中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 黒龍江

22020年11月18日法 ニュースサイトの環球網によると、黒竜江省ハルビン市双城区法院(裁判所)は17日、同裁判所の民事法廷責任者のカク(赤におおざと)剣裁判官(56)が13日正午ごろ、所内の郵便室で男に刃物で刺されまもなく死亡したと発表した。警察は男を拘束し、取り調べている。

 同裁判所の発表によると、男は地元に住む養豚業者の呉徳仁容疑者。妻から離婚を巡る財産の分与を求めて提訴され、カク裁判官が9月、妻の訴えを認める判決を言い渡した。呉容疑者は、判決を不服としてハルビン市中級法院に控訴していた。離婚は家庭内暴力がきっかけで、7月には呉容疑者が妻にけがを負わせ、警察の取り調べを受けている。

 呉容疑者は13日午前、双城区法院にカク裁判官を尋ね、証拠調べのため提出した不動産権利書の返却を要求。カク裁判官が、返却は控訴審の終了後になると説明した。呉容疑者は正午ごろ、カク裁判官を郵便室に無理に連れ込み、持参した肉切り包丁で数回刺した。居合わせた職員が警察に通報、カク裁判官は病院に運ばれたがまもなく死亡した。

 中国では裁判官が、襲われ死傷する事件が過去にも起きている。2016年3月には、北京市昌平区で、地元裁判所の女性裁判官と夫が自宅近くで、訴訟当事者だった2人組の男に拳銃で撃たれ、馬さんが死亡、夫が軽傷を負う事件が起きた。15年9月には湖北省十堰市市中級人民法院で、裁判官や書記官4人が、訴訟中の男に刃物で刺されて負傷した。
このエントリーをはてなブックマークに追加

22020年11月09日黒 ニュースサイトの楚天都市網によると、中国黒竜江省ハルビン市崗南区にある団地「陽光家園」集合住宅から6日早朝、刺激臭がした後、住民多数が体の不調を訴えていると通報が相次いだ。警察と消防が現場に急行し、住民の救護に当たったが、1人が死亡、25人が病院に運ばれた。

 当局が団地を封鎖し、事故が起きた棟の住民を避難させた。専門家の調べでは、有毒ガスが発生し住民が中毒したとみている。香港メディア東網によると、断熱材が自然発火して有毒ガスが発生した可能性がある。

 病院に運ばれた25人のうち1人は、意識不明の重体。現地の病院、黒竜江省農墾総医院が楚天都市網に明らかにしたところでは、40代の女性で、集中治療室(ICU)で治療を受けている。

 事故が起きたのはA区1号棟で、約100戸が入居。現在は住民全員が避難した。住民の1人は「断熱材のポリスチレン板が燃えた。煙だけで炎は見えなかった。板から出た黒い煙が、中毒の原因だろう」と話している。当局が原因を調べている。

★参考情報★
ーーーーーー
化学工場から塩素ガス漏れ 19人入院、1人重体 安徽
このエントリーをはてなブックマークに追加

22020年10月27日熱 ニュースサイトの中国新聞網によると、中国黒竜江省伊春市南岔県で23日午後1時40分ごろ、コージェネレーション(熱電併給設備)の南岔熱電廠の8号ボイラー付近で、保守作業中に熱湯と蒸気が噴出し、1人が高所から転落して死亡、2人がやけどを負い病院に運ばれた。(写真は東網のキャプチャー)

 南岔県当局が事態を重く見て、対策チームを現地に派遣したほか、伊春市の関連当局とともに調査チームを立ち上げた。また、南岔県当局が、事故を起こした設備にボイラーや配管など全部の点検を指示。また、県内のコージェネなど熱供給施設に対し安全点検を求めた。

 南岔熱電廠は、2006年の発足の公有施設。周辺に熱と電力を供給している。

★参考情報★
ーーーーーーー
重慶の国有炭鉱で一酸化炭素中毒事故 16人死亡
このエントリーをはてなブックマークに追加

22020年10月14日麺 黒竜江省鶏西市で、家庭内で麺料理を食べた一族9人うち、13日までに8人が死亡した。同市の保健当局は、バークホルデリア・グラディオリと呼ばれる細菌による食中毒とみている。シンガポールのニュースサイト、聯合早報が伝えた。

 今月5日、この一族の12人が集まり、若者3人を除く9人が、トウモロコシを発酵させて作る、「酸湯子」と呼ばれる麺を調理して食べた。9人はまもなく体の不調を訴え、病院に運ばれたが、7人が死亡。13日にさらに1人が亡くなった。残る1人もハルビン大付属病院で治療を受けている。

 警察によると、「酸湯子」は自家製で、冷凍庫で1年間保存されていた。警察は、9人の死因は食中毒と断定し、何者かが毒を入れた可能性を否定した。

 香港メディアの東網によると、バークホルデリア・グラディオリは、でんぷんを使った食品でしばしば繁殖。高温や高湿度のほか、保管方法が不適切な場合、食中毒を引き起こす場合がある。熱に極めて強く、煮ても殺菌できない。有効な解毒剤はなく、中毒すると致死率は40%以上になるという。今年7月には、広東省揭揚市でも、この細菌が繁殖した麺料理を食べた1人が、中毒して死亡した。


★参考情報★
ーーーーーーー
小学校食堂で変質や腐った食材 保護者が抗議も警察がトウガラシ・スプレー噴射 成都
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年8月5日倒 4日付中国紙・楚天都市報などによると、黒竜江省ハルビン市道里区で4日午前8時55分ごろ「北方金属交易市場」で4階建ての倉庫が突然崩落し、作業員9人が生き埋めになった。(写真は東網のキャプチャー)

 東網によると、地元の警察や消防隊員らが救助作業を行い、午後7時までに4人の遺体を発見した。残る5人の捜索を続けている。警察が所有者と賃借人らを拘束し取り調べている。また、市政府も事故原因の調査を始めた。現場近くの商店主は「作業員が、壁を壊す作業をしていた」と話している。

 ネットメディアによると、以前、倉庫を賃借していた「哈爾濱鳳軍汽車玻璃」の責任者は「危険な建物だと思ったので移転した。もともと平屋だったが、その後、上の階を建て増しした。はりの間が長すぎ床板がたわんでいた」と語った。

 「北方金属交易市場」は、ハルビン市で最大規模の非鉄金属製品の取引所で、2009年5月に開業。建物の床面積は2万6500平方メートル。取引ホールのほか、建材やパイプなど各業者の店舗約300カ所が営業している。アルミ材は樹脂材、内装品などを扱っている。

 中国では建物が突然崩落する事故が頻発している。5月には広西チワン族自治区貴港市覃塘区の木材加工会社の工場が崩落し、29人が死傷。3月には、福建省泉州市で新型コロナウイルスの隔離用のホテル「泉州欣佳酒店」が崩落して29人が死亡した。

★参考情報★
ーーーーーーー
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ