中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 湖北

2019年9月2日刀 ニュースサイトの人民網によると、湖北省恩施市白楊鎮の朝陽坡小学校で2日午前8時ごろ、刃物を持った男が侵入し児童に切りつけた。警察によると10人がけがした。警察はまもなく、男を拘束した。 (写真は星島日報のキャプチャー) 
 
 香港紙・星島日報(電子版)によると、男は包丁で運動場にいた児童を襲った。男は刑務所を出た直後で、警察が犯行の動機などを調べている。  ネット上では、救急車多数が小学校前に止まる画像が流れた。児童8人が死亡したとの情報もあるが、公式メディアは10人が負傷し、けがの重さは調査中と報じている。

 中国では学校と周辺で児童・生徒が刃物で無差別に襲われる事件が頻発している。今年4月には、湖南省永州市の寧遠県の小学校で児童2人が死亡、2人がけがした。2月には、江西省吉安市の中学校付近で11人が負傷。昨年6月、上海市の小学校前の路上で、小学生と保護者計4人が死傷。昨年5月には陝西省楡林市の中学校の男女生徒19人が死傷した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーー
刃物持つ男が小学校襲撃 児童2人死亡2人けが 湖南
男が中学生ら刃物で襲う 11人けが、飲食店主らが制圧 江西
学校周辺200メートルを安全区域に 事件続発で上海市が対策

2019年8月07日山 湖北省十堰市ウン(員の右に力)陽区で6日午後4時ごろ、大雨が原因の山崩れが起き、家屋19戸が押し潰された。同日午後11時までに確認された死者は13人。相当数の行方不明者も出ているが、人数は確認されていない。また、住民60人が救助された。地元紙・楚天都市報(電子版)が7日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 十堰市ウン陽区では、6日午前2時半から5時までに173.9ミリの雨が降り、1時間あたりの最大雨量は93.3ミリに達した。同区では道路が寸断されたがまもなく回復。電気、水道は止まっている。省や区から応急部隊が出動し救助活動を行っている。

 また、中国の多くの省で大雨が絡む災害が起きている。ニュースサイトの鳳凰網によると、山西省晋城市の沢州県で4日夜、土石流が起き、6人が押し流された。5日午後4時40分までに1人が遺体で見つかった。残る5人が捜索が続いている。別に8人が家屋に閉じ込められたが、救助された。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー
雲南で洪水や土砂災害 死亡不明17人、3.5万人が被災
黒竜江と四川で洪水の恐れ 堤防や貯水池に警戒呼びかけ
貴州省の山村で土砂崩れ 13人死亡32人不明 救出作業は難航

2019年7月05日武 香港メディアの東網によると、湖北省武漢市新洲区で2、3の両日、ごみ焼却施設の建設に反対する住民約1000人がデモを行った。一時、警官隊と衝突し多数のけが人が出た。新洲区の住民は6月28日にも、武漢市中心部の市政府庁舎前でもデモを行った。(写真はRFAのキャプチャー)

 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、当局が事前の説明を行わないまま、新洲区陽邏地区で施設の建設を強行しようとした。住民は6月中旬に計画を知り、大気汚染による健康被害を懸念。署名やビラの配布など反対活動を始めた。この間、約20人が警察に連行され、活動をやめるよう警告を受けたという。

 住民によると、陽邏地区は大気汚染が深刻で、十数年前から地下水も汚染されている。さらにごみ焼却施設が建設されれれば、健康が一層脅かされる恐れがある。

 中国ではごみ処理施設の反対デモが各地で発生。6月半ば広東省雲浮市郁南県で住民約2万人が抗議し、政府が計画を撤回した。湖北省仙桃市では、着工から2年目のごみ焼却施設が稼働直前、住民の大規模な反対運動が起きた。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーー
ごみ焼却場建設に反対 住民1万人がデモ 武漢
政府がごみ施設建設断念 住民2万人が反対デモ 広東
マンション所有者数百人がデモ 下水処理設備に反対 深セン

 2019年4月17日襄16日午前5時55分ごろ、湖北省襄陽市襄陽区の化学工業団地で同日午前10時ごろ爆発が起きたとの情報がネット上に流れた。同市安全生産監督局は同日夜、爆発説を否定するコメントを発表。襄陽区の国道で駐車中のタンクローリーで、積荷の酢酸が反応して黄色い煙が上がったことがうわさの原因と説明した。地元ニュースサイトの襄陽網が同日伝えた。(写真は百度のキャプチャー)

 同局によると、消防隊員らがタンクローリーの付近に急行。事後処理行ったが爆発などは起きておらず、けが人は出ていないという。

 ネットに投稿された動画には、大量の黄色い煙が発生し周囲に充満する様子が映り、化学工場での爆発が原因と指摘する声も流れた。大きな爆発音とともに、家屋が揺れたとの情報もネット上に上がった。

 中国では3月末、江蘇省塩城市響水県の化学工場が爆発し約700人の死傷者が出た。その後も各地の工場で大小の事故が続発していることが、うわさが流れる背景にあるとみられる。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー
製薬工場で火災、作業員10人窒息死 12人けが 山東
製薬工場で爆発、8人死傷 周辺で強い刺激臭 江蘇・淮安
700人死傷の化学工業団地でまた火災 けが人なし 江蘇

 中国民間団体が運営するサイト、民生観察によると、湖北省天門市で11日、市内の職業高校、天門市職業学校の生徒約1000人が大学受験資格を求めてデモ行進した。間もなく警察官が出動し、鎮圧した。一部の生徒が警官から暴行を受けたという。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。

 湖北省では一部大学で、職業学校の生徒向けに、主に実技試験で学生を選抜する大学入試制度があったが、先ごろ停止された。生徒は大学入学を計画、中学の教師らに勧められ同職業学校に進学した。同学校では生徒約1300人が大学進学を目指していた。

 同職業学校は、もともと学生不足に悩んでいたが、近年、全国から生徒が集まるようになった。学校側が生徒の一部は「都市戸籍」を目的に入学したが、それも実現していないという。
 生徒は教師や学校側に説明を求めてきたが回答がなく、街頭デモ行進に踏み切った。沿道の市民から支援の声が挙がったが、まもなく警官隊が包囲して行進を止めた。

↑このページのトップヘ