中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 上海

2020年7月16日上 上海市で14日夜、市内を流れる黄浦江が増水し、水位が道路面を上回ったとのうわさがSNS上に流れた。上海市政府の洪水対策部門は、黄浦江の観測点では警戒水位以下だとして否定している。ニュースサイトの中国青年網が15日伝えた。

 SNS上には「黄浦江の水面は、路面を超えた。水が堤防を超えそうなので、流れる水の量を増やそうと、黄浦江の水門4つ全部を開けた。今年の洪水は状況が厳しい。がんばれ上海」などのメッセージが掲載された。

 上海市の対策部門によると、黄浦江の黄浦江公園の観測所の現在の最高水位は3.01メートルで、警戒水位を1.54メートル下回る。また、例え黄浦江の水位が路面を超えても、洪水防止壁が高いので、危険とは限らないという。

 7月の黄浦江の平均水位は2.85メートル、最高水位は7月7日の4.54メートルで、ほぼ昨年同月並み。黄浦江の過去の最高水位は、1997年8月31日の5.71メートル。最近10年間の最高記録は5.17メートルで、どちらも台風が原因だった。

 上海市水務局の14日の発表では、上海に近い太湖は、連日、警戒水位を超えており、圧力緩和のため上海の水門2カ所を開けた。しかし、同局の責任者は「上海の河川で、警戒水位を超えたところはなく、安全な範囲に収まっている」と述べた。


★参考情報★
ーーーーーーー
湖北で長江が警戒水位超え 当局、長江中下流に警報
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年7月9日上 香港メディアの東網などによると、中国最高層の121階建てビルの上海中心大廈で6日、9~60階で天井からの漏水が起きた。ビルの管理会社によると、50階にある設備の故障が原因。技術スタッフは、上海で続く大雨とは無関係だと話している。

 各階のオフィスで床に水がたまり、パソコンや書類が濡れる被害が出た。勤務者らは、ビニールでデスクや書類を覆ったり、パソコンを運び出すなどの対応に追われた。ニュースサイトの新浪網によると、52階まで直行のエレベーターが止まったほか、ビル内の書店が休業した。

 上海中心大廈は総工費148億元(約2300億円)で2016年に完成。高さ632メートルで中国で最も高い。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年4月13日俄 上海衛生健康委員会の12日の発表によると、11日の1日に、海外で感染した新型コロナウイルス患者を新たに52人確認した。いずれも中国人で、9同じ航空便でロシアを出発し、10日に上海浦東国際空港に到着した。残り1人はカナダで感染し、3月29日に同空港に到着、隔離の上で観察を受けていた。 (写真は東網のキャプチャー)

 中国紙・新京報によると、51人は9日発のモスクワ発上海行きのアエロフロート・ロシア航空SU208便の乗客。同便には、中国商人が集中するモスクワ・リュブリノ市場の関係者が多数乗っていた。同市場は、ロシアで新型コロナの感染拡大後まもなく、閉鎖されたという。

 北米の中国語紙・世界日報(電子版)の12日の報道によると、黒竜江や内モンゴルなど国境沿いの省・自治区では、ロシアなどからの帰国者から新型コロナ患者多数が見つかっている。中国で確認された海外感染者のうち、ロシアでの感染者数は英国に次いで2番目に多い。11日午前0時現在の累計で、海外感染患者は英国が282人、ロシアが240人、米国が153人となっている。

★参考情報★
ーーーーーー
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年3月26日上 ニュースサイトの中国新聞網によると、上海市衛生計画生育委員会は25日、前日の24日に海外で新型コロナウイルスで感染した患者19人を確認したと発表した。うち7人は香港と台湾で乗り換えていた。25日午前0時現在、上海市の海外感染者は計94人。また14人が感染の疑いで検査を受けている。(写真は東網のキャプチャー)

 香港で乗り換えた4人は、いずれも英米への留学生。19~21日に現地を出発して香港で乗り換え、21と22の両日に上海の虹橋と浦東の両空港に到着した。台北で乗り換えた3人は、米国から帰国した。

 上海の当局は、海外で感染した19人と同じ便で帰国した濃厚接触者109人を既に特定。集中隔離観察を行っている。

 25日午前0時現在、上海の同ウイルス肺炎の患者は339人。上海で感染した患者はいない。また、24日にイタリアに滞在していた男性(81)が死亡し、死者は5人になった。


★参考情報★
ーーーーーーー
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年1月16日飛 中国上海市を拠点とする上海航空の瀋陽発上海行きFM9194便のボーイング737-800型機が3日、上海浦東国際空港に着陸時、尻もち事故を起こしていたことが15日分かった。機体は損傷したが無事着陸し、けが人はなかった。また、機長らの規則違反も発覚した。当局は、今年は初めての重大事故とみて、各航空会社に注意を促した。ニュースサイトの上游新聞が15日伝えた。

 同便は遼寧省瀋陽市の瀋陽桃仙空港を3日午後6時21分離陸し、同日午後8時34分、上海浦東国際空港に着陸した。同便は、8時21分に1回目の着陸した際、弾みで滑走路上で飛び跳ね着陸をやり直した。まもなく2回目の着陸を行った際、機体後部が滑走路に接触し損傷した。当局は、操縦ミスが原因とみている。

 また、着陸をやり直す際、機長と副機長が席を入れ替わるなどの規則違反があった。また、機長は、操縦時に眼鏡の着用が義務付けられていたが、飛行中は守っていなかった。

 航空専門家によると、尻もち事故は、着陸時の機体の角度が不適切であるなど、多くが人為的なミスが原因で起きている。尻もち事故による機体後部の損傷は、圧力隔壁の破壊などにつながる。尻もち事故後の整備不良が原因で、台湾の中華航空611便や、日本航空JL123便の事故が置き、それぞれ225人と520人が死亡した。


★参考情報★
ーーーーーーーーー
深セン航空機の操縦席窓に亀裂 ハルビンに引き返す
南方航空機で離陸時に火災警報=乗客・乗員146人避難-広東
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ