中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 遼寧

 中国本土のニュースメディアである中国経営報などによると、国有鉄道会社、中国鉄路瀋陽局集団(遼寧省瀋陽市)の同省大連市の管内で12日、システムの一部が約20時間にわたりダウンした。米アドビシステムズが、動画再生などに使う「Flash・Player」のサポートを2020年末で終了したことの影響とみられる。

 報道によると、列車の運行システムがまひし、一部の駅も業務ができなくなった。ただ同社は、列車の運行システムに影響はなく、大連管内のコンピューターの一部が、運行状況をブラウザで表示できなくなっただけと発表した。列車の運行自体は正常に行われていたという。

 香港メディアの東網によると、同社の大連の出先機関はミニブログで、システムが停止しても運行を続けたとして、職員の能力を自賛する記事を掲載した。ネット上では「Flashのサポート停止は新情報でない。もっと早くシステムを更新するべきだった」として、批判の声が挙がったがまもなく削除された。

★参考情報★
ーーーーーーー
中国ハッカー、亡命チベット人のスマホ侵入か
このエントリーをはてなブックマークに追加

22020年12月28日通 ニュースサイトの中国新聞網によると、27日午前8時14分ごろ、遼寧省鉄嶺市内の開原市で、男が刃物で通行人らを遅い、7人が死亡、7人がけがした。警察官が急行し男を取り押さえた。けが人の1人は、警察官だという。(写真は東網)

 香港メディアの東網によると、男は捕まる前、刃物を持って街路をうろつくのを住民に目撃されている。現場近くには小学校もあるが、27日は日曜日で児童はいなかった。目撃者によると、男は街頭で、手当り次第に通行人に切りつけていたという。

 監視カメラには、刃物を持つ男に街路で出くわし、慌ててにげる2人連れや、取り押さえようする4人の姿が映されていた。4人は警察官が到着するまで、男とにらみ合いを続けた。

 中国では通り魔事件がしばしば発生。9月には江蘇省蘇州市の路上で、男に刃物で通行人を襲い、1人が死亡、4人が負傷。同じ月、広東省広州市で、元新聞記者の男が通学中の子どもらを刃物で襲い、7人が死傷した。


★参考情報★
ーーーーーーーー
警察が刃物男を射殺 住民刺傷後、パトカー襲う 広東
漁船員が刃物で通行人襲撃 子供含む3人死傷 浙江
このエントリーをはてなブックマークに追加

22020年12月24日路 ニュースサイトの瀟湘晨報などによると、遼寧省瀋陽市の渾南東路と金紫街路の交差点で22日午後1時半ごろ、赤信号を無視して進入した大型トラックが路面電車に衝突した。路面電車は脱線し、乗客少なくとも6人がけがした。(写真は百度のキャプチャー)

 現場を走行していた車のドライブレコーダーの映像によると、トラックは赤信号を無視して猛スピードで直進。交差点に差し掛かった路面電車の側面に激突した。電車は脱線し、車体が激しく壊れた。警察がトラックの運転手を取り調べている。

 トラックの積荷の土砂が現場に散乱。路面電車の運営会社が、電車を現場から撤去する作業などを行い、電車の運転はまもなく回復した。

 路面電車は、新型路面電車(LRT)で2013年に開業。現在6路線が運行されている。

★参考情報★
ーーーーーーー
上海高速道路で同日2件の衝突事故 2人死亡、3人けが
このエントリーをはてなブックマークに追加

22020年12月23日新 ニュースサイトの大連新聞網によると、遼寧省大連市政府は23日、前日の22日に同市で新型コロナウイルスの新規患者1人と無症状感染者8人を確認したと発表した。大連市では21日にも新規患者2人と無症状感染者6人が確認されている。(写真は東網のキャプチャー)

 当局によると22日の新規患者は、大連市金普新区に住む58歳の女性。21日の新規患者2人は、ともに金普新区に暮らす36歳と62歳女性。36歳女性は、19日に患者と確認されたレストラン経営者の妻。22日午後9時現在、大連市内で感染した新型コロナ患者は115人で、110人が退院し、5人が治療を受けている。

 国家衛生健康委員会の23日の発表によると、22日に中国全土で確認された新型コロナの新規患者は15人。うち海外感染が14人、国内感染は大連の1人だった。

 23日午前0時現在、全国の現在の患者数は320人(うち重症が5人)。累計患者数は8万6882人で退院者は8万1928人。死者は4634人となっている。

 人民網によると、英国などで見つかった新型コロナの変異種について、中国疾病対策予防センターの馮子健副主任は中国への流入は確認されていないと述べた。
低温物流食品の追跡システム、中国大連市が運用開始
輸入冷凍食品からコロナ検出頻発と中国 海外は疑問視、反発も
このエントリーをはてなブックマークに追加

22020年12月21日病 中国のニュースサイト、杭州網によると、遼寧省大連市政府は20日、前日に新型コロナウイルスの新規患者1人を確認したと発表した。同市の現在の患者は2人、無症状感染者は6人となっている。市衛生健康委員会は、感染対策を戦時レベルに引き上げ、市内の医療スタッフに最も厳しい管理を実施しているという。(写真は東網のキャプチャー)

 19日の新規患者は男性(39)。レストラン「味味鮮家常菜」の経営者兼調理師。当局が20病院から2500人を派遣し、大連市金普新区の男性の自宅周辺の住民らに対しPCR検査が進めている。また、自宅がある金普新区金潤小区B区の新型コロナ感染リスク等級を「中」に引き上げた。

 中国では大連市以外でも、感染者確認の発表が相次いでいる。ニュースサイトの紅星新聞によると、北京市当局は18日、有名「豚まん」店の「慶豊包子舗」酒仙橋店の女性従業員2人の新型コロナ発症を確認した。当局は同店を閉鎖した。

 北京市の保健当局によると、女性従業員2人は、14日に海外感染の新規患者と確認された吉林省の男性(27)との接触者。男性は11月28日に香港から北京の到着。2度の検査で陰性とされたが、集中隔離終了後、北京市朝陽区のホテル「漢庭酒店」に宿泊中に発症し、14日に感染が確認された。豚まん店は、ホテルに近接している。

 別のニュースサイト、東網によると、広東省広州市南沙区の保健当局は、区内の新型コロナ集中隔離用ホテルで、女性従業員(31)の無症状感染を確認した。女性はこれまで3回のPCR検査で陰性だった。

 国家衛生健康委員会によると、21日午前0時現在、治療中の新型コロナ患者は計318人(うち重症者4人)。累計では8万6852人で、うち8万1900人が退院した。死者は4634人となっている。

★参考情報★
ーーーーー
輸入冷凍食品からコロナ検出頻発と中国 海外は疑問視、反発も
ブラジルなど3カ国の牛肉から新型コロナ 山東
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ