中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 健康

2019年4月10 日菌 第二軍医大・上海長征病院皮膚科の廖万清教授はこのほど、メディアの取材に対し、致死率60%の真菌(カビ)「カンジダ・アウリス」の感染例が中国で18件確認されたことを明らかにした。健康時報(電子版)などが9日伝えた。(写真は百度のキャプチャー)

 「カンジダ・アウリス」は2009年日本で初めて確認された。米疾病対策センター(CDC)によれば、米国では感染例587件が確認され50%が90日以内に死亡した。世界約30カ国で感染例を報告されている。廖教授によると、中国では18年の76歳を皮切りに、各地で感染例が相次ぎ見つかった。

 廖教授によると、カンジダ・アウリスに感染すると高熱を発し、内蔵の衰弱や呼吸困難などの症状が出る。各種の薬物を使っても治療効果がないという。

 北京大医学部検査学科の王輝主任によると、カンジダ・アウリスは患者や病院スタッフの皮膚、施設の壁などで長時間生存でき、適切な対策を行わないと、病院内で爆発的に感染が拡大する恐れがある。18年に英国で感染が拡大した際は、共用の体温計が媒介した。

 廖教授は、早期の発見、隔離、治療を呼びかけている。ただ、「現在の観察結果では、中国で爆発的な流行が起きる恐れは少ない」と述べた。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーー

 台湾中央災害即応センターは2日、中国から宅配便で送られたり、旅行客が携帯した豚肉加工品からアフリカ豚コレラ(ASF)ウイルスの検出が相次いでおり、台湾で感染拡大の危険が高まっているとして警戒を呼び掛けた。台湾・蘋果日報が同日伝えた。

 同センターによると、宅配便で送られた中国江蘇省産のポークジャーキーや、香港経由で台湾に到着した中国人旅行が持っていた黒竜江省産の豚肉ソーセージとハムからASFを検出した。いずれも中国で流行中のASFウイルスと遺伝子が一致していた。

 台湾で中国製の豚肉加工品からASFウイルスが検出された例は2018年10月から計36件。検出率は昨年10月の0.6%に対し、今年2月は8%、3月は3.9%と上昇が続いている。

 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、中国ではASFの感染拡大が続く中、遼寧省瀋陽市の家きん飼育場でこのほど、鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)の感染が確認された。瀋陽市当局は、家きん2万羽を処分。香港政府は、瀋陽市からの家きん肉と加工品の輸入を禁じた。


★参考情報★
ーーーーーーーーーー
アフリカ豚コレラで養豚場周辺を閉鎖 川で50頭の死体 広西
冷凍ギョーザからアフリカ豚コレラウイルス 製造元が販売中止

2019年3月28日毒 江蘇省塩城市響水県の江蘇天嘉化工有限公司の化学工場で21日起きた爆発に絡み、江蘇省生態環境庁は27日、周辺の大気と水質を調べたところ、同市を流れる新豊河で極めて深刻な汚染が観測されたほか、新農河でも汚染物質の濃度が環境基準を超えたと発表した。中国本土のニュースメディア、新京報が同日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 同庁が爆発現場の風下の大気を調べたところ、26日午後8時現在、ベンゼンの濃度は基準を下回っていた。

 新豊河では27日午後6時現在、アンモニア態窒素の濃度が1リットルあたり228μg(マイクログラム)で、地表水に関する環境基準の113倍だった。新農河でもCOD(化学的酸素要求量)やアンモニア態窒素の濃度が環境基準を上回っていた。

 新華社によると、国務院(中央政府)安全生産委員会弁公室は通達を出し、今回の爆発事故の教訓をくみ取り、化学品に絡む危険が潜んでいないか、全面的な調査を行うよう下部機関などに命じた。

★参考情報★
ーーーーーー
化学工場爆発で死傷668人、28人不明 周辺河川の汚染深刻 江蘇
農薬工場で爆発、6人死亡30人重傷 住民にも被害 江蘇
化学工場で爆発 19人死亡、12人けが-四川・宜賓

 香港、マカオではしかが流行しており、26日の時点で香港での感染者は25人に上った。空港や航空会社の職員、医療機関のスタッフも含まれる。香港とマカオの衛生当局は、空港などでワクチンの接種を始めた。博訊新聞網が同日伝えた。 

 マカオの感染者は25日夜時点で20人。病院の男性看護師(29)が最新の感染者で、発症前にはしかの患者1人と接触していた。

 香港の感染者26人は過去3年間で最多。うち8人航空関係者だった。うちキャセイパシフィック航空の男性客室乗務員(23)は1日、東京との往復便での勤務後、感染が分かった。3月中旬には、空港の保安検査や手荷物運搬の職員からも次々と感染者が見つかった。

 同航空の外国人機長(46)も感染したが、発熱は発疹など症状が出るまで7~8便の乗務をこなしていた。

 2019年3月25日毒江蘇省塩城市響水県の化学工業団地内で、江蘇天嘉宜化工有限公司の化学工場で21日起きた爆発で、24日までに死者は64人、重軽傷は604人に達した。他に28人が行方不明になっている。また、爆発で漏出した化学物質で工場周辺の大気や水に汚染され、住民が健康への影響を懸念している。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が24日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 国務院(中央政府)は「塩城特別重大事故調査チーム」を結成し事故原因の調査を始めた。チームは23日、安全操業対策のいい加減さが事故につながったと指摘した。

 香港紙・蘋果日報によると、欧州訪問中の習近平国家主席も事故の徹底調査を命じた。同紙は、江蘇省政府の担当者が責任を問われることは避けられないと報じた。

 香港メディアの東網によると、同市を流れる新豊河ではアンモニア態窒素の濃度が基準の226倍、有毒なアニリンとジクロロメタンの濃度も基準の40.5倍と17.5倍に達した。

 当局は、化学工業団地内の企業を対象に、危険化学品の保管量、保管方法について調査を始めた。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーー
農薬工場で爆発、6人死亡30人重傷 住民にも被害 江蘇
化学工場で爆発 19人死亡、12人けが-四川・宜賓

↑このページのトップヘ