中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 事件・事故

 2019年12月13日陥福建省アモイ市中心部の幹線道路、呂セキ(雁だれに昔)路と嘉禾路の交差点で12日午後9時52分ごろ、道路面が約500平方メートルにわたり5~6メートル陥没した。通行中の乗用車2台が転落したが、けが人の情報はない。消防、警察などが急行して避難の誘導などを行った。ニュースサイトの新浪網が13日伝えた。  

 現場は、地下鉄2号線の呂セキ駅周辺。駅の隣接地では、ビルの建設工事が行われていた。水道管が破裂して周辺道路が冠水し、駅構内に大量の水が流れ込んだ。周辺住民は避難。道路は通行止めになっている。当局が事故原因を調べている。

 現場周辺を通行中だったタクシーの運転手は「走っていると、前の地面が突然消えた。慌ててブレーキを踏んだ」と話している。タクシーは穴に落ちかけたが止まった。乗客がいたが、運転手が引きずり出し無事だった。

 消防隊員によると、転落した乗用車2台の運転手は、自力で脱出した。目撃者は「陥没後、車2台が落ちていった。運転手は、安全ベルトを自分で外し、はい上がってきた」と話している。
 中国で道路の陥没事故がしばしば発生。1日には、広東省広州市中心部の広州地下鉄11号線「沙河駅」の工事現場付近で道路が陥没し、道路清掃車と電動バイクが転落、3人が行方不明になっている。


★参考情報★
ーーーーーーー
地下鉄工事現場で路面陥没=車両転落、3人不明ー広州
高層住宅が傾斜し住民避難 軟弱地盤が沈下 深セン
杭州の地下鉄工事現場で路面陥没 建物傾斜、ガス漏れも

2019年12月12日巴 ニュースサイトの新京報網によると、内モンゴル自治区通遼市・ホルチン左翼後旗の高速道路G2511号線で11日午前10時5分ごろ、大型バスが横転した。乗っていた乗客51人と乗員2人の計53人が重軽傷を負った。(写真は東網のキャプチャー)

 ホルチン左翼後旗政府が、緊急態勢を発動して救助活動を行うとともに、事故原因の調査を始めた。けが人のうち2人は重傷。地元と通遼市内の2つの病院に運ばれた。

 バスは遼寧省撫順市の旅行会社、森達旅游有限公司がチャーターし、同自治区のホルチン右翼中旗に向かっていた。乗客は遼寧、山東、河南などの各省の出身者で、60歳以上の高齢者が20人を占めた。

 中国で多数の死傷者が出るバスの事故が続いている。11月には、広東省広州市の広清高速道路の獅嶺路区間で、大型バスがトラックに追突し、バスの運転手が死亡、乗客の学生4人とトラックの運転手がけがした。9月末には、江蘇省宜興市の長春-深セン高速道路で、大型バスが中央分離帯を突っ切って対向車線に進入。走って来たトラックと正面衝突し、双方の36人が死亡、36人が重軽傷を負った。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
大雪でバス横転、1人死亡 転倒骨折の歩行者も10人 ハルビン
学生満載のバスがトラックに追突 1人死亡5人負傷 広東
大型バスがトラックと正面衝突 36人死亡26人重軽傷 江蘇

 2019年12月10日炭ニュースサイトの中国青年報によると、四川省遂寧市公安局安居区分局(警察)は8日、同市安居区の鳳凰街道地区の住宅地で同日、住民2人が死亡、7人が体の不調を訴え病院に運ばれたと発表した。警察のこれまでの調べでは、9人が一酸化炭素に中毒した疑いがある。

 当局は、公式ミニブログで事故原因を詳細に発表していないが、「うわさや伝聞を信じず、ネット上に関連情報を流さない」よう住民に求めた。香港メディアの東網によると、一部からは政府が環境対策のため、住民に事実上使用を義務付ける「クリーン炭」が原因ではないかとの疑問の声が挙がっている。

 河北省唐山市では10月、政府推奨のクリーン炭を使った住民6人が一酸化炭素中毒で死亡し、数十人が病院で治療を受けた。死者には13歳の少女や高齢者が含まれている。

 ニュースサイトの人民網よると、専門家からはクリーン炭の品質に問題があるとの指摘も出ている。クリーン炭の多くは、包装に製造業者の表示が不十分で、安全な使用方法の説明もないという。



★参考情報★
ーーーーーーー
政府推奨のクリーン炭で6人が一酸炭素化中毒死 河北
鍋料理でCO中毒相次ぐ 江西と甘粛で15人病院搬送
食品工場で79人がCO中毒 ロースト食品から発生か 江西

 2019年12月9日汚ニュースサイトの澎湃新聞によると、約300万人の飲用水源となっている浙江省台州市黄岩区の長潭ダムに、大手建設会社の中鉄十九局集団が建設工事現場の汚水を流していたことが発覚し、台州市生態環境局黄岩分局は9日、40万元(617万円)の罰金支払いを命じたことを公表した。「写真は東網のキャプチャー)

 黄岩区政府の環境部門は今年8月、住民の通報で同ダム周辺の調査した。その結果、同社の建設現場の汚水池の担当者が、汚水と池の底に溜まった汚泥を、ゴム管で雨水溝に排出していたことが分かった。汚水と汚泥は雨水溝を経て、長潭ダムにつながる川に流れ込んでいた。

 担当者が検査したところ、川に流れる汚水に含まれる浮遊物質量(SS)は、国家基準の165倍に達していた。

 台州市生態環境局黄岩分局は、同社に罰金支払いの行政罰を命じた上、地元公安機関(警察)に通報した。警察が捜査を進めており、証拠が得られれば刑事事件として処理する方針だ。


★参考情報★
ーーーーーーーーーー
汚泥ダムに亀裂と廃液漏出 周辺住民が避難 山西
四川のチベット族、リチウム開発の環境汚染に反発

 2019年12月9日狂北京市公安局(警察)によると、6日午後4時ごろ、北京市豊台区馬家堡で、男が小型の応急作業車を盗んで街路を暴走、歩行者数人を次々にはね、2人が死亡、7人がけがした。新華社が6日伝えた。(写真は東網のキャプチャー


 作業車は別の車に衝突しながら逃走を続けたが、警察車両が馬家堡地区の「公益東橋」下で車の走行を阻止し、地元の男(57)を拘束した。警察は、動機など詳しいことを調べている。けが人は病院で治療を受けているが、命に別状はないという。 

 ネット上に投稿された動画によると、男が乗った作業車は、「公益東橋」下でいったん、警察車両に行く手を阻まれたが、衝突を繰り返して突破。さらに猛スピードで反対車線を走り続け続け、別の車に衝突。弾みで歩道に乗り上げて止まった。

 香港メディアの東網によると、馬家堡近くの住宅地で刺傷事件を起こし、まもなく応急作業車を盗んで猛スピードで暴走を始めた。歩行者の多くが避けるまもなくはねられたという。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーーー
男が作業車両奪い暴走=歩行者ら2人死亡7人けが-北京
ライドシェア車が暴走 電動バイクに衝突、4人死傷 湖南
横断中の歩行者に車突入 5人死亡9人けが 上海

↑このページのトップヘ