中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 湖南

 2020年6月11日山ニュースサイトの中国新聞網によると、湖南省北西部の湘西州保靖県の2カ所で10日未明、大雨が原因の土石流が相次ぎ発生し、民家が倒壊して住民計6人が死亡、1人が行方不明になったほか、3人がけがした。(写真は東網のキャプチャー)

 保靖県では10日未明から激しい雨となり、最大雨量は208.2ミリに達し、各所で土石流が起きた。
 同県の碗米坡鎮の抜茅村で午前2時半ごろに発生、民家1棟が倒壊し、住民4人が閉じ込められた。いずれも同日午前9時ごろ救出されたが、全員死亡した。また、同県の遷陵鎮や復興鎮でも土石流が相次ぎ、民家が倒壊するなどして2人が亡くなった。

 湖南省では5月末から各地で大雨が続き、当局は8日、長沙や湘潭、懐化などの省内市・州にある、20カ所余りの県で洪水が発生、計約9万3500人が被災し3205人が避難したことを明らかにした。同省江華県では村落20カ所が水没し、1人が死亡、4人が行方不明になった。

★参考情報★
ーーーーーー
湖南南部で大雨の洪水=1人死亡4人不明
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年6月9日南 ニュースサイトの新華網によると、湖南省洪水防止・干ばつ対策指揮部は8日、持続的な大雨により湖南省の長沙や湘潭、懐化などの各市・州にある、20カ所余りの県で洪水が発生、計約9万3500人が被災し3205人が避難したことを明らかにした。また、省当局によると、8日午前10時現在、関山や茅渓など中規模のダム4カ所で、水位が警戒ラインを超えた。

 同省の気象部門によると、湖南省では5月末から各地で大雨が続き、湘江とその支流など一部河川で水位が急上昇した。江華県では村落20カ所が水没し、1人が死亡、4人が行方不明になった。

 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、湖南省のほか、中国南方地区では6月1日以降、大雨が継続。累計降雨量は江南の大部分や華南北中部、西南地区東部で100~250ミリに達した。

 うち広東省では、珠海や清遠など15都市で8日、大雨で最高の赤色警報が発令され、中学以下の学校が休校になった。広西チワン族自治区の桂林市では学校1カ所が冠水、生徒と教員約300人が孤立したが、その後、救助された。

★参考情報★
ーーーーーーー
旅客列車が脱線転覆、1人死亡127人重軽傷 湖南
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年6月9日水 湖南省南部の永州市江華県で6日、大雨による洪水が発生し、住民1人が死亡、4人が行方不明となっている。同県では6日午後11時に大雨が降り始め、全県の観測点21カ所全部が100ミリ以上、最大200ミリを観測した。県内の20村が洪水で冠水した。ニュースサイトの時間快訊が7日伝えた。(写真は百度のキャプチャー)

 県当局は7日午前3時30時、緊急の洪水対策を発令。住民約1000人を避難させた。同県によると、行方不明者のうち3人は、地元で風力発電所建設にあたる企業の従業員で、宿舎に帰る途中、山崩れに巻き込まれた。鉱山会社の従業員が2人が、川を歩いて渡る途中に流れに押し流され行方不明になった。行方不明になったこれら5人のうち、1人は遺体で見つかった。

 湖南省では今月に入り断続的に大雨が続き、多くの地区で大雨となっている。江華県の当局は7日午前に洪水で最高の「赤色」警報を発令した。湖南省で今年、洪水の赤色警報が出たのは初めて。


★参考情報★
ーーーーーー

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年3月31日鉄 中国メディアの時間快訊によると、湖南省チン(林におおざと)州市で30日正午ごろ、山東省・済南発広東省・広州行きの旅客列車が、線路内に崩れ落ちた土砂に衝突して脱線転覆した。警乗警察官1人が死亡、鉄道会社の職員を含む127人がけがして病院に運ばれた。うち4人は重傷という。

 現場付近では最近、連日雨が降り、線路脇の斜面から土砂が崩落した。運転手が土砂に気づき、急ブレーキをかけたが間に合わず、衝突して乗り上げた。列車の2~6両目がが横転し、1両目の発電用の車両が炎上した。

 列車には乗客654人と鉄道会社の職員37人が乗っており、重傷の4人はいずれも乗客。職員は5人が軽傷を負った。無事だった乗客は、別の鉄道に乗換えて目的地に向かったという。

 事故を起こした列車は、済南を出発、湖北省・武昌駅、湖南省チン州駅などを経て広州駅に向かっていた。新型コロナウイルスの感染拡大後、山東省発で湖北省を経由する列車はこの列車が初めてだった。今回事故が起きた区間は、2006年にも大雨が原因で土砂崩れが起き、列車の運行に影響が出た。

★参考情報★
ーーーーーーー
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年12月22日陥ニュースサイトの澎湃新聞によると、湖南省長沙市の地下鉄会社は21日午後11時50分、同市中心部の幹線道路、長沙大道と万家麗路の交差点近くで同日午後9時36分ごろ、路面が長さ12メートル、幅8メートルにわたり陥没したと発表した。現場は、長沙地下鉄5号線の建設工事現場近く。けが人の情報はないという。

 香港メディア東網によると、中国の地下鉄工事現場近くで道路の陥没が起きたのは、最近1カ月間で3回目。12日には福建省アモイ市で、道路面が約500平方メートルにわたり陥没し、通行中の乗用車2台が転落したが、けが人はなかった。1日には、広東省広州市中心部で、地下鉄駅の工事現場付近で発生し、道路清掃車と電動バイクが転落、3人が行方不明になっている

 中国のニュースサイト、環球網によると、工事関係者は、地下鉄5号線につながる通路と関連し、地下鉄本体とは無関係と話している。事故当時、作業員はいなかった。

 陥没現場では水道管が破裂し、穴の中に水が流れ込んでいる。また、付近の住宅地域で停電が起きている。
地下鉄工事現場で路面陥没=車両転落、3人不明ー広州
高層住宅が傾斜し住民避難 軟弱地盤が沈下 深セン
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ