中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 山西

 ニュースサイトの封面新聞によると、山西省左権県の大手石炭会社「山西ロ(さんずいに路)安集団・左権阜生煤業」の炭鉱で20日午前2時ごろ、地下坑内でガス爆発が起き作業員4人が死亡、1人がけがした。山西省当局によると、救助作業は終わり、原因の調査が行われている。

 同社は2017、18の両年、廃石の防火対策の不十分と、廃石場の建設に規則違反があったとして行政罰を受けた。今年9月にも、坑内エレベーターが定期点検をしていなかったことや、除却済みの機器が使われていたとして、再び行政罰を受けた。

 炭鉱は、山西ロ安集団の重要事業として総投資額7億7900万元(123億円)で開発が進められている。年間生産能力は120万トン。ガス突出の恐れがある炭鉱とされていた。

 中国では炭鉱の死傷労災事故が頻発。9月末には、重慶市キ(其の下に糸)江区の国有炭鉱で一酸化炭素中毒事故があり、17人が死傷。昨年12月にも、貴州省黔西南プイ族ミャオ族自治州の炭鉱で、「ガス突出」事故があり、作業中だった14人が死亡した。

★参考情報★
ーーーーーー
山西の炭鉱でガス爆発 15人死亡、9人けが
このエントリーをはてなブックマークに追加

22020年10月2日山 ニュースサイトの澎湃新聞によると、山西省太原市迎沢区の遊園地「台駘山滑世界」にある屋内施設で1日午後1時4分ごろ火災が発生した。消防などが急行して消火作業と行楽客らの救出を行ったが、13人が死亡、15人がけがして病院に運ばれた。当局が事故原因の調査を始めた。(写真は東網のキャプチャー)

 火災が起きたのは「氷の彫刻館」で面積3200平方メートル。黒竜江省ハルビン市の業者がつくった氷の彫刻約400点が、通路に沿って並べられていた。

 目撃者によると、火災発生後も炎は見えず、施設内はすぐ濃い煙が充満した。施設は室内の低温を保つため断熱材が大量に使われており、これが燃えた可能性がある。また、関係者は、電気系統が火元とみている。

 台駘山滑世界は、地元の台駘山滑世界農林生態游楽園が経営。敷地面積は約130ヘクタール(ha)。各種アトラクションや博物館、飲食施設などが建てられている。

 人民網によると、国務院(中央政府)も事故を重視。国務院安全生産委員会と応急管理省に14チームをつくらせ、全国各地に派遣して、遊園地や大型観光施設の検査を始めた。

 運営会社は2019年4月、地元の山林や村の共有地を不法占有したとして、地元当局から罰金34万元の支払いを命じられている。

★参考情報★
ーーーーーーー
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年8月31日崩ニュースメディアの新京報によると、山西省臨汾市襄汾県のレストラン「聚仙飯店」で29日午前9時40分ごろ、ホールの屋根が突然崩落し、高齢者の誕生日を祝う宴会に集まっていた客が生き埋めになった。消防などが急行して救助活動を行い、57人が助け出されたが29人が死亡、7人が重傷、21人が軽傷を負った。

 当局によると、建物は地下1階、地上2階建て。もともと平屋だったが、後に2階を建て増した。1階が先に崩れ落ち、2階部分も崩れたという。当局が詳しい事故原因を調べている。

 山西省政府は、直ちに全省で、多数の人が集まる建物などの安全点検を行い、結果を報告するよう関係機関に支持した。国務院(中央政府)も、事故調査のため専門チームを結成した。

 香港メディアの東網によると、事故当時、地元の高齢男性(80)の誕生日を祝う宴会が行われ、親類や近隣の住民が集まっていた。男性は事故後、住民の前でひざまずいて謝罪した。男性の妻も事故で死亡したという。

 中国では建物が突然崩落する事故がしばしば発生。4日には、黒竜江省ハルビン市道里区で4階建ての倉庫が突然崩落し、7人が死亡。作5月には広西チワン族自治区貴港市覃塘区の木材加工会社の工場が崩落し、29人が死傷した。

★参考情報★
ーーーーーーー
木材加工工場が倒壊 作業員2人死亡、27人けが 広西
新型コロナ隔離用のホテル崩落、10人死亡 22人生き埋め 福建
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年4月10日爆  ニュースサイトの中国新聞網によると、山西省応急管理庁は9日、同日午後2時ごろ山西省太原市万柏林区のクレーン製造会社「太原重工起重機支社」の「組立第一工場」で爆発があり、作業員1人が死亡、6人がけがした。当局が事故原因を調べている。(写真は東網のキャプチャー)

 目撃者の1人は中国紙新京報に「作業員が溶接作業をしていたところ、近くで爆発が起きた」と話している。

 工場は大型クレーンや運搬機の製造を行っている。敷地面積8万平方メートルで、溶接作業場や組立作業場などがある。

 中国では2日も、遼寧省葫蘆島市の化学工場で爆発があり、作業員8人が死傷、3人が行方不明となった。1月17日は貴州省福泉市の溶剤メーカーで爆発があり、従業員2人が重軽傷を負い、1人が行方不明になった。

★参考情報★
ーーーーーーー
化学工場で爆発、1人不明2人けが 周辺住民が避難 貴州
珠海で石化プラント爆発炎上 けが人なし、過去に火災歴 広東
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年11月21日炭中国紙・北京日報(電子版)によると、石炭会社、山西省平遥峰岩煤焦集団傘下の二畝溝煤業有限公司の炭鉱で18日午後1時50分ごろガス爆発事故があり、15人が死亡、9人がけがした。事故を起こした炭鉱は、環境保護や労災防止の法規に違反し処罰された前歴があった。山西省政府は、違法操業が事故につながった可能性があると指摘した。

 央視新聞によると、事故当時、坑内では34人が働いていた。事故後まもなく18人が救助され5人が病院に運ばれた。19日早朝に、残り16人が救出された。

 山西煤鉱安全監察局、山西省応急庁などが事故調査チームを立ち上げ、原因を調べている。これまでのところ、多数カ所で同時に採掘が行われている上、通風が悪く、ガスがたまって何かの火花により爆発につながったとみられる。

 香港メディアの東網によると、中国では大規模な炭鉱事故が続発しており、今回の事故は最近半年間で5件目。死者は43人に上った。10月には、四川省瀘州市で落盤事故により7人が死傷、広西チワン族自治区河池市南丹県では高温と有毒ガスで11人が死亡。8月2日は、河北省唐山市の唐山鉱業分公司で7人が死亡した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ