中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 吉林

 2019年1月26日吉中国紙・検察日報によると、25日午後、吉林省長春市朝陽区の商業施設とマンションが入るビル「万達購物広場」の30階で爆発があり1人が死亡1人がけがした。(写真は東網のキャプチャー)

 地元警察によると、死者は江蘇省出身の男(56)。男はがんを発症して悲観的になり、賃借していた自宅内で爆発物を使い自殺したとみられる。直前に同省松原市で、経済上の争いがあった男を殺害した後、車で自宅に戻った。

 米公共放送ボイス・オブ・アメリカ中国語版によると、中国では社会に不満を持ち、公共の場所や政府庁舎近くなどで爆破などの騒ぎを起こして、自らの苦しみを訴えようとする事件がしばしば発生している。

 昨年11月に遼寧省葫蘆島市の小学校前で、男が乗用車が児童らを次々にはね、児童5人が死亡、教師と保護者を含む19人が重軽傷を負った。当局によると、男は直前に妻とけんかし、自殺を図り事件を起こしたという。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーー


 


 2018年11月26日東吉林省遼源市東豊県の建設会社、江城建設集団の資材置場が23日午後11時40分ごろ爆発、炎上し、同県政府が緊急対応を発令して警察、消防などが駆けつけて消火活動や住民の避難誘導を行った。24日午前8時に鎮火したが、午後12時40分の時点で、死者は2人、重軽傷者57人が出ている。周辺の民家370世帯が損壊した。中国新聞網が25日伝えた。(写真は、東網のキャプチャー)

 吉林省政府も事態を重視し、呉靖平副省長が現場に急行し、救助活動などを指揮した。当局が爆発原因を調べているが、警察はテロの可能性は否定した。

 香港メディア、東網によると、隣接する吉林省梅河口市でも爆発時に振動が感じられ、一部民家で窓ガラスが割れた。住民の1人は「地震かと思った」と話している。



 吉林省食品薬品監督管理局は19日、大手製薬会社、長春長生生物科技(吉林省長春市)が製造したジ2018年7月22日疫フテリア・百日咳・破傷風の三種混合ワクチンの品質が基準に達していなかったと発表した。同社は15日、狂犬病ワクチンの製造データを偽造していたとして国家食品薬品監督管理局に生産中止を命じられ、医薬品の製造・品質管理基準(GMP)適合の認証を取り消されたばかりだった。香港紙・蘋果日報(電子版)が23日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 国家食品薬品監督管理局によると、低品質の三種混合ワクチンは既に約25万3000本が山東省に向け出荷済みで、その後の具体的な販売先は分かっていない。長春長生生物科技に対しては、警察も捜査を始めた。香港のニュースサイトの東網によると、三種混合ワクチンに関しては、別の製薬会社の武漢生物制品研究所(湖北省武漢市)も品質が基準に達しない製品約40万本を主に河北省と重慶市に販売し、同局が昨年11月に摘発した。

 中国本土では自国製ワクチンへの不信感から、子どもへの接種をわざわざ香港で行うケースも出ている。

 中国紙・人民日報も批判の記事を連日掲載。狂犬病はワクチンを接種しなければ致死率100%の病気であり、三種混合ワクチンの品質が低いと子どもに障害が出たり死亡する場合があるとし、「ワクチンの不正は、殺人と同じ」と断じる専門家の意見を掲載した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーー


 2018年6月20日化吉林省長春市農安県で18日、溶剤などとして使われる工業用原料フルフラールの工場が爆発し、2人が死亡、3人が軽傷を負い、1人が行方不明になった。消防や警察などが事故原因を調べている。ニュースサイトの澎湃新聞が伝えた。

 ネットに投稿された動画によると爆発の威力は大きく、工場の建屋は完全に崩壊。消防隊員らががれきの中で行方不明者の捜索活動を続けた。

 フルフラールは、トウモロコシの穂軸や小麦のふすまなど農業廃棄物から抽出できる。化学繊維の原料、溶剤、殺虫剤などの原料として使われる。

2018年5月29日振 28日午前1時50分ごろ、吉林省松原市寧江区を震源とするマグニチュード(M)5.7の地震が起きた。同市政府によると、約4000世帯余りの家屋が倒損壊した。けが人の情報はない。中国新聞網が28日伝えた。(写真は星島日報のキャプチャー)

 同日午後7時までに198回の余震が起きた。最大規模はM2.8だった。

 28日午後6時現在、倒壊家屋は1世帯の2部屋。深刻な損壊が801世帯の2006部屋、損壊が4040世帯の9601部屋だった。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーー



↑このページのトップヘ