中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 四川

 2019年8月22日四ニュースサイトの澎湃新聞などによると、水利省と四川省水利庁は21日、四川省アバ・チベット族チャン族自治州の臥龍特別行政区にある龍潭水力発電所のダムが、決壊の恐れがあるとの見方を示した。同州で続く大雨でダムは満水状態だが、停電のため放水できない状態だという。香港メディアの東網によると、ダム周辺の住民3000人と、観光客1万1000人が避難した。

 臥龍特別行政区は20日から、大雨による水害や土砂災害が発生。21日には、ダムの上流約300メートルの地点で観光客ら96人が孤立し、8人が行方不明になり、2人が重傷を負った。四川省応急管理庁によると、21日午後10時までに、孤立した96人のうち20人がヘリコプターで救出された。 

 上海熱線によると、各地で大雨による水害と土砂災害が発生し、同州応急管理局は21日、8人が死亡、23人が行方不明となり、6人がけがしたと発表した。

★参考情報★
ーーーーーーーー
成昆鉄道脇で山崩れ 復旧工事中の13人行方不明 四川
山崩れで家屋19戸全壊 13人死亡、行方不明者も-湖北

2019年8月21日四 ニュースサイトの東方網によると、中国の多くの省・自治区で大雨が続く中、四川省アバ・チベット族チャン族自治州の応急管理局は、同州のブン(さんずいに文)川、理、茂、松潘の各県と臥龍特別行政区で20日に起きた土石流などの土砂災害で、消防隊員1人を含む7人が死亡、24人が行方不明になったほか6人が重軽傷を負ったと発表した。(写真は東網のキャプチャー)

 景勝地でもある同州を訪れていた観光客のうち、ブン川県では3万4000人が避難したほか、1万3200人が足止めとなった。臥龍特別行政区では1万2000人が避難を待っている。

 香港メディアの東網によると、ブン川県では高速道路と国道が各所で寸断。都ブン(都江堰-ブン川)高速道路は全面通行止めとなった。

 中国では今年夏、大雨による土砂災害が各所で発生。四川省凉山州甘洛県の成昆鉄道(四川省・成都-雲南省・昆明)で14日、線路脇の岩山が崩れた。先に起きた山崩れの復旧作業をしていた作業員24人のうち、13人が行方不明になっている。6日には湖北省十堰市で山崩れが起き、13人が死亡、多数が行方不明になった。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
成昆鉄道脇で山崩れ 復旧工事中の13人行方不明 四川
山崩れで家屋19戸全壊 13人死亡、行方不明者も-湖北
雲南で洪水や土砂災害 死亡不明17人、3.5万人が被災

 2019年8月15日山四川省凉山州甘洛県の成昆鉄道(四川省・成都-雲南省・昆明)で14日午後零時44分ごろ線路脇の岩山が崩れた。先に起きた山崩れの復旧作業をしていた作業員24人のうち、13人が行方不明になっている。ニュースサイトの央視新聞が同日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 鉄道会社が地元の消防隊などと協力し、行方不明者の捜索活動を行っているが、現場では山の斜面の崩落が続いており、難航している。

 現場付近では7月以降、大雨による土砂災害がしばしば発生して鉄道が寸断。復旧作業が断続的に行われてきた。同鉄道の成都-四川省・西昌間は、列車の運休が続いている。

 今年の夏、中国の多くの省で、大雨による土砂災害が続発。6日には湖北省十堰市で山崩れが起き、13人が死亡、多数が行方不明になった。雲南省では7月末からの大雨で、8州市で洪水や土砂災害が起き、14人が死亡した。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
山崩れで家屋19戸全壊 13人死亡、行方不明者も-湖北
雲南で洪水や土砂災害 死亡不明17人、3.5万人が被災
黒竜江と四川で洪水の恐れ 堤防や貯水池に警戒呼びかけ

2019年7月29日爆 ニュースサイトの新京報によると、四川省綿陽市游仙区の石馬鎮で26日午前11時半ごろ、行政機関の事務所で爆発があり20人が重軽傷を負った。警察はまもなく、爆発物を破裂させた容疑で重傷の男を拘束した。(写真は東網のキャプチャー)

 香港メディアの東網によると、事務所は建物の1階にあり、事件当時は周辺地区の共産党員を集め会議が行われていた。爆発とともにまどから黒煙が上がり、一部の参加者が爆発の勢いで屋外に吹き飛ばされたという。

 事務所は、周辺の再開発に伴う立ち退き事業を指揮する行政機関が入っていた。綿陽市政府の担当者は、新京報に対し爆発事件が立ち退きと関連するかはまだ分からず、調べが続いていると述べた。

 中国では爆発物を使った殺傷事件が時々発生している。今年3月には、遼寧省瀋陽市の瀋陽市公安局(警察)庁舎手製爆弾が破裂。容疑者は死亡、警察官2人と居合わせた市民1人がけがした。17年には江蘇省徐州市豊県の創新幼稚園の門の前で手製爆弾が爆発し、8人が死亡、65人が重軽傷を負った。


★参考情報★
ーーーーーーーーーー
警察施設を自爆攻撃 容疑者死亡、警官ら3人けが 瀋陽
江蘇の幼稚園爆発事件、地元男が手製爆弾で自爆死、警察が断定

2019年7月26日石 四川省宜賓市興文県の古宋鎮の中心部で25日午前、高層住宅の外壁から大量のコンクリート片がはがれて落下し、街路を通行中の男性を直撃した。男性は頭などをけがし直ちに病院に運ばれたが重体という。警察が捜査を始めた。ニュースサイトの紅星新聞が伝えた。(写真は百度のキャプチャー)

 外壁がはがれたのは4階。コンクリートの破片多数が建物前の街路に降り注いだ。古宋鎮は県政府の所在地。現場は中心部で商店などが立ち並ぶ一角だった。

 中国では高層建築からの落下物で、通行人がけがする事故がしばしば起きている。6月13日には広東省深セン市福田区で、20階から落ちたガラス片が通行中の母子に当たり、男児(6)が死亡した。昨年7月には、北京市順義区でマンションの外壁がはがれて落下し、高齢者1人が重体、女性2人が軽傷を負った。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー
20階から落下の窓ガラス、男児直撃 3日後に死亡-深セン
マンション外壁の断熱材落下 3人けが、1人は意識不明-北京

↑このページのトップヘ