中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 江蘇

2019年7月18日常 江蘇省常州市中心部の幹線道路である晋陵中路と労働西路の交差点近くで17日午前10時47分ごろ、乗用車1台が自転車専用レーンを暴走し、走行中などの電動バイクを次々にはねた。電動バイクの運転手ら13人がけがして病院に運ばれたが、うち3人が死亡した。ニュースサイトの環球網が17日伝えた。(写真は百度のキャプチャー)

 警察は乗用車を運転していた男(35)を拘束し、取り調べている。飲酒や違法薬物を使った形跡はない。乗用車は、運転中に急に方向を変え自転車レーンに突入。車道との間を隔てる鉄製のフェンスを倒しながら暴走を続けた。最後は信号待ちしていた電動バイクの列に突っ込み止まった。

 香港メディアの東網によると、男は自動車修理工場の従業員で、修理が終わった自動車を引き渡すため、持ち主の元に向かっていた。

 中国では運転ミスで車の暴走事故が頻発している。6月には四川省自貢市で乗用車が歩道に乗り上げ、通行中の5人が死傷した。5月には広東省広州市中心部の交差点で、赤信号を無視した乗用車が交差点に突入して歩行者と車にぶつかり、13人が重軽傷を負った。同じ月、深セン市中心部の南山区で乗用車が通行人を次々とはね3人が死亡する事故が起きた。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーーー
乗用車が歩道暴走 1人死亡、4人けが 四川
赤信号無視の車が交差点突入 歩行者ら15人重軽傷 広州
深セン中心部で乗用車暴走 歩行者はね3人死亡

2019年7月10日僧 博訊新聞網によると、江蘇省常州市の仏教寺院「三聖禅寺」の僧侶11人が、隣接する化学工場をめぐるトラブルにより公務執行妨害容疑で拘束され、うち2人の初公判が9日、同市の裁判所で行われた。(写真は星島日報のキャプチャー)

 香港紙・星島日報(電子版)によると、11人は昨年11月末、隣接する化学品製造会社、常州市武進宏運有機化工有限公司が、寺院前の道路に下水管を埋設しようとしたのを阻止しようとして警官と衝突。同容疑で拘束され一部が起訴された。衝突の際、警官と補助警官計3人がけがしたという。

 弁護人によると、僧侶は、同社が道路を掘削しているのを見つけ、工場の廃水を流すための下水管を違法に埋めようとしていると推測。直ちに同市環境保護局や宗教局に連絡した。しかし、同社が作業を続けたため、僧侶が建設機械を壊すなどして作業を妨害したところ、警察官が駆け付け器物損害容疑で出頭を命じた。

 博訊新聞網によると、寺院側は、化学工場が密かに汚水を周辺に捨てており、環境汚染が起きていると主張。会社側は、設置した下水管は生活排水用だと説明している。

★参考情報★
ーーーーーーーー



 江蘇省泰興市の造船会社、江蘇揚子キン(森の形に金が3つ)福造船有限公司のドックで、門型クレーンが転倒し、作業中の3人のうち1人が死亡、1人がけがした。澎湃新聞が10日伝えた。

 泰興市党委員会宣伝部によると、吊り下げた物が重すぎたことが原因とみられる。同市応急管理局によると、市トップが事態を重く見て、担当部門の係官を現場に急行させた。現在、事故原因の調査を進めている。

 造船会社は、民営中国最大の造船会社で、「造船王」任元林氏が率いる揚子江船業集団公司の傘下。資本金は9000万ドル。高性能船と海上エンジニアリングマシンの製造、設計、部品製造を行っている。

 中国では建設工事現場でクレーンの転倒事故がしばしば発生。今年3月には、湖南省ゲン(さんずいに元)江市中心部のビル建設工事現場で操作員と作業員の2人が死亡した。2月には安徽省銅陵市で作業員3人、昨年12月には四川省雅安市と陝西省漢中市で作業員計5人が亡くなった。


★参考情報★
ーーーーーーーーー
建設現場でクレーン横転 操作員ら2人死亡 湖南
撤去作業中のクレーン横転 作業員5人死傷 湖南
工事現場でタワークレーン転倒 操作員ら2人死亡 四川

 江蘇省常州市武進区の鍛造部品メーカー、常州龍泰鋳造有限公司で26日午前11時9分ごろ、工場建屋の屋根が崩落し、作業員17人のうち2人が死亡、15人が重軽傷を負った。悪天候が原因とみられる。ニュースサイトの東網が伝えた。

 武進区党委員会宣伝部によると、救助活動は26日夜までに終わった。地元政府は対策チームを現地に派遣し、事故原因の調査を始めた。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーーー
酒場の屋根崩落=2人死亡、83人重軽傷-広西

2019年5月23日化 江蘇省泰州市の化学原料メーカー、泰州東聯化工の工場で22日午前4時40分ごろ火災があり、消防が急行して約3時間後に鎮火した。けが人はなく、環境汚染物質の流出も確認されなかった。中国新聞網が22日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 泰州市応急管理局によると、出火場所は「脱プロパン塔還流タンク」と呼ばれる設備で、中身が漏れて火が着いた。工場は直ちに操業を止め、装置の上下のバルブを閉じるなどして対応した。

 中国では化学工場での爆発・炎上事故が頻発。内モンゴル自治区ウランチャブ市のPVC(ポリ塩化ビニール)工場で4月末爆発があり、3人が死亡、5人が重軽傷を負った。3月末には、江蘇省塩城市響水県の化学工場が爆発し約700人の死傷者が出た。


★参考情報★
ーーーーーーー
PVC工場で未明に爆発 従業員3人死亡5人けが 内モンゴル
大連の化学工場で爆発 3000平方メートル焼く 遼寧
松江区の研磨材工場で火災 2人死亡6人けが 上海 

↑このページのトップヘ