中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 健康

 2019年12月12日蚊広東省衛生健康委員会は10日、33歳男性のジカ熱を発症したと発表した。男性は6月からカンボジアで働いていたが、8日に帰国した。香港紙・星島日報(電子版)が11日伝えた。

 同省深セン市の空港から入国時、税関が男性が発熱していることを発見。深セン税関と深セン疾病対策予防センターの検査でジカウイルスへの感染が確認された。同センターは、男性がいた地点で蚊の駆除を行った。

 ジカ熱はヤブ蚊が媒介する伝染病。世界保健機関(WHO)の2018年7月のまとめだと、南アメリカを中心に世界86カ国・地域で発症者が確認された。

 WHOによると中国は、媒介するヤブ蚊はいるが、これまで流行の報告はない。16年以降、10日に見つかった男性を含め30人の感染を確認した。いずれも海外からの帰国者で症状は軽い。

 昨年10月には、広東省広州税関が、モルディブから帰国した男性のジカウイルスの感染を確認した。16年には広東と北京でベネズエラから帰国した女児を含む男女3人が感染しているのがみつかった。

★参考情報★
ーーーーーーー
今年初のジカ熱患者を確認=モルディブから帰国-広州
北京でジカ熱患者1人を確認、ベネズエラから帰国

2019年12月10日獣 中国紙・中国青年報(電子版)によると、黒竜江省衛生健康委員会(黒竜江衛健委)は9日、動物から人に感染することがある「ブルセラ菌」の感染者13人が確認され、1人が発症したと発表した。(写真は東網のキャプチャー)

 黒竜江省疾病対策予防センターが、同省農墾総医院の6人に対する診断結果から断定した。感染者はいずれも、研究機関の中国農業科学院・ハルビン獣医学院(ハルビン市)の大学院生だった。13人のうち発症が1人、感染の疑いが2人、未発症の感染が10人だった。

 感染した13人は、甘粛省蘭州市の中国農業科学院蘭州獣医研究所からハルビンの獣医学院に派遣された49人の一部。うち37人は蘭州の研究室内で動物に触れたが、ハルビンでは接触がなかった。専門家は、ブルセラ菌が省外から持ち込まれたとみている。

 ブルセラ症は、発熱や関節痛などインフルエンザと似た症状が出る。感染した家畜や犬のから感染することがあるが、人から人へ感染することはない。



★参考情報★
ーーーーーーーーー
重慶で再び豚コレラ確認 22省区市に感染拡大
北京、陝西、黒龍江でアフリカ豚コレラ

 2019年12月10日霧ニュースサイトの央広網によると、華北地区の各地は10日、今冬で最も厳しい濃霧となった。山東、河北ではスモッグも発生し、一部地区では視界が50メートルを下回った。中央気象台は、寒気のためきょう11日から霧とスモッグが解消するとみている。(写真は東網のキャプチャー)

 山東省気象台は10日、濃霧では3段階で1番目の赤色警報、河北省は2番目のオレンジ警報を発令した。河北省は9日夜から、北京の南側と東側に隣接する地区の高速道路、天津では10日午前8時、市内の各高速道路をそれぞれ閉鎖した。

 河北省では10日、大気質指数(AQI)が200前後の中度から重度の大気汚染となった。

 香港メディアの東網によると、北京大興国際空港は10日視界が300メートルに低下したため10各種の安全運航対策を始動。天津と河北省・石家荘の空港でも、濃霧の影響で51便に遅れが出た。

 環境と気象の両部門によると、華北では11日からスモッグがいったん解消するものの、北京・天津・河北(京津冀)地区では12月中旬から下旬にかけ、重度の大気汚染が1~2回起きる可能性がある。


★参考情報★
ーーーーーーーー
貴州の高速道路で37台追突 23人重軽傷、路面凍結と濃霧で
北京に大気汚染オレンジ警報 工場操業と施工規制 バーベキューも禁止

2019年12月3日病 世界エイズデーを前に国家衛生健康委員会が11月30日、今年1~10月に中国全土で延べ2億3000人がエイズウイルス(HIV)の検査を受け、新たな感染者13万1000人が見つかったと発表した。また、10月末現在の発症者は95万8000人だった。中国誌・南方週末が伝えた。(写真は騰訊網のキャプチャー)

 同委員会疾病対策予防局の周宇輝副局長は「実際の感染者のうち4分の1は検査を受けないか、自身が感染したことを知らないとみられる」と述べた。新たなに見つかった感染者中、中期や晩期の割合が多かったという。

 同委員会によると、HIVは全体として流行が抑えらた状態が続いており、輸血経由の感染ルートは断たれている。違法薬物の使用に伴うものや母子感染も効果的に抑制され、性交渉が主な感染ルートとなっている。

 周局長は「SNSなど新メディアの普及で、一夜だけの情交や多数のパートナーとの性交渉などが跡を絶たず、感染状況が覆い隠されている」と述べた。学生と高齢者で、感染防止の自覚が足りない傾向があるという。

★参考情報★
ーーーーーーーー
血液製剤からエイズウイルス陽性反応 当局が使用中止を命令
北京の大学生のHIV感染急増、男子学生が98%

 2019年11月29日鼠内モンゴル自治区衛生健康委員会は27日、ウランチャブ市 四子王旗江岸ソムで牧民1人が腺ペストと診断されたと発表した。 患者は現地の病院で隔離され治療を受けているが、病状は安定している。緊密に接触した4人も、隔離して観察を受けているが、これまでに異常はない。

 内モンゴル自治区で腺ペストの患者は2人目。新たに見つかった患者は発症前、ペストの発生地での行動歴があった。他に夫婦が肺ペストと診断され、北京で治療を受けている。

 同委員会は住民に大使、発熱、咳、リンパ節の痛みを感じらたら、直ちに病院で診察を受けるよう呼びかけている。また、外出時には、野生動物との接触を避けるよう求めた。

 香港当局の発表によると、内モンゴル自治区の男性が今月16日、腺ペストと診断された。男性は感染前、野ウサギを食べていた。腺ペストはペストの一種だが、通常はヒト間の感染は起きない。

 香港メディアの東網によると、ネット上では23日、吉林省長春市で肺ペストの患者が発生したが、大学病院で治療を拒否されて、死亡したとの情報が流れた。

 「曹大爺」のアカウントでミニブログに掲載された記事によると、筆者のおじが肺ペストに似た症状で、吉林大白求恩第一病院などを訪ねたが診察を拒否された。長春市伝染病病院で受診すると、ペストの可能性もあるとの指摘を受けたという。

★参考情報★
ーーーーーーーー
ペスト発生の町、夏からネズミ大量発生 内モンゴル
ペスト4省・市で確認か 9人感染、1人死亡の情報
内モンゴルの2人が肺ペストと診断 北京の病院で隔離

↑このページのトップヘ