中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 吉林

2019年8月01日波 吉林省竜井市にある遊園地「裕滝水韵水上公園」で29日午後2時40分ごろ、波の出るプール「海嘯池」で想定外の大波が発生、遊泳客44人が足を骨折するなど重軽傷を負った。当局によると、プールの制御装置の故障で、波が大きくなり過ぎた。中国新聞網が31日伝えた。(写真は網易のキャプチャー)

 目撃者によると、多数の客が遊泳中に巨大な波が襲い子どもらが悲鳴を挙げた。波の力で多く客が、プールを囲む石の壁にたたきつけられけがした。プールサイド客にも水が押し寄せた。市当局は、遊園地に対して「海嘯池」の営業停止を命じた。

 竜井市政府は、応急対応、公安(警察)、観光などの各部門からなる合同調査チームを結成し、調査を始めた。また、市当局によると、事故後「酒に酔った高齢者が操作を誤った」、「病院はけが人であふれている」とのうわさがネット上で流れたが、すべて虚偽だった。

 中国では行楽施設での事故が多発している。浙江省安吉市の観光地「中南百草原景区」で5月中旬、園内遊覧用の車両が横転、ガイド1人が死亡、ツアー客10数人が重軽傷を負った。5月初めには、四川省成都天府新区の遊園地の滑り台から行楽客14人が転落し、2人が死亡、12人がけがした。


★参考情報★
ーーーーーーーーー
観光地で遊覧車が横転 1人死亡、十数人けが 浙江

 2019年6月11日鉱ニュースサイト・新京報によると、吉林省長春市の石炭会社「吉林省龍堡砿業有限公司」の炭鉱で9日午後8時ごろ、ガス突出がが起き、作業員9人が死亡、10人がけがした。(写真は東網のキャプチャー)

 ガス突出は、風船が破裂するように蓄積したガスが吹き出す現象。今回は炭鉱の地下944~980メートルの坑内で発生し、マグニチュード(M)2.3のエネルギーが観測された。事故当時30人が作業中だった。

 同社は、国有炭鉱大手の遼源砿業集団(吉林省遼源市)の傘下で、2006年に発足、09年に操業を始めた。確認埋蔵量は1億8000万トン、年産能力は90万トン。吉林省で、採掘設備が最も近代的な炭鉱とされる。

 同社は、2016年からこれまで安全上の問題があるとして、当局から数回、罰金などの処罰を受けた。ガス突出の危険性も指摘されていた。2018年9月には高所からの転落事故で1人が死亡した。

★参考情報★
ーーーーーーーー
改築中の自動車修理工場が崩落 作業員10人死亡 上海
建設現場のエレベーターが落下 11人死亡2人重傷 河北
高所作業の足場崩落 作業員6人死亡、5人けが 江蘇

2019年6月4日長 吉林省長春市で2日、雷やひょうを伴う大雨に見舞われ、一部地区の雨量が100ミリを超えた。当局によれば、50年に一度の大雨。市内各所が冠水したほか、長春龍嘉国際空港では3日午前、41便が欠航した。香港メディア東網が3日伝えた。

 大雨は2日午後4時から夜まで続き、最大雨量は124.5ミリ。当局によると市内56カ所が冠水。多数の自動車が水没したり、流されたりした。住民多数が孤立し、消防隊が256人を救出した。









★参考情報★
ーーーーーーーーーーー
広西各地で大雨 9人死亡3人不明、35万人被災
広東省珠海で豪雨赤色警報 珠海空港で31便に影響
南方7省・市で大雨 4人死亡、2.7万人が避難

 2019年1月26日吉中国紙・検察日報によると、25日午後、吉林省長春市朝陽区の商業施設とマンションが入るビル「万達購物広場」の30階で爆発があり1人が死亡1人がけがした。(写真は東網のキャプチャー)

 地元警察によると、死者は江蘇省出身の男(56)。男はがんを発症して悲観的になり、賃借していた自宅内で爆発物を使い自殺したとみられる。直前に同省松原市で、経済上の争いがあった男を殺害した後、車で自宅に戻った。

 米公共放送ボイス・オブ・アメリカ中国語版によると、中国では社会に不満を持ち、公共の場所や政府庁舎近くなどで爆破などの騒ぎを起こして、自らの苦しみを訴えようとする事件がしばしば発生している。

 昨年11月に遼寧省葫蘆島市の小学校前で、男が乗用車が児童らを次々にはね、児童5人が死亡、教師と保護者を含む19人が重軽傷を負った。当局によると、男は直前に妻とけんかし、自殺を図り事件を起こしたという。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーー


 


 2018年11月26日東吉林省遼源市東豊県の建設会社、江城建設集団の資材置場が23日午後11時40分ごろ爆発、炎上し、同県政府が緊急対応を発令して警察、消防などが駆けつけて消火活動や住民の避難誘導を行った。24日午前8時に鎮火したが、午後12時40分の時点で、死者は2人、重軽傷者57人が出ている。周辺の民家370世帯が損壊した。中国新聞網が25日伝えた。(写真は、東網のキャプチャー)

 吉林省政府も事態を重視し、呉靖平副省長が現場に急行し、救助活動などを指揮した。当局が爆発原因を調べているが、警察はテロの可能性は否定した。

 香港メディア、東網によると、隣接する吉林省梅河口市でも爆発時に振動が感じられ、一部民家で窓ガラスが割れた。住民の1人は「地震かと思った」と話している。



↑このページのトップヘ