中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 災害

2019年10月11日干 国家減災センターによると、江西省は7月下旬から10月初めにかけての平均降雨量が96ミリと、平年より7割減少し同期としては過去最少となった。主要河川と湖沼の水位も低下し、省内11市、71県で干ばつが発生している。(写真は中国天気のキャプチャー)

 鷹潭、吉安、九江、宜春の各地で被害が深刻で、一部の郷鎮(町村)で飲み水不足が起きているほか、コメ、野菜、果物の収穫に深刻な影響が出ているという。

 省応急管理庁は9日午後8時、緊急対応措置を発動。省財政庁と連携して、各地の被害状況を査定しているほか、各種の対策を指導している。

 被害が深刻な地区では、井戸の開削による地下水の採取、人工降雨、水田への導水、住民への飲み水の供給などが行われている。

 江西省では、少雨は10月末まで続く見込みで、干ばつの被害も拡大する見通し。省減災委員会、省応急管理庁などは対策と指導を強化している。


★参考情報★
ーーーーーーーーーー
89県・市で高温と干ばつ 長沙で過去最高の37.2度 湖南
湖南各地の洪水で死亡不明17人 衡陽で堤防決壊
河川400本で警戒水位突破、堤防決壊も 公式報道は低調、実相伝えず

2019年10月8日干 湖南省気象局は6日、異常な高温と少雨が続き、同省の89県・市で干ばつが起きていることを明らかにした。張家界、常徳、岳陽などの各地で特に深刻化している。中国紙・経済日報(電子版)が7日伝えた。(写真は経済日報のキャプチャー)

 専門家によると、湖南省の大部分では9月以降、異常な高温と少雨が継続。10月の4、5日には省内の多くの地区で35~37度の高温になった。省都の長沙市はこの時期としては過去最高の37.2度を記録した。
 省気候センターによると、9月から10月初旬までの湖南省の平均降水量は16ミリで、前年同期より76.9%も少なかった。記録を取り始めた1951年以降、史上3位の少雨となった。

 気象局によると、寒気の到来とともに湖南省の気温は低下を始めたが、当面、雨が少ない状況は続きそう。農業生産のほか、一部地区では飲み水にも影響が出る可能性があるとして、対策を呼びかけている。


★参考情報★
ーーーーーー
湖南各地の洪水で死亡不明17人 衡陽で堤防決壊
南方6省で大雨災害拡大 死亡・不明20人、被災465万人
湖南の豪雨災害で16人死亡 中国南方で3日連続大雨警報

 2019年10月3日台中国気象局によると、台風18号は1日午後8時半、浙江省舟山市に上陸後、北東に向かって進んだ。ニュースサイトの法制網によると、同市では市街地が冠水し、武装警察隊などによる救出作業が行われた。(写真は法制網のキャプチャー)

 舟山市定海区白泉鎮では1日午後9時20分ごろ、ダムの放水により民家が押し流された。午後11時ごろには同区の市街地が冠水して住民が孤立した。それぞれ、武装警察隊がボートなどを出して救助を行い、2日未明までに病人2人を含む約20人を助け出した。

 澎湃新聞によると、台風18号のため上海市も1~2日、全域で大雨が降り、観測所666カ所のうち44.1%で大豪雨となった。当局によると、市内の道路12本と立体交差橋7カ所が一時冠水。倒木や停電なども起きた。

 台風18号により浙江省東部、上海、江蘇省・南通などで大雨となり、9月30日~10月2日の雨量は浙江省・舟山が250~350ミリ、舟山の一部は400~443ミリ、浙江省・寧波が250~350ミリとなった。これらの地域では、強風も吹いた。


★参考情報★
ーーーーーーーー
浙江東部など1日まで大雨 台風18号上陸の恐れ
竜巻で作業員宿舎が倒壊 8人死亡2人けが 海南
遼寧・開源の都市部で竜巻 6人死亡、120人余り重軽傷

2019年10月1日山 雲南省昭通市塩津県で29日、豪雨による山崩れが起き、5人が死亡、5人が行方不明になっている。各現場では行方不明者の捜索が続いている。地元メディアが伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 塩津県では、29日午後9時から30日午前3時まで突発的に大雨が降り、最多の場所で雨量が212.9ミリに達した。山間部で土砂崩れが起き、一般道路が寸断。通行中の自動車が少なくとも10台が立ち往生し、運転手ら約50人が取り残された。

 雲南など中国西南部では大雨による土砂災害が続いている。今年7月、雲南省の昭通市など8州市で洪水が土砂災害が発生し、14人が死亡、3人が行方不明となった。隣接する貴州省六盤水市水城県では7月末、大規模な山崩れが起き42人が死亡、9人が行方不明になった。


★参考情報★
ーーーーーーーーー
雲南で洪水や土砂災害 死亡不明17人、3.5万人が被災
黒竜江と四川で洪水の恐れ 堤防や貯水池に警戒呼びかけ
貴州省の山村で土砂崩れ 13人死亡32人不明 救出作業は難航

2019年9月30日台風 中央気象台は30日、台風18号の影響で、同日から10月1日まで、浙江省東部、福建省北東部、四川盆地の北西部などで大雨が降るとの予報を発表した。一部では250~300ミリの豪雨となる見通し。また、浙江省の大部分では、強風が吹くとみられる。中国新聞網が30日伝えた。

 台風18号は30日夜、台湾北部に上陸した後、北に向かって進み、福建、浙江両省に接近する見通し。台風の影響で浙江省東部などで雨が強まるとみられる。同気象台はまた、寒気のため新疆ウイグル自治区北部では雪が降るとの予報を出した。

 封面新聞によると、交通運輸省は30日午前7時半、福建、浙江、上海、江蘇の各省の下部機関、海事部門、東シナ海担当の海難救助部門を結んでテレビ会議を開き、台風18号に備えて緊急態勢を発令した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーー
竜巻で作業員宿舎が倒壊 8人死亡2人けが 海南
遼寧・開源の都市部で竜巻 6人死亡、120人余り重軽傷

↑このページのトップヘ