中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 安全保障

2019年4月17日比 米公共放送ボイス・オブ・アメリカは16日、過去3年、中国と友好的な関係を続けてきたフィリピンが、米国との同盟関係の回復に乗り出したと報じた。ドゥテルテ政権が、南シナ海の領有権をめぐる争いをきっかけに、中国への反発を強める世論に配慮したとものとみられる。(写真はVOAのキャプチャー)

 フィリピンは最近2カ月余り、米国との協力を強め、2月末から3月初めのポンペオ国務長官の訪比後は、国際的な影響が大きい海軍の合同演習も行った。

 ドゥテルテ大統領は2016年の就任後、米国との同盟関係を離れ、中国との友好に努力してきた。しかし中国はこの間、フィリピンが実効支配する南シナ海の小島付近に艦隊を派遣。別の小島付近ではフィリピン漁民への嫌がらせを行って、比の軍と住民に恐怖感情を引き起こした。

 米シンクタンクの戦略国際問題研究所(CSIS)アジア海洋透明性イニシアチブディレクターのグレゴリー・ポーリング氏は「ドゥテルテ大統領は、国内で強烈な反発と批判に直面し、中国政府にもてあそばれるばか者と言われている」と話している。

 フィリピンは今後、ドゥテルテ大統領就任以前の地政学的な位置に戻り、米国の西太平洋の同盟のメンバーになるとみられる。



★参考情報★
ーーーーーーーー
南シナ海の島に中国漁船300隻 比大統領が軍派遣を警告
米空母2隻がフィリピン南北で演習 比島挟み撃ち 習近平氏の訪比けん制か

 2019年4月16日空台湾国防省は15日、中国軍機多数が台湾を周回する演習を行ったと発表した。防衛省・統合幕僚監部も同日、中国軍機6機が太平洋と東シナ海を飛行、航空自衛隊機がスクランブル(緊急発進)で対応したと発表した。(写真は統合幕僚監部のウェブサイトより)

 台湾国防省によると、中国軍機は早期警戒管制機「KJ500」、大型爆撃機「H6K」、輸送機「Y8」、戦闘機「Su30」、戦闘機「J11」。中国南部を離陸して台湾フィリピン間のバシー海峡を通過、西太平洋を飛んだ後、沖縄県の宮古島と沖縄本島の間の宮古海峡を通過して出発地に戻った。

 台湾国防省は「中国は軍事行動と世論戦により、文武の威嚇を行っている。台湾海峡の現状変更を意図しており、台湾海峡の平和に寄与しない」と非難した。

 中国は最近、台湾周辺で軍用機の活動を活発化させている。今年3月31日、中国軍のJ112機が台湾海峡の中間線を越えて台湾側に入り、台湾のほか米政府が現状変更として中国を批判した。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーー
中国軍艦艇が宮古海峡通過 台湾周辺で活動活発化
中国軍機の台湾海峡越境、米政府が「現状変更」と反発
中国軍機が台湾海峡中間線を越境 台湾軍機が緊急発進

2019年4月12 日台 台湾と実質的な外交を維持するための米国の基本政策を盛り込んだ台湾関係法が10日、成立40周年を迎えたのに絡み、米国務省は11日、台湾で行われる祝賀行事に、ポール・ライアン前下院議長が率いる高レベルの代表団を派遣すると発表した。米公共放送ボイス・オブ・アメリカが12日伝えた。(写真はVOAのキャプチャー)

 米国務省のパラディーノ報道官は11日、定例記者会見で、同法成立40周年の祝賀行事への代表団派遣の有無について質問を受け、米国の対台湾交流窓口である米国在台協会(AIT)の新庁舎移転も行われるため、ライアン前下院議長が率いる代表団を派遣すると答えた。

 また、ポンペオ米国務長官は10日、米上院外交委員会で開かれた2020年度予算に関する公聴会で、台湾関係法に基づき台湾との関係を強化する考えを強調した。

 公聴会では、ガードナー東アジア・太平洋小委員長(共和党)が、中国の戦闘機がが20年ぶりに台湾海峡の中間線を故意に越えた事例を引き合いに、「今後も台湾関係法に基づき台湾との関係を強化するか」と質問されたのに対し、ポンペオ長官は「そうだ」と答えた。

★参考情報★
ーーーーーーーーー


2019年4月11 日推 江蘇省蘇州市の蘇州市ラジオ・テレビ総局は4日、番組制作部門の副責任者の朱誠卓氏を、規律違反で解職処分にすると通知した。朱氏は、ツイッターにアカウントを開設し、長期にわたり海外の違法サイトの有害情報を閲覧しており、政治的な規律に違反した。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が10日伝えた。(写真はRFAのキャプチャー)

 中国当局は、市民によるツイッターやフェイブックなど海外交流サイト(SNS)の利用を禁じている。共産党内の幹部らの場合、SNSにアカウントを開設すると処分の対象となる。

 朱氏は、蘇州市ラジオ・テレビ総局で「総局全メディア編集センター番組副総監」の職務にある高官。通知によると、朱氏は職務解任と降格の処分を受けたほか、公安(警察)から事情聴取を受けた。

 消息筋よると、中国の高官は、海外のSNSでアカウントを開設することを禁じられているほか、国内のアカウントも上司に届け出るよう求められている。しかし実際には、中国共産党機関紙の人民日報や中国中央テレビ局の幹部の多くが、ツイッターなどにアカウントを開設しているとみられる。


★参考情報★
ーーーーーーーーー
フェイスブック中国法人の設立許可を突然撤回 やっぱり影響力を懸念か
工業信息化相、政府許可のサーバー使用を外国企業に要求

2019年4月9日尖 第11管区海上保安本部によると、8日午前10時5分ごろ、中国海警局の4隻が沖縄県尖閣諸島の領海を航行、約1時間半後に接続水域に出た。中国公務船の領海航行は4日ぶり、今年11回目。日本の報道を引用し、中国のニュースメディアの観察者網が8日伝えた。

 観察者網は、海上保安庁の巡視船が4隻に対し、領海から退去するよう「不当」な警告を行ったと報じた。中国海警局も8日、同局の「2305艦隊」が釣魚島(尖閣諸島の中国名)の領海内をパトロールしたと発表した。










★参考情報★
ーーーーーーーーーー
中国海警船4隻、尖閣領海侵入 今年6回目、今月3回目

↑このページのトップヘ