中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 福建

2020年3月9日酒 ニュースサイトの環球網の9日の報道によると、福建省泉州市鯉城区のホテル「欣佳酒店」が7日午後7時15分ごろ、突然崩落した。8日午後6時までに、宿泊客ら49人が救出されたが10人が死亡した。なお22人ががれきの中に取り残されている。(写真は東網のキャプチャー)

 中国新聞網によると、ホテルは新型コロナウイルスの感染拡大防止対策で、経過観察用の隔離施設に指定されていた。事故当時、福建省外の感染拡大区域への渡航歴がある58人が宿泊していたほか、管理者やサービススタッフら25人がいた。泉州市当局の8日の発表だと、隔離者は全員、陰性だった。

 事故後まもなく消防・救援隊員が約1000人が急行し、重機などを使い救出作業を行った。当局が事故原因を調べている。

 地元民営企業の経営者は「当社の湖北省籍の男性従業員がホテルにいたが、まだ連絡がない」と述べた。この従業員は30代で、半月前に泉州に戻った後、隔離されていた。経営者は「もともと6日の夜に迎えに来るはずで、手続きも終えていた。ホテルが崩落したとの情報を聞いて、うそだろうと思った」と話している。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーー
改築中の自動車修理工場が崩落 作業員10人死亡 上海
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年12月13日陥福建省アモイ市中心部の幹線道路、呂セキ(雁だれに昔)路と嘉禾路の交差点で12日午後9時52分ごろ、道路面が約500平方メートルにわたり5~6メートル陥没した。通行中の乗用車2台が転落したが、けが人の情報はない。消防、警察などが急行して避難の誘導などを行った。ニュースサイトの新浪網が13日伝えた。  

 現場は、地下鉄2号線の呂セキ駅周辺。駅の隣接地では、ビルの建設工事が行われていた。水道管が破裂して周辺道路が冠水し、駅構内に大量の水が流れ込んだ。周辺住民は避難。道路は通行止めになっている。当局が事故原因を調べている。

 現場周辺を通行中だったタクシーの運転手は「走っていると、前の地面が突然消えた。慌ててブレーキを踏んだ」と話している。タクシーは穴に落ちかけたが止まった。乗客がいたが、運転手が引きずり出し無事だった。

 消防隊員によると、転落した乗用車2台の運転手は、自力で脱出した。目撃者は「陥没後、車2台が落ちていった。運転手は、安全ベルトを自分で外し、はい上がってきた」と話している。

 中国で道路の陥没事故がしばしば発生。1日には、広東省広州市中心部の広州地下鉄11号線「沙河駅」の工事現場付近で道路が陥没し、道路清掃車と電動バイクが転落、3人が行方不明になっている。


★参考情報★
ーーーーーーー
地下鉄工事現場で路面陥没=車両転落、3人不明ー広州
高層住宅が傾斜し住民避難 軟弱地盤が沈下 深セン
杭州の地下鉄工事現場で路面陥没 建物傾斜、ガス漏れも
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年10月21日浴 福建省南安市政府によると、同市美林街道地区にある衛生陶器メーカー「秋洪衛浴廠」で20日午前2時31分ごろ火災があり、消防が駆けつけて約2時間後に鎮火したが、従業員4人が死亡、3人がけがした。(写真は東網のキャプチャー)

 工場は、7階建て、鉄筋コンクリート造りで、5階から出荷した。消失面積は約300平方メートル。消防と警察が原因を調べている。

 中国各地で工場の火災が続いている。3日午後には、江蘇省淮安市漣水県のプラスチックメーカーで6人が死亡。9月末には、浙江省寧波市寧海県の化学品工場で、爆発とともに火災が発生し、死者は19人に上った。7月末には遼寧省葫蘆島市で作業員2人が死亡。今年3月には、江蘇省塩城市響水県の化学メーカーで78人が死亡、566人が重軽傷を負った。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー
プラスチック工場で火災、6人死亡ー江蘇
化学工場で爆発炎上、19人死亡 日用化学品を製造 浙江
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年5月27日舞 福建省ショウ(さんずいに章)州開発区の劇場「金水仙大劇院」で25日夜、ステージが崩落し、舞踏コンテストに参加していた児童1人(13)が死亡、教師を含む14人が重軽傷を負った。中央社が26日伝えた。(写真は博訊新聞網のキャプチャー)

 コンテストは、著名舞踏家の楊麗萍さんが経営する「昆明雀神文化伝播公司」などが共催。コンテスト終了前、参加者の児童と教師約100人がステージ上で記念撮影をしていたところ、舞台中央の昇降式の「せり」が崩れ落ちた。警察がコンテストの責任者から事情を聴くとともに、事故原因を調べている。
 
 昆明雀神文化伝播公司は、今年2月に発足。芸術交流と人材育成を主要事業としている。コンテストは同社と地元の不動産開発会社の福建永鴻投資発展集団が共催。決勝まで進むと、楊麗萍さんの直接指導が受けられることを呼び物にしていた。

 中国では15年11月にも、北京市の北京航空航天大の音楽ホールで、イベント中に「せり」落下し、教員と学生約25人がけがする事故が起きた。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーー


このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年2月18日民 博訊新聞網によると、福州市倉山区盖山鎮の葉廈村で16日午前5時50分ごろ、レンガとコンクリート造りの住宅が倒壊し、住民17人が生き埋めになった。消防などが駆けつけて救助作業を行ったが、同日夜までに3人が死亡、6人の負傷が確認された。(写真は百家号のキャプチャー)

 中国紙・新京報によると、住宅は2003年、家主が自力で建設した。建築基準に合わない違法建築で、当局にも登記されていなかった。当局は、家主を拘束して取り調べている。倉山区政府は、区内の同様の住宅に対し一斉に安全検査を始めた。

 住民によると、倒壊した住宅は4~5階建て元は工場だった。福建省の規則では、農村地区で家主が自力で住宅を建設する場合、4階建て以上は禁止されている。

 倉山区では、違法建築の住宅が野放しとなっている。これら住宅は届け出の上、改築か撤去を行うよう義務付けられている。しかし、住民に違法建築の自覚がないほか、各種の規制を嫌がり届け出したケースないという。

 中国では昨年10月にも、湖北省武漢市で3階建ての民家が突然倒壊し、3人が死亡、4人がけがした。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー
3階建て民家倒壊、3人死亡4人けが ガス爆発か 周辺住民が避難 -武漢 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ