中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 健康

2019年10月7日豚 中国では国慶節(10月1日)の長期連休前、政府が輸入冷凍豚肉約2万トンを市場に投じたものの、各地で4日から豚肉価格の上昇が始まった。台湾紙・経済日報が伝えた。(写真は経済日報のキャプチャー)

 豚肉は、中国人にとり欠かせない食材。アフリカ豚コレラ(ASF)の感染拡大などで供給が減り、政府が輸入肉を投入したが、なお供給が不足している。4日、北京、雲南で小幅に値下がり、上海、湖南などで横ばいになったのを除き、多くの省・市で値上がりした。5日には値上した地域が拡大した。 

 中国政府は9月19日と26日、連休中の豚肉価格の安定を狙い、中央政府が備蓄する豚肉を各1万トン放出した。しかし、中国の18年の豚肉生産量は5400万トンで世界の半分以上を占めるため、生産回復以外に価格安定の方法はないとみられる。

 中国農業農村省によると、ASFの影響で生きた豚の飼育頭数が減少。8月は前年同月比38.7%減った。国務院(中央政府)は8月下旬から農家に養豚の拡大を促している。しかし、農家の多くはASFの感染への懸念と、来年以降も価格が維持できるか確信が持てず、飼育拡大に踏み切れていない。


★参考情報★
ーーーーーーー
アフリカ豚コレラで豚肉供給減少 8月は価格が5割上昇
アフリカ豚コレラで豚肉大幅値上がり 米国から大量輸入へ
中国のアフリカ豚コレラ制圧に数年 OIE事務局長が見解

2019年9月18日炭 窓を閉め切った室内での鍋料理が原因の一酸化炭素(CO)中毒が相次いでおり、江西省南昌市と甘粛省蘭州市で計15人が病院に運ばれた。星島日報(電子版)が17日伝えた。(写真は星島日報のキャプチャー)

 南昌市では13日、しゃぶしゃぶ料理店で食事中の一家10人がめまいや吐き気を訴えて病院に搬送された。CO中毒との診断を受けたが、いずれも軽傷。エアコン運転のため窓を閉め切り、木炭が燃料の鍋を使っていた。店は影響を続けているが、当局が調査を進めている。

 蘭州市では14日夜、家庭内で炭焼き料理を食べていたところ3歳の子どもを含む一家5人がめまいで倒れた。いずれも木炭が原因の一酸化炭素中毒とみられる。

 中国では飲食店などでのCO中毒事故が頻発している。天津市第三中級法院はこのほど、食事中にCO中毒になった客が、鍋料理店経営者らに医療費などの賠償を求めていた訴訟で、訴えを認める判決を言い渡した。

 判決によると、訴えた客ら7人は昨年12月、天津市内の鍋料理店で食事中、めまいや吐き気に見舞われ、病院で診察を受けたところ、CO中毒と診断された。



★参考情報★
ーーーーーーーーーー
食品工場で79人がCO中毒 ロースト食品から発生か 江西
製紙工場で9人が有毒ガスに中毒 7人死亡、2人けが 広東
南京の「串串店」で一酸化炭素中毒、店員4人が意識不明

2019年9月6日登 江西省衛生健康委員会は5日、同日午後零時現在、同省樟樹市と新幹県でデング熱に641人が感染し、うち392人が全快したと発表した。感染者数は樟樹市が598人、新幹県は43人だった。重症者はいないという。中国新聞網が同日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)


 同委員会に調査では、東南アジアの旅行からの帰国者が感染源。樟樹市、新幹県とも緊急対応措置を発令して、患者の治療と蚊の発生防止など対策を進めている。同委員会が現地に派遣した医療専門家チームによると、感染拡大は防止できる見通しだ。

 新華社によると、東南アジアのフィリピン、ベトナム、マレーシアなどで、今年はデング熱の感染者が前年同期に比べ急増して減らず、各国当局が対策を急いでいる。

 フィリピンでは7月末現在、前年同期の2倍の16万7000人が感染し、622人が死亡した。ベトナムは7月末までの感染者が前年の3倍を上回る10万5000人で、10人が死亡。マレーシアでも8万2000人が感染し、8月4人までに113人が死亡した。

★参考情報★
ーーーーーーーー
台湾でデング熱流行 中南部で新たに10人、今年102人に <

 2019年8月23日水中国各地の「水上楽園」と呼ばれる大型プールで施設の故障事故が相次ぎ、最近の1カ月間で少なくとも51人が死傷した。施設の質の低さと、管理のずさんさを指摘する声もある。ニュースメディアの東方オンラインが伝えた。

 安徽省黄山市の「水上楽園」7月20日、エアクッション式のスライダーが陥没し、遊泳客5人が巻き込まれて女児(8)が窒息死した。その9日後には吉林省竜井市の波の出るプールで想定外の大波が発生、遊泳客44人が足を骨折するなど重軽傷を負った。6月末には河南省許昌市のプールで女性が溺死した。約1カ月間に計4件の事故が起き、死者は3人、負傷者は48人に上った。

 報道によれば、事故が起きた水上楽園はいずれも、農村か郊外にある屋外施設で、設備の質が低かった。また、エアクッション式のスライダーでは、危険な数の客を載せるなど、管理運営に手落ちがあった。
 安全問題の他にも、プールにごみや虫が浮いたり水が汚いなど、衛生上の問題があるとの指摘がある。政府の保健担当者は「当局の水質検査は1カ月に1回しかしていない。後は業者の自主性に任せている」と話している。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
プールで想定外の大波 44人重軽傷、制御装置が故障 吉林
観光地で遊覧車が横転 1人死亡、十数人けが 浙江

 2019年8月16日豚香港メディアの東網によると、国家統計局は14日、7月の国民経済に関して記者会見を行い、アフリカ豚コレラ(ASF)の影響で供給が減少したため、豚肉の価格が前年同月比7.8%、食肉全体も4.9%それぞれ値上がりしたことを明らかにした。どちらの上昇幅も、3年ぶりの高さとなる。

 米公共放送ボイス・オブ・アメリカによると、米農務省は15日、中国が8月2~8日に米国産豚肉1万2000トンを買い付けた。7週間ぶりの多さとなり、アナリストは、ASFの影響で減少した豚肉の生産を埋め合わせるためとみている。中国は世界最大の豚肉の消費国だが、ASFの感染拡大で豚数百万頭が殺処分された。

 ただ米中貿易紛争で、中国政府は昨年、米国産豚肉に62%の報復関税を課した。また、中国商務省は8月5日、米国産農産物の購入停止を公表した。今回の買付が5日の前か後かは分かっていない。

 国家統計局によると、中国では食肉のほか、熱暑や大雨など天気の影響で、7月は生鮮野菜も前年同月比2.6%値上がりした。たまごの価格も季節的な要因で7%上昇した。

 ただ、同局は食品価格全体が今後、大幅に上昇する可能性は小さいとみている。食品の価格は現在、豚肉と生鮮野菜・果物の値上がりで、前年同期比で9.1%上昇しているものの、穀物の価格が安定していることを理由に挙げた。

★参考情報★
ーーーーーー
中国のアフリカ豚コレラ制圧に数年 OIE事務局長が見解
アフリカ豚コレラ流行は災害レベル 豚肉が空前の品不足
アフリカ豚コレラウイルスの検出相次ぐ 台湾当局が警告

↑このページのトップヘ