中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 江西

2019年8月15日陥 江西省南昌市南昌県でマンション「南昌中駿雍景湾」の建設現場で、5号棟と10号棟の間で地面が約500平方メートルにわたって陥没した。けが人はなかった。開発会社は建物に影響はないと説明したが、購入者から疑問の声が上がっている。中国新聞網が伝えた。

 航空写真によると、陥没現場は黒いシートで覆われている。マンションの物件販売所は閉鎖された。開発会社の南昌駿捷房地産開発有限公司は物件購入者に対し「作業員にけが人はなく、建物には何も影響がない」と文書で説明した。  購入者は、開発業者の説明には説得力がないと批判している。同社担当者も「最終的には政府による鑑定結果を待つ必要がある。2~3カ月かかる」と話している。

 南昌市政府は2017年3月から、住宅価格抑制のための購入規制策を始た。「南昌中駿雍景湾」は同市で初めて、価格に制限を設る代わり購入を規制しない住宅として建設が行われている。  

 中国では路面や建設工事現場での陥没事故がしばしば発生。7月には山東省青島市の地下鉄駅の工事現場で地面が陥没し、作業員1人が転落して死亡した。江蘇省南京市江寧区の建設工事現場で地面の大規模な陥没が発生、付近の住民が避難した。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーーー
南京の建設現場で陥没、付近のアパート傾き住民避難
青島地下鉄工事現場でまた路面陥没 作業員1人死亡
歩道陥没し死亡不明4人=200世帯が避難、停電・断水も-四川

 2019年8月08日炭江西省応急管理庁によると、江西省貴渓市の食品製造会社、貴渓市楽碩食品有限公司の工場で7日午前10時ごろ、作業中の従業員が一酸化炭素(CO)に中毒し、79人が病院に運ばれた。地元メディアが伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 同社工場では、豚や鶏肉の串焼きなどロースト食品を製造している。作業中にCOが発生した可能性があり、原因を調べている。従業員は90人でほとんどが中毒した。いずれも吐き気やめまいの症状を訴えている。

 中国では工場からの有毒ガスの漏出事故がしばしば発生。昨年8月には、山西省呂梁市の鉄鋼製造会社からCOとみられる有毒ガスが漏出し、周辺の集落の住民が17人が中毒して病院に運ばれ、1人が死亡した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー
製紙工場で9人が有毒ガスに中毒 7人死亡、2人けが 広東
鉄鋼製品工場でガス漏れ 17人中毒、4人死亡 内モンゴル

2019年7月03日雷 民政省国家防災センターの2日の発表によると、江西省の一部が6月29~30日、雷、強風、ひょう、集中豪雨などの大荒れの天気となり、落雷で4人が死亡、6人がけがした。中国新聞網が2日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 主な被災地域は同省の吉安、景徳鎮、新余など4市5県で、被災者は2万8000人。経済的損失は3200万元(約5億円)に上った。

 江西省の吉安市などでは今月初め、連日の大雨と洪水で深刻な被害発生、102万人が被災した。中央政府の国家減災委員会と応急管理省が6月10日、緊急対応措置を発動した。



★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーー
江西省で豪雨と洪水の被害 中央政府が緊急対応を発動
長春で50年ぶり大雨 道路が冠水、空港は41便欠航 吉林
広西各地で大雨 9人死亡3人不明、35万人被災

 2019年6月10日江江西省応急管理庁によると、江西省の吉安、上饒、鷹潭などの各地で豪雨と洪水で深刻な被害が発生していることに対し、中央政府の国家減災委員会と応急管理省が9日午前10日、緊急対応措置を発動した。応急管理省の災害救助局長をトップとするチームが被災地に入り、現地の対策を指揮している。地元紙・江西日報(電子版)が10日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 連日の大雨により吉安、上饒、鷹潭など9市48県で102万1000人が被災。14万7000人が避難したり救援を受けるなどした。香港メディアの東網によると、江西省では9日までに、6人が死亡、1人が行方不明になった。家屋の損害は倒壊が119世帯、損壊が98世帯。直接的な経済的被害は16億元に上った。

 江西省の気象台によると、省内の主要河川5本とボーヤン湖で水位が上昇。観測所11カ所で警戒ラインを超えた。

 広西チワン族自治区桂林市でも、大雨により市内を流れる漓江から水があふれて水害が発生。9日午後5時現在、1人が死亡、1人が行方不明。被災者は18万人に上った。市内の一部の県で住民数百人が孤立して、武装警察隊が救助活動を始めた。


★参考情報★
ーーーーーーー
長春で50年ぶり大雨 道路が冠水、空港は41便欠航 吉林
広西各地で大雨 9人死亡3人不明、35万人被災
広東省珠海で豪雨赤色警報 珠海空港で31便に影響

2019年5月30日火 江西省南昌市応急管理局によると、同市青山湖区の鉄鋼会社、方大特鋼科技有限公司で29日午後4時22分ごろ、高炉のガス管が爆発炎上し作業員1人が死亡、9人がけがした。澎湃新聞網が29日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 南昌市消防救援支隊は、消防車10台と消防ロボットを現場に派遣し約2時間後に消し止めた。省応急管理庁と消防救援総隊も応援に駆けつけた。当局によると、事故が起きたのは「製鉄分工場第2高炉」で、保守作業中にガスが漏れ爆発炎上した。一部の報道によるときのこ雲が上がったという。

 同社は、鉱石の採掘から鉄鋼の製造、圧延、製品の製造まで一貫で行い、年産能力は360万トン。ばね鋼と自動車向け板バネの生産量は中国最大。親会社の江西方大鋼鉄集団(同市)内に本社を置く。

 江西省応急管理庁によると、方大特鋼科技では今年2月にも、1号高炉の改良工事中、フォークリフトの横転事故が起き作業員1人が死亡した。また、江西省九江市の九江萍鋼鋼鉄有限公司の製鉄工場の「3号転炉」で、保守作業中に作業員2人が窒息死した。


★参考情報★
ーーーーーーーーーー
化学工場の汚水処理場で爆発 1人死亡1人けが 河南
化学工場の設備から出火 けが人と環境汚染なし 江蘇
PVC工場で未明に爆発 従業員3人死亡5人けが 内モンゴル

↑このページのトップヘ