中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 天津

22021年1月15日津 天津市浜海新区・天津空港経済区にある韓国系の自動車部品メーカー、天津捷喜愛汽車零部件(天津捷喜愛)で14日午後0時50分ごろ、爆発が起きた。当局によると、1人が死亡、7人がけがした。人民網が14日伝えた。

 天津市浜海新区応急管理局と天津市保税局消防救援支隊が救助隊員らを現場に派遣。消火や救助活動を行わせ、まもなく現場でがれきに閉じ込められた2人を救出した。爆発の原因についての調査も始めた。

 市政府の幹部は、事故原因の調査と責任者の調査を行う用指示。市内の工場などに対する点検を行うよう求めた。 

    経済紙、中国経営報によると、爆発はガスが原因とみられる。同社は4カ月前の昨年9月にも、安全操業の法規に違反したとして天津保税区応急管理局から3万元(約48万円)の罰金支払いを命じられた。


 天津捷喜愛は複数の韓国企業が出資し、2005年8月の発足。工場の敷地面積は3万4000平方メートル。主に自動車用のホイールを製造している。韓国現代自動車グループの物流会社、現代グロービス傘下のタイヤメーカー、天津格羅唯視輪轂のホイールの70%を供給している。

★参考情報★
ーーーーーー
化学工業の労災事故の死者、1~11月は157人 中国
製薬工場排水処理施設で爆発 6人けが、2人不明 江西
このエントリーをはてなブックマークに追加

22020年11月19日津 天津市衛生健康委員会は18日、前日の17日に新型コロナウイルスの新規患者1人と無症状感染者2人を確認したと発表した。新規患者1人と無症状感染者1人は、物流団地「天津楊北物流園」の運搬作業員、無症状感染者1人は別の無症状感染者と、集合住宅の同じ棟に住んでいる。(写真は東網のキャプチャー)

 運搬作業員の新規患者と無症状感染者は40歳と37歳の男性で、いずれも天津市浜海新区の集合住宅に在住。いずれも別の無症状感染者の同室者だった。もう1人の無症状感染者1人は女性(33)で、この集合住宅の同じ棟に住んでいる。

 新華網によると、天津市当局は、この集合住宅がある天津市浜海新区・東疆保税港区の住宅地区「瞰海軒小区」を19日午前0時から、新型コロナの「リスク中」に指定した。天津市の他地域のリスク等級に変化はない。

 香港メディアの東網によると、新型コロナ患者と無症状感染者の運搬作業員2人は、食品加工会社、天津海聯冷凍食品の冷凍食品に接触していた。天津市当局は17日、輸入冷凍食品による新型コロナ感染拡大を防ぐため、消毒方法などを定めたガイダンスを公布。冷凍食品の包装材のほか運搬具などの消毒も命じた。

★参考情報★
ーーーーーーー
中国天津で新型コロナ無症状感染者 前日には発症者
中国・天津で新型コロナ1人感染 倉庫で作業、貨物から感染
このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュースサイトの澎湃新聞によると、中国天津市の新型コロナウイルス対策本部は8日、同市浜海新区の「中新天津エコシティー」にある低温倉庫で、作業員1人が新型コロナに感染していることを確認したと発表した。作業員を指定病院に隔離して治療を行うとともに、濃厚接触者に対する検査と観察を進めている。

22020年11月09日津 浜海新区の当局は、山東省徳州市政府からの連絡を受け、輸入冷凍食品の包装材に対し新型コロナの調査を開始。中新天津エコシティーでも冷凍食品や低温倉庫、輸送車を調べるともに、作業員や運転手の検査を進めた。まもなく、低温倉庫の積み下ろし作業員1人と、倉庫の取っ手から陽性反応が出た。(写真は東網のキャプチャー)

 また、天津市当局は7日、山西省太原市政府から、天津港経由で輸入した冷凍食品の包装から、新型コロナを検出したとの連絡を受けた。当局が天津市東麗区の低温倉庫で従業員と食品、周辺環境に対し検査を行ったが陽性反応はでなかった。

 澎湃新聞によると、7月以降、広東省深セン市など中国の9カ所で冷凍食品から新型コロナが見つかった。ブラジルやエクアドルなどから輸入した鶏やエビの包装材から検出されており、消費者に不安が広がっている。
新型コロナ感染拡大の中国・青島市、保健機関トップら更迭
このエントリーをはてなブックマークに追加

22020年11月02日落 天津市浜海新区の天津臨港鉄道で1日午前9時ごろ、修理工事の橋が川に崩落し、作業員7人が死亡、5人がけがした。工事は、天津南環鉄路維修が請け負ったもので、警察が施工責任者を拘束し事情を聴いている。ニュースサイトの騰訊網が伝えた。(写真は騰訊網のキャプチャー)

 鉄道は貨物線。事故直前、枕木の交換作業が行われていた。橋が突然崩れ、重機などが横倒しになった。警察や消防などから192人が出動して救出作業を行った。

 中国では建設工事現場の死傷労災事故が頻発している。10月には、広東省汕尾市陸河県で建物の建設工事現場で型枠が崩れる事故が置き、作業員7人が死亡、2人が重軽傷を負った。9月には広東省深セン市宝安区の地下鉄の建設工事現場でクレーンが横転。作業員2人が死亡、6人が重軽傷を負った。

★参考情報★
ーーーーーーー
地下鉄工事現場でクレーン倒れる 作業員8人死傷 深セン
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年8月13日老ニュースサイトの環球時報によると、天津市中心部の和平区営口道と貴州路の交差点で、12日午前11時20分ごろ、男が刃物で通行中の女性2人に切りつけ、1人が死亡、1人が軽傷を負った。警察がまもなく地元の男(67)を拘束し、取り調べを行っている。

 ネット情報によると、青色のシャツとグレーのズボン姿の男が、現場の交差点でかばんから刃物を取り出し、通りがかりの白い衣服の女性を刺した。女性が倒れると、別の女性に切りつけた。男の動機は分かっておらず、警察が捜査を続けている。(写真は東網のキャプチャー)

 現場は、天津市第一中学の近く。学校が調べたところ、死傷者は同中学の生徒や関係者ではなかった。現在で夏休みで、事件当時、生徒と教職員は学校にいなかった。

 中国各地では刃物による通り魔事件がしばしば起きている。昨年12月には、上海市中心部の静安区で男が刃物で通行人を襲い、2人が顔などに重傷を負った。8月には、重慶市渝北区で男が通行人を刃物で襲い男性1人が死亡した。
小学校に男侵入、刃物で襲撃 児童10人けが 湖北
男が刃物で通行人襲撃 男性死亡、警察が取り押さえ-重慶
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ