中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 経済

2020年1月9日靴 国家市場監督管理総局が発表した子ども靴など51種類に対する品質調査の結果、スポーツ靴の有名メーカー、上海回力鞋業有限公司(回力鞋業、上海市)の子ども靴から、基準を超える量の可塑剤「フタル酸エステル」が検出された。同社によれば、問題の製品は製造販売を中止し、売り場から撤去した。フタル酸エステルは、生物の成長などに異常を起こす内分泌かく乱物質(環境ホルモン)の1つとされる。経済メディアの新浪財経が伝えた。

 フタル酸エステルが検出されたのは、2019年7月に製造された子ども靴1製品。回力鞋業によると、同じ製品が2カ月間された。同社は、製造数量は明らかにしていない。中国新聞網によると回力鞋業は、外部から購入した材料に問題があったと説明している。

 フタル酸エステルは、弾力性や耐久性を高めるため、靴の製造でしばしば使われる。しかし、世界保健機関(WHO)によると、環境ホルモンの一種で、多量に接触すると男性の生殖能力に影響したり、乳がんの原因になる恐れがあるとされる。

 同総局が発表したリストによると、台州西西竜体育用品有限公司、温州市拍一拍手児童用品有限公司の製品も、基準を超えるフタル酸エステルが検出された。

 回力鞋業は1927年創業の老舗メーカー。スポーツ靴、雨靴、サンダルなどを製造している。投資会社の上海華誼集団投資有限公司(上海市)が全株式を保有している。



★参考情報★
ーーーーーーーーー
米ギャップが乳幼児用Tシャツリコール 基準超える可塑剤
トヨタ車45万台リコール タカタ製エアバッグに欠陥
イケア、中国でも子ども用たんすリコール

 2019年12月26日干中国水利省によると、南方地区の江西、安徽、湖北など6省・直轄市で干ばつが深刻化し、住民約168万人の飲み水不足が起きている。干ばつは全国的規模で起きており、山西、内モンゴル、山東などでも約13万人の飲み水が不足している。中国新聞網が伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 南方地区の干ばつの被災地では、12月中旬に15~30ミリの雨が降り、状況がやや改善した。しかし、例年に比べて厳しい状況は変わらず、12月23日現在、耕地105万ヘクタール(ha)が干ばつの被害を受け、住民と家畜の飲み水不足が続いている。

 水利省は23日に対策会議を開き、冬から来春にかけての干ばつ対策と飲み水供給のため人員や物資の配置を決めた。また、湖北、広西、福建などに3つの対策チームを派遣した。さらに、長江中・下流域の河川と湖沼の水位を上げるため、三峡ダムの放流を16日から始めた。

 商務、財政の両省も、南方地区の6省・直轄市に対し、災害対策資金として5億0300万元の支給を決めた。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
湖南各地の洪水で死亡不明17人 衡陽で堤防決壊

 2019年12月3日特米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、トランプ米大統領は3日、北大西洋条約機構(NATO)首脳会談のため訪れたロンドンで、米中貿易交渉の第一段階の合意が米大統領選挙後にずれ込むとの見通しを示した。(写真はVOAのキャプチャー)

 米中両国はこれまで、交渉は既に合意に達したと表明しているが、数度にわたり調印が延期されている。 

 トランプ大統領は、年内に合意文書への調印を終えるとする目標について「われわれは期限を設けていない。大統領選挙まで待ちたいというのが私の考え」などと述べた。

 トランプ大統領が「香港人権・民主主義法案」に署名したことで、米中関係が緊張している。米中が貿易交渉で合意に達しないと、12月15日に予定されている新たな制裁関税が発動されることになる。スマートフォンやノートパソコンなど中国が生産する多様な製品が対象に含まれる。

★参考情報★
ーーーーーーー
米大統領「香港人権・民主主義法案」に署名
米で閣僚級の米中貿易協議  大統領、順調な進展強調
米商務省、ハイクビジョンなど28団体、ブラックリスト

2019年11月20日盖 米衣料品チェーン大手のギャップの中国上海市の上海現地法人、盖璞(上海)商業有限公司は、乳幼児用Tシャツに基準を超える可塑剤が含まれていたとして、国家市場監督管理総局にリコール(回収・無償修理)を届け出た。ニュースサイトの中国網が19日伝えた。

 対象は2018年1~5月にベトナムで生産された濃紺色の2749枚。可塑剤の「フタル酸ジイソノニル」が基準を超える量、含まれていた。長期間、摂取すると人体に害を与える恐れがある。

 盖璞(上海)商業有限公司は、2010年に発足し、資本金1億200万ドル。米ギャップが全額出資する。中国では既に一般的な服装ブランドで、各大都市はどこでもギャップの店舗がみられる。

 一方で品質上の問題が時折指摘されている。2015年には、上海市質量技術監督局が、ギャップの女性用ジーンズの染色堅ろう度の問題を指摘した。18年6月には税関総署が、ギャップが輸入したインドネシア製の乳児用綿製ニットつなぎ服のpH値が不合格で皮膚を傷つける恐れがあるとの情報を公表した。


★参考情報★
ーーーーーー
トヨタ車45万台リコール タカタ製エアバッグに欠陥
イケア、中国でも子ども用たんすリコール

2019年11月11日火 広東省東莞市と上海市で10日までに、工場と倉庫の火災が相次ぎ発生し、計4人が死亡、16人がけがした。ともに当局が事故原因を調べている。(写真は星島日報などのキャプチャー)

 ニュースサイトの格隆匯によると、広東省東莞市の企石鎮の照明器具工場で8日午後2時40分ごろ爆発が起き、まもなく火災が起きた。消防車4台が出動して約1時間後に鎮火したが、1人が死亡、15人が負傷した。

 新京報網によると、上海市宝山区の物流会社、上海キン2019年11月11日莞(森の形に金が3つ)徳物流有限公司の倉庫で9日午後5時ごろ火災が発生。消防車が出動し、約500平方メートルを焼いて約1時間半後に消し止めた。作業員3人が死亡、1人がけがした。

 中国各地で企業施設の火災が相次いでいる。福建省南安市では10月、衛生陶器メーカーの工場で火事があり、従業員4人が死亡、3人が負傷。江蘇省淮安市でも10月にプラスチック工場で火災があり従業員6人が死亡した。




★参考情報★
ーーーーーーーーーー
衛生陶器工場で火災 4人死亡、3人けが 福建
プラスチック工場で火災、6人死亡ー江蘇
化学工場で爆発炎上、19人死亡 日用化学品を製造 浙江

↑このページのトップヘ