中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 河北

2019年12月6日煤 中国メディアの斉魯晩報などよると、河北省唐山市で10月、政府推奨のクリーン炭を使った住民6人が一酸化炭素中毒で死亡し数十人が病院で治療を受けたことが分かった。同省承徳市でも同様の事件が起きている。専用器具を使わず、換気が不十分だったことが原因とみられている。(写真はRFIのキャプチャー)

 中国メディアの澎湃新聞によると、河北省唐山市開平区の住民が、当局の指示に従い、冬の暖房用に600元(約9000円)でクリーン炭数袋と専用の炉を購入した。ところがまもなく、13歳の長女が一酸化炭素中毒で死亡した。別の住民の家でも、高齢者が死亡するなど、唐山では結局、計6人が亡くなった。

 石炭販売会社の関係者は「使用方法の間違いが原因」として、専用の炉を使った上、排煙設備など正しく設置する必要があると指摘した。事故の多くは、専用設備を使っていないため起きているという。

 ただ、人民網よると、専門家からは石炭の品質に問題があったとの指摘が出ている。住民はこれまでも暖房用に石炭を使っていて換気にも注意しているためだ。クリーン炭の多くは、包装に製造業者の表示が不十分で、安全な使用方法の説明もない。使用方法の誤りによる事故として、原因の隠ぺいを図っている疑いがあるという。


★参考情報★
ーーーーーーーーーー
鍋料理でCO中毒相次ぐ 江西と甘粛で15人病院搬送
食品工場で79人がCO中毒 ロースト食品から発生か 江西
製紙工場で9人が有毒ガスに中毒 7人死亡、2人けが 広東

 2019年12月6日揺河北省唐山市豊南区で5日午前8時2分ごろ、マグニチュード(M)4.5の地震があった。震源の深さは10キロ。震央は北京から160キロ、天津から77キロで、両都市でもはっきりと揺れを感じた。けが人や被害の情報はない。中国科技網が同日伝えた。

 唐山市は1976年7月、M7.8の地震が発生し、25万人以上が死亡した。中国地震台網中心の専門家によると、本震が強いほど余震の期間も長くなり、5日の地震も76年の大地震の余震の一部。唐山では76年から翌年にかけM6~7の余震が多発。1996年以降は2~3年に一度、M4クラスの地震が起きている。

 新華網によると、5日は新疆ウイグル自治区アスク地区の拝城県でも5日午前10時46分ごろ、M4.6の地震が起きた。けが人の情報はない。

 中国地震台網によると、震央から200キロ以内では、最近5年間にM3以上の地震が74回発生。17年9月は同地区クチャ県でM5.7の地震が起きた。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
広西・靖西でM4.3地震 民家損壊、けが人なし
広西でM5.2地震 マンガン鉱山で1人死亡4人けが
甘粛省・夏河県でM5.7地震 住民21人けが

 2019年10月31日汚ニュースサイトの新京報網によると、河北省生態環境庁は30日、石家荘、保定、衡水など「区域1」、唐山、廊坊、滄州など「区域2」の各都市に、11月1日午前8時から、大気汚染では3段階で上から2番目の大気汚染「オレンジ警報」を発令し、一部工場の操業停止など「応急対応2級」の措置を始動すると発表した。(写真は星島日報のキャプチャー)

 同庁によると、11月1日夜から弱い南風が続くため、大気汚染物質が拡散しにくくなるほか、地表の湿度が上がるため、同省中南部と東部でPM2.5(微小粒子状物質)による重度の汚染が起きる見通し。区域1と区域2の都市では「オレンジ警報」のレベルに達するとみられる。

 中央政府の生態環境省も29日、南風などの気象条件のため、11月4日から6日、北京・天津・河北(京津冀)地区と山東省東部で軽度、同地区中南部で軽度から中度の大気汚染が起きるとの予想を発表した。うち4、5日には、河北省中部と山東省西部で重度の汚染が起きる可能性が高い。7日以降は寒気の影響で、北から順に大気の質が改善する見通しだ。

 
★参考情報★
ーーーーーーーーー
北京・天津・河北でPM2.5濃度12.5%下降 生態環境相
産業、交通、暖房と地形 北京周辺の大気汚染の原因解明
北京に大気汚染オレンジ警報 工場操業と施工規制 バーベキューも禁止

2019年7月23日長 河北省張家口市懐来県の化学工場、河北懐来県長城生物化学工程有限公司で22日午後4時30分ごろ、汚水の沈殿池で洗浄作業中に有毒ガスが発生し、作業員5人が死亡、4人がけがした。ニュースサイトの新京報が23日伝えた。(社シンは長城生物のサイトから)

 同社は1998年に発足し、食品添加物、医薬中間体、バイオ製品などを製造販売している。資本金はわずか140万元で、個人オーナーが経営支配している。事故後、操業を停止し、当局とともに事故原因を調べている。

 陝西省銅川市の下水処理場でも19日、汚水調整池で作業中の作業員4人が昏倒する事故が発生。消防隊が救出したが1人が死亡、3人がけがした。酸欠が原因とみられる。陝西省では昨年6月でも、咸陽市のバイオ農薬工場で、タンク内で微生物採取の作業に4人が酸欠で死亡した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー
下水処理場で作業員倒れる 1人死亡3人けが-陝西
石灰工場で建屋とタンク崩落 3人生き埋め、2人死亡 山西
生物農薬工場で作業員4人死亡 酸欠で1人昏倒 助けに入った3人も犠牲-陝西

 2019年5月15日婚ニュースサイトの澎湃新聞によると、河北省保定市安新県の安新県病院で11日午後6時ごろ、吐き気や下痢などの症状を訴える患者が次々に駆け込んだ。(写真は星島日報のキャプチャー)

 いずれも前日に同県のホテル「京漢君庭酒店」で開かれた、地元住民の結婚披露宴に出席していた。県当局の発表では県内外の病院で計75人が治療を受けたが、命に別状はない。当局は、細菌かウイルスが原因の食中毒とみて、ホテルに営業停止を命じた。

 県当局は緊急対応チームを結成。患者の治療に全力を挙げるよう病院に指示するとともに、食中毒の詳しい原因について調査を進めている。また、県内のホテルや飲食店を対象に、食品の衛生状態に関する検査を始めた。

 一方、河南省内郷県でも12日、法事の宴席の出席者が食中毒の症状を訴え、1人が死亡、45人が手当を受けたことが分かった。宴席は約100人が出席し10日に行われた。

 調べでは、地元の調理師が委託を受けて料理を作った。当局が食材を検査するなどして原因を調べている。

↑このページのトップヘ