中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 内モンゴル

 2019年6月21日大ニュースサイトの新京報によると、内モンゴル自治区の大興安嶺森林区で19日午後12時35分ごろ、山火事が発生しているのが見つかった。同森林区の阿龍山林業局は、落雷が原因とみている。また、消火作業を指揮していた根河林業局の副局長が死亡した。(写真は百度のキャプチャー)

 応急管理省森林消防局によると、20日午後までに同森林区北部に約3500人が出動し消火活動にあたっている。両林業局によると、現場では主にシナアカマツや低木が燃えている。周辺は高温で濃煙に覆われ、風向きがしばしば変わるため、消火活動が難航しているという。

 犠牲となった副局長は、19日に前線で火災状況の確認作業などを指揮していたところ、突風で倒れてきた、焼けた木に当たって重傷を置い、20日早朝に死亡した。

 別のニュースサイト、正北方網によると、大興安嶺森林区では今年、雨を伴わない雷が頻発。18~19日に3450回の雷が観測された。降雨量は平年に比べ最大2割少ない一方、気温は最大1度高い。このため雷による山火事がしばしば起きていた。

 中国の東北や西南地区は今年、干ばつのため山火事が頻発。3月には、四川省涼山州木里県で山火事があり、消火活動中の森林消防隊員ら計30人が死亡した。遼寧省瀋陽市では4月、渾南区の景勝地、棋盤山で山火事が発生、消防隊員ら数千人が出動して消火に当たった。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーー
東北、西南など各地で干ばつ 雲南は58年間で最悪 

 香港メディアの東網によると、25日午後3時半ごろ、内モンゴル自治区通遼市開魯県で男が拳銃で5人を射殺した。その後、追跡中の警察官に取り押さえられた。

 警察などによると、男は40代。市内の勤務先のセメント工場で2人、近くの仏具店で2人、建築材料市場で1人をそれぞれ殺した。5人は男の知り合いとみられる。警察が詳しい事情を調べている。

 米公共放送ボイス・オブ・アメリカによると、中国では銃器の所持が厳しく規制されており、銃撃事件は比較的まれ。当局も銃撃による死者の統計を発表していない。

 報道によると、2017年1月には四川省攀枝花市で、市政府職員が会議中の幹部を銃で襲い、市長と党書紀をけがさせた後に自殺した。また、同年11月に広東省で起きた銃撃事件では3人が死亡、6人がけがした。
 通遼市では昨年1月に起きた銃撃事件で1人が死亡。16年7月にも警察派出所の副所長が撃たれて死亡した。

★参考情報★
ーーーーーーーー
小学校侵入し副校長射殺 夫婦げんかのもつれ 地元の男を指名手配 広東

2018年12月17日毒 内モンゴル自治区赤峰市紅山区政府によると、鉄鋼製品メーカー、赤峰遠聯鋼鉄有限責任公司の工場で15日午後6時ごろガス漏れ事故があり、従業員17人が中毒しうち4人が死亡した。中国新聞網が16日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 赤峰市と紅山区の幹部が現場に急行、処理を指揮した。当局が事故原因の調査を始めた。

 中国では工場からの有毒ガス漏出による死傷事故が頻発。。今年11月には、山西省呂梁市の鉄鋼製造会社で燃料用ガスが漏れ、周辺住民17人が中毒し1人が死亡した。同月、黒龍江省ハルビン市の冷凍食品製造会社でアンモニアガスが漏れ、工員12人が中毒し病院に運ばれた。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーー


2018年8月15日疫 内モンゴル自治区通遼市ホルチン区政府は14日、炭そ病に感染した疑いのある住民が計16人に増えたと発表した。同区政府の動物伝染病部門などは、ワクチン1万ミリリットルを急きょ調達し、牛と羊4006頭に接種した。ニュースサイトの央視新聞が14日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 同区は12日、炭そ病のため牛9頭が死に、8人が皮膚に感染したと発表しており感染が拡大しているもようだ。同区では7日、炭そ病に感染した牛を確認。13日夜までに29頭が死んだ。住民の感染者16人は、通遼市と吉林省長春市の伝染病病院に隔離され、治療を受けている。また、感染者と濃密な接触があった66人についても隔離し、地元政府が観察を続けている。

 ホルチン区政府は12日、感染者が出た大林鎮勝利村から5キロ以内を封鎖し、住民の出入りを禁じた。住民によると、当局が各戸で消毒作業を行っている。

 黒龍江省佳木斯市樺南県でも羊に炭そ病が流行し、8日までに225頭を処分した。1人が感染した疑いが持たれている。河南省鄭州市では8日、豚8頭の口蹄疫感染を確認。3日には遼寧省瀋陽市瀋北新区で、家畜伝染病「アフリカ豚コレラ」の感染が中国で初めて確認されるなど、このところ中国では家畜伝染病の報告が相次いでいる。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーー

 2018年8月14日牛内モンゴル自治区通遼市ホルチン区の動物伝染病応急指揮部は12日、炭そ病のため牛9頭が死に、8人が皮膚に感染したと発表した。中国新聞網が13日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 同部によると、ホルチン区では7日以降、原因不明の病死牛が見つかり、検査したところ炭そ病と確認できた。皮膚に感染した8人は、入院し治療を受けているが病状は安定しているという。

 地元政府は緊急対応策を発動し、農業・牧畜、衛生、食品・医薬、工商行政、警察が関連地域に展開して必要な対策を行った。炭そ病が発生した村落では消毒作業が完了し、病死牛も安全な処理を終えた。

 炭そ病は人畜共通感染症で、牛や羊など草食動物がかかりやすい。ヒトの炭そ病はほとんどが皮膚感染で、家畜の皮や毛を通じて感染する。当局は、病死した家畜を食べたり触ったりしないよう呼び掛けている。

 黒龍江省佳木斯市樺南県でも羊に炭そ病が流行し、8日までに225頭を処分した。1人が感染した疑いが持たれている。


★参考情報★
ーーーーーーーー

↑このページのトップヘ