中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 武漢肺炎

 国政助言機関、全国政治協商会議(政協)の郭衛民報道官は3日、記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの接種回数が2月末現在、計5200万回余りになったことを明らかにした。中国の14億人の人口から計算すると、接種率は4%以下となる。台湾・中央通信社が伝えた。

 新型コロナワクチンの接種率は、イスラエルが92.46%で世界最高。アラブ首長国連邦(UAE)が60%以上、英国が30%以上、米国は22%以上で中国の低さが目立つ。

 記者会見で海外メディアからは、中国製ワクチンの安全性や有効性への質問が出たほか、中国が「ワクチン外交」による国際的な影響力の拡大に力を入れる一方、中国国内での接種に専念していないのではないかとの疑念の声が挙がった。 

 郭報道官は「一部で、中国がワクチンを利用して、政治的な影響力を拡大しようとしているとの疑念を持っているが、視野の狭い言い方だ」と批判。「中国はワクチンを、国際的な公共財だ宣言している」と述べた。

 国家衛生健康委員会の高級顧問で、感染症の専門家である鐘南山氏は1日、中国の清華大が米シンクタンク、ブルッキングス研究所と開いたセミナーで、中国のワクチン接種率は今年6月までに40%に達するとの見通しを示した。実現するには4カ月内に5億人に接種する必要がある。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
中国製ワクチン、効果は限定的 香港専門委が公表
コロナワクチンと偽り生理食塩水販売、約80人拘束 中国
このエントリーをはてなブックマークに追加

 22021年3月3日店中国国営新華社通信が運営する時事論評サイト、半月談によると、新型コロナウイルスの感染拡大などの影響で、過去1年間に全国各地で廃業した小売店などの店舗が少なくとも100万店に上ることが分かった。中でも江蘇と広東、山東の状況が最も深刻で、家賃の補助や資金貸付などの支援を求める声が挙がっている。(写真は東網のサイト画面)

 企業情報サイト「企査査」のデータによれば、2020年1~11月に営業免許を抹消した中小企業と個人事業者は約301万社。アナリストによると、ネットショップや露店を除くと、廃業した店舗は100万以上とみられるという。

 廃業した店舗数は、東部沿岸地区に集中。同一都市内では、観光地と商業地が住宅地を上回った。また、開業5年未満の店舗が69.4%を占めた。

 廃業した店舗を業種別にみると、教育やフィットネスクラブ、浴場など生活必需ではない業界での廃業が多かった。吉林省長春市の子ども向け教育機関は、10月末で3カ所全部を閉鎖した。責任者は「生徒が集まらず、賃貸料の負担に耐えられなかった」と話している。

 天津市の飲食業団体の責任者によると、天津市中心部の鼓楼地区で海鮮レストランが倒産。経営者は逃亡し、債権者が店を取り囲む騒ぎが起きた。また、店舗が支払う賃貸料は、民間金融の資金源となっており、廃業の増加が中小企業の資金繰り悪化につながる。

 店舗の廃業などが今後も相次げば、社会不安にもつながる可能性がある。賃貸料の減免や資金の手当など、当局による支援が必要との声が挙がっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 香港衛生署は2日、男性(63)が中国製の新型コロナワクチンを接種した死亡したと発表した。当局は、死因とワクチンの関連は確認できないとして、専門家による調査を始めた。台湾・中央通信社が3日伝えた。

 香港政府は2月26日から、60歳以上を対象に、中国の製薬会社・科興控股(シノバック・バイオテック)が製造した新型コロナワクチンの接種を始めた。

 男性は26日に接種後、28日に呼吸困難となり、クイーンエリザベス病院で治療を受けていたが同日中に死亡した。

★参考情報★
ーーーーーー
コロナワクチンと偽り生理食塩水販売、約80人拘束 中国
中国製ワクチンで副作用か 航空会社幹部に不調

このエントリーをはてなブックマークに追加

 国家衛生健康委員会は1日、前日の2月28日に確認した新型コロナウイルスの新規患者は19人で、全員が海外での感染者だった。

 1日午前0時現在、新型コロナ感染者の累計患者は8万9912人。うち8万5066人が退院。死者は累計4636人。無症状感染者は、28日に確認された新規が13人、同日時点で経過観察中が254人となっている。

 また、中国の本土を除く累計患者数は、香港が1万1005人(うち死者が199人)、マカオが48人、台湾が955人(うち死者9人)となっている。

★参考情報★
ーーーーーーー
中国新型コロナ新規国内患者93人 河北と吉林が84人
中国新型コロナ新規患者138人 河北で8カ月ぶり死者
このエントリーをはてなブックマークに追加

 河北省石家荘市は21日、同市藁城区の新型コロナウイルス感染リスク等級を22日午前0時以降「中」から「低」に引き下げると発表した。1月初めから続いていた河北省の新型コロナ感染拡大が、よくやく終息した。台湾・中央通信社が伝えた。

 石家荘市藁城区では1月19日、新型コロナの新規患者が確認されておらずリスク等級で「低」の条件を満たした。同区住民は19日、全員がPCR検査を受けたが、結果は陰性だったため、リスク等級を引き下げた。

 中国では20年12月末から、各地で新型コロナの感染拡大が散発。春節(旧正月)連休中、政府が人の移動を抑制する措置を実施し、出稼ぎ者らに帰省せず現地で留まるよう求めた。

 藁城区内の小果荘村では1月初めに、地元感染の新規患者が多数確認された。1月5日に小果荘村、6日には藁城区全域がリスク等級で「高」に格上げされた。

★参考情報★
ーーーーーーー
中国新型コロナ新規患者138人 河北で8カ月ぶり死者
中国コロナ感染者115人 河北は3都市封鎖 住民2万人隔離も
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ