中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 陝西

 中国国有で送電最大手の国家電網によると、陝西省都の西安市の多数の区で23日、予告の上で停電が起きた。同士市の未央区鳳城八路地区では約15時間も電気が止まった。陝西省は近年、省外への電力販売に力を入れており、11月には広東省への送電を始めた。一方で、発電能力が拡充していないため陝西省内で電力不足が起きているもようだ。香港メディアの東網が23日伝えた。

 新京報によると、浙江、湖南、江西など中国南部の各省では計画停電が行われるなど、深刻な電力不足が発生。広東省広州市でも21日、一部で停電が起き、電力不足がうわさされている。当局は他省からの送電で解決を試みており、陝西省からの送電がさらに増える可能性がある。

 陝西省は2019年、省内の発電量1466億キロワット時(kWh)のうち22.2%を省外に送電した。今年1~6月の省外送電量は前年同期比で2割以上増えた。しかし、省内の発電容量は2920万キロワット(kW)で、前年同期比8.96%の増加にとどまった。

 陝西省は、中国西部地区の電力を東部沿岸地区に送る「西電東送」事業の中枢。河南や山東、河北の各省のほか、四川省にも電力を送っている。

★参考情報★
ーーーーーーー
中国広東省広州市で停電 12時間後復旧、故障が原因と当局
中国湖南や浙江で電力供給制限 企業の発電機調達相次ぐ
このエントリーをはてなブックマークに追加

22020年11月25日交 ニュースサイトの中国新聞網によると、24日午前7時03分ごろ、陝西省銅川市の包茂高速道路で、大型トラック10台以上が追突し、運転手ら4人が死亡、6人がけがした。また、衝突後、トラックの燃料タンクから出火して、事故で停車していた14台に燃え広がった。(写真は東網のキャプチャー)

 警察などの調べでは、事故当時、周辺は霧が出ていた。また、現場は長い下り坂の橋で、路面の一部が凍結していた。警察などは、視界が限られた中、トラックがスリップを起こし、相次ぎ衝突したとみて事故原因を調べている。 香港メディアの東網によると、消防隊員らは、事故現場付近で止まった車の中に、メタノール34トンを積んだトラックがあることを発見。爆発の恐れがあったが、延焼を免れた。

 銅川市当局は事故後まもなく、現場に指揮本部を設置。陝西省政府が派遣した担当者の指導を受けながら、約300人が救助作業などに当たった。

 中国では高速道路で、多数が死傷する事故が多発しており、19日には山東省泰安市の京台高速道路で乗用車3台が衝突し、地元政府の幹部ら4人が死亡、2人がけがした。

★参考情報★
ーーーーーー
工場でタンクローリー爆発 1人死亡、1人けが-遼寧
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年4月22日陝 陝西省衛生健康委員会は22日、20日午前8時から24時間に新型コロナウイルスの海外での感染者21人を確認したと発表した。いずれもモスクワ発北京行きの中国国際航空CA910便の乗客で、同委員会は他の乗客ら166人を隔離し観察を始めた。(写真は博訊新聞網のキャプチャー)

 同委員会によると、CA910便は19日にモスクワを出発し20日に陝西省の西安咸陽国際空港に到着した。同省の新型コロナの海外感染者は22日までに計32人。他に無症状感染者が7人確認された。

 上海でも4月12日、モスクワ発上海行きアエロフロート・ロシア航空SU208便の乗客から、新型コロナ肺炎の患者51人が見つかった。

★参考情報★
ーーーーー

このエントリーをはてなブックマークに追加

 チタン合金など金属素材メーカーの宝タイ(金へんに太)集団(本社:陝西省宝鶏市)の本社工場で13日午後3時半ごろ、鋳造作業場で大型設備の設置のため掘っていた穴が突然崩れ、作業員3人が生き埋めになった。3人は救出されたが、その後病院で死亡した。ニュースサイトの央視新聞が伝えた。

 宝鶏市党宣伝部によると、当局が事故原因を調査中。同社は、緊急に全社の操業を中止し、工場内の安全の点検を行った。同市の労災担当部門も、市内各企業に安全状況の確認を指示した。

  中国では工事中の崩落による死傷労災事故が多発している。10月28日には、貴州省貴陽市観山湖区の建設中の地下駐車場で崩落事故があり、作業員14人が生き埋めになった。うち3人が自力で脱出、1人が無事だったが10人が行方不明になった。

 10月の14日は、吉林省白城市の経済開発区で改装工事中の銀行のオフィスビルが突然崩落し、作業員5人が死亡、4人が負傷した。5月には上海市中心部で、自動車修理工場が改築工事中に崩落、作業員25人ががれきに生き埋めとなり10人が死亡した。


★参考情報★
ーーーーーーーーー
建設中の地下駐車場が崩落 作業員8人死亡2人けが 貴州
銀行ビル工事中に崩落 作業員5人死亡、4人けが 吉林
石灰工場で建屋とタンク崩落 3人生き埋め、2人死亡 山西
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年10月29日爆 陝西省延長県の党委員会宣伝部によると、27日午後7時ごろ、同県の石油会社、延長油田公司の原油採掘工場付近で、新型発破技術の装置が車で運搬中に爆発し、作業員8人が死亡、5人がけがした。経済メディアの中国経営網が28日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 爆発したのは、湖南省永州市の遠軍熱能動力科技(遠軍熱能)が開発した「スーパー気体エネルギー装置」と称する新型の発破装置で、TNT火薬の8~10倍の威力がある。既に数百件の特許を申請中だという。事故は、油井で発破装置を使った採掘実験を終えて帰る途中に起きた。

 ニュースサイトの界面新聞によると、関係者は「採掘実験は、延長石油研究院と遠軍熱能の共同で、石油産出量を増やすために行われた」と話している。

 発破装置は、安全で環境に優しく、エネルギー消費が少ないなどの利点がある。発破の能力は大きいが調節可能で、従来の炸薬より使いやすい。鉱山、地下鉄建設、都市のトンネル建設などの工事で幅広く使われており、中国航空工業集団や中国石油化工など中国を代表する大企業から注目されている。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ