中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 北京

 2019年4月15日地北京市懐柔区で14日午後零時47分ごろ、中国のマグニチュード(M)3の地震が起きた。懐柔区のほか、周辺の延慶区、昌平区でも揺れを感じた。北京でM3以上の地震が起きたのは1996年以来23年ぶり。ニュースサイトの新京報が伝えた。(写真は中国地震台網センターのサイトのキャプチャー)

 北京では7日にも、海淀区でM2.9の地震が起きた。地震観測機関の中国地震台網センターは、2回の地震は通常の地震活動との見方を示した。同センターの劉桂萍副主任は「北京は最近の10数年間、地震活動のレベルが非常に低く、最近起きたM3クラスの地震は最近では最大だ。北京は2000年前は小さな揺れが活発に起きていた」と述べた。

 劉副主任は「北京で大地震が起きる確立は低く、数百年に1度だ」と話している。北京でM5クラスの地震が起きたのは、2006年7月。河北省・文安でM5.1の地震が起き、北京でも揺れを感じた。

 歴史上の記録では、北京では294年以来、M5~5.9の地震が4回、M6~6.9が6回、M8クラスが1679年「三河・平谷地震」で1回起きている。

★参考情報★
ーーーーーーーー
1~3月の自然災害死者87人、被災者136万人 応急管理省などまとめ 四川省・宜賓でM5.7地震 16人けが、成都や重慶でも揺れ

 2019年3月4日人国政助言機関である全国政治協商会議(政協)が3日、北京の人民大会堂で開幕し、習近平国家主席ら最高指導者が出席した。間もなく開かれる全国人民代表大会(全人代=国会)ともに1年1回の「両会」と呼ばれ、北京市は特別警戒期間に入り各地区で緊張感が高まっている。米公共放送ボイス・オブ・アメリカ中国語版が4日伝えた。(写真はVOAのキャプチャー)

 当局は毎年と同様、両会に合わせ上京する各地方の陳情者を警戒。北京市の永定門近くの国家信訪局など陳情窓口機関近くでは、資料を持ち順番待ちする陳情者の数が目立って減った。

 同市の街頭では、赤い腕章の市民ボランティアや警備員が警戒。地下鉄の改札口付近では、係員が列をつくり専用機器を使って乗客1人ずつの身分証を確認した。

 高速鉄道や在来線で上京する乗客は、2回の保安検査が求められる。北京に入る自動車も、乗員、車両とも検問所での厳しい検査が待ち構えるため、激しい渋滞が発生している。近郊の河北省・燕郊鎮から北京への通勤者の一部は、鉄道の利用に切り替えたという。

 また「両会」終了まで、ドローンなど「低空・低速・小型」の飛行体や広告用の気球の使用が禁じられた。さらに同市内では「スカイランタン」の生産、販売、使用が厳禁となった。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーーー
全人代と政協前に厳戒態勢始動 鉄道は2回の保安検査

 2019年2月25日気北京市当局は22日、大気汚染では上から2番目の「オレンジ警報」を今年初めて発令、25日も発令が続いている。工場の操業と施工が一部規制された。地元メディアの新京報などが25日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 当局によると今回の大気汚染は、「元宵節」を祝う爆竹・花火と大気汚染物質が拡散しにくい気象条件が重なり、19日から北京・天津・河北(京津冀)地区で大気汚染が深刻化した。汚染は白昼に改善し夜間に深刻化する状態が続いている。

 北京市ではオレンジ警報の発令により、あらかじめ指定を受けている工場が操業停止から短縮を命じられたほか、スプレー塗装、建物の取り壊し、法面のモルタル吹付けなどの一部の施工が規制を受けた。住民の爆竹・花火、屋外でのバーベキューも禁じられた。

 北京市当局は、係官延べ1万3000人を動員。大気汚染源となる可能性がある約3300カ所を点検し、違法事例297件を摘発した。このほか作業員延べ8万人の態勢で、路上の清掃活動を強化した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーー
今年最大で最長の大気汚染 濃霧と砂じん PM2.5も上昇

 2019年2月7日酒春節(旧正月)を迎えて親類や友人との宴席が増える中、北京市救急センターによると、旧暦の1月1日に当たる5日、北京市では過度の飲酒による急性アルコール中毒で、69人が病院に運ばれた。高齢者も多数が含まれており、同センターの医師は、飲酒を控えるよう注意を呼び掛けた。新京報(電子版)が5日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 同センターによると、急性アルコール中毒は、吐いたり血圧低下などの症状が現れ、意識不明となって死ぬ場合もある。特に高齢者は暴飲暴食を控えるよう注意が必要だという。

 5日は急性アルコール中毒のほか、縁起物の爆竹・花火でけがし、5人が病院に運ばれた。

2019年1月9日小 中国紙・新京報によると、北京市西城区の宣武師範学校付属第1小学校で8日午前11時17分ごろ、男が金づちで児童を次々に襲い、少なくとも20人が重軽傷を負い病院に運ばれた。いずれも命に別状はないが、頭などにけがした4人が手術を受けた。(写真は東網のキャプチャー)

 事件後まもなく警察が駆けつけ、同小学校の男性用務員(49)を取り押さえた。用務員は黒龍江省出身。今年1月末に労務派遣契約が切れ、延長されないことに不満を募らせていた。腹いせのため休み時間に犯行に及んだらしい。

 香港メディアの東網によると、同小学校は約100年の歴史を持つ伝統校で、児童数約1300人。けがした児童はいずれも7~8歳の2年生だった。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーー

↑このページのトップヘ