中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 健康

 2019年6月6日空生態環境省は「世界環境デー」の5日、中国の大気質の改善状況に関するリポートを発表し、2013~18年の6年間に、北京・天津・河北(京津冀)のPM2.5(微小粒子状物質)の平均濃度が48%低下したと発表した。うち北京では43%低下した。北京日報(電子版)が5日伝えた。

 リポートによると、PM2.5平均濃度は、上海などの長江デルタ地区では39%、珠江デルタでは32%それぞれ下がった。珠江デルタのうち9都市は、2015年から連続4年、大気質が国の「二級基準」を満たした。

 リポートによると6年間、国内総生産(GDP)は39%、エネルギーの消費量は11%、自動車の保有台数は83%それぞれ増加した。しかし、大気汚染物質は大幅に低下。「環境大気質標準」を導入した74都市でPM2.5濃度は42%、二酸化硫黄は68%それぞれ減少した。

 リポートは一方、中国の環境基準が依然、深刻であることを指摘。主要都市の6割以上でPM2.5の濃度が、国の環境基準の35μg/m3(マイクログラム/立方メートル)以下を満たしていない。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー
モンゴルの砂嵐北京へ=PM10濃度上昇、一時「重い汚染」
北京・天津・河北でPM2.5濃度12.5%下降 生態環境相
産業、交通、暖房と地形 北京周辺の大気汚染の原因解明

2019年5月9日水 遼寧省瀋陽市於洪区のマンションで5日、住民約300人が吐き気や腹痛などを訴え相次いで病院で治療を受けた。水道の代わりに使っていた井戸水が汚染されていた疑いがある。ニュースサイトの網易が伝えた。(写真は星島日報のキャプチャー)

 住民を治療した病院によると、患者は高齢者、子ども、妊婦を含み、いずれもウイルスに感染しているという。

 於洪区当局によると、住民の大多数はマンション敷地内の井戸水を飲んだ後に症状が出た。当局は井戸水を採取して検査を進めている。また、給水車2台を派遣した。

 住民によると、最近、井戸水から異臭がしていたが、5日午前2時ごろから住民の一部が不調を訴え始めた。住民は病院に駆け込み、点滴などを受けた。

 マンションの飲水は、市が整備した水道でなく、不動産開発会社が掘った井戸から供給されていた。水質は国家標準に合っていなかったという。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー

2019年4月10 日菌 第二軍医大・上海長征病院皮膚科の廖万清教授はこのほど、メディアの取材に対し、致死率60%の真菌(カビ)「カンジダ・アウリス」の感染例が中国で18件確認されたことを明らかにした。健康時報(電子版)などが9日伝えた。(写真は百度のキャプチャー)

 「カンジダ・アウリス」は2009年日本で初めて確認された。米疾病対策センター(CDC)によれば、米国では感染例587件が確認され50%が90日以内に死亡した。世界約30カ国で感染例を報告されている。廖教授によると、中国では18年の76歳を皮切りに、各地で感染例が相次ぎ見つかった。

 廖教授によると、カンジダ・アウリスに感染すると高熱を発し、内蔵の衰弱や呼吸困難などの症状が出る。各種の薬物を使っても治療効果がないという。

 北京大医学部検査学科の王輝主任によると、カンジダ・アウリスは患者や病院スタッフの皮膚、施設の壁などで長時間生存でき、適切な対策を行わないと、病院内で爆発的に感染が拡大する恐れがある。18年に英国で感染が拡大した際は、共用の体温計が媒介した。

 廖教授は、早期の発見、隔離、治療を呼びかけている。ただ、「現在の観察結果では、中国で爆発的な流行が起きる恐れは少ない」と述べた。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーー

 台湾中央災害即応センターは2日、中国から宅配便で送られたり、旅行客が携帯した豚肉加工品からアフリカ豚コレラ(ASF)ウイルスの検出が相次いでおり、台湾で感染拡大の危険が高まっているとして警戒を呼び掛けた。台湾・蘋果日報が同日伝えた。

 同センターによると、宅配便で送られた中国江蘇省産のポークジャーキーや、香港経由で台湾に到着した中国人旅行が持っていた黒竜江省産の豚肉ソーセージとハムからASFを検出した。いずれも中国で流行中のASFウイルスと遺伝子が一致していた。

 台湾で中国製の豚肉加工品からASFウイルスが検出された例は2018年10月から計36件。検出率は昨年10月の0.6%に対し、今年2月は8%、3月は3.9%と上昇が続いている。

 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、中国ではASFの感染拡大が続く中、遼寧省瀋陽市の家きん飼育場でこのほど、鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)の感染が確認された。瀋陽市当局は、家きん2万羽を処分。香港政府は、瀋陽市からの家きん肉と加工品の輸入を禁じた。


★参考情報★
ーーーーーーーーーー
アフリカ豚コレラで養豚場周辺を閉鎖 川で50頭の死体 広西
冷凍ギョーザからアフリカ豚コレラウイルス 製造元が販売中止

2019年3月28日毒 江蘇省塩城市響水県の江蘇天嘉化工有限公司の化学工場で21日起きた爆発に絡み、江蘇省生態環境庁は27日、周辺の大気と水質を調べたところ、同市を流れる新豊河で極めて深刻な汚染が観測されたほか、新農河でも汚染物質の濃度が環境基準を超えたと発表した。中国本土のニュースメディア、新京報が同日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 同庁が爆発現場の風下の大気を調べたところ、26日午後8時現在、ベンゼンの濃度は基準を下回っていた。

 新豊河では27日午後6時現在、アンモニア態窒素の濃度が1リットルあたり228μg(マイクログラム)で、地表水に関する環境基準の113倍だった。新農河でもCOD(化学的酸素要求量)やアンモニア態窒素の濃度が環境基準を上回っていた。

 新華社によると、国務院(中央政府)安全生産委員会弁公室は通達を出し、今回の爆発事故の教訓をくみ取り、化学品に絡む危険が潜んでいないか、全面的な調査を行うよう下部機関などに命じた。

★参考情報★
ーーーーーー
化学工場爆発で死傷668人、28人不明 周辺河川の汚染深刻 江蘇
農薬工場で爆発、6人死亡30人重傷 住民にも被害 江蘇
化学工場で爆発 19人死亡、12人けが-四川・宜賓

↑このページのトップヘ