中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 上海

2019年5月17日倒 上海市応急管理局によると、16日午前11時20分ごろ、上海市中心部の長寧区昭化路で、自動車修理工場が改築工事中に崩落、作業員25人ががれきに生き埋めとなり10人が死亡した。新華網などが17日伝えた。

 香港メディア東網によると、工場は以前、高級自動車販売会社の上海東馳汽車有限公司が運営していたもので、床面積約3000平方メートル。事故時、作業員の多くが屋根の上で作業中だった。同社は、改築工事と無関係と説明している。
 上海消防救援総隊の消防車24台と150人が出動し救出にあたった。上海市の党・政府が全力で救助を行うよう指示、担当部門が事故原因の調査を始めた。 

 現場近くにいた飲食店の配達員は「大きな音とともにちりが充満し、ものがはっきり見えなくなった。しばらくして建物が倒れたのが分かった。消防車や警察の車が沢山出動してきた」と話している。

 中国では建設作業中に作業員多数が死傷する労災事故がしばしば発生。4月末には河北省衡水市のマンション工事現場で作業用エレベーターが落下し、乗っていた作業員13人が死傷。。3月中旬には、江蘇省揚州市で海底ケーブル用の塔の塗装作業中に足場が崩落し、作業中の11人が死傷した。


★参考情報★
ーーーーーーーーー
建設現場のエレベーターが落下 11人死亡2人重傷 河北
高所作業の足場崩落 作業員6人死亡、5人けが 江蘇
成都双流空港の工事現場で崩落 作業員17人死傷 四川

2019年4月23日車 上海市中心部の徐匯区裕徳路地区のマンション「泰徳華苑」の地下2階の駐車場で21日午後8時ごろ、米テスラのセダンタイプの電気自動車(EV)「Model・S・P85」から突然出火、消防車15台が駆けつけ約1時間後に鎮火した。マンション内の住民が一時避難した。けが人はなかった。蓋世汽車網など22日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 周囲に停車中の自動車2台も類焼した。地下駐車場は刺激臭が充満、消防隊が中に入れず消火活動が難航した。上海市の消防当局などが出火原因を調べている。テスラは22日、スタッフを事故現場に派遣し、当局の調査に協力すると表明した。

 所有者によると、燃えた車は約3年前、販売店の体験運転用の車両を割引で購入した。6万キロ走行したが、まだ保証期間内だった。センサーの故障でドアが開かないトラブルが起きたことがあるという。充電は、炎上の数時間前に終えていた。

 2013年以降、世界ではテスラ車の炎上事件が計14件起きた。しかし、ほとんどは衝突事故の後、発火している。

 テスラは現在、上海で工場を建設中で、中国で販売している車両はすべて輸入車。上海工場は今年夏に完成し、Model・3を生産。20年から本格生産を始める計画だ。


★参考情報★
ーーーーーーーーー


2019年4月19日火 上海市松江区政府の発表によると、18日午前10時10分ごろ、同区洞涇鎮の研磨材・工具製造会社、上海汪力磨料磨具有限公司の工場から出火、約350平方メートルを焼いて約2時間後に鎮火した。2人が死亡、6人がけがした。中国新聞網が18日伝えた。(写真は百度のキャプチャー)

 ネット情報によると、同社は研磨材・工具のほか、包装材料や接着テープ類を製造。消防隊によると、工場内に可燃物が多く、火の勢いが大きかった。消防などが詳しい出火原因を調べている。

 中国では工場の爆発・火災事故がしばしば発生。15日には、山東省済南市歴城区の製薬会社の工場地下室で工事中に火災が発生、作業員10人が窒息死し、従業員12人もけがした3月末には、江蘇省塩城市響水県の化学工場が爆発し約700人の死傷者が出た。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーーー
製薬工場で火災、作業員10人窒息死 12人けが 山東
製薬工場で爆発、8人死傷 周辺で強い刺激臭 江蘇・淮安
700人死傷の化学工業団地でまた火災 けが人なし 江蘇

2019年4月11 日雷 上海市閔行区内の新交通システム「上海軌道交通浦江線」の匯臻路駅構内で9日午後2時ごろ落雷があった。けが人はなかった。事故当時、上海一帯は、強風や豪雨の悪天候だった。上海紙・解放日報(電子版)が10日伝えた(写真は星島日報のキャプチャー)

 ネットに投稿された映像によると、雷はプラットホーム外側の設備に落ち、爆発音とともに炎と煙が上がった。当時、構内や周辺で列車はいなかった。運営会社は一時、列車の減速運転を行った。

 上海では同日午後1時~2時、上空を黒雲が覆い、強風と豪雨に見舞われた。気温も急激に低下した。
 上海ではこのところ、気温が激しく上下する不安定な天候となっている。気象台によると、きょう11日から13日は気温が最高20度まで上昇するが、13日夜以降、再び下降する見通しだ。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーー
 

 2019年2月22日巴21日午前10時ごろ上海市浦東新区の楊高南路地区で「795線」の路線バスのタイヤが突然脱輪、高齢者に連れられ通行中だった男児(3)を直撃した。男児は頭を打ち、近くの病院に運ばれたが間もなく死亡した。地元紙・新民晩報(電子版)が22日伝えた。(写真は百家号のキャプチャー) 

 路線バス会社によると、左側後部のタイヤが突然外れ、道路脇に転がって行った。運転手は「停留所にとまる直前、車両に以上を感じ、スピードを落としたところだった」と話している。

 タイヤは通常、ボルト8本で固定されているが、現場では3本しか見つからなかった。運転手は出発前に車両の点検を行い記録を残していた。警察などが、詳しい事故原因を調べている。

 ニュースサイトの看看新聞によると、事故を起こしたバスは、地元のバス製造会社、上海万象汽車製造有限公司の製品で、市民からはしばしば車両の品質に苦情が出ている。今年1月には、「572線」を走る同社製バスが発火する事故を起こし、市当局が車両の全面点検を行ったばかりだった。 

 市当局者によると、路線バス会社の間では、費用節約のため車両の保守を怠るケースが目立つという。今回の脱輪事故を受け市当局は各社に対し、車両の点検を直ちに行うよう求めた。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーー



↑このページのトップヘ