中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 事件・事故

2019年4月19日火 上海市松江区政府の発表によると、18日午前10時10分ごろ、同区洞涇鎮の研磨材・工具製造会社、上海汪力磨料磨具有限公司の工場から出火、約350平方メートルを焼いて約2時間後に鎮火した。2人が死亡、6人がけがした。中国新聞網が18日伝えた。(写真は百度のキャプチャー)

 ネット情報によると、同社は研磨材・工具のほか、包装材料や接着テープ類を製造。消防隊によると、工場内に可燃物が多く、火の勢いが大きかった。消防などが詳しい出火原因を調べている。

 中国では工場の爆発・火災事故がしばしば発生。15日には、山東省済南市歴城区の製薬会社の工場地下室で工事中に火災が発生、作業員10人が窒息死し、従業員12人もけがした3月末には、江蘇省塩城市響水県の化学工場が爆発し約700人の死傷者が出た。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーーー
製薬工場で火災、作業員10人窒息死 12人けが 山東
製薬工場で爆発、8人死傷 周辺で強い刺激臭 江蘇・淮安
700人死傷の化学工業団地でまた火災 けが人なし 江蘇

2019年4月17日火 遼寧省瀋陽市渾南区の景勝地、棋盤山で17日午後1時50分ごろ山火事が発生、消防車150台と消防隊と武装警察隊など数千人が出動して消火に当たった。けが人は出ていない。17日午前零時までに住民ら約1万1500人が避難した。ニュースサイトの光明網などが17日伝えた。(写真は百度のキャプチャー)

 渾南区では同日、強風が吹いており、火が急速に広まった。香港メディアの東網によると、棋盤山には、映画撮影用のオープンセットがあるテーマパーク「関東影視城」や遼寧森林動物園などの観光施設があり、観光客らが避難した。

 消火活動には、消防隊約600人、武装警察隊約500人、森林消防隊225人、警察官約3000人が出動。消防車のほか、消火活動の支援のためドローン、警察車両約500台も出動した。気象当局は、消火を助けようと、人工降雨のためヨウ化銀を搭載した小型ロケット122本を打ち上げた。

 中国では春以降、各地で山火事が発生。四川省涼山州木里県で3月31日、森林火災で消火活動中の森林消防隊員と地元幹部計30人が死亡した。4月1日には陝西省商洛市で山火事が起きたが、けが人はなかった。

★参考情報★
ーーーーーーーー
北京などに森林火災の赤色警報 林や牧場で火の使用厳禁
1~3月の自然災害死者87人、被災者136万人 応急管理省などまとめ
森林火災消火の消防隊員ら30人死亡 急変で逃げ遅れ 四川

 2019年4月18日深広東省深セン市の皇崗口出入境検査場で17日午前、香港から深センに向かっていた大型観光バスが暴走して乗用車数台に次々に衝突し、乗用車の香港人運転手1人がけがした。18日付の中国紙・北京青年報(電子版)によると、深セン市の交通警察は、バスの運転手がアクセルとブレーキを踏み間違えたことが原因とみてさらに詳しく調べている。

 香港メディアの東網によると、同検査場は一時閉鎖され、深センに向かう通路では一時約100メートルにわたる車の列ができた。

 現場では、マイカーとみられる7人乗りのSUV(スポーツ用多目的車)1台が追突されて損壊。もう1台の7人乗りのSUVがバスと検査場の柱の間に挟まれ、運転手が閉じ込められたが、まもなく消防隊員が救出した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーー
路線バスが通行人らなぎ倒す 2人死亡、13人重軽傷 重慶
路線バス、運転ミスで商店突入 通行人含む4人重軽傷 深セン
路線バスが橋から長江転落 乗客約10人、2人の遺体 救助船70隻出動 重慶

 2019年4月17日襄16日午前5時55分ごろ、湖北省襄陽市襄陽区の化学工業団地で同日午前10時ごろ爆発が起きたとの情報がネット上に流れた。同市安全生産監督局は同日夜、爆発説を否定するコメントを発表。襄陽区の国道で駐車中のタンクローリーで、積荷の酢酸が反応して黄色い煙が上がったことがうわさの原因と説明した。地元ニュースサイトの襄陽網が同日伝えた。(写真は百度のキャプチャー)

 同局によると、消防隊員らがタンクローリーの付近に急行。事後処理行ったが爆発などは起きておらず、けが人は出ていないという。

 ネットに投稿された動画には、大量の黄色い煙が発生し周囲に充満する様子が映り、化学工場での爆発が原因と指摘する声も流れた。大きな爆発音とともに、家屋が揺れたとの情報もネット上に上がった。

 中国では3月末、江蘇省塩城市響水県の化学工場が爆発し約700人の死傷者が出た。その後も各地の工場で大小の事故が続発していることが、うわさが流れる背景にあるとみられる。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー
製薬工場で火災、作業員10人窒息死 12人けが 山東
製薬工場で爆発、8人死傷 周辺で強い刺激臭 江蘇・淮安
700人死傷の化学工業団地でまた火災 けが人なし 江蘇

 2019年4月16日薬山東省済南市歴城区の製薬会社、斉魯天和恵世製薬公司で15日午後3時37分ごろ、工場地下室で配管の改良工事中に火災が発生、作業員10人が窒息死し、従業員12人もけがした。ニュースサイトの新京報が15日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 調べによると、作業員が「地下冷凍乾燥室」で溶接作業をしていたところ、火花で低温用熱媒体が炎上し、煙が充満した。作業中の8人のほか、助けに入った2人が窒息死して死亡。さらに、救助に駆けつけた従業員12人も負傷したが、命に別状はないという。

 同社では過去4年間に爆発・火災事故3件が起きている。15年4月には工場4階の作業場で反応釜が爆発・炎上。16年8月には工場5階のダクトから出火した。16年10月にもアルコールを含む圧力容器が爆発する事故が起きた。いずれもけが人は出ていない。

 中国では工場の爆発・火災事故が頻発。3月末、江蘇省塩城市響水県の化学工場が爆発し約700人の死傷者が出た。その後も各地で大小の事故が続発している。


★参考情報★
ーーーーーーーーーー
製薬工場で爆発、8人死傷 周辺で強い刺激臭 江蘇・淮安
700人死傷の化学工業団地でまた火災 けが人なし 江蘇
化学工場爆発で死傷668人、28人不明 周辺河川の汚染深刻 江蘇

↑このページのトップヘ