中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 山東

 22020年11月20日通山東省泰安市公安局の19日の発表によると、18日午前9時ごろ、京台高速道路で乗用車3台が衝突し、4人が死亡、2人がけがした。ニュースサイトの瀟湘晨報によると、死者のうち2人は、出張中の泰安市寧陽県政府の幹部、2人は企業関係者だった。

 警察によると、事故当時路面が濡れており、スリップした可能性がある。警察などが事故原因を調査している。
乗用車が歩行者はねる 4人死亡1人けが 重慶
横断中の歩行者に車突入 5人死亡9人けが 上海
このエントリーをはてなブックマークに追加

 米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、中国山東省済南市の当局は14日、ブラジルとボリビア、ニュージランドから輸入した牛肉加工品と包装材から新型コロナウイルスを検出したと発表した。他の2省の省都でも、アルゼンチンから輸入した豚肉で包装材から同ウイルスが見つかった。

 世界保健機関(WHO)は、冷凍食品が新型コロナウイルスに汚染されるリスクは低いとしている。しかし、中国では輸入冷凍食品から同ウイルスが検出されるケースが相次いでおり、当局が検査の強化の加えて、輸入停止の措置を実施している。

 省都2都市は、河南省鄭州市と西安市。冷凍豚肉の包装材から同ウイルスが検出されたが、両者の関連ははっきりしていない。うち鄭州市では、山東省青島市経由で輸入された冷凍豚肉24トンから見つかった。
 中国ではこのほど、山東省、江蘇省でアルゼンチン産牛肉、湖北省武漢市ではブラジル産牛肉で、それぞれ包装材から同ウイルスが検出された。

★参考情報★
ーーーーーー
中国当局、輸入食品に警戒 新型コロナ流入の恐れ
このエントリーをはてなブックマークに追加

22020年10月14日青 山東省青島市で、新型コロナウイルスの感染拡大が続いている。国家衛生健康委員会の14日の発表によると、前日に同市で確認された新規患者は6人だった。同委員会は、青島市に感染拡大防止の指導チームを派遣。市当局は各住宅地でPCR検査を進めている。(写真は博訊新聞網のキャプチャー)

 博訊新聞網などによると、青島市当局は5日内に住民900万人の検査を終えるよう指示した。中国で人口1000万人クラスの都市で、全市民の検査が行われるのは、2月の湖北省武漢市以来となる。13日午前8時までに307万8528人の検査を終えたが、この中から陽性者は出ていない。 

 青島市は、感染者の濃厚接触者144人を特定して隔離した。うち9人が陽性だったが、その他は陰性だった。濃厚接触と濃厚に接触していた207人も隔離して検査したが、全員が陰性だったという。

 香港メディアの東網によると、新規患者の1人はタクシー運転手で、市民から感染拡大を懸念する声が上がっている。当局は運転手の濃厚接触者52人を隔離し、2回検査を行ったが、いずれも陰性だった。

★参考情報★
ーーーーーーー
青島港の作業員2人、新型コロナ無症状感染
このエントリーをはてなブックマークに追加

 22020年9月25日青ニュースサイトの中国網によると、山東省青島市の保健当局は、青島港の港湾会社、青島港大港支社で作業員の定期検査を行った結果、貨物の積み下ろしをしていた2人が新型コロナウイルスの無症状感染者であることを確認したと発表した。濃厚接触者132人を隔離し、129人の検査を終えたが全員が陰性だった。(写真は東網のキャプチャー)

 無症状感染者の2人は40歳と45歳の男性。いずれも青島港で輸入冷凍水産品を船から下ろす作業をしていた。40歳男性は妻、長男と同居していたが、どちらも陰性。45歳男性は寮に住んでおり、同室者2人は陰性だった。

 濃厚接触者の濃厚接触者129人、一般接触者や同じ住宅地区の住民4341人を特定し、検査を進めているが、これまでに陽性者は確認されていない。

 2人が取り扱った輸入冷凍水産品は封鎖され、市中には流通していない。水産品のサンプル1440点を調べたところ、一部から新型コロナの陽性反応が出た。

★参考情報★
ーーーーーーー
輸入冷凍食品で新型コロナ陽性反応相次ぐ 人の感染はなし
輸入冷凍水産品の包装に新型コロナ 大連経由で山東に
このエントリーをはてなブックマークに追加

22020年9月25日爆 山東省済南市の建設材料会社、済南三合建園建築材料で24日午後0時半ごろ、高温高圧加工装置の「オートクレーブ」が爆発し、作業員2人が死亡、3人がけがした。当局が事故原因を調べている。地元メディアの山東商報が同日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 ネット情報によると、工場は幹線道路沿いにあり、爆発で路面にがれきが散乱。近くにガソリンスタンドがあったが無事だった。この会社は2011年の設立で、軽量気泡コンクリート製のブロックを製造販売している。

 中国では新型コロナウイルス感染拡大が抑え込まれ、各地の工場が操業再開後、爆発や火災事故が頻発している。今月6日には、甘粛省白銀市にあるアルミ材メーカーの鋳造工場で爆発事故があり、作業員3人が死亡、7人がけがした。8月には湖北省仙桃市と浙江省紹興市で工場の爆発事故が相次いで発生し、計13人が死傷、4人が行方不明になった。

★参考情報★
ーーーーーーー
湖北と浙江で工場爆発事故 13人死傷、4人不明
医薬中間体工場で爆発と火災 従業員4人死傷-浙江
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ