中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 安徽

2020年7月29日徽 ニュースサイトの中国経済網によると、安徽省合肥市の肥西県は26日、県内を流れる蒋口河の堤防を約100メートルにわたり自主的に破壊した。近くの湖の「巣湖」の水位を下げて水害を防止するため。遊水地となる周辺住民1万0558人は避難した。また、被害を最小限にする水防作業のため、中国軍部隊が出動した。

 海外の中国語ニュースサイトの博訊新聞網によると、中国政府は、経済先進地の江蘇、浙江の主要都市を水害から守るため、比較的後進的な安徽省や河南省を遊水地としている。先ごろ淮河の洪水を緩和するため、安徽省の王家ダムの放流行い、あらかじめ遊水地に指定されている「蒙エ(さんずいに圭)蓄洪区」に住む約20万人が家財を失った。今回も巣湖の水位が上昇したため、中国政府が26日、堤防の自主的破壊を指示し、合肥市肥西県の政府が従った。 

 中国政府は今年の洪水期、安徽省を遊水地として使い続けている。巣湖の水門を開放して、長江の水位を下げたほか、23日には淮河の水位を下げるため王家ダムを放流。26日には、今度は巣湖の水位を下げるため、蒋口河の堤防の自主破壊を命じた。1億立方メートルの水が流れ込み、水田や村落が水没。約3000年の歴史を持つ町「柘皋鎮」も水に沈んだ。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー
長江で「第3号洪水」形成 三峡ダム流入増加続く
湖北・恩施にせき止め湖 当局が決壊に警戒呼びかけ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年7月21日淮米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、中国水利省淮河水利委員会は20日午前11時半、中国第3の大河である淮河の王家ダム(安徽省阜南県)周辺に対し、洪水では最高の「赤色」警報を継続して発令した。また、王家ダムは、構造物を安全を保つための水位を上回ったとして、同日午前8時半から放流を始めた。これに先立ち、ダムの下流の住民約2000人が退避した。(写真は博訊新聞網のキャプチャー)

 安徽省は、南部を流れる長江の水位が下降しないうち、北部の淮河による洪水の危機に直面している。淮河水利委員会は20日、緊急事態のレベルを洪水では最高の1級に引き上げた。
 中国では西南地区の重慶から、東部の上海まで大雨が続いている。長江流域のうち湖北省武漢市や江西省で、洪水では最高レベルの警報を発令した。

 中国メディアの中国新聞週刊によると、長江と淮河の水位上昇に加え、35の河川と湖沼が警戒水位を超えた。特に安徽省は、南北の大河により挟み撃ちされる情態となっている。淮河は全長1000キロで、5省を流れる。流域の人口は1億6500人で、中国のあらゆる河川の中で、人口密度が最も高い。
重慶各地で水害と土砂災害 開州区で2人死亡、4人不明
湖北・武漢で洪水対策レベル引き上げ 49カ所で冠水
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年4月6日黄 中国経済週刊によると、全国的に著名な安徽省黄山市の景勝地、黄山に、観光客2万人が殺到し、周辺を管理する「黄山風景区管理委員会」は4~5日の両日、開門2時間で入山を停止した。黄山市は清明節の休日を挟む1~14日、市内31カ所の景勝地を無料開放したため、観光客が押し寄せた。(写真は東網のキャプチャー)

 香港メディア東網によると、中国各省(自治区・直轄市)は、新型コロナウイルス感染拡大で大打撃を受けた観光業の再興を、経済回復のための重要対象と位置づけている。福建省アモイ市では、休日の路線バス無料乗車や観光地の無料開放、宿泊施設の割引を打ち出した。しかし、黄山のように観光客が殺到すれば、新型コロナ感染の再拡大が起きかねないため、観光業界からも政府の「急ぎ過ぎ」を懸念する声が挙がっている。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月19日火 安徽省応急管理庁によると、15日午後6時57分ごろ、同省蚌埠市の竜子湖淮河路の雑居ビルの1階店舗から出火したと同市消防支隊指揮センターに通報があった。消防車13台が出動して消火にあたり、150平方メートルを焼いて約1時間後に鎮火した。消防隊員が住民ら25人を救出し8人を病院に運んだが、5人が死亡、3人が重軽傷を負った。警察や消防が事故原因を調査している。ニュースサイトの看点快報が伝えた。

 警察によると、蚌埠駅から約1キロで蚌埠市中心部。ビルは食堂、ホテル、商店、住宅などが入る多層階の建物。街路沿いの5区画が焼けたほか、2階の一部にも延焼した。

 香港メディアの東網によると、出火とともに黒煙が上がり、上の階を覆った。2階から飛び降りてけがしたケースもあった。消防によると、2階部分では十数部屋に延焼。また、商店や食堂内には、プロパンガスのボンベが置かれていたため、消防隊員が急いで運び出したという。


★参考情報★
ーーーーーーーー
広東と上海で工場、倉庫の火災 4人死亡16人けが
衛生陶器工場で火災 4人死亡、3人けが 福建
プラスチック工場で火災、6人死亡ー江蘇
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年10月24日基 安徽省阜陽市の阜南県の当局は18日、「安全上の懸念」を理由に当局公認のキリスト教会の建物を強制的に取り壊した。教会の責任者2人も「社会の秩序を乱した罪」で拘束した。香港メディアの東網が23日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 このキリスト教会は、公認団体の「阜南県キリスト教三自愛国運動委員会」に所属し、敷地面積6000平方メートル。信徒がひざまずいて祈る中、当局が重機を使って解体した。事前に何も連絡はなく、同日午前、周辺を立ち入り禁止にしたという。突然だったため、教会から何も持ち出せなかった。 

 阜南県政府は昨年11月、教会が再開発予定地にあるとして、一方的に補償案を通知した。県政府はその際、教会が人口密集地にある上、周辺の道路が狭い上、建物の出入口が少なく、消防上での懸念があると指摘した。

 信徒によると、当局が立ち退きと再建案を提示したが、教会が拒絶。牧師ら2人が、教会の合法的な権利を守るため活動していたところ、当局に拘束された。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
公共の場でクリスマスツリーの設置禁止 非公認教会は手入れ
国家転覆罪で非公認教会の牧師拘束 信徒100人も連行 四川
医療関係者のキリスト教信仰禁止 浙江、江西で通達
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ