中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 中・EU関係

2019年12月13日権 ドイツ紙のディー・ターゲスツァイトゥングによると、ドイツ外務省は、中国政府が、9月に予定されていたドイツ政府との人権対話を取り消したと公表した。中国側が「建設的な会談の雰囲気にない」との考えを伝えた。ラジオ・フランス・アンテルナショナル(RFI)が11日伝えた。(写真はRFIのキャプチャー)

 中国とドイツの人権対話は1999年以来毎年行われ、今年はドイツで開催が予定されていた。中国は2017年にも取り消したことがある。スイス紙のノイエ・チュルヒャー・ツァイトゥングによると、中国はスイスとの同様の対話を今年取り消した。 

 ドイツ外務省によると、ドイツ側は中国との人権対話を今後も続けたい考えで、2020年の実施に向け努力している。同省関係者は、人権対話は両国関係にとり中核的な部分だとした上、「両国は人権状況に関し交流する必要がある。新疆のウイルグル人の問題も含まれる」と述べた。

 フリードリヒ・アレクサンダー大学エアランゲンで国際人権政策を専攻するキンツェルバッハ教授は、現在の人権対話が、話しやすい課題が中心で、レベルの高い内容になっておらず、成果に乏しいと批判。「ドイツは中国より先に取り消すべきだった。人権対話をお願いしに行くのは、無能の証明だ」と述べた。

★参考情報★
ーーーーーーーーー

 2019年10月25日貨香港メディアの東網によると、英ロンドン東方のグレイズで、トラックのコンテナから39人の遺体が見つかった事件で、英国の警察は、全員が中国籍であることを確認した。現地のメディアは、密航との関連を指摘している。英国では2000年にもドーバー港で、コンテナから密入国とみられる中国人58人の遺体がみつかる事件が起きた。(写真は、東網のキャプチャー)

 中国のメディアは25日「悲劇について、英国が責任を負うべきだ。英国を含む欧州各国は、彼ら保護に努力を尽くしていないと」と指摘。密入国をあっせんする犯罪者を取り締まるよう求めた。

 中国メディアの環球網によると、39人は大人38人と子ども1人。警察がトラックの運転手を拘束して、取り調べている。英国駐在の中国大使館は、公式ウェブサイトで、現地に館員を派遣し、警察と連絡を取っているとした上、「英国の警察は、犠牲者が中国国籍であるとはまだ確認できないと述べた」と公表した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー


2019年10月18日地 米公共放送ボイス・オブ・アメリカによると、フランスの高級ブランドのディオールが17日、中国での就職説明会で展示した中国地図に台湾が入っていなかったとして、謝罪するとともに、「1つの中国の原則」を一貫して尊重するとのコメントを発表した。(写真はVOAのキャプチャー)

 コメントによると、同社の社員が16日、浙江省杭州市の浙江工商大で行った就職説明会で放映した宣伝映像の中国の地図に、台湾が含まれていないことを学生が発見した。社員は「台湾は面積が小さく見えないだけ」と説明したが、地図には台湾より小さな海南島が描かれていた。社員はさらに「香港と台湾は、われわれの事業範囲でない」などと釈明した。 同社のコメントは「会社を代表する立場にない社員による不適切な行為だ。会社は真摯(しんし)な調査に着手しており、厳正な処分を約束する」とした。

 ディオールの事件は、地図の表記などをめぐって、外国企業が中国で、政治的な騒ぎに巻き込まれた最新の事例。これまでにジバンシィ、コーチ、ベルサーチなどの高級ブランドが、中国が考える「政治的に不正確な」問題で、謝罪している。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーー
無印良品が広告に「フランス租界」 ネットで炎上、謝罪
商品に「原産国・台湾」表示=無印良品に当局が罰金ー上海

2019年8月22日香 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、香港駐在の英国大使館の香港人現地雇員が、中国本土から戻る途中で失跡した問題で、中国外務省の耿爽副報道局長は21日、職員が中国の法律に違反したため、広東省深セン市で15日間の行政勾留になっていることを認めた。報道官は違法行為の中身を明らかにしなかった。(写真はRFAのキャプチャー)

 現地雇員はサイモン・チャン(鄭文傑)氏で、スコットランド国際開発庁(SDI)の業務を担当。8日に公務で深センに向かい、夜になって高速鉄道で香港に戻る際に失跡した。チャン氏の家族は、深セン市公安局(警察)に拘束されたと知らさたが、正式な「行政勾留通知書」は受け取っていないという。

 耿副報道局長は、雇員は中国市民であり、事件は内政問題であることを強調した。


★参考情報★
ーーーーーーーー
香港駐在の英領事館員、中国で拘束か 英外務省が関心表明
台湾アナリスト3人中国本土で拘束 無資格で証券投資助言
拘束カナダ人のスパイ疑惑報道 孟氏引き渡し審理に報復か

2019年8月21日外 中国駐在の英大使館は20日、英BBC放送に、香港駐在の英領事館の現地雇員が中国当局に拘束されたとの報道について「極めて強い関心を持っている」と述べた。中国外務省の耿爽報道官は定例記者会見で「状況は分かっていない」と語った。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 ニュースサイトの「香港01」によると、現地雇員はサイモン・チャン(鄭文傑)氏といい、8日に行方が分からなくなった。チャン氏は領事館で、スコットランド国際開発庁(SDI)の業務を担当している。

 チャン氏の女性の友人(台湾籍)によると、チャン氏は8日夜、深センから高速鉄道で香港に戻る際、出入境検査所で行方不明になった。この友人は、香港・西九龍高速鉄道駅の検査所を通ろうとしていたとみている。

 女性の友人は「香港特別行政区入境処」から、チャン氏が中国政府に行政勾留されたと知らされた。具体的な勾留理由と場所は不明だという。
 
★参考情報★
ーーーーーーーー
台湾アナリスト3人中国本土で拘束 無資格で証券投資助言
拘束カナダ人のスパイ疑惑報道 孟氏引き渡し審理に報復か  
カナダ、孟副会長の引き渡し審理開始へ=中国大使館が抗議

↑このページのトップヘ