中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 上海

 22020年10月21日熊ニュースサイトの瀟湘晨報によると、上海市浦東新区のサファリパーク「上海野生動物園」の「猛獣区」で17日午後、男性飼育員(27)がクマの群れに襲われ、全身をかまれるなどして死亡した。管理会社が猛獣区を閉鎖し、当局と協力して、事故の原因を調べている。(写真は百度のキャプチャー)

 観光バスで遊覧中だった目撃者によると、同動物園の猛獣区で、飼育員が複数のクマに引きづられ、かみつかれるのが見えた。付近で工事をしていた作業員がクマを追い払おうとしたが、うまくいかなかった。現場には、衣服と靴だけが残されていた。まもなく警察が現場に到着した。

 香港メディアの東網によると、事故当時、現場付近で工事が行われていたが、ショベルカーが故障し、運転手が規則に違反して車外に出て修理をしていた。飼育員は、運転手に注意しようと、安全確認した後に車から下りた際、クマ1頭に突然襲われ、続いて十数頭に近くの川まで引きづられていったという。

 上海野生動物園は153ヘクタール(ha)。1995年11月に開園した。約200種類の動物約1万頭が飼育されている。行楽客は車で乗り入れ、遊覧する仕組み。

 同動物園では99年11月、バスの運転手が、車の様子を見るため外に出た際、トラ6頭に襲われて死亡した。2006年6月には飼育員がゾウに頭を踏まれて死亡。15年6月には、ゲートの故障のため、遊覧を終えた観光バスなど十数台が外に出られず、約400人が一時猛獣区に立ち往生した。


★参考情報★
ーーーーーーー


このエントリーをはてなブックマークに追加

 22020年9月30日上上海市衛生健康委員会は29日、前日の28日、新型コロナウイルスに海外で感染し発症した新規患者5人を確認したと発表した。うち2人は中国籍の夫婦で、親類を訪問するため日本に滞在していた。25日出発し、同日、上海浦東国際空港に到着、隔離の上で観察を受けていたところ発症した。夫婦との同便に乗っていた濃厚接触者100人が隔離された。上海では連日、海外感染の新規患者の確認が続いている。(写真は東網のキャプチャー)

 28日の新規患者のうち他の3人は、英国での留学生1人とフィリピンでの就労者2人。18日~25日に上海浦東国際空港に到着後、隔離されていた。 

 29日午前0時までに、上海の海外感染の新型コロナ肺炎患者は計655人。604人が退院、51人が治療を受けており、うち1人が重症となっている。感染が疑われる患者も1人いる。

★参考情報★
ーーーーーー
雲南で海外感染の3人を確認 ミャンマーから密入国も
北京への国際航空便の直行再開 8カ国9便で先行
このエントリーをはてなブックマークに追加

 22020年9月28日病香港メディアの東網によると、上海市衛生健康委員は28日、前日の27日に新型コロナウイルスの新規患者10人を確認した。8人がフィリピンで就労、生活していた中国人だった。

 うち6人は24日にフィリピンを出発。同じ便に乗り、韓国を経由して25日、上海浦東国際空港に到着した。別の2人は25日にフィリピンを出発、日本で乗り換えて同じ便で同空港に到着した。いずれも入国後の集中隔離期間中に発症した。他の2人はトルコとニジェールからの入国者で中国籍とヨルダン籍。患者と同じ便に乗っていた、濃厚接触者157人が集中隔離を受けている。

 また、広東省衛生健康委員会も28日、前日に5人の新規患者を確認したと発表した。サウジアラビア、ナイジェリア、タンザニアなどからの入国者だった。また、前日に無症状感染者7人も見つかった。いずれも海外で感染したとみられている。

北京への国際航空便の直行再開 8カ国9便で先行
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年8月26日病 上海市衛生健康委員会は25日、日本から帰国した中国籍の1人を新型コロナウイルスの患者と確認したと発表した。21日に上海浦東国際空港に到着し、集中隔離で経過観察を受けていたところ発症した。同委員会は前日、台湾からの入国者1人について患者と確認したと発表した。この患者は15日に同空港に到着し隔離の上で、観察を受けていた。(写真は東網のキャプチャー)

 同委員会の26日の発表によると、海外で感染し上海で治療中の患者は、同日午前0時現在、74人でうち1人が重症。入国前の滞在国別の人数は、英国が23人、シンガポールが11人、アラブ首長国連邦が10人、フィリピンが6人、日本と台湾は各1人となっている。

 中央社によると、台湾衛生福利部疾病管制署の中央感染症指揮センター(CECC)は25日、上海の当局が新型コロナの患者と確認した台湾からの入国者について、台湾南部で1人暮らしの70代の女性だったと発表した。濃厚接触者33人を特定し14人に検査を行ったが全員が陰性だったという。

 CECCは、女性の感染場所が上海か台湾かは、まだはっきりしないと述べた。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー
北京の新型コロナ、状況好転 「リスク高」1カ所に
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年7月16日上 上海市で14日夜、市内を流れる黄浦江が増水し、水位が道路面を上回ったとのうわさがSNS上に流れた。上海市政府の洪水対策部門は、黄浦江の観測点では警戒水位以下だとして否定している。ニュースサイトの中国青年網が15日伝えた。

 SNS上には「黄浦江の水面は、路面を超えた。水が堤防を超えそうなので、流れる水の量を増やそうと、黄浦江の水門4つ全部を開けた。今年の洪水は状況が厳しい。がんばれ上海」などのメッセージが掲載された。

 上海市の対策部門によると、黄浦江の黄浦江公園の観測所の現在の最高水位は3.01メートルで、警戒水位を1.54メートル下回る。また、例え黄浦江の水位が路面を超えても、洪水防止壁が高いので、危険とは限らないという。

 7月の黄浦江の平均水位は2.85メートル、最高水位は7月7日の4.54メートルで、ほぼ昨年同月並み。黄浦江の過去の最高水位は、1997年8月31日の5.71メートル。最近10年間の最高記録は5.17メートルで、どちらも台風が原因だった。

 上海市水務局の14日の発表では、上海に近い太湖は、連日、警戒水位を超えており、圧力緩和のため上海の水門2カ所を開けた。しかし、同局の責任者は「上海の河川で、警戒水位を超えたところはなく、安全な範囲に収まっている」と述べた。


★参考情報★
ーーーーーーー
湖北で長江が警戒水位超え 当局、長江中下流に警報
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ