中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 江西

2020年1月9日枯 江西省西部にある中国最大の淡水湖「ハ(番におおざと)陽湖」の平均水位が6日、7.78メートルに低下した。同湖では平均水位が8メートル以下となる「超渇水期」が39日間続き、過去10年間で最長となった。澎湃新聞が7日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 ハ陽湖の水位は19年11月29日、8メートルを割り込む「超渇水期」入りした。同湖の超渇水期の開始は、1951~2018年の平均では12月末で、今季は1カ月早かった。現在の湖面の面積は290平方キロで、満水期の10分の1に縮小した。

 江西省水利庁は、上流域の状況や降雨の見通しから、ハ陽湖の水位低下は今後も続くとみている。

 ハ陽県林業局によると、渇水の影響で、同湖では今季、ハクチョウなどの渡り鳥の姿が見られなくなっている。小型イルカのスナメリの観測数も極端に減たという。

 水利省によると、中国では昨年末から全国規模で干ばつが発生。特に南方地区の江西、安徽、湖北など6省・直轄市で干ばつが深刻化しており、住民や家畜の飲み水不足が起きている。

★参考情報★
ーーーーーーー
江西省で深刻な干ばつ 飲み水と作物の収穫に影響
89県・市で高温と干ばつ 長沙で過去最高の37.2度 湖南

 2019年11月13日東広東省深セン発上海行きの中国東方航空MU5352便のエアバスA330-300型機が12日午後7時12分ごろ、機体の故障のため江西省南昌市の南昌昌北空港に緊急着陸した。上海紙の新民晩報(電子版)が同日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 同便は12日午後6時に深セン宝安空港を離陸。計画では午後7時55分、上海虹橋空港に到着する予定だった。ところが6時44分ごろ高度約1万メートルから、約10分で約3612メートルにまで急降下し、途中、緊急事態を知らせる「スコーク7700」と呼ばれる信号を発信した。同機は機齢12年。機体の故障の状況は明らかにされていない。

 中国では5日にも、黒竜江省・ハルビンから浙江省・寧波に向かっていた深セン航空ZH9765便のボーイング737-800型機が、離陸後まもなく操縦席の窓ガラスに亀裂が入り、直ちにハルビン太平国際空港に引き返した。


★参考情報★
ーーーーーーーー
深セン航空機の操縦席窓に亀裂 ハルビンに引き返す
南方航空機で離陸時に火災警報=乗客・乗員146人避難-広東
操縦席の窓ガラス脱落、機長の頑張りで大事故回避、乗員2人けが、乗客27人が不調訴え受診

2019年10月11日干 国家減災センターによると、江西省は7月下旬から10月初めにかけての平均降雨量が96ミリと、平年より7割減少し同期としては過去最少となった。主要河川と湖沼の水位も低下し、省内11市、71県で干ばつが発生している。(写真は中国天気のキャプチャー)

 鷹潭、吉安、九江、宜春の各地で被害が深刻で、一部の郷鎮(町村)で飲み水不足が起きているほか、コメ、野菜、果物の収穫に深刻な影響が出ているという。

 省応急管理庁は9日午後8時、緊急対応措置を発動。省財政庁と連携して、各地の被害状況を査定しているほか、各種の対策を指導している。

 被害が深刻な地区では、井戸の開削による地下水の採取、人工降雨、水田への導水、住民への飲み水の供給などが行われている。

 江西省では、少雨は10月末まで続く見込みで、干ばつの被害も拡大する見通し。省減災委員会、省応急管理庁などは対策と指導を強化している。


★参考情報★
ーーーーーーーーーー
89県・市で高温と干ばつ 長沙で過去最高の37.2度 湖南
湖南各地の洪水で死亡不明17人 衡陽で堤防決壊
河川400本で警戒水位突破、堤防決壊も 公式報道は低調、実相伝えず

2019年10月7日鉄 江西省樟樹市の京九鉄道(北京~香港)で4日午後9時40分ごろ、跨線橋を通行中の乗用車が線路内に転落、間もなく炎上し、乗っていた5人全員が死亡した。警察などが事故原因を調査している。地元メディアが伝えた。 (写真は東網のキャプチャー)

 乗用車は、同市店下鎮から市中心部に走行中、フェンスを突き破って線路内に転落。まもなく全焼した。市当局は事態を重視し、警察、消防、緊急対応部門などによるチームを編成して現場に送った。






★参考情報★
ーーーーーーーー

2019年9月6日登 江西省衛生健康委員会は5日、同日午後零時現在、同省樟樹市と新幹県でデング熱に641人が感染し、うち392人が全快したと発表した。感染者数は樟樹市が598人、新幹県は43人だった。重症者はいないという。中国新聞網が同日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)


 同委員会に調査では、東南アジアの旅行からの帰国者が感染源。樟樹市、新幹県とも緊急対応措置を発令して、患者の治療と蚊の発生防止など対策を進めている。同委員会が現地に派遣した医療専門家チームによると、感染拡大は防止できる見通しだ。

 新華社によると、東南アジアのフィリピン、ベトナム、マレーシアなどで、今年はデング熱の感染者が前年同期に比べ急増して減らず、各国当局が対策を急いでいる。

 フィリピンでは7月末現在、前年同期の2倍の16万7000人が感染し、622人が死亡した。ベトナムは7月末までの感染者が前年の3倍を上回る10万5000人で、10人が死亡。マレーシアでも8万2000人が感染し、8月4人までに113人が死亡した。

★参考情報★
ーーーーーーーー
台湾でデング熱流行 中南部で新たに10人、今年102人に <

↑このページのトップヘ