中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 甘粛

2020年5月28日車 甘粛省蘭州市公安局によると、27日午後0時26分ごろ、蘭州市七里河区の街路で、大型セミトレーラーに乗用車7台が相次いで追突した。運転手ら2人が死亡、7人がけがした。新京報網が27日伝えた。(写真は百度のキャプチャー)

 蘭州市政府は、七里河区政府と警察、消防などの係官を現地に派遣。けが人の救助と現場の処理に当たらせている。また、事故原因の調査も始めた。

 セミトレーラーは路上に横転。積荷が道路に散乱した。追突した乗用車も横転したり、セミトレーラーに押しつぶされるなどした。

 中国では新型コロナウイルスの感染拡大が抑え込まれ、経済や社会活動が回復するともに、大規模な交通事故が頻発し始めた。4月には、吉林省松原市内の国道で、乗用車が別の乗用車と小型トラックに衝突して炎上。乗っていた16人が死傷。福建省福州市の一般道でも、大型セミトレラーが道路脇の民家などに突っ込み、住民ら16人が死傷した。



★参考情報★
ーーーーーーーーー
車3台が衝突し炎上 12人死亡4人けが 吉林
大型セミトレーラーが民家突入 住民ら16人死傷 福建
乗用車が暴走し銀行に突っ込む 1人死亡3人けが 貴州
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年10月30日震 甘粛省甘南州夏河県で28日午前1時56分ごろ、マグニチュード(M)5.7の地震があり、住民21人が重軽傷を負った。震源は夏河県中心部から約19キロで、深さ10キロ。震源地は、省都蘭州市から148キロ。澎湃新聞が28日伝えた。(写真は博訊新聞網のキャプチャー)

 同県の13の郷鎮(町村)で2097世帯の家屋が損壊、合作市では788世帯の1975人が被災した。交通、電気、水道は平常通りに運営されている。

 甘南州などの当局は、緊急対策を発動。現地に人員を派遣し復旧作業を指揮させている。テント200枚、掛け布団600枚、折りたたみベッド600個などを現場に送った。

 中国地震台網によると、地震発生後、夏河県中心部では住民の多くが、建物の倒壊などを恐れて路上に出た。天水、蘭州の両市でも揺れを感じた。

 ニュースサイトの新京網によると、甘粛省では今年に入りM3以上の地震が11回発生。蘭州市の住民によると、最近2カ月間に2回置きている。

 地震専門家は「今年起きた11回は、多くがM5以下で正常な地質活動だ。今年は平年に比べ地震が少ない」と述べ、市民に平静を呼びかけた。

★参考情報★
ーーーーーーー
四川・内江でM5.4地震 1人死亡、63人けが
四川省・宜賓でM5.6地震 13人けが、先月地震の余震
四川省・宜賓でM5.4地震、31人けが M6地震の余震
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年2月8日甘 甘粛省白銀市公安局(警察)は6日、同市会寧県で5日未明、地元の男(49)が民家に侵入して住民を刃物で襲い、8人が死亡、7人がけがしたと発表した。警察は同日朝、男を拘束した。ニュースサイトの上観新聞が伝えた。(写真は博訊新聞網のキャプチャー)

 警察によると、男は妻が別の男性と関係を持っていると疑い、報復のため襲ったと供述している。男は犯行前に酒を飲んだ後、1人で民家を襲った。

 香港紙・星島日報によると、5日未明、陝西省宝鶏市河北村でも、地元の男が兄の住宅に放火し、乳児と子どもを含む7人が焼死し、1人がけがした。警察は同日午前、逃亡中の男を拘束した。

 警察によると、男は4日、出稼ぎ先から帰省したばかり。兄弟間の争いが原因で火をつけた。自殺を図ったが死にきれず、車で逃走していた。
 
★参考情報★
ーーーーーーーーーーーー
福建と広東の路上で無差別殺傷 2人死亡、27人けが
女が刃物持ち幼稚園乱入 園児14人が重軽傷 重慶
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年11月13日陥ニュースサイトの新京報によると、甘粛省蘭州市城関区の瑞徳大道地区にある甘粛中医薬大付近で11日午後5時47分ごろ、歩道の路面が突然陥没し、通行中の女性1人が転落した。女性は救出され病院に運ばれたが、あばら骨を折る重傷を負った。(写真は観察者網のキャプチャー)

 澎湃新聞によると、同市では今年8月以降、路面陥没事故が約20件発生している。9月末には城北区の金昌北路と南浜河路の交差点付近で路面が陥没、3人が転落し1人が死亡した。

 11日の事故では、歩道に直径3メートル、深さ3メートルの穴が空いた。目撃者によると、女性は下半身が土に埋まり、大声で助けを求めた。その後、制服姿の当局者が駆けつけ、通行人らと協力して女性を穴から引き上げた。

 同市では9月3日、西固区の住宅街「藍馨花園」近くの道路が陥没。下水道の漏水が原因と分かった。同日、七里河区の商業地区でも道路が陥没した。28日には城北区の1人が死亡する事故が発生。その後、10月18日にも、住宅街の「鴻運潤園」近くで、地下鉄工事の影響で路面に大きな穴が空いた。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年11月5日車甘粛省蘭州市にある蘭州-海口高速道路の蘭州南料金所付近で3日夜午後7時半ごろ、料金支払いのため並んでいた車列に大型トレーラーが突っ込み31台に衝突した。4日現在で15人が死亡、44人が重軽傷を負った。うち10人は重体という。香港のニュースメディア、東網が4日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 蘭州市公安局(警察)によると、現場は約17キロの下り坂。大型トレーラーの運転手が頻繁にブレーキを踏んだために効かなくなり、事故につながったとみられる。当時、現場付近では雪が降っていた。同局が運転手を拘束し、事情を聴いている。

 香港・蘋果日報によると、高速道路が開業した2004年以来、現場では約240台の事故が発生、42人が死亡、55人が負傷している。うち制御不能の車が蘭州市街に突入する事故が18件起き、31人が死亡した。

 目撃者によると、事故現場の料金所付近には、自動料金収受システム(ETC)用1本と一般用3本のレーンがあり、蘭州市内に向かう車が約100メートルの列を作っていた。突然、後ろから走ってきたトレーラーが「ボン」という音とともに車列に衝突したという。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ