中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 福建

22021年2月07日山 福建省泉州市内の南安市で5日午前9時ごろ、山火事が発生し、2キロに先まで燃え広がった。消防隊197人が出動して、約15時間後の6日午前0時半ごろ鎮火した。騰訊網が7日伝えた。

 火元は南安市碼頭鎮と詩山鎮の境界地帯にある森林で、松や低木が主体。無人機による観測で、ふもとに燃え広がる恐れが出たため、火を挟み撃ちにするため、消防隊を2手に分かれて消火を行った。

 雲南省大理市でも6日午後0時39分ごろ山火事があり、消防隊が324人のほか、ヘリコプターを出して消火活動を行った。6日午後6時現在、なお延焼が続いている。

 福建、雲南など中国の南方地区では昨年12月から少雨が続き、降水量は例年の同期に比べ5~8割、雲南の一部では9割も少ない。一部では干ばつの被害が出ているほか、山火事の危険性が高まっていた。

 中国南方地区の広い範囲で7日~10日に雨が降る見通し。一部では大雨となる見込みで、干ばつの緩和が期待されている。江西、福建、雲南などの6省では、航空機やロケット、ミサイルなどを集結させ、人工降雨作戦の準備を整えた。

★参考情報★
ーーーーーーー
四川・涼山で山火事、火が市街地へ 消火の18人死亡
内モンゴルの大興安嶺で山火事 消火作業中の幹部死亡
このエントリーをはてなブックマークに追加

22020年12月17日核 米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、中国国家核安全局は14日、福建省福清市の中核集団福清原子力発電所5号機で10月27日、主蒸気管が振動する異常があり原子炉を緊急停止したことを明らかにした。同局は、放射線漏れは起きず、操作員や環境への影響はなかったとしている。(写真は博訊新聞網のキャプチャー)

 福清原発は、台北の北西232キロ。5号機には、中国が完全自主開発したと称する第3世代原子炉「華竜一号」が初めて設置され、11月27日に初の送電に成功した。

 国家核安全局の発表では、10月27日の試験運転中、主蒸気管に激しい振動が起き、各蒸気管の間で圧力差が拡大。冷却水注入用の安全装置が作動した。実際の注入はなかったが、原子炉は緊急停止した。同局は、7段階の国際原子力事象評価尺度(INES)で、安全上の問題がない「0」と認定した。

 福清原発は1号機が2013年11月に運転を始めた。業界団体の中国核能行業協会によると、2020年6月末現在、中国で運転中の原子炉は47基を数える。

★参考情報★
ーーーーーーーー
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年7月14日福 ニュースサイトの央視新聞によると、福建省竜岩市の新羅区鉄山鎮にあるバイオ軽油メーカーの竜岩卓越新能源の工場で12日午前10時10分ごろ火災発生し、約3900平方メートルを焼いて13日午前ほぼ鎮火した。従業員3人が負傷、2人が行方不明なっている。(写真は百度のキャプチャー)

 通報ととももに、地元消防から消防車54台と消防隊員202人が出動。福建省消防総隊の指示で、周辺の市からも消防車55台と202人が駆けつけた。地元政府が、緊急対策本部を設置して指揮にあたり、工場内の従業員や周辺住民が避難した。

 竜岩市生態環境局が3チームを結成して、工場周辺の大気の観測を行った。12日午後の時点で、トルエンやキシレンなど有毒物は検出されていない。

 同社は、レストランなどの廃食油からバイオ軽油やグリセリンなどを生産している。火災は工場内のタンク地区で発生した。27個あるタンクのうち、グリセリンのタンクから従業員が中身を移す作業中、高い気温などが原因で出火したらしい。当局が事故原因を調べている。

★参考情報★
ーーーーーー
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年7月10日核ニュースサイトの騰訊新聞によると、家核安全局は7日、福建省寧徳市の寧徳原子力発電所1号機で6月20日、操作員のミスで燃料プールの冷却が約9分止まる事故が起きたと発表した。

 同局によると、操作員が燃料プールのバルブを手動で開ける作業をしないまま、別のバルブが自動的に閉じ、冷却が止まった。操作員は8.5分後に異常を発見し、バルブを動かした結果、冷却が始まった。プールの温度は30.85度から30.95度に上がったが、正常値の範囲内だったという。

 同局によると、事故による放射線漏れはなかった。同原発は規則に従い、30日以内に国家核安全局と華東核・放射線安全監督所に通報した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年6月5日刃 ニュースサイトの新京報網によると、福建省ホ(草かんむりに補のつくり)田市仙游県で4日午後9時40分ごろ、刃物を持った男がスーパーマーケットに侵入して買い物客ら10人を襲った。3人が死亡、7人がけがして病院で治療を受けている。

 男は現場から逃走したが、警察は同日午後11時ごろ、約2キロ離れた路上で男を捕まえた。男は貴州省出身の35歳で、調べに対し犯行を認める供述をしているという。警察が犯行の動機などについて、取り調べを進めている。

 中国では刃物による無差別殺傷事件がしばしば発生。5月8日は、山東省済南市の小学校前で、男が刃物で児童2人を殺害した。昨年12月には、上海市中心部の静安区の路上で、男が刃物で通行人を襲い、2人が重傷を負った。昨年9月にも、湖北省恩施市の小学校が刃物男に襲われ、10人がけがした。


★参考情報★
ーーーーーーーーーー

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ