中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 河北

2019年7月23日長 河北省張家口市懐来県の化学工場、河北懐来県長城生物化学工程有限公司で22日午後4時30分ごろ、汚水の沈殿池で洗浄作業中に有毒ガスが発生し、作業員5人が死亡、4人がけがした。ニュースサイトの新京報が23日伝えた。(社シンは長城生物のサイトから)

 同社は1998年に発足し、食品添加物、医薬中間体、バイオ製品などを製造販売している。資本金はわずか140万元で、個人オーナーが経営支配している。事故後、操業を停止し、当局とともに事故原因を調べている。

 陝西省銅川市の下水処理場でも19日、汚水調整池で作業中の作業員4人が昏倒する事故が発生。消防隊が救出したが1人が死亡、3人がけがした。酸欠が原因とみられる。陝西省では昨年6月でも、咸陽市のバイオ農薬工場で、タンク内で微生物採取の作業に4人が酸欠で死亡した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー
下水処理場で作業員倒れる 1人死亡3人けが-陝西
石灰工場で建屋とタンク崩落 3人生き埋め、2人死亡 山西
生物農薬工場で作業員4人死亡 酸欠で1人昏倒 助けに入った3人も犠牲-陝西

 2019年5月15日婚ニュースサイトの澎湃新聞によると、河北省保定市安新県の安新県病院で11日午後6時ごろ、吐き気や下痢などの症状を訴える患者が次々に駆け込んだ。(写真は星島日報のキャプチャー)

 いずれも前日に同県のホテル「京漢君庭酒店」で開かれた、地元住民の結婚披露宴に出席していた。県当局の発表では県内外の病院で計75人が治療を受けたが、命に別状はない。当局は、細菌かウイルスが原因の食中毒とみて、ホテルに営業停止を命じた。

 県当局は緊急対応チームを結成。患者の治療に全力を挙げるよう病院に指示するとともに、食中毒の詳しい原因について調査を進めている。また、県内のホテルや飲食店を対象に、食品の衛生状態に関する検査を始めた。

 一方、河南省内郷県でも12日、法事の宴席の出席者が食中毒の症状を訴え、1人が死亡、45人が手当を受けたことが分かった。宴席は約100人が出席し10日に行われた。

 調べでは、地元の調理師が委託を受けて料理を作った。当局が食材を検査するなどして原因を調べている。

2019年4月26日昇 河北省衡水市桃城区のマンション「翡翠庭」の工事現場で25日午前7時20分ごろ作業用エレベーターが落下し、乗っていた作業員11人が死亡、2人が重傷を負った。ニュースサイトの深セン熱線が同日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 事故を目撃した作業員によると、エレベ-ターは9階ぐらいの地点でワイヤーロープが切れて横転した後、落下した。多くの作業員が地上で倒れているのが見えたという。

 警察は工事責任者8人を拘束し取り調べている。また、河北省当局が事故原因の調査を始めた。

 マンションは河北省の不動産開発会社が、2018年11月から3年間での完成を目指し工事に着手した。1万7730平方メートルの敷地にマンション2棟を建てる計画だ。

 中国では建設作業現場の労災事故が頻発。3月21日に江蘇省揚州市で海底ケーブル用の塔の塗装作業中に足場が崩落し、作業中の11人が死傷した。同じ日に四川省成都市の成都双流国際空港の建設工事現場で鋼鉄製のはりが崩落する事故があり、作業員4人が死亡、13人がけがした。建設会社の安全軽視姿勢や、下請けや孫請けの施工業者の資質が低いことが、事故を招いているとの指摘がある。

★参考情報★
ーーーーーーー
高所作業の足場崩落 作業員6人死亡、5人けが 江蘇
成都双流空港の工事現場で崩落 作業員17人死傷 四川

 2019年3月21日船河北省河間市の農村地区で17日午後2時10分ごろ、付近を流れる「子牙河」を航行中の遊覧ボート2隻が衝突、うち1隻が転覆し、乗客ら6人が溺れて死亡した。現地の警察は19日、ボートを違法に運営していた業者4人を拘束した。中国紙・新京報(電子版)などが伝えた。(写真は百度のキャプチャー)

 目撃者によると、2隻は衝突後、1隻は浅瀬に乗り上げたが、1隻は転覆。川に投げ出された乗客を、周辺住民が助けたが、1人が死亡、4人は病院に運ばれた後に亡くなった。さらに1人はボートの乗員とみられる。いずれも救命胴衣は着けていなかった。

 付近には、ネット上で人気を集めた美しい水門橋があり、観光地化していた。露店多数が出ているほか、一般人が遊覧ボートの運営を行っていた。

 香港メディアの東網によると、住民は「業者は新人ばかり。今回事故を起こした2隻もボートを買ったばかりで、試験営業の段階だった。操縦も慣れていなかった」と話している。行政担当者の1人は「一般人の遊覧ボート経営は許されていない」と話している。

★参考情報★
ーーーーーーーー
972人乗りカーフェリーが運搬船と衝突、船員2人行方不明客船転覆事故、14人生還も437人なお不明

2019年1月18日漏河北省邯鄲市渉県の鋳物部品製造会社、兆隆鋳業有限公司で16日午後1時半ごろ、ガス漏れが起き、ボイラー内で保守作業をしていた作業員4人が死亡、周辺の5人が中毒して病院に運ばれた。中国新聞網が17日伝えた。(写真は東網のキャプチャー) 

 地元当局が事故原因を調査している。また、上級の邯鄲市政府も事態を重視し、傘下の各部門に対し、労災防止のため安全検査を行うよう指示した。

 同社は2005年に発足し、鋳物部品や鋳鉄を生産していた。香港メディア東網によると、同社は以前、刺激性の酸性ガスを違法に排出し、周辺村落の住民を苦しめた前例がある。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーーーー

↑このページのトップヘ