中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 災害

 2019年12月10日霧ニュースサイトの央広網によると、華北地区の各地は10日、今冬で最も厳しい濃霧となった。山東、河北ではスモッグも発生し、一部地区では視界が50メートルを下回った。中央気象台は、寒気のためきょう11日から霧とスモッグが解消するとみている。(写真は東網のキャプチャー)

 山東省気象台は10日、濃霧では3段階で1番目の赤色警報、河北省は2番目のオレンジ警報を発令した。河北省は9日夜から、北京の南側と東側に隣接する地区の高速道路、天津では10日午前8時、市内の各高速道路をそれぞれ閉鎖した。

 河北省では10日、大気質指数(AQI)が200前後の中度から重度の大気汚染となった。

 香港メディアの東網によると、北京大興国際空港は10日視界が300メートルに低下したため10各種の安全運航対策を始動。天津と河北省・石家荘の空港でも、濃霧の影響で51便に遅れが出た。

 環境と気象の両部門によると、華北では11日からスモッグがいったん解消するものの、北京・天津・河北(京津冀)地区では12月中旬から下旬にかけ、重度の大気汚染が1~2回起きる可能性がある。


★参考情報★
ーーーーーーーー
貴州の高速道路で37台追突 23人重軽傷、路面凍結と濃霧で
北京に大気汚染オレンジ警報 工場操業と施工規制 バーベキューも禁止

2019年12月9日震 中国地震台網によると、9日午後5時20分ごろ、四川省綿陽市安州区でマグニチュード(M)4.6の地震があった。震源の深さは10キロ。ニュースサイトの中国新聞網が同日伝えた。

 103キロ離れた省都の成都、徳陽、広元の各市ではっきりとした揺れを感じた。安州区当局によると、けが人や被害の情報はない。綿陽市消防救援支隊は、隊員の集結を終え次第、震央付近で状況の確認を行う計画だ。

 ニュースサイトの新京報によると、成都高新減災研究所が地元の応急管理部門と共同で開設する「大陸地震早期警報システム」は、今回の地震の7秒前、テレビ、スマートフォン、専用警報端末に警報を送ることに成功した。

 同研究所によると、同警報システムを導入している綿陽、成都などの学校では、警報を受けて生徒と教員が緊急避難した。また、低価格・高性能のスマートフォン「小米」で知られる北京小米科技(小米)は、同警報システムを内蔵したテレビとアプリを販売しており、今回も警報が流れた。その他、一部のインターネットテレビでも警報を画面に表示した。

★参考情報★
ーーーーーーーー
河北省・唐山でM4.5地震 北京、天津でも揺れ
広西・靖西でM4.3地震 民家損壊、けが人なし
広西でM5.2地震 マンガン鉱山で1人死亡4人けが

 2019年12月6日揺河北省唐山市豊南区で5日午前8時2分ごろ、マグニチュード(M)4.5の地震があった。震源の深さは10キロ。震央は北京から160キロ、天津から77キロで、両都市でもはっきりと揺れを感じた。けが人や被害の情報はない。中国科技網が同日伝えた。

 唐山市は1976年7月、M7.8の地震が発生し、25万人以上が死亡した。中国地震台網中心の専門家によると、本震が強いほど余震の期間も長くなり、5日の地震も76年の大地震の余震の一部。唐山では76年から翌年にかけM6~7の余震が多発。1996年以降は2~3年に一度、M4クラスの地震が起きている。

 新華網によると、5日は新疆ウイグル自治区アスク地区の拝城県でも5日午前10時46分ごろ、M4.6の地震が起きた。けが人の情報はない。

 中国地震台網によると、震央から200キロ以内では、最近5年間にM3以上の地震が74回発生。17年9月は同地区クチャ県でM5.7の地震が起きた。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
広西・靖西でM4.3地震 民家損壊、けが人なし
広西でM5.2地震 マンガン鉱山で1人死亡4人けが
甘粛省・夏河県でM5.7地震 住民21人けが

2019年11月29日震 広西チワン族自治区百色市内靖西市で28日午前7時49分ごろマグニチュード(M)4.3の地震が起きた。民家439戸で壁に亀裂が入るなどの被害が出た。けが人の情報はない。中国新聞網が伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 靖西市では25日午前にもM5.2の地震が発生。25日はその後、最大M3.9の地震を含む15回の余震があった。中国地震台網は28日の地震について、25日の余震との見方を示した。 25日の地震では、崇左市大新県のマンガン鉱山にいた1人が死亡、5人がけがした。また、住民1119人が批判した。激しく損壊した家屋は14戸、一般的な損壊家屋は932戸に上った。

 28日の地震で、鉄道会社の中国鉄路南寧局集団は、同自治区内の田陽-靖西間の鉄道で、列車1本を運休にした。また、民家の損壊のほか、一部で飲水が断水した。


★参考情報★
ーーーーーーーーーー
広西でM5.2地震 マンガン鉱山で1人死亡4人けが
甘粛省・夏河県でM5.7地震 住民21人けが
四川・内江でM5.4地震 1人死亡、63人けが

 2019年11月26日振情報サイトの網易によると、広西チワン族自治区百色市内の靖西市で25日午前9時18分ごろ、マグニチュード(M)5.2の地震が発生、南寧、崇左、河池の各市でも揺れを感じた。 崇左市大新県では1人が死亡、4人がけがした。死傷者はいずれも、県内のマンガン鉱山地区にいた。坑内では241人が作業中だったが、全員が地上に戻った。

 ニュースサイトの環球網によると、靖西市では25日午前11時56分までに最大M3.9の地震を含む15回の余震があった。

 海外網によると、鉄道会社の中国鉄路南寧局集団は、在来線の田靖線で運転中の旅客列車1本を緊急停止したほか、高速鉄道の南昌~昆山線で列車3本の徐行運転を行った。

 地震発生後、応急管理省のトップの指示で、次官らが緊急体制に入り、テレビ電話を通じ、現地に対し指示を行った。自治区政府も緊急体制を発動し、トップの鹿心社党書紀が、被害状況、特に死傷者の有無につき報告を急ぐことなどを現場に指示した。


★参考情報★
ーーーーーーーーーー
甘粛省・夏河県でM5.7地震 住民21人けが
四川・内江でM5.4地震 1人死亡、63人けが
四川省・宜賓でM5.6地震 13人けが、先月地震の余震

↑このページのトップヘ