中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 江蘇

2019年10月28日滑 江蘇省無錫市内の江陰市応急管理局は27日、市内華士鎮の「華西世界探検公園」のガラス製滑り台で国慶節の連休中の今月1日、行楽客多数が投げされて、周囲の森林に転落する事故が起きたことを明らかにした。鎮政府によると、けが人が出て治療を受けている。しかし、上級の江陰市政府などは詳しい状況を発表していない。事故当時、現場では大雨が降っていたという。香港メディアの東網が27日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 けが人の家族は「あれだけ大雨が降っていたので、滑り台を閉鎖していれば、事故は起きなかった」と述べ、公園の管理者を批判した。居合わせた観光客は「雨が大きくなったので雨宿りをした。滑り台には多くの客がいた」と話している。

 別の観光客によると、滑り台の終点近くに鉄板があり、最初に降りてきた客が衝突し、続いて他の客が次々にぶつかった。また、あとから来た客10数人が速い速度で下ってきて、林の中に突っ込んだ。事故後、係員から、スマートフォンなどに記録した事故の映像や写真を、削除するよう求められたという。

 中国では、遊園地などに置かれた長大な滑り台で、事故がしばしば起きている。今年5月には、四川省成都天府新区の遊園地の滑り台から行楽客14人が転落し、2人が死亡、12人がけがした。昨年7月には、湖北省黄岡市英山県の景勝地に設置された滑り台で、行楽客同士が衝突し、25人重傷を負った。

★参考情報★
ーーーーーーーーー

2019年10月15日錫 ニュースサイトの鳳凰網によると、江蘇省無錫市錫山区の鵞湖鎮にあるレストラン「秦園小籠」で13日午前11時ごろ、爆発があった。食事客らが病院に運ばれ6人が死亡、10人が重軽傷を負った。(写真は東網のキャプチャー)

 香港メディアの東網によると、消防車と救急車21台が急行。消防隊員ら100人以上が、ショベルカー4台も使って、他に被害者がいないか捜索活動を行った。原因は調査中だが、ガス爆発の可能性がある。

 レストランは3階建てのビルの1階。商店街の一角で、上階は住宅となっている。レストラン内はむちゃくちゃに壊れてキャビネットなどが倒れた。2、3階の住宅もガラスが割れたり、エアコンが落ちるなどの被害が出た。

 レストランは、小籠包(ショウロンポウ)や麺類を出す小規模な店。事故当時、店内は食事客らでほぼ満員だった。調理にはボンベ入りのガスを使っていた。

 中国で飲食店のガス爆発がしばしば発生。8月には遼寧省北票市にある飲食店で、爆発があり、4人が死亡、16人が重軽傷を負った。昨年8月には、遼寧省瀋陽市皇姑区のレストランで爆発があり、隣の事務所で勤務中の30歳代の女性1人が死亡、10人がけがした。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーー
飲食店でLPガス爆発 4人死亡16人重軽傷 遼寧
高層マンションでガス爆発 住民2人死亡 黒竜江
串焼きレストランで爆発 隣の事務所で女性1人死亡、10人けが LPガス漏れか瀋陽

 2019年10月11日橋江蘇省無錫市錫山区の国道312号線上で10日午後6時10分ごろ、別の幹線道路「錫港路」を跨ぐ道路橋が突然横転し、橋下の乗用車3台を押しつぶした。事故当時、道路橋の上では乗用車3台とトラック2台が走っていた。当局によると、つぶれた3台のうち、2台に乗っていた3人が死亡、他に2人がけがした。ニュースサイトの央視網が伝えた。(写真は東網にキャプチャー)

 交通運輸省が専門家チームを現場に派遣。無錫市政府も事故調査チームを立ち上げた。当局によれば、橋を通行中のトラックが過積載で、重みで橋が横転したとみられる。

 香港メディア・東網によると、現場では積荷とみられる1箱28トンの鋼板コイル4箱が落ちていた。いずれも日照鋼鉄控股集団(山東省日照市)の製品だった。橋は着工からわずか22カ月で2005年6月に完成し、政府の鑑定で「優良」と評価されていた。

 救助隊は、重機で横転した橋を壊して除き、押しつぶされた車を見つけ出した。隊員が鉄筋を切断する作業を行ったため、周囲には黒煙と刺激臭が漂った。


★参考情報★
ーーーーーーーーー
道路橋が突然崩落 車2台転落、2人の遺体発見 広東

2019年10月4日火 中国紙・新京報(電子版)によると、江蘇省淮安市漣水県公安局は、3日午後1時29分、同県の「梁岔工業集中区」にあるプラスチック製造業の淮安市欣易佳科塑料技有限公司で火災が発生したとの通報を受けた。消防隊が急行し約3時間半後に鎮火したが、従業員とみられる6人が死亡した。消防などが出火の原因を調べている。

 香港メディアの東網によると、火災が起きた建物は3階建て。火の回りが早く、出火後まもなく建物全体が炎に包まれた。黒い煙が高く上がり、数百メートル離れた場所からはっきり見えたという。

 同社は昨年5月の発足。ウォールステッカーなどプラスチック製品の販売などを行っている。

 中国各地で工場の火災が続いている。9月末には、浙江省寧波市寧海県の化学品工場で、爆発とともに火災が発生し、死者は19人に上った。7月末には遼寧省葫蘆島市で作業員2人が死亡。今年3月には、江蘇省塩城市響水県の化学メーカーで78人が死亡、566人が重軽傷を負った。


★参考情報★
ーーーーーー
化学工場で爆発炎上、19人死亡 日用化学品を製造 浙江

 2019年9月30日巴江蘇省宜興市公安局によると、同市内の長春-深セン高速道路で28日午前7時ごろ、大型バスが中央分離帯を突っ切って対向車線に入り、走って来たトラックと正面衝突した。バスとトラックの36人が死亡、36人が重軽傷を負った。地元メディアが伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 警察によると、大型バスの左前輪がパンクしたことが事故原因とみられるという。バスには69人、トラックには3人が乗っており、全員が死傷した。

 江蘇省と宜興市の上級の無錫市が、現地に医療チームを派遣。応急管理省、公安省、交通運輸省など中央政府の各部門が専門チームを現地に送り、事故の処理や原因の捜査を指揮している。

 中国では多数が死傷するバスの事故が頻発している。10日には、吉林省琿春市内の一般道路で、中型の観光バスが横転し、乗客と運転手29人が死傷した。8月末には広東省陽江市内の高速道路で長距離路線バスが横転し18人が死傷。7月には、広西チワン族自治区大桂山地区の高速道路で、19人が死傷した。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーー
中型観光バスが横転 5人死亡24人けが 吉林
高速道路で長距離路線バス横転 7人死亡11人けが 広東
高速道路で長距離バス横転 5人死亡14人けが 広西

↑このページのトップヘ