重慶市渝北区の高層マンション前の路上で9日午前10時ごろ、12階から窓ガラスが落下し、居合わせた女児(6)の頭に破片が当たった。女児は意識を失って病院に運ばれたが、命に別状はないという。ニュースサイトの騰訊網が同日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 警察によると、窓ガラスは12階のマンションの1室のもの。この部屋の女性オーナーによると、窓ガラスは約10年前に取りつけた。警察は、合成樹脂製の窓枠が経年劣化のため壊れ、ガラスとともに落下したとみている。

 深セン市でも今年6月、アルミ製枠の窓ガラスが高層マンションから落下。直撃を受けた男児=当時(6)=が死亡した。古いガラス窓は都市の「時限爆弾」だとして、懸念する声が広がっている。

 中国では窓ガラス以外にも、ビルからの落下物で通行人らが死傷する事故がしばしば起きている。9月には山西省太原市の複合ビル前で、通行中の女性(25)が、落下した金属製の板に直撃され、まもなく死亡した。7月には、四川省宜賓市で、高層住宅の外壁から大量のコンクリート片がはがれて落下し、通行中の男性が頭に当たり重体となった。


★参考情報★
ーーーーーーーーーー
ビル外壁からアルミ板落下 通行中の女性、直撃され死亡 山西
ビル外壁が落下し通行人直撃 男性1人が重体 四川
20階から落下の窓ガラス、男児直撃 3日後に死亡-深セン

 2019年6月24日車重慶市雲陽県・江口鎮で22日、乗用車が街路を暴走して通行人を次々にはねた。当局によると4人が死亡、子どもを含む10人以上がけがした。警察は車を運転していた男を拘束、取り調べている。警察によると男は酒に酔っ払っていた。ニュースメディアの紅星新聞が報じた。(写真は東網のキャプチャー)

 現場は、道路の両側に商店や飲食店が並ぶ繁華街。目撃者によると、クロスオーバー車が突進してきて通行人を数人をはね、そのまま走り続けた。車は通行人を狙って、前進とバックを繰り返した。最後は群衆が車を取り囲み、ドアをこじ開けて運転手を引きずり出したという。 

 住民によると、事故現場の周辺は川に近い夕涼みの場所として知られ、事故当時も、子どもや高齢者を含め多数の住民が集まっていた。

 中国では、市街地で車が暴走して多数の死傷者が出る事故がしばしば起きている。6月には河南省洛陽市で乗用車が通行人やバイクをはね7人が死傷。5月には深セン市中心部で乗用車が暴走して、通行人3人が死亡した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーー
市街地で乗用車暴走 通行人ら1人死亡、6人重軽傷 河南
深セン中心部で乗用車暴走 歩行者はね3人死亡
乗用車が通行人なぎ倒す=妊婦死亡、2人けが-湖南

 重慶市雲陽県の繁華街で24日午後1時半ごろ、路線バスが歩道を暴走して通行人らをなぎ倒し、2人が死亡、13人が重軽傷を負った。澎湃新聞が24日伝えた。

 警察はバスの運転手を拘束し、事故原因について捜査を始めた。ブレーキが故障した可能性があるという。

 目撃者によると、バスは突然、歩道に乗り上げて走った後、薬店に突入して止まった。付近の街路樹も倒れた。バスのフロントガラスはめちゃくちゃに壊れた。電動バイクなど複数の車両がバスの下敷きになった。

 

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーー
路線バス、運転ミスで商店突入 通行人含む4人重軽傷 深セン
路線バスが橋から長江転落 乗客約10人、2人の遺体 救助船70隻出動 重慶

↑このページのトップヘ