中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 北京

 2020年3月26日北ニュースサイトの中国青年報によると、北京市公安局(警察)の順義公安分局は25日、海外渡航歴があるのに申告せず、勤務先に出勤していた同市順義区の男(30)を行政拘留を言い渡した。男は現在隔離中で、終了後に執行される。 

 調べによると男は、1月25日にラオスに渡航。3月14日、雲南省昆明市から帰国し、15日に北京に戻ったが、居住地の当局に申告せず、隔離観察を受けなかった疑い。男は、勤務先には2月初めに北京に戻ったとうそをついた上、病欠を申請していた。










★参考情報★
ーーーーーーー
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年3月23日北 新華社によると、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、中国民用航空局や外交部、国家衛生健康委員会などは22日、国際航空便で北京に向かう旅客の直行を禁止し、天津や石家荘(河北)、上海・浦東など12カ所での検疫を義務付けることを通知した。(写真は東網のキャプチャー)

 北京に向かう旅客や12カ所で入国手続きと手荷物の通関を行う。検疫で条件を満たした旅客に限り、元の便に再搭乗して北京に向かうことが認められる。預け入れた荷物は、北京で通関を行う。12カ所のどこで検疫を受けるかは、航空会社に照会するよう求めた。

 香港メディアの東網によると、北京の保健当局は21日、海外での同ウイルス感染者を新たに13人確認したと発表した。北京で確認された、海外での感染者は計97人。市当局は、北京に到着するすべての旅客に、14日間の集中隔離を義務付けた。当局はこれに加えてさらに、症状や病歴があるなど4種類の来訪者全員に、ウイルス検査を義務付けることを通知した。


★参考情報★
ーーーーーーー



このエントリーをはてなブックマークに追加

 北京市政府は3日、新型コロナウイルスの感染拡大防止活動に関する記者会見で、韓国とイタリア、イラン、日本など深刻な感染拡大が起きている国から北京に到着した人員を、自宅または施設で14日間隔離すると発表した。ニュースサイトの天眼新聞が3日伝えた。

 同市政府によると、一部の国で同ウイルスの感染が拡大したため、留学生や駐在員が帰国を強く希望しており、最近数日、イランから帰国した中国人留学生だけで20人に上る。中国で最も重要な出入国検査場所である北京を通じ、海外発の感染拡大が起きるリスクが高まっている。

 北京市は、海外からの感染対策の一環として、韓国や日本などから北京に入り、北京に滞在する場合、北京に自宅などがあればその場で、なければ指定のホテルで14日間の隔離を命じる。北京から乗り継ぎで中国の他地域に向かう場合は、各地の方針に任せる。

 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、上海市の同ウイルス感染防止対策チームも3日、感染拡大が深刻な地域から上海に到着した全員を、自宅やホテルに14日間、隔離する方針を発表した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーー
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年3月2日伊 中国新聞網によると、北京市当局は2月29日、新たに新型コロナウイルス肺炎の患者2人を確認したと発表した。北京市疾病対策予防センターの1日の発表によると、2人はイランから帰国した。2月26日に、寧夏回族自治区で確認された患者1人は、2人と濃厚接触していた。(写真は星島日報のキャプチャー)

 同センターの発表によると、2人は中国甘粛省出身者で、2月18日、イランで開かれた同窓会に出席した後、25と27日に現地で発症した。2人は26日と28日にイランを出発。モスクワ経由で27と29日に帰国し、北京の当局に隔離された。

 香港メディアの東網によると、中国当局は、中国で新型コロナウイルスの新たな感染者が減る一方、世界各国で感染が拡大しているため、海外からの感染拡大により、中国で2回目の感染拡大が起きることを阻止するため、対策を強化している。

★参考情報★
ーーーーーーー
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年1月20日医 ニュースサイトの上游新聞によると、20日午後2ごろ、北京市朝陽区の北京朝陽医院の外来棟で、男が包丁で医師に切りつけ逃走したと110番通報があった。警察官が駆けつけ病院の警備員と協力し、男(36)を取り押さえた。(写真は星島日報のキャプチャー)

 居合わせた病院関係者3人と居合わせた市民1人がけがし、手当を受けている。いずれも命に別状はないが、眼科の40代の医師が重傷を負った。警察が動機などについて男を追及している。また、北京市衛生健康委員会、北京市病院管理センターなどが調査を始めた。

 16日には、北京民航総医院の医師を殺害し殺人罪に問われた孫文斌被告(55)に、北京市第三中級法院(裁判所)が死刑判決を言い渡したばかりだった。

 中国では医師に対する殺傷事件がしばしば発生。16年7月には広東省恵州市で、泌尿器科の専門病院に刃物男が侵入。看護婦1人が死亡、患者4人がけがした。同年5月には同省広州市で広東省人民病院の口腔科の主任医師が、病院内の宿舎で元患者の男に刃物で刺され死亡した。


★参考情報★
ーーーーーーーーー
広東・恵州の病院に刃物男、看護師1人死亡4人けが
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ