中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 朝鮮半島

2019年6月24日朝 中国の習近平国家主席は21日、2日間の北朝鮮訪問を終え、平壌から北京に戻った。中国政府系メディアは「中朝友好の新たなページを開いた」と報じたが、焦点の北朝鮮の非核化には触れなかった。外国メディアは、訪朝の中身は乏しいものの、中国、北朝鮮ともそれぞれ外交面の利益を得たと報じた。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。(写真はRFAのキャプチャー)

 英BBC放送は「今回の訪朝は、実質的な中身より象徴的な意味が大きい。両国とも、それぞれに必要なものを得るための選択だった」と報じた。

 米紙ニューヨークタイムズは、習主席は今回の訪朝を通じ、北朝鮮の核に対する中国の影響力の大きさを米大統領に誇示することを狙った。北朝鮮側も、中国の助力により制裁の緩和を目指した。専門家は「中国が国連安保理の制裁撤回で努力することはない。しかし、中国の経済界に北朝鮮とのビジネスを促すだろう」と述べた。


 ロイター通信は「習主席は今回の訪朝で、米中関係が悪化する中、重要なカードを持っていることを示した」と伝えた。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
●習近平主席が平壌到着 北朝鮮は最高レベルの歓迎
金委員長の列車で交通混乱 ネットに恨みの声、中国当局削除
習主席の北朝鮮訪問取りやめ 中国がナンバー3の栗戦書氏の派遣発表

 2019年6月21日朝習近平・中国国家主席と彭麗媛夫人が20日、平壌に到着し、2日間の北朝鮮公式訪問を始めた。中国最高指導者の北朝鮮訪問は14年ぶり。北朝鮮側は、金正恩・朝鮮労働党委員長と夫人が空港に出迎えるなど、最高レベルの歓迎を行った。米公共放送ボイス・オブ・アメリカが同日伝えた。 (写真はVOAのキャプチャー)

 中国メディアは、習主席訪朝の模様を一斉に報道。中国中央テレビ局は、北朝鮮当局が動員した民衆が、空港や沿道で手にした造花を振りながら、歓迎の言葉を叫ぶ様子を放送した。同局によると、歓迎の民衆は数十万人に上った。先に金委員長が中国を訪れた際は、中朝両国とも報道を控え、詳細は訪問終了後に報じている。

 習主席は北朝鮮滞在中、金委員長と5回目の首脳会談を行う。金委員長は2018年3月から19年1月まで4回訪中し、両国関係は急速に改善した。この間、中国は米国との間で貿易紛争が激化した。

 習主席は18日、トランプ大統領と電話で話し、今月末に大阪で開かれる20カ国・地域首脳会議(G20サミット)で会談することで一致した。米中首脳は、米中貿易紛争とともに、北朝鮮の核問題などで意見交換する見通しだ。

 金委員長は18年以降、習主席のほかトランプ大統領、プーチン・ロシア大統領、文在寅・韓国大統領と相次ぎ会談した。中国は、朝鮮半島の核問題で自国の役割が不可欠との認識で、相対的に地位が低下する可能性は懸念していない。今回の訪朝で中朝の同盟関係を実質的に強化し、対米交渉でのカードにできるかが注目されている。

 
★参考情報★
ーーーーーーーーー
金委員長の列車で交通混乱 ネットに恨みの声、中国当局削除
習主席の北朝鮮訪問取りやめ 中国がナンバー3の栗戦書氏の派遣発表 <

 2019年2月26日三ベトナム・ハノイで開かれる2回目の米朝首脳会談出席のため、金正恩・朝鮮労働党委員長の特別列車が走行中のため、24、25の両日、中国各地の鉄道に大幅な遅れが生じた。道路の交通にも影響があり、ネット上で恨みの声が挙がっている。中国当局は、不満の意見や、金委員長に絡む敏感な言葉の削除に追われているもようだ。ラジオ・フランス・アンテルナショナル(RFI)が25日伝えた。(写真はRFIのキャプチャー)

 金委員長のオリーブ・グリーンの列車は23日、平壌を出発。遼寧省丹東市を経て中国に入り、27、28日に開かれる米朝首脳会談のためハノイに向かった。金委員長の全行程は約4000キロ。トランプ大統領に、習近平・中国国家主席との謀議を疑われないよう、列車は北京に寄らず、天津、河北省・保定、湖北省・武漢などを経て、約60時間かけハノイに到着する見込みだ。

 中国の鉄道は広い範囲でまひ状態となった。25日には列車80本が11時間~52時間遅れた。鉄道と交差する道路でも激しい渋滞が起き、ネット上では、悠然と列車で移動する金委員長を批判する声が多数書き込まれた。このため、金委員長を示すあだ名のほか、「#渋滞」などの言葉も「敏感語」として削除されている。

 金委員長は帰路も列車で中国を再度通過するため、中国の鉄道と道路交通が再び混乱する可能性がある。中国当局は再び、ネット上の不満に対応を迫られそうだ。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーー
習主席の北朝鮮訪問取りやめ 中国がナンバー3の栗戦書氏の派遣発表

2018年10月30日偵 防衛省統合幕僚監部は29日、中国軍の情報収集機1機が東シナ海と日本海を飛行し、航空自衛隊の戦闘機がスクランブル(緊急発進)で対応したと発表した。(写真は統合幕僚監部の発表資料より)

 飛行したのはY9情報収集機。対馬海峡上空を通り、東シナ海と日本海を飛行した。

 米公共放送ボイス・オブ・アメリカによると、韓国国防部、外交部は29日、中国軍機が韓国の防空識別圏(ADIZ)に入ったとして、韓国駐在の中国大使を呼んで抗議したと発表した。
 韓国軍統合参謀本部は29日、Y9情報収集機のような航空機が離於島(韓国名、蘇岩礁)上空の韓国のADIZに進入。日本のADIZを飛行後、再び韓国側に入った。中国が韓国のADIZに入ったのは今年6回目となる。

 離於島は、中韓両国が領有権を主張している。

 中国国営新華社通信によると、中国共産党対外連絡部の報道官は4日、朝鮮労働党中央委員会などの招きに応じ、北朝鮮の建国70周年の祝賀活動に活動に中国共産党政治局常務委員で全国人民代表大会(全人代=国会)委員長(議長)の栗戦書氏が率いる代表団を派遣すると発表した。当初予測されていた習近平国家主席の訪問は取りやめとなった。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が4日伝えた。

 米AP通信によると、習主席の訪朝中止により中国は、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長に対し、非核化などの推進を求めたとの見方が出ている。中国指導部は、北朝鮮との関係を改善したものの、北朝鮮に対する国連安全保障理事会の制裁決議を順守する考えを表明している。

 米トランプ大統領は、中国が米国との貿易戦争を理由に、北朝鮮に圧力をかけて非核化を遅らせていると批判した。

 中国の最高指導者の訪朝は、2005年の胡錦濤国家主席以来、途絶えたまま。栗戦書氏は中国共産党内の序列ではナンバー3とされている。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーー

↑このページのトップヘ