中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 遼寧

2019年4月22日火 遼寧省大連市金普新区の化学工場で21日夜、爆発があり、約3000平方メートルを焼いた。消防隊が消火活動を行っているが、同日夜の段階で鎮火していない。けが人の有無は不明。北京青年報電子版)が同日伝えた。 (写真は東網のキャプチャー)
 
 消防などによると、火元は化学工場で、まもなく周辺に燃え広がった。隣接地にコジェネレーション(熱電併給システム)施設がある。

 中国では工場の爆発・火災事故が頻発している。18日には上海市松江区の研磨材・工具製造会社の工場から出火、2人が死亡、6人がけがした。15日には、山東省済南市歴城区の製薬会社の工場地下室で工事中に火災が発生、作業員10人が窒息死し、従業員12人もけがした。3月末には、江蘇省塩城市響水県の化学工場が爆発し約700人の死傷者が出た。


★参考情報★
ーーーーーーーーーー
松江区の研磨材工場で火災 2人死亡6人けが 上海
製薬工場で火災、作業員10人窒息死 12人けが 山東
製薬工場で爆発、8人死傷 周辺で強い刺激臭 江蘇・淮安

2019年4月17日火 遼寧省瀋陽市渾南区の景勝地、棋盤山で17日午後1時50分ごろ山火事が発生、消防車150台と消防隊と武装警察隊など数千人が出動して消火に当たった。けが人は出ていない。17日午前零時までに住民ら約1万1500人が避難した。ニュースサイトの光明網などが17日伝えた。(写真は百度のキャプチャー)

 渾南区では同日、強風が吹いており、火が急速に広まった。香港メディアの東網によると、棋盤山には、映画撮影用のオープンセットがあるテーマパーク「関東影視城」や遼寧森林動物園などの観光施設があり、観光客らが避難した。

 消火活動には、消防隊約600人、武装警察隊約500人、森林消防隊225人、警察官約3000人が出動。消防車のほか、消火活動の支援のためドローン、警察車両約500台も出動した。気象当局は、消火を助けようと、人工降雨のためヨウ化銀を搭載した小型ロケット122本を打ち上げた。

 中国では春以降、各地で山火事が発生。四川省涼山州木里県で3月31日、森林火災で消火活動中の森林消防隊員と地元幹部計30人が死亡した。4月1日には陝西省商洛市で山火事が起きたが、けが人はなかった。

★参考情報★
ーーーーーーーー
北京などに森林火災の赤色警報 林や牧場で火の使用厳禁
1~3月の自然災害死者87人、被災者136万人 応急管理省などまとめ
森林火災消火の消防隊員ら30人死亡 急変で逃げ遅れ 四川

2019年3月29日爆 遼寧省瀋陽市和平区の瀋陽市公安局(警察)交通警察局の出先機関の庁舎で28日午後1時50分ごろ、1階ホールで火の手が上がった後、手製とみられる爆弾が破裂した。容疑者は死亡、警察官2人と居合わせた市民1人がけがした。北京青年報(電子版)が同日伝えた。(写真はRFAのキャプチャー)

 現場は同市中心部で、瀋陽駅の向かい。出先機関の庁舎の各階のガラスが割れ、周辺では濃い煙が立ち込めた。

 瀋陽市公安局は同紙に対し「事件が事故か爆発かについては、死傷者の状況については明らかにできない」と述べた。 目撃者は爆発音が聞こえた後、現場に消防車4台と救急車が到着した。腕にけがをした警察の制服姿の女性が、呆然としていた」と話している。

 中国では昨年8月にも、四川省眉山市で、男が警察派出所に車で突入した後、警察官らを刃物で襲い、警察官2人を殺害、住民4人にけがを負わせる事件が起きた。

 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、中国では2008年、北京の男は上海の警察を刃物で襲い、警察官6人を殺害した事件があった。男は前年、自転車窃盗の濡れ衣を着せられ、暴力的な取り調べを受けたことを恨んでいた。


★参考情報★
ーーーーーーーー

2019年1月9日瓦 中国紙・新京報によると、遼寧省大連市西崗区で8日午後7時ごろ、アパートで爆発があり住民9人が負傷、周辺住民が一時避難した。同市政府によると、ガス爆発とみられる。(写真は東網のキャプチャー)

 現場はアパートが建ち並ぶ住宅街で、爆発現場は13号棟の4階の1室。上下の2~4階の各部屋が激しく壊れた。向かい側の1棟に住む男性住民は「建物全体が揺れた後、炎が見えて爆発と分かった。自分の階下の部屋ではガラスが全部割れた」と話している。

 中国ではガス爆発による死傷事故が頻発。昨年10月には黒龍江省・ハルビンのアパートで爆発が起き1人が死亡。6月には遼寧省・瀋陽のアパートで4人が死亡。1月には、遼寧省・錦州で5人が死傷した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーー

 2018年11月23日車中国紙・新京報(電子版)によると、遼寧省葫蘆島市建昌県にある第二小学校の校門前で22日午後12時17分ごろ、猛スピードの乗用車が児童らを次々にはね、児童5人が死亡、教師と保護者を含む19人が重軽傷を負った。(写真は新京報のキャプチャー)

 警察はまもなく、地元に住む無職の男(29)を拘束した。調べに対し男は「最近、夫婦関係が悪く、生きるのが嫌になっていた」などと話している。はねる相手は誰でも良く、車で走りながら探していたという。

 ネットに投稿された画面によると、乗用車は黒色のセダン。スピードを落とさず、横断歩道を渡っていた児童の列に突っ込み、さらに走り続けた。児童らは道路上に次々倒れ、泣き叫ぶ子どももいた。

 警察が車を追跡し、23日午後1時ごろ水路脇に追い詰めた上、男を捕まえた。検査の結果、酒や薬物は検出されなかった。男は拘束の際「後悔している」と述べた。

 中国では子どもを狙った無差別殺傷事件が頻発している。今年10月には、重慶市巴南区の幼稚園に刃物を持った女が乱入、園児を切りつけ14人が重軽傷を負った。6月には、上海市徐匯区の小学校前の路上で、男が小学生2人を刺殺、保護者の女性1人をけがさせた。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーー

↑このページのトップヘ