中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 山西

 2019年3月18日崩山西省臨汾市の郷寧県棗嶺郷で15日午後6時ごろ、谷に面した崖沿いの地面が、上に乗る建物ごと崩落し、住民7人が死亡、13人がけがし、13人が行方不明になっている。ニュースサイトの央広網が16日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 山西省消防総隊や警察など約850人が出動し、救助活動を行った。谷の斜面はもろく、二次災害の恐れがあるほか、壊れた建物と土砂が入り混じり捜索が難航しているという。

 中国新聞網によると、崩落した建物は、6世帯と8世帯が入る診療所と信用組合の家族寮各1棟と公衆浴場1カ所。建物の片側は谷に近く、土砂とともに崩落した。うち1棟はほぼ原形を保ったまま数十メートル下に落ちた。他の建物はめちゃくちゃに壊れ、残骸が谷の斜面に散乱した。

 現場は、陝西省の東隣で、黄土の台地と谷が入り組む地形が広がっている。台地の縁側ではしばしば崖崩れが起きている。山西省では2018年5月にも、陝西省に近い呂梁市離石区で集落近くの山が崩れ、民家が倒壊して9人が死亡した。

2019年1月16日化 山西省長治市ロ(さんずいに路)城区の化学原料製造業、ロ城市天元再生資源有限公司の工場で14日午後9時58分ごろ爆発と火災が起きた。少なくとも従業員2人が死亡した。また、爆発後、有毒化学品のニトロベンゼンが工場内に漏出した。山西青年報(電子版)が15日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)」

 地元消防局は、消防車12台を出動させて消火に当たり、翌15日午前3時11分ごろ鎮火した。当局は、生産設備から爆発が起きたことを確認しており、さらに詳しく原因を調べている。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーーー

2018年8月17日瓦 山西省呂梁市政府の発表によると、同市文水県の鉄鋼製造会社、山西文水海威鋼鉄で15日午前5時30分ごろ燃料用ガスが漏出し、周辺の集落の住民が体の不調を訴えた。17人が中毒して病院に運ばれ、1人が死亡した。ニュースサイトの澎湃新聞などが伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 ガス漏れは約2時間後にはとまった。事故当時、集落には373人がおり、地元政府が安否の確認を急いだ。入院した17人とは別に、住民123人が検査を受けたが、異常は見られなかった。17人は一酸化炭素中毒のような症状だったという。

 同社は1985年9月に設立。鉄鉱石の鉱山を持ち、採掘から製鉄、製鋼、圧延まで一貫して行う。。年産能力は鋼鉄365万トン、熱延鋼板370万トン。工場内に高炉ガス発電設備を備えている。

 中国では工場からの有毒ガス漏出がしばしば発生。今月8日には黒龍江省ハルビン市松北区の冷凍食品製造会社で、冷凍装置からアンモニアガスが漏れ、工員12人が中毒し病院に運ばれた

★参考情報★ ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
冷凍食品工場でアンモニアガス漏れ 工員12人が中毒 周辺住民が一時避難 ハルビン

2018年5月1日土 30日午前4時57分ごろ山西省呂梁市離石区で、集落近くの山が崩れて民家が倒壊し9人が死亡した。付近は200~300人が住んでいたとみられ、犠牲者が増える可能性がある。中国新聞社が1日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 地元政府は、消防、警察など約100人と重機4台などを現地に派遣し救助活動を進めている。

 香港メディアの東網によると、呂梁市では近年山崩れが頻発している。2011年4月には離石区で、石炭の採掘が原因で山が崩れた。13年8月には同市石楼県で2日連続で山が崩れ、8人が死亡した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーー

2018 年4月3日alumi 山西省永済市のアルミ合金メーカー、永済市雲海ロ業有限公司(ロは金へんに呂)の工場で3日午前零時ごろ爆発があり、従業員3人が死亡、3人が負傷した。新華網が3日伝えた。

 地元政府は、アルミの鋳塊を製造する作業中にミスがあったと発表した。香港メディアの東網によると、負傷した従業員は「当局は、工場の検査を日中しか行っておらず、夜のめちゃくちゃな様子を見ていない」と話しており、生産秩序の乱れが事故につながった可能性がある。

 地元政府は、調査チームを結成し事故原因の究明を始めた。また、市内の工場を対象に今後3カ月間の予定え、安全状況のいっせい点検を始めた。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


↑このページのトップヘ