中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 健康

 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、中国疾病予防管理センター(CCDC)の高福主任は10日、四川省成都市で開かれた会合で、現在の中国製の新型コロナワクチンは有効率が低いと指摘した。

 高主任によると、現在の中国製はすべて不活化ワクチンで、ウイルスの遺伝子情報を基に作った「メッセンジャーRNA(mRNA)」ワクチンにも注目する必要がある。米ファイザーやモデルナ製はmRNAワクチンで、有効率は90%を超える。

 高主任は、中国メディア「環球網」の取材に対し、SNSで「高福氏が、中国製ワクチンの有効性の低さを認めた」と投稿されていることについて「完全な誤解だ」と弁解。高主任は「ワクチンの有効性は、様々な技術的方法を通じて、さらに高められると指摘した」と説明した。

 海外では、中国製ワクチンへの疑問の声が消えていない。ブラジルと香港では、中国の製薬会社・科興控股(シノバック・バイオテック)の有効率は50%とのリポートが出た。国際的なワクチンの品質基準には合うが、90%を上回るファイザーなどに比べ大きく見劣りする。

★参考情報★
ーーーーーー
中国の新型コロナワクチン接種、1億回を超える
北京で外国人に中国製コロナワクチンの接種開始
このエントリーをはてなブックマークに追加

22021年4月6日新 国家衛生健康委員会は6日、前日の5日に新型コロナウイルスの新規患者が24人を確認し、国内感染が15人だったと発表した。国内感染は全員が雲南省瑞麗市で見つかった。(写真は東網のサイト画面) 

 雲南省衛生健康委員会の6日の発表によると、5日の新規患者は15人で、うち12人は無症状感染者が発症した。5日は無症状感染者2人も新規に見つかった。新規患者と無症状感染者の半数以上はミャンマー国籍だった。

 報道によると、保健当局は6日、新型コロナの感染リスク等級で、雲南省瑞麗市の「姐告国門社区」など3カ所を「高」、同市の「瑞京路紅磚厰」など6カ所を「中」に指定した。

 6日午前零時現在、中国の新型コロナ患者は244人。うち重症者は2人。累計患者数は9万0329人。退院者は8万5449人。死者は4636人だった。雲南省の患者は66人、うち国内感染が63人となっている。


★参考情報★
ーーーーーーー
このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国本土のニュースメディア、瀟湘晨報によると、墓参の日である「清明節(今年は4月4日)」前に、湖北省武漢市の各墓園は約32万人が訪れて混雑が起きた。武漢市内では、墓前に供える菊の花を求めて、住民が露店などに殺到し、価格の高騰や品不足が起きた。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。

 中国の新型コロナウイルス感染症の死者の実数は、当局発表をはるかに上回るとの指摘がある。武漢市の墓園の混雑などは、昨年の新型コロナの死者の多さを裏づける可能性がある。中国で女性作家、顔小乙さんが「瀟湘晨報」の記事を転載したところ、直ちにシェアを禁じられた。

 中国の公式発表では昨年4月16日時点の死者は3869人。うち武漢市は感染者の3分の2、死者の4分の3を占めた。

 中国の公開資料によると、湖北省の補助金支給名簿から高齢者約15万人の氏名が、昨年1~3月に突然消えた。博訊新聞網によると、局は説明を拒否する一方、メディアや民間人が葬儀や埋葬関連の資料を分析することを禁止している。
★参考情報★
ーーーーーー
このエントリーをはてなブックマークに追加

22021年4月5日苗
 国家衛生健康委員会は5日、前日の4日に新型コロナウイルスの新規患者が32人を確認したと発表した。うち国内感染が15人で、全員が雲南省だった。(写真は東網のサイト画面)

 雲南省衛生健康委員会の5日の発表によると、4日は新規患者15人のほか、無症状感染者5人が見つかった。全員がミャンマーとの国境に近い瑞麗市内で、住民全員を対象としたPCR検査で確認された。新規患者中、ミャンマー国籍の保有者が多数含まれている。

 5日午前零時現在、中国の新型コロナ患者は238人。うち重症者は2人。累計患者数は9万0305人。退院者は8万5431人。死者は4636人だった。

 香港メディアの東網によると、海南省海口市は4日、新型コロナワクチンの供給不足のため、住民への2回目の接種を停止すると発表した。ボアオ・アジア・フォーラムと中国国際消費品博覧会の関係者は影響を受けないという。

★参考情報★
ーーーーーーー
中国各地で新型コロナワクチン接種強制 民衆が反発
中国の新型コロナ患者、累計9万人超える
このエントリーをはてなブックマークに追加

22021年4月1日衛 世界保健機関(WHO)が3月30日に公表した、中国での新型コロナウイルスの起源調査報告は、中国政府が称賛する一方で、世界各国からは科学的でないとして、疑問の声が上がっている。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が3月31日伝えた。(写真はRFAのサイト画面)

 報告はコロナウイルスの期限について、動物からヒト、動物から中間宿主を介してヒト、低温物流品を通じた感染、研究施設からの漏出の4つの可能性を指摘した。報告は120ページ余りだが、研究施設からの漏出の可能性に触れたのはわずか2ページで「ほとんどあり得ない事件」と結論づけた。

 米ホワイトハウスのサキ報道官は30日「報告は、鍵となるデータや情報が少ない。一方的で事件の全体を示していない」と指摘。バイデン政権は、報告を全面的には受け入れておらず、米国の専門家17人が点検を進めていることを明らかにした。

 米国は、英、カナダ、日本など14カ国と共同声明を出し、報告への疑問を表明した上、中国政府の規制を受けない、独立の国際専門家チームによる第2弾の調査を行うよう求めた。

 新型コロナには世界でこれまでに1億3000万人が感染し、282万人が死亡した。世界の専門家は、WHOの報告の発表後も「パンデミック発生から1年余りもたつのに、ウイルスの起源がまだ分からない」との認識で一致している。
WHO調査団、ウイルス武漢発生説否定 米は疑問視
WHO調査団、武漢ウイルス研究所訪問 コウモリウイルス専門家と会談
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ