中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 南シナ海

 米中両軍が最近、南、東シナ海で艦艇や軍用機を頻繁に往来させる中、米軍のB52戦略爆撃機が3日、グアムのアンダーセン空軍基地を飛び立ち、東シナ海を飛行したことが4日分かった。B52の飛行は、最近10日間で2回目となる。香港メディアの東網が4日伝えた。

 米軍は3月26日にも、2機のB52が南シナ海を飛行。KC135R空中給油機から給油を受けた。3日も同給油機2機を随伴した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー
B52爆撃機が南シナ海飛行 10日間で2回目
B52爆撃機が再び南シナ海飛行 米軍は「定例訓練」と説明

2019年4月5日比 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、南シナ海のパグアサ島(中業島)周辺に中国漁船約300隻が出現したことについて、フィリピンのドゥテルテ大統領は4日、中国に撤収を求めるとともに、実行しなければ同島に軍隊を派遣すると警告した。(写真は東網のキャプチャー)

 パグアサ島はフィリピンが実効支配している。報道によると、フィリピン軍は今年1~3月に中国漁船約300が同島付近に現れたのを確認している。

 米公共放送ボイス・オブ・アメリカによると、フィリピン外務省も4日、漁船の行動について「違法でありフィリピンの主権を侵害する」と反発し、中国側に抗議したことを明らかにした。

 比外務省は、同島周辺での漁船の活動は、既に数カ月に及ぶとした上、中国政府が制止しないのは、漁船の活動を支持しているためだとの見方を示した。

 ドゥテルテ大統領の2016年の就任以来、中比両国は良好な関係を維持。フィリピンは中国から数十億ドルの借款や投資の承諾を得ている。

 中比両国は3日、南シナ海問題をめぐり次官級会談をマニラで開催し、天然ガス田の共同開発などを協議したばかり。中国外務省も4日、成果を強調するコメントを出していた。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーーー
B52爆撃機が南シナ海飛行 10日間で2回目
米空母2隻がフィリピン南北で演習 比島挟み撃ち 習近平氏の訪比けん制か

2019年3月15日轟 米公共放送ボイス・オブ・アメリカによると、米インド太平洋軍司令部は14日、B52戦略爆撃機2機が、グアムのアンダーセン空軍基地を離陸し、南シナ海で定例訓練を行った後に帰還したとのコメントを発表した。B52の南シナ海飛行は、最近10日間で2回目となる。(写真はVOAのキャプチャー)

 コメントは「米軍機は南シナ海上空で定期的に任務を実施し、同盟国やパートナー国を支持する。また、インド太平洋地区の自由で開かれた飛行への支持を示したい」とした。

 米軍は3月4日にも、B52爆撃機2機をグアムから飛び立たせ、東シナ海と南シナ海を飛行させた。東シナ海の1機は日本付近で、航空自衛隊と共同訓練を実施した。

 このほか、米海軍第7艦隊旗艦のブルーリッジが南シナ海を航行し、13日にフィリピン・マニラ港を訪れた。アンデューズ艦長は、南シナ海で中国海軍と遭遇したかと記者から質問されたのに対し「お互いの行動は安全でプロフェッショナルだった」と答えた。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー
B52爆撃機が再び南シナ海飛行 米軍は「定例訓練」と説明

 2019年1月8日南米太平洋艦隊の報道官は7日、ミサイル駆逐艦マッキャンベルが同日、南シナ海パラセル諸島(西沙諸島)の沖12カイリ以内を航行したとのコメントを発表した。中国外務省は米艦の航行に反発し、厳しく抗議した。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が同日伝えた。(写真はVOAのキャプチャー)

 報道官は、航行が特定の国を目標としておらず、政治的な意図はないと強調した。同諸島は、中国が領有権を主張している。ロイター通信は、報道官のコメントが、米中両国が北京で米中貿易摩擦の交渉を始めた矢先に発表されたと伝えた。両国は、米側が中国への追加関税の猶予期間とする90日間内の妥協を目指し、交渉を行っている。

 中国外務省の陸慷報道局長は7日「米海軍の軍艦が中国の西沙諸島の領海に進入後、中国側は軍艦と軍用機を派遣し、離脱するよう警告した。中国は既に厳しく抗議した」と述べた。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーー

 2018年10月1日艦米CNNテレビによると、米中関係が貿易戦争で緊張を高める中、米ミサイル駆逐艦ディケーターが9月30日、南シナ海で中国が実行支配するガベン礁(南薫礁)、ジョンソン礁(赤瓜礁)から12カイリ以内で「自由航行」を行った。米公共放送ボイス・オブ・アメリカ中国語版が同日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 米軍幹部はCNNに対し、米海軍は連日、南シナ海を含むインド太平洋で軍事行動を行っているが、いずれも国際法に合致すると強調。「米艦艇の航行は『過度な主権の主張』に挑む意味を持つ。国際法が認める範囲内での自由航行の権利を守るため、米国が責務を果たすことを示すもの」と述べた。

 ガベン礁とジョンソン礁は、元はともに暗礁。中国が大規模な埋め立てで人工島を築いて軍事施設を建設し、軍隊を駐屯させている。

 米国防総省のイーストバーン報道官は26日、米軍のB52戦略爆撃機が南シナ海を飛行した述べた。27日にはB52が、日米軍事演習に参加した。

↑このページのトップヘ