中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 災害

 米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)は11日、新型コロナウイルスの感染拡大の発端となった、湖北省武漢市で、輸送の回復と企業の事業再開に向け準備が進められていると報じた。都市封鎖の解除の動きも見え始めた。

 国家衛生健康委員会によると、武漢市で9日、新たに確認された同ウイルス肺炎の患者は17人、新たな死者も17人だった。3月2日に確認された患者は111に上り、感染拡大が抑制され始めたとを示している。市内に14カ所あった仮設病院も10日までに全部休止した。

 新華社によると、湖北省の感染対策本部は10日、湖北省の住民が外出の際、健康状態の証明となる「湖北健康番号」発行を決めた。感染拡大が終息するまで、スマートフォンに表示して証明書として使われる。

 また、ネット上では、武漢市当局がタクシー業界に対し発した「実名乗車用スキャンシステム」の導入を求める通知のコピーが転載されている。タクシーに二次元バーコードを掲示し、乗客はスマートフォンでスキャンしないと乗れない仕組みのようだ。

 さらに、空港運営会社の湖北機場集団は8日に関連各企業や各ローカル空港に対し、12日~17日に運航再開準備を終えるよう要請した。武漢の空港の公式ミニブログも、管理者の職場復帰を指示した。

 このほか、経済紙・中国経済観察報によると、武漢経済技術開発区の感染対策本部は9日、ホンダが出資する自動車メーカーの東風ホンダとサプライヤーに対し、段階的な操業再開を許可した。

★参考情報★
ーーーーーーーーー

このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年1月18日震ニュースサイトの法制網によると、新疆ウイグル自治区カシュガル地区のファイザバード県で19日午後9時27分ごろ、マグニチュード(M)6.4の地震が発生した。19日午後11時半現在のけが人は重傷が1人、軽傷が2人。当局が、被害状況の確認を進めている。同日10時23分ごろ、近隣の同自治区クズルス・キルギス自治州アルトゥシュ市でもM5.2の地震が起きた。

 香港メディアの東網によると、中国地震局のまとめでは、アルトゥシュ市の地震を含め、同自治区では19日までの4日間にM5以上の地震が4回発生。ファイザバード県では19日午前零時5分にM5.4、近隣のアクス地区クチャ県で16日にM5.6の地震が起きた。

 中国地震台網によると、19日のファイザバード県のM6.4の地震後、現地では少なくとも余震が8回起きた。高層住宅の住民は慌てて階下に避難したという。

★参考情報★
ーーーーーー
河北省・唐山でM4.5地震 北京、天津でも揺れ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年1月10日博中国新聞網によると、9日午前10時11分ごろ北京市房山区でマグニチュード(M)3.5の地震があった。震央は北京市中心部から68キロ。震源の深さは13キロ。けが人や被害の情報はない。

 ネットの情報によると、近隣の河北省保定市、涿州市でも市民が揺れを感じた。北京市の中心部の西城区、東城区などでは、市民は揺れに気づかなかったもようだ。

 北京市周辺の天津市や河北省唐山市などで昨年12月、M3.3からM4.5の小さな地震が相次いでいる。ラジオ・フランス・アンテルナショナル(RFI)によると、ネット上では「最近、なぜあちこちで地震が起きるのか」「もうすぐ(旧暦の)新年だ。何も起きないといいが」など不安の声が挙がっている。

★参考情報★
ーーーーーー
河北省・唐山でM4.5地震 北京、天津でも揺れ
広西・靖西でM4.3地震 民家損壊、けが人なし
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年1月9日枯 江西省西部にある中国最大の淡水湖「ハ(番におおざと)陽湖」の平均水位が6日、7.78メートルに低下した。同湖では平均水位が8メートル以下となる「超渇水期」が39日間続き、過去10年間で最長となった。澎湃新聞が7日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 ハ陽湖の水位は19年11月29日、8メートルを割り込む「超渇水期」入りした。同湖の超渇水期の開始は、1951~2018年の平均では12月末で、今季は1カ月早かった。現在の湖面の面積は290平方キロで、満水期の10分の1に縮小した。

 江西省水利庁は、上流域の状況や降雨の見通しから、ハ陽湖の水位低下は今後も続くとみている。

 ハ陽県林業局によると、渇水の影響で、同湖では今季、ハクチョウなどの渡り鳥の姿が見られなくなっている。小型イルカのスナメリの観測数も極端に減たという。

 水利省によると、中国では昨年末から全国規模で干ばつが発生。特に南方地区の江西、安徽、湖北など6省・直轄市で干ばつが深刻化しており、住民や家畜の飲み水不足が起きている。

★参考情報★
ーーーーーーー
江西省で深刻な干ばつ 飲み水と作物の収穫に影響
89県・市で高温と干ばつ 長沙で過去最高の37.2度 湖南
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年1月7日蘇 ニュースサイトの中国経済周刊によると、江蘇省蘇州市中心部の滄浪区の観光名所「十全街」で4日、街路が突然陥没し商店約10店が損壊した。けが人の情報はない。 

 蘇州市交通管理局の5日の発表によると、十全街北側の川で行っていたしゅんせつ作業が原因で護岸が崩れ、沿岸の街路が長さ約50メートルにわたり陥没した。新京報によると、商店のほか、川岸につくられた歴史的建築を模したあずまやや、屋根付きの長廊が沈み込んで壊れた。

 十全街は、蘇州市南東部にあり全長2キロ。有名ホテルの南林飯店、南園賓館のほか、蘇州を代表する庭園の1つ「網師園」などが沿道にある。

 中国で道路の陥没事故がしばしば発生。12月には湖南省長沙市、福建省アモイ市、広東省広州市で道路が陥没し、広州市では道路清掃車と電動バイクが転落、3人が行方不明となり、その後1人が遺体でみつかった。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー
長沙の地下鉄工事現場近くで陥没 けが人なし 湖南
アモイ中心部で道路陥没 車2台転落もけが人情報なし
地下鉄工事現場で路面陥没=車両転落、3人不明ー広州
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ