中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 北京

 22021年4月2日化中国北京市海淀区の政府系の研究機関、中国科学院化学研究所で反応釜が爆発し、1人が死亡した。死者は研究者ではなかった。当局により、調査が進められている。中国のニュースメディア、紅星新聞が伝えた。(写真は東網のサイト画面)

 同研究所は、事故について公式発表していない。ネット情報によると、反応釜が冷える前に開けたところ、爆発が起きた。死亡したのは女子学生だという。

 同研究所は1956年に発足。基礎研究を主体に、国家が急ぎ必要としたり、戦略的に重要なハイテク分野の研究を行っている。研究者ら542人が在職している。

 中国のニュースメディア、網易によると、中国の大学や研究機関では、爆発死傷事故がしばしば発生。18年には、北京の北京交通大・環境工学研究室で大学院生3人が実験中に死亡した。17年3月には上海の復旦大学で学生1人がけが。16年にも上海の東華大学の化学・バイオテクノロジー学科の研究室で学生3人が重軽傷を負った。15年には、北京の清華大・化学科の研究室で研究者1人が死亡した。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
北京・清華大の研究室で爆発、研究者1人死亡
このエントリーをはてなブックマークに追加

 22021年3月25日砂北京市生態環境監測センターによると、モンゴル南部で23日に砂嵐が発生し、黄砂が偏西風に乗って東に向かい、内モンゴル自治区中東部と中国東北地区に運ばれた。北京市でも24日、密雲、懐柔の両区に黄砂の影響が現れ、PM10(微小粒子状物質)の濃度が「中度」に上昇した。さらに、北京市の大部分の地区でも大気質指数(AQI)が軽度から中度の汚染となった。香港のニュースメディア東網が伝えた。(写真は東網のサイト画面)

 中国のメディア、騰訊網によると、北京市でPM10濃度が高かったのは通州、昌平、懐柔、密雲の各区。うち密雲は一時、1立方メートル当たり358μgを記録した。

 専門家によると、昨年の冬入り以降、モンゴルや華北の降水量が例年より少なく、積雪もなかった。広い範囲で地面が露出したことも、春以降に砂嵐が多発する原因になっている。 

 北京では3月に入り、10年ぶりの激しい砂嵐に見舞われた。その後も数回、砂嵐が発生し、北京の大気の質が低下している。

★参考情報★
ーーーーーーー
北京で最大規模の砂嵐 大気汚染「危険」レベル
モンゴルの砂嵐、北京へ到達 PM10が急上昇
このエントリーをはてなブックマークに追加

22021年3月16日砂 ラジオ・フランス・アンテルナショナル(RFI)によると、中国北京市は15日、過去10年で最大規模の砂嵐に襲われ、視界は数百メートルに低下した。空港では計350便が運休。同日の大気質指数(AQI)は「危険」レベルに達した。(写真は東網のサイト画面)

 北京の15日のPM10(微小粒子状物質)濃度は、世界保健機関(WHO)が定める基準の約20倍近く。危険性がさらに高いPM2.5(微小粒子状物質)の濃度は1立方メートル当たり560μgに達した。

 北京では15日、学校が屋外での運動を中止。呼吸器疾患がある人々に、家に留まるよう呼びかけた。市民の1人は「10年前の砂嵐は1時間ほどで収まった。今回は1日中続きそうだ」と話した。

 中国北方は毎年春、ゴビ砂漠で発生した砂嵐にしばしば襲われるが、北京ではここ数年、砂じんに覆われる事態が起きていなかった。モンゴルではこのほど、砂嵐で6人が死亡、81人が行方不明になった。

★参考情報★
ーーーーーー
北京でPM10濃度急上昇 一部でAQIが500突破
北京で黄砂伴う強風 PM10濃度が500に急上昇
このエントリーをはてなブックマークに追加

22021年3月4日北 ニュースサイトの人民日報海外網などによると、全国人民代表大会(全人代=国会)と国政助言機関、全国政治協商会議(政協)が開幕するのを前に、北京市公安局(警察)は3日、4日午後から夜、長安街や前三門大街、東西二環北段など市中心部の主要道路で交通規制を実施すると発表した。一部地下鉄駅の出入り口の閉鎖も行う。(写真は東網のサイト画面)

 央視網によると、国政助言機関、全国政治協商会議(政協)は4日に北京で開幕。報道官によると、人口の高齢化問題などを主要議題に話し合う。全国人民代表大会は5日、北京で開幕。今年の経済社会発展計画や第14次5カ年計画(2021~2025年)、2035年までの長期目標の草案などについて点検を行う。

 米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、今年は中国共産党創立100周年で、第14次5カ年計画を開始する節目の年。次期最高指導層の人事を決める第20期党全国代表大会を来年に控えるため、当局は治安維持に全力を入れている。

 中国国家郵政局は、北京宛ての郵便物や宅配荷物に対し、2回の安全検査を実施する北京と天津、河北などの地方の郵政当局に指示した。

 北京市の当局はまた、陳情のため北京滞在中の外地出身者の強制送還を進めているほか、陳情者の上京を禁止した。人権派弁護士の自宅への監視も強化されているもようだ。

★参考情報★
ーーーーーーーー
全人代と全国政協、5月開催 コロナ対策と経済が議題
このエントリーをはてなブックマークに追加

 22021年3月3日北北京でまもなく「両会」と呼ばれる全国人民代表大会(全人代=国会)と国政助言機関、全国政治協商会議(政協)が開幕するのを前に、鉄道部門は今月1日から12日まで、高速鉄道乗車前に2回の保安検査を義務付けると通知した。ニュースサイトの海峡網が伝えた。(写真は東網のサイト画面)

 北京に向かう乗客はこのほか、出発から7日以内に病院が発行したPCR検査の証明書の携帯が義務づけられる。携帯しないと、北京市内の駅に入れない。

 警察によると、河北省では2日、PCR検査証明の日付を書き換えて北京に向かおうとした女性が捕まり、10日間の行政拘留を命じられた。

 2回の保安検査が求められるのは、広東省、河南省洛陽市や鄭州市、福建省のアモイ市などの各駅。入り口と待合室で行われる。検査内容は通常よりさらに厳しく、包みや液体は必ず検査され、少しでも不審点があれば、質問を受ける。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
全人代と全国政協、5月開催 コロナ対策と経済が議題

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ