中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 政治

 2019年8月21日推ドイツの国際公共放送ドイチェ・ベレ(DW)によると、インターネット交流サイト(SNS)を運営する米ツイッターは19日、中国由来の偽アカウント936件を停止したと発表した。偽アカウントは、香港で政治的な混乱を起こすことを意図していた。SNS運営会社の米フェイスブックも、中国政府関係者が操っていたとして一部の偽アカウントとページを閉鎖した。(写真はDWのキャプチャー)

 ツイッターによると、中国由来の偽アカウントは、香港で続く抗議デモについて、違法で政治的に不当な活動であることを印象づけようとしていた。中国ではツイッターは使用が禁止されており、多くのアカウントは仮想プライベートネットワーク(VPN)を通じ操作されていた。一部の偽アカウントは、中国国内のIPアドレスから操作されていた。

 ツイッターによると、偽アカウントの一部は香港のデモ隊が立法会(議会)に乱入した際の写真を掲載し、「悪人にそそのかされている。完全な暴力行為だ。香港から出ていけ」などと書き込んていた。
 フェイスブックの偽アカウントも、顔を隠した香港のデモ参加者を「ゴキブリ」などと中傷していた。フェイスブックのサイバーセキュリティの担当者は、偽アカウントの大部分が2018年に開設されたものだと述べた。
 
★参考情報★
ーーーーーー
習主席は香港デモ隊と直接対話を トランプ氏が呼び掛け
武装警察が深センに集結 香港デモへけん制か
香港デモ鎮圧に武装警察投入か 米誌が可能性指摘

 2019年8月19日港米公共放送ボイス・オブ・アメリカによると、容疑者の中国移送を可能とする「逃亡犯条例」改正に反対し週末ごとに行われている香港のデモは18日も11週連続で行われた。民主派団体「民間人権陣線」によると参加者は、集会予定場所のビクトリア公園と周辺の銅鑼湾(コーズウェイベイ)、天后(ティンハウ)一帯だけで170万人。湾仔、金鐘(アドミラリティ)にも多数が集まった。香港警察は、ピーク時の参加者は120万人だったと公表した。(写真はRFA)

 18日に警察が許可した集会は、約10万人が入れるビクトリア公園だけ。18日午後2時から始まったが、参加者は「流水式」のデモ方式に切り替え、各幹線道路の占拠に向かった。「水の如く」(Be water)は最近の香港デモ参加者に使われるキーワードで、臨機応変に場所や時間を変える活動が行われている。デモは平和的に行われ、ロイター通信、最近の週末のデモでは最も静かだった。

 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、ロイター通信は、広東省深セン市では18日、集結中の武装警察部隊に動きはなかったと伝えた。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーー
習主席は香港デモ隊と直接対話を トランプ氏が呼び掛け
武装警察が深センに集結 香港デモへけん制か
香港デモ鎮圧に武装警察投入か 米誌が可能性指摘

2019年8月16日香 米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、香港で10週間にわたって続く続く大規模デモに絡み、トランプ米大統領は14日、ツイッターで、習近平・中国国家主席に対し、民主派のデモ参加者と直接対話するよう呼び掛けた。(写真はVOAのキャプチャー)

 トランプ氏は「香港の問題で、習近平氏が迅速かつ人道的な解決を望むなら、彼はやれる。私は疑わない」と述べ、直接対話を求めた。なお、VOAは、トランプ氏が米国で移動する際、自分に反対するデモを避けるため、いつも回り道していると指摘した。

 ただ、習主席の香港訪問の計画は全くなく、武装警察部隊が香港に隣接する広東省深セン市に集結し、演習を繰り返している。英国駐在の劉暁明・中国大使は15日「デモの拡大が続けば、中国は座視しない。香港が制御不能の状態になれば、中国政府は直ちに暴動を鎮圧する」と述べた。

 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、米国のシンクタンク、ブルッキングス研究所のリチャード・ブッシュ研究員は、中国が武装警察を使って香港に介入する最悪の場合、米国は米国・香港政策法を発動すると述べた。米国は同法に基づき、香港を中国と異なる実体とみなさず、技術協力などを中断することになるという。

 アメリカン・エンタープライズ公共政策研究所(AEI)のマイケル・マザー研究員は「軍事力で香港に介入すれば悪い結果につながることを、米国政府は中国政府にはっきりと警告し続けるべきだ」と述べた。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーー
武装警察が深センに集結 香港デモへけん制か
香港デモ鎮圧に武装警察投入か 米誌が可能性指摘
香港7カ所で抗議集会 警官隊と衝突、大量の催涙弾発射

2019年8月06日甲 中国本土への容疑者移送を可能にする「逃亡犯条例」の改正をめぐりデモが続く香港で5日、中心部など7カ所でいっせいに抗議集会が行われた。集会場所の周辺などで反対派と警官隊との衝突も起き、大量の催涙弾が発射された。星島日報(電子版)などが同日伝えた。(写真は星島日報のキャプチャー。初めて装甲車両が出動した)


 同日は大規模なストライキが呼び掛けられ、空港職員に呼応する動きがみられたため、香港国際空港では混乱に備えて224便が欠航になった。また「非協力運動」と称して反対派の一部が電車の運行妨害活動や、道路の封鎖を行い、香港鉄路(MTR)の各線で平均5時間の遅れが出た。

 香港・新界地区のセン(草かんむりに全)湾では、白いシャツの一団がデモ参加者を鉄や木の棒で襲いけが人が出た。一部のデモ参加者は刃物で手足を切られ、病院に運ばれた。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
香港「非協力運動」でMTR混乱 全域でストの呼び掛けも
香港デモ、警察と衝突 49人逮捕、16人けが
香港デモ鎮圧で軍出動の可能性 中国国防省が示唆

2019年8月05日空 中国への犯罪容疑者移送を可能にする「逃亡犯条例」改正に反対する香港のデモに絡み、香港地下鉄の各駅で5日午前7時半ごろから、列車の運転を遅らせる「非協力運動」が始まった。香港メディアの東網が伝えた。

 香港では5日、全域でのストの呼び掛けが行われている。香港国際空港の職員多数が5日の年休を申請している。空港管理局は5日朝、約200便の欠航を決めた。同局は欠航の原因は明らかにしていない。また、市内でのチェックイン業務も停止した。

 地下鉄運営会社、香港鉄路(MTR)の各駅では、一部の客が列車のドアが閉まるのを妨害したり、緊急ブレーキを操作するなどしたため、西鉄、セン(草かんむりに全)湾、港島、東鉄の各線の運行に影響が出ている。MTRではバスによる振替輸送も行った。空港行きの「機場快線」も一時運休した。 
 
★参考情報★
ーーーーーーーーーーー
香港周辺に陸軍部隊集結 広東警察も大演習 米ホワイトハウスも注目
香港デモ、警察と衝突 49人逮捕、16人けが
香港デモ鎮圧で軍出動の可能性 中国国防省が示唆

↑このページのトップヘ