中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 健康

2020年1月20日肺 湖北省武漢市衛生健康委員会は21日、新型コロナウイルスが原因の肺炎で1人が死亡したと発表した。この肺炎による死者は計4人となった。

 死亡したのは89歳の男性。13日に発病し19日に死亡した。高血圧、糖尿病、環状動脈性心臓病などの持病があった。
 19日午前零時現在、この肺炎の武漢市内の患者は計198人。うち重症が35人、重体が9人となっている。

    新華社によると、湖北省武漢市などで多発している新型コロナウイルスが原因の肺炎の患者は20日午後6時現在224人となった。うち確認が217人(武漢市198人、北京市5人、広東省14)、疑い例が7人(四川省2人、雲南省1人、上海市1人、広西チワン族自治区1人、山東省1人)。このほか日本で1人、タイで2人、韓国で1人の感染がそれぞれ確認された。(写真はVOAのキャプチャー)

 香港メディア、香港01によると、上海市衛生健康委員会は20日夜、上海で新たに1人が確認されたと公表。全国の確認患者数は218人となる。

 習近平国家主席と李克強首相はそれぞれ、春節(旧正月)の移動期を前に、新型肺炎の感染拡大に全力を挙げるよう指示した。国務院(中央政府)は20日、電話会議を開き、新型肺炎の感染拡大防止に向け部署を行った。

 香港01によると、中国外務省の耿爽副報道局長は20日、定例記者会見で、中国が日本、タイ、韓国などと緊密に連絡を取りながら、患者の治療と感染拡大防止に努めていることを強調した。副報道局長はまた、感染拡大対策について「武漢市政府が、武漢を離れる人員への監視を強めている」と述べた。
 
 米公共放送ボイス・オブ・アメリカによると、英インペリアル・カレッジ・ロンドンのMRCグローバル感染症分析センターは、新型肺炎の実際の患者が1月12日現在、中国当局の発表を大きく上回る1723人との分析結果を発表した。

★参考情報★
ーーーーーーー
武漢の新型コロナウイルス肺炎 夫婦間で感染か 神奈川県でも患者

2020年1月18日肺 ニュースサイトの鳳凰網によると、湖北省武漢市で患者が多発している新型コロナウイルスによる肺炎で、北京と広東省深セン市でも計3人の患者が確認されたことが19日分かった。また、武漢市衛生健康委員会は20日、この肺炎で1人が死亡し、死者が3人になったことを公表した。(写真は東網のキャプチャー)

 北京市大興区の医療機関が、武漢市に旅行歴があり発熱している2人を診察。まもなく疾病対策予防センターが新型コロナウイルスの感染を確認した。2人は既に熱が下がっているという。また、広東省衛生健康委員会によると、深セン市の男性(66)の同ウイルスへの感染が19日、確認された。男性は昨年12月末、武漢の親類を訪問後、1月3日に熱が出たため、病院で受診した。現在、容態は安定している。

 武漢市衛生健康委員会会の20日の発表によると、18~19の両日、同市で新たに136人の患者を確認した。25歳~89歳の男女で、100人が軽症、33人が重症、3人が重体だったがうち1人が死亡した。新型コロナウイルス肺炎による武漢市の死者は計3人となった。

 香港メディア東網によると、国家衛生健康委員会は、全国の医療機関に対し、発熱した患者を診察した際は、過去2週間以内に武漢への旅行歴があるかを尋ねるよう命じた。

★参考情報★
ーーーーーー
新型コロナウイルス肺炎で渡航規制は不要 WHOが見解

2020年1月17日肺 湖北省武漢市衛生計画委員会は16日、新型コロナウイルスによる肺炎を発症した男性(69)が死亡したと発表した。この肺炎による死者は2人目となる。(写真は東網のキャプチャー)

 同委員会によると、男性は昨年12月31日に発症し、4日に容態が悪化し、武漢市金銀潭病院に転院して治療を続けていた。男性は転院時、心筋炎や腎機能の異常、多臓器の機能へのダメージ、肺線維症などがみられた。男性は15日に死亡した。

 同委員会によると、15日現在の患者は41人、重症は5人、退院は5人。患者と緊密に接触し追跡の対象になったのは763人で、うち119人の観察が現在も続いている。

 同委員会が11日発表した、同肺炎による1人死者は61歳の男性で9日に死亡した。男性は、武漢市内の海産物市場「華南海鮮批発市場」にしばしば通っていた。腹部の腫瘍と慢性肝炎の持病があった。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー
新型コロナウイルス肺炎で渡航規制は不要 WHOが見解
春節の大移動期に肺炎拡散防止対策 交通運輸省が表明

 2020年1月16日肺湖北省武漢市衛生健康委員会は14日、同市内で患者が多発している新型コロナウイルスによる肺炎について、夫婦間の感染と発症を確認したと発表した。発表によると、先に発症した夫は、同市内の海産物市場「華南海鮮批発市場」の従業員だったが、妻は市場に行ったことがなかった。

 また、14日の発表によると、武漢市民1人が13日、観光のため訪れたタイで肺炎を発症し、現地で新型コロナウイルスによるものと診断された。同委員会は、この市民と緊密に接触した関係者を検査したが、これまでのところ異常はない。 

 同委員会の15日の発表によると、14日現在、新型コロナウイルス肺炎の患者は41人。うち6人が重症。また、これまで1人が死亡、7人が回復して退院した。患者と緊密に接触し追跡の対象になったのは763人で、うち313人の観察が現在も続いている。

 厚生労働省は16日、武漢市に滞在歴がある神奈川県の30代男性が、新型コロナウイルスに感染したことを15日確認したと発表した。この肺炎の患者は日本で初めて。男性は3日から発熱があり、6日に武漢市から帰国した際、受診した。男性は「華南海鮮批発市場」には立ち寄っていない。しかし、詳細不明の肺炎患者と接触した可能性がある。

★参考情報★
ーーーーーー
春節の大移動期に肺炎拡散防止対策 交通運輸省が表明
原因不明の肺炎、新型コロナウイルスが病原体と判断

2020年1月13日肺 新華社によると、湖北省武漢市で新型のコロナウイルスが原因とみられる肺炎が多発していることに絡み、世界保健機関(WHO)は12日、中国への渡航規制や貿易の制限は不要との見方を公表した。WHOはまた、中国国家衛生計画委員会から新型コロナウイルスの遺伝子配列情報の提供を受けたことも明らかにした。他国が診断を行う場合に、大きな役割を果たすという。

 武漢市衛生健康委員会の13日午後7時の発表によると、新型コロナウイルスによる肺炎の患者は現在41人。7人は治癒、重症は6人で、死者は1人となっている。また、患者と緊密な接触を理由とした追跡調査の対象者は763人で、これまでに発症者は出ていない。

 WHOによると、肺炎患者は主に水産品卸売市場「武漢市華南海鮮批発市場」の業者と関係者で、市場は現在休業中。患者は発熱で、一部は呼吸困難を訴えている。これまでのところ武漢以外で患者発生の報告はない。また、人と人の間で感染した証拠はない。


★参考情報★
ーーーーーー
原因不明の肺炎、新型コロナウイルスが病原体と判断
肺炎患者増加は調査進展のため 武漢市当局者が見方

↑このページのトップヘ