中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 黒龍江

 2020年4月7日黒ニュースサイトの中国青年網によると、黒竜江省衛生計画生育委員会は7日、同省で6日、新型コロナウイルスの感染者を新たに20人確認したと発表した。いずれも中国籍で、ロシアから入国した。うち広東省の5人、黒竜江省の5人、浙江省の3人など全国6省・自治区の出身者だった。(写真はRFAのキャプチャー)

 海外で感染し黒竜江省で確認された患者は62人。出身地別では黒竜江省が22人、その他が40人。また、4人が重症となっている。

 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、中国では航空国際便が大幅に減ったため、海外に住む中国人多数が陸路での帰国を試みている。各国と隣合う広西チワン族自治区や雲南省のほか、黒竜江省の出入国検査所が新型コロナの感染防止対策に忙殺されているという。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー


このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年12月23日埋 中国新聞網によると、黒竜江省ハルビン市阿城区で23日午前10時15分ごろ、下水道管工事中に掘削中の穴が崩落し、作業中の5人のうち4人が生き埋めになった。(写真は百度のキャプチャー)

 まもなく緊急救援、消防、警察などの隊員が急行して、救助作業を行い、1人を救出したが、3人が行方不明となっている。 

 ニュースサイトの新京報によると、現場は同区の新華小学校前。下水道管埋設のため掘られた穴は長方形で、深さ約6メートル。救助隊員は腰に命綱を着け、穴の底部の土をスコップで掘って行方不明者を捜索した。

 中国では工事中の崩落による死傷労災事故が多発している。今月13日には、陝西省宝鶏市の金属素材メーカーの工場で大型設備の設置のため掘っていた穴が突然崩れ、作業員3人が生き埋めになった。3人はその後病院で死亡した。10月28日には、貴州省貴陽市観山湖区の建設中の地下駐車場で崩落事故があり10人が行方不明になった。


★参考情報★
ーーーーーー
建設中の地下駐車場が崩落 作業員8人死亡2人けが 貴州
銀行ビル工事中に崩落 作業員5人死亡、4人けが 吉林
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年12月10日獣 中国紙・中国青年報(電子版)によると、黒竜江省衛生健康委員会(黒竜江衛健委)は9日、動物から人に感染することがある「ブルセラ菌」の感染者13人が確認され、1人が発症したと発表した。(写真は東網のキャプチャー)

 黒竜江省疾病対策予防センターが、同省農墾総医院の6人に対する診断結果から断定した。感染者はいずれも、研究機関の中国農業科学院・ハルビン獣医学院(ハルビン市)の大学院生だった。13人のうち発症が1人、感染の疑いが2人、未発症の感染が10人だった。

 感染した13人は、甘粛省蘭州市の中国農業科学院蘭州獣医研究所からハルビンの獣医学院に派遣された49人の一部。うち37人は蘭州の研究室内で動物に触れたが、ハルビンでは接触がなかった。専門家は、ブルセラ菌が省外から持ち込まれたとみている。

 ブルセラ症は、発熱や関節痛などインフルエンザと似た症状が出る。感染した家畜や犬のから感染することがあるが、人から人へ感染することはない。



★参考情報★
ーーーーーーーーー
重慶で再び豚コレラ確認 22省区市に感染拡大
北京、陝西、黒龍江でアフリカ豚コレラ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 黒竜江省では広い範囲で大雪が降り、道路の積雪や凍結で車の事故が多発している。ハルビン市では132019年11月15日哈日午前9時ごろバスが横転し、1人が死亡、多数が負傷した。警察は、坂を下る途中、運転ミスで横転したとみて、運転手を拘束して取り調べている。香港メディアの東網が伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 ハルビンでは12日にも「哈同高速道路」でバスが横転。乗客33人が重軽傷を負い病院に運ばれた。乗客によると、バスが他の車をとっさに避けようとした際、制御不能になった。同市ではこのほか、凍結した道路で転倒し、骨折した歩行者10人余りが病院で手当を受けた。

 新華網によると、黒竜江省では12~13日の大雪のため、省内の高速道路が少なくとも10本、全線で通行止めになった。ハルビン市では、環状高速道路の通行止めのため、12日夜から市内の一部で渋滞が発生。13日午前には、市内の多くの場所で交通事故も起きた。


★参考情報★
ーーーーーーーーーー
高速道路で31台衝突 59人死傷、17キロ下り坂でブレーキ故障-甘粛
広東・仏山でトレーラーとワゴン車衝突、7人死亡
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年11月7日飛黒竜江省・ハルビンから浙江省・寧波に向かっていた深セン航空ZH9765便のボーイング737-800型機で、5日午後6時10分に離陸後まもなく操縦席の窓ガラスに亀裂が入り、直ちにハルビン太平国際空港に引き返した。同便は午後7時10分ごろ無事着陸し、けが人はなかった。ニュースサイトの北青網が6日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 同便は機体を交換後、午後11時36分に再度離陸し、約2時間半で寧波に到着した。

 専門家によると、旅客機のガラスの亀裂はしばしば発生し、世界では1週間に1回起きている。ガラスは3層になっており、1枚に亀裂が入っても問題ないという。

 中国では18年5月、重慶発ラサ(チベット)行きの四川航空のエアバスA390型機「3U8633便」で、飛行中に操縦席前方の窓ガラスが脱落、副機長が機外に放出されそうになった。機長の懸命な操縦で危うく大事故を回避する事故が起きた。この際は、乗務員2人がけがした。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーー
旅客機の操縦席ガラスがひび割れる事故。首都航空機が出発空港に緊急着陸ー浙江
操縦席の窓ガラス脱落、機長の頑張りで大事故回避、乗員2人けが、乗客27人が不調訴え受診
海南航空機がバードストライク、出発地に引き返すー福建
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ