中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 北京

2020年1月20日医 ニュースサイトの上游新聞によると、20日午後2ごろ、北京市朝陽区の北京朝陽医院の外来棟で、男が包丁で医師に切りつけ逃走したと110番通報があった。警察官が駆けつけ病院の警備員と協力し、男(36)を取り押さえた。(写真は星島日報のキャプチャー)

 居合わせた病院関係者3人と居合わせた市民1人がけがし、手当を受けている。いずれも命に別状はないが、眼科の40代の医師が重傷を負った。警察が動機などについて男を追及している。また、北京市衛生健康委員会、北京市病院管理センターなどが調査を始めた。

 16日には、北京民航総医院の医師を殺害し殺人罪に問われた孫文斌被告(55)に、北京市第三中級法院(裁判所)が死刑判決を言い渡したばかりだった。

 中国では医師に対する殺傷事件がしばしば発生。16年7月には広東省恵州市で、泌尿器科の専門病院に刃物男が侵入。看護婦1人が死亡、患者4人がけがした。同年5月には同省広州市で広東省人民病院の口腔科の主任医師が、病院内の宿舎で元患者の男に刃物で刺され死亡した。


★参考情報★
ーーーーーーーーー
広東・恵州の病院に刃物男、看護師1人死亡4人けが

2020年1月17日医 ニュースサイトの環球網によると、母親の治療への不満を理由に女性医師を殺害し、殺人罪に問われた北京市内の孫文斌被告(55)に対し、北京市第三中級人民法院(裁判所)は16日、死刑判決を言い渡した。

 判決によると、孫被告は昨年12月24日、北京市の病院「民航総医院」の救急病室で、当直の女性医師、楊文さんの首を刃物で切り殺害した。孫被告は、自身の母親が同月4日、民航総医院で受けた治療内容に不満を持ち、恨みを募らせていた。孫被告は犯行後、警察に自ら出頭した。

 同法院は、孫被告の犯行は残忍で、社会に与えた影響は大きく、自ら出頭した事実も刑を軽くする理由にならないとして、求刑通り極刑を言い渡した。

 中国では患者や家族による、病院関係者への暴行が頻発している。16年7月には広東省恵州市で、泌尿器科の専門病院に刃物男が侵入。看護婦1人が死亡、患者4人がけがした。同年5月には同省広州市で広東省人民病院の口腔科の主任医師が、病院内の宿舎で元患者の男に刃物で刺され死亡した。

★参考情報★
ーーーーーーーー

 2020年1月10日博中国新聞網によると、9日午前10時11分ごろ北京市房山区でマグニチュード(M)3.5の地震があった。震央は北京市中心部から68キロ。震源の深さは13キロ。けが人や被害の情報はない。

 ネットの情報によると、近隣の河北省保定市、涿州市でも市民が揺れを感じた。北京市の中心部の西城区、東城区などでは、市民は揺れに気づかなかったもようだ。

 北京市周辺の天津市や河北省唐山市などで昨年12月、M3.3からM4.5の小さな地震が相次いでいる。ラジオ・フランス・アンテルナショナル(RFI)によると、ネット上では「最近、なぜあちこちで地震が起きるのか」「もうすぐ(旧暦の)新年だ。何も起きないといいが」など不安の声が挙がっている。

★参考情報★
ーーーーーー
河北省・唐山でM4.5地震 北京、天津でも揺れ
広西・靖西でM4.3地震 民家損壊、けが人なし

2019年12月17日雪 ニュースメディアの中国青年網によると、北京では15日夜今冬2回目の雪が降り始め、16日午前8時までに市内で3センチの積雪ががった。北京市気象台は同日、大雪は4段階で最低の青色、路面凍結では3段階で最低の黄色、濃霧は4段階で上から3番目の黄色警報をそれぞれ発令。路面が滑りやすく、視界も低いとして外出の際の注意を呼びかけた。(写真は東網のキャプチャー)

 香港メディアの東網によると、16日午前、北京にある首都国際空港では43便、北京大興空港は3便がそれぞれ欠航した。北京は16日気温が最低零下2度に下がり路面が凍結。交通警察が融雪剤をまいた。また濃霧のため一部地区では視界が100メートル以下に低下した。

 中国青年網によると、路線バス会社の北京公交集団は一部路線について、運転停止や運転距離の短縮の措置を行った。また、京港澳高速道路の北京方面線で、盧溝橋-西道口が徐行運転。京哈高速道路は一部が閉鎖になった。地下鉄も一部路線が徐行運転した。

 一方上海では16日、最高気温が20度に上がり、同期としては過去60年間で最高となった。ただ気象台は、今後、上海の気温が10度以上、一気に下るとの見通しを示した。

★参考情報★
ーーーーーーー
貴州の高速道路で37台追突 23人重軽傷、路面凍結と濃霧で

 2019年12月9日狂北京市公安局(警察)によると、6日午後4時ごろ、北京市豊台区馬家堡で、男が小型の応急作業車を盗んで街路を暴走、歩行者数人を次々にはね、2人が死亡、7人がけがした。新華社が6日伝えた。(写真は東網のキャプチャー


 作業車は別の車に衝突しながら逃走を続けたが、警察車両が馬家堡地区の「公益東橋」下で車の走行を阻止し、地元の男(57)を拘束した。警察は、動機など詳しいことを調べている。けが人は病院で治療を受けているが、命に別状はないという。 

 ネット上に投稿された動画によると、男が乗った作業車は、「公益東橋」下でいったん、警察車両に行く手を阻まれたが、衝突を繰り返して突破。さらに猛スピードで反対車線を走り続け続け、別の車に衝突。弾みで歩道に乗り上げて止まった。

 香港メディアの東網によると、馬家堡近くの住宅地で刺傷事件を起こし、まもなく応急作業車を盗んで猛スピードで暴走を始めた。歩行者の多くが避けるまもなくはねられたという。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーーー
男が作業車両奪い暴走=歩行者ら2人死亡7人けが-北京
ライドシェア車が暴走 電動バイクに衝突、4人死傷 湖南
横断中の歩行者に車突入 5人死亡9人けが 上海

↑このページのトップヘ